アナタは持ってる?昇進・昇格する人に共通する2つの資質

アナタは持ってる?昇進・昇格する人に共通する2つの資質

同年代なのにキャリアを着実に築けている人と、そうでない人。その違いはどんなところにある?


20歳の頃は、同年代の友達もみんな同じスタートラインにたっていたのに、30歳に向かうにつれて、生き方に少しずつ差が出てくる。分かりやすい変化といえば、昇進・昇格・年収などの違いが大きいのではないでしょうか。では、早々に昇進・昇格する人とそうでない人の違いって一体どこにあるのでしょうか?今回は、キャリアアップする人が持っている共通の特徴をについてご紹介いたします。

昇進・昇格する人が持っている「素直さ」という資質

若いときは多くの人が持っていた、素直な心は大人になるほどに発揮できなくなります。それは、20代からたくさんの失敗をすることで経験値が高まり、自分の中の成功法則が作られてくるから。また、25歳をすぎる頃から誰かに叱られたり、意見されることが段々減っていきます。30歳前後になると、今度は自分が新人をアドバイスする立場になるため、素直に誰かの意見を聞くという機会がさらに格段と減っていきます。

しかし、上に立つ人ほど素直さを忘れてはいけません。自分が間違ったと思うことは、素直に認め、自分に足りないと思うことは相手が誰であろうと、素直に意見を聞く。そうすることで後輩は自分についてきて、先輩やアナタの人格を評価していくようになるのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「可愛さ」はキャリアアップのための最大ツール

昇進・昇格を目指す人にとって必要不可欠なスキルとも言えるのが「可愛さ」。可愛さとは外見的な可愛さではなく、目上の人や取引先から、愛される力ということです。先にご紹介した「素直さ」にも繋がるのですが、先輩や上司、同僚や後輩と幅広い立場の人から、愛される力を持つ人は、会社の中で重要なコミュニティの潤滑油になれる人です。だからこそ、影響力のあるポジションに抜擢されやすくなります。

また「〇〇さんにお願いされたら断れない」や「〇〇さんは可愛いから助けてあげよう」と思われることで、思ってもみない形で誰かが自分を引っ張りあげてくれることがあります。媚を売れということではなく、周りから愛されるように自分自身が周りを充分に愛していれば自ずとあなたの「愛される力」は高まっていきますので、可愛さについてもぜひ意識してみてくださいね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

キャリアアップを目指したいと思ったら…

そろそろ自分のキャリアアップを視野にいれたい!そう思ったら、まずは一緒に仕事をする仲間に「アナタと仕事をしたい」と認めてもらえるような動きを意識していきましょう。そのために重要なポイントが“素直さ”と“可愛さ”!ぜひ、今日から発揮していきましょう!

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

「働く」ということに対しての意識が変わりつつある昨今。多種多様な働き方が認められ、生かされ、根付いている。名刺は1枚じゃなくていい、型に捉われなくてもいい。自分自身の可能性に気づいてほしい、働き方の考え。


ゆとり世代・悟り世代への上手な教え方は?心理学から見た部下の上手な育て方

ゆとり世代・悟り世代への上手な教え方は?心理学から見た部下の上手な育て方

世代間ギャップが話題になることの多い昨今ですが、年齢差のある部下に仕事を教えなければならない時にはどうすれば良いのでしょうか? 今回は、心理学でみた部下の上手な育て方について考えていきたいと思います。


楽しくて仕方なかった仕事に、急に違和感を感じるようになった #彼女が転職を選んだ理由

楽しくて仕方なかった仕事に、急に違和感を感じるようになった #彼女が転職を選んだ理由

新卒から大手不動産会社に勤務。 バリバリの営業として成果を上げ、評価がついてきたことも実感した20代半ば。出世コースも目の前に迫っていた彼女が、上司からの打診を断り、家の近くにある小さな会社に転職した理由とは?


褒めて育てるor厳しいスパルタ? 部下の成長を促す「オペラント条件付け」

褒めて育てるor厳しいスパルタ? 部下の成長を促す「オペラント条件付け」

人間は、良いことをして褒められると、再度褒められたいがために、良いことを繰り返し行うようになります。この心理傾向を「オペラント条件付け」と呼びますが、この心理を使うことで、部下を上手に指導することができるようになります。部下の成長を促すマネジメント法を学んでいきましょう。


インプットとアウトプットのバランスは? 「学び」にとってのベストを考える

インプットとアウトプットのバランスは? 「学び」にとってのベストを考える

何かを学び、知識を取り入れることをインプット(入力)と言い、学んだから何かを生み出すことをアウトプット(出力)と言います。どちらもビジネス用語としてよく使われる言葉ですが、情報の仕入れとその反映は、どういったバランスでとるのがベストなのでしょうか?


最新の投稿


27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

昔は恋人がすぐ見つかったのに、今は気になる相手すら出来る気がしない。大人になるほど、恋愛しづらい環境になるのは何故?今回はアラサー女性に求められる“恋愛”についてご紹介!


話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

友人や家族などの親しい人に「怒ってる?」と聞かれたことがある人は多いのではないでしょうか。怒っていないのに「怒ってる?」と聞かれたら、イラっときてしまうかもしれませんが、その原因はあなたにあるのかも。今回は周囲が不機嫌を察知してしまう3つの態度について紹介していきたいと思います。


2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

これまでの定番カラーであった「ブラウン」の人気を覆すほど勢いを増している「ブラウン」。みんなはどう取り入れているのでしょうか? 一歩間違えば抜け感が強すぎてカジュアルなイメージになりすぎてしまうブラウンアイテムを、上品に取り入れる働き女子のスタイリングに注目。


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


RANKING


>>総合人気ランキング