脱マンネリ!付き合いの長い彼氏ともずっとラブラブでいられる方法♡

脱マンネリ!付き合いの長い彼氏ともずっとラブラブでいられる方法♡

付き合いが長くなってくるとなにかとマンネリ気味になりがち。 実は知らない間にいろいろ手を抜いてしまっている方も多いのではないでしょうか? 今回は家族のように慣れてきても「付き合い立ての気持ちを忘れたくない!」というよくばり女子さん向けのマンネリ解消法を考えてみました♪


脱マンネリ!付き合いの長い彼氏ともずっとラブラブでいられる方法♡1 料理を頑張る!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まずは、手料理を作ること!
「体が資本」と言うくらいなので、健康のために栄養のある食事をとることが大切です。
同棲をしている方は、毎日彼のために料理を作ってあげましょう!
一生懸命料理を作っている姿を見せることで、あなたに対して感謝の気持ちを持ってくれるはず。

また、週末は何を作るか一緒に考えて買い出しに行くのもおすすめ!
彼にも手伝ってもらうことができるなら、もはや調理実習デートですね♡
気分や季節に合わせたメニューを作ってレパートリーを増やすことができたら花嫁修業にもなります。

「胃袋を掴む」ことができると、彼の結婚意欲も湧いてくるはず♪
「この子の作るごはんを一生食べたいな」と思わせることができれば、プロポーズにも繋がりそう!

脱マンネリ!付き合いの長い彼氏ともずっとラブラブでいられる方法♡2 おしゃれしてデートに出かける!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

きれいめの服装でお出かけする機会を作りましょう!
普段とは違うファッションやメイクに彼もドキッとすること間違いなしです♪

特別な日にはホテルやレストランなどのフォーマルなシーンを選んでみて。
緊張感のあるロケーションを選ぶことで、背筋もピンと伸びますよ♡

何歳になってもすてきなワンピースにヒール……お気に入り香水&リップ!と女性らしくおめかしする日があったら楽しいですよね!
デートのためにきちんと着飾っている姿を見て、彼も愛しく思ってくれるはず。

脱マンネリ!付き合いの長い彼氏ともずっとラブラブでいられる方法♡3 記念日はイベントは欠かさない!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

付き合いたての頃は毎回きっちりしていたのに……いつの間にかイベントをスルーしてしまうようになってしまったというカップルも多いみたい。

誕生日をお祝いしてもらって嫌な気持ちになる人はいません!
彼の誕生日は盛大にお祝いするようにしましょう♡
凝ったサプライズをしなくてもケーキとプレゼントを用意するだけで十分ですよ♪

「記念日をきちんと覚えていて、一緒に楽しく過ごしたい」という気持ちが伝わればOK。
盛り上がったのは最初の数年だけだった……なんて寂しいですよね。
結婚して家族になってからも毎年行事を大切にしているカップルって憧れませんか?♡

脱マンネリ!付き合いの長い彼氏ともずっとラブラブでいられる方法♡4 感謝の気持ちを口に出して伝える!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「ありがとう」と「ごめんね」は魔法の言葉です。
どれだけ親しい仲でもこの2つは口に出して伝えるようにしましょう!
付き合いが長くなってきて家族のような関係になったとしても……ずっときちんと使っていきたい言葉です。

今あるすべてのことは当たり前ではありません。
無くしてしまってから、その温かさに気付いても遅いので、素直な気持ちを声に出しましょう!
言われた側としても、とってもうれしいですよね♡

脱マンネリ!付き合いの長い彼氏ともずっとラブラブでいられる方法♡ 常にかわいくなる努力をする!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

付き合いたては会うたびにファッションもメイクも完璧を意識していた方も、付き合いが長くなるにつれてどんどん適当になっていませんか?
意外とサボっている部分って見られていますよ!
「手をつないだ時に手が乾燥していてボロボロ」「毛の処理をしていなくてチクチク」「どんどん太って心配」……この辺りはメンズが幻滅するポイント。

自分が男性側だったらスタイルをキープしたり、メイクを研究したり……少しでもかわいく見せる努力をしている彼女って最高に愛しくないですか?
ずっと愛されたいなら、そういう姿勢を見せることって大事だと思います!

まとめ♡

付き合いの長い彼氏ともずっとラブラブでいられる方法をご紹介しました。
家族のような馴れ合いも欲しいけど、結婚してからも恋人気分でデートをしたいという方は、今回取り上げたポイントを意識してみて!
ずっと変わらず愛され続けることができたら、彼女から奥さんに昇格できる日も近いかも?♡

この記事のライター

京都出身、東京在住。
ファッションや美容が大好きなおしゃれミーハーです♡

関連する投稿


27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

昔は恋人がすぐ見つかったのに、今は気になる相手すら出来る気がしない。大人になるほど、恋愛しづらい環境になるのは何故?今回はアラサー女性に求められる“恋愛”についてご紹介!


男性からお誘いがあると安心する…。自己肯定感が低い女性が意識したいこと

男性からお誘いがあると安心する…。自己肯定感が低い女性が意識したいこと

異性から好意を寄せられることに対して、嬉しいと思わない人は居ませんよね。それが自分でも「ちょっといいな」と思える相手からなら尚更。けれど、それで浮かれるのはちょっと待って。その好意って本当に下心じゃない…?


結婚相手選びに活かしたい!「恋愛色彩理論」について

結婚相手選びに活かしたい!「恋愛色彩理論」について

今回も、実際に頂いたリクエストに基づきまして、「結婚相手の選び方」について考えてみたいと思います。様々な考え方がありますが、今回はジョン・アラン・リーの提唱する「恋愛色彩理論」をもとに、ご自身と相性の良い恋愛体質の方、そして、結婚に結び付きやすい恋愛体質のパートナーについて考えてみたいと思います。


恋すると何も手につかなくなる…恋愛体質から抜けるにはどうしたらいい?

恋すると何も手につかなくなる…恋愛体質から抜けるにはどうしたらいい?

恋に恋して夢中になっちゃう!年齢に関係なく、恋を優先してしまう方に向けた、恋愛体質脱却法をご紹介。


根気と勇気が大事!脈ナシ男を脈アリにするには?

根気と勇気が大事!脈ナシ男を脈アリにするには?

一度、脈がないと思ったら挽回するのは難しい?脈ナシ男子を脈アリにするために考えるべきことをご紹介!


最新の投稿


27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

昔は恋人がすぐ見つかったのに、今は気になる相手すら出来る気がしない。大人になるほど、恋愛しづらい環境になるのは何故?今回はアラサー女性に求められる“恋愛”についてご紹介!


話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

友人や家族などの親しい人に「怒ってる?」と聞かれたことがある人は多いのではないでしょうか。怒っていないのに「怒ってる?」と聞かれたら、イラっときてしまうかもしれませんが、その原因はあなたにあるのかも。今回は周囲が不機嫌を察知してしまう3つの態度について紹介していきたいと思います。


2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

これまでの定番カラーであった「ブラウン」の人気を覆すほど勢いを増している「ブラウン」。みんなはどう取り入れているのでしょうか? 一歩間違えば抜け感が強すぎてカジュアルなイメージになりすぎてしまうブラウンアイテムを、上品に取り入れる働き女子のスタイリングに注目。


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


RANKING


>>総合人気ランキング