いつも絶好調!モチベーション維持できる人の特徴3つ|MY WORK ヒント#36

いつも絶好調!モチベーション維持できる人の特徴3つ|MY WORK ヒント#36

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第36回目は、いつもモチベーションが保てる人の特徴を考えます。


メンタルの波が激しいと前進が遅れる

悲しかった時や失敗して落ち込んでいる時に学ぶことも多いですが、理想としては常に明るい気持ちでいたいものです。プライベートのことを仕事に持ち込んで公私混同してしまったり、よしやるぞ!と意気込んでも継続できなかったり。

モチベーションが低い時は、前進(成長)するスピードが落ちてしまうのがデメリットではないでしょうか。そこでメンタルの管理が上手な人を観察してみると、ある共通点があったのです。

特徴1 競い合うことで頑張れる人

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

一つ目の特徴は、自分と似ているジャンルの人や、同年代で頑張っている人などを“ライバル”としてみることで燃えるタイプの人です。ポイントは、「ライバル=敵視」と捉えるのではなく「ライバル=刺激」と捉えていることが大切。

あの人には負けたくない!とどんぐりの背比べをするのではなく、あの人のアイディアや行動は自分に無いものがあって斬新で刺激的!と、前向きに感じているとモチベーションを高く保つことができます。興味がある人をどんどん調べて研究しながら、自分に良いところを取り入れる。

そんな第三者の存在をうまく生かした、方法なのです。

特徴2 自分と戦い続ける人

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いっぽう、第三者はまったく気にならないけれど、とにかく自分の理想や夢に向かって突き進むパワーが強いというタイプの人。このように自己実現欲求が強い人は、モチベーションを保つことが得意です。

誰かに指摘されたり、方向性を否定されたりすることを好まず、「自分で決めたルール」にしたがってどんどん作業を進めることができるため、成長スピードが早く達成能力も高いことが特徴。

固い信念が定まっていないと、自分と戦い続けることは難しくもありますが、周りの人間関係に影響を受けにくいためモチベーションが崩れにくいことが一番のメリットだと思います。

特徴3 作業が習慣になっている人

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そして最後は、「モチベーションをあげて何かをする」のではなく、「毎日の習慣だから当たり前」という感覚の人です。モチベーションには“波”がありますが、“習慣”になっているとむしろやらない方が不自然だと感じることでしょう。

ここまで自分の中で安定したルーティンができている人は、ストレスなくコツコツと積み上げることができるため、月日とともに気づいたらすごい成長していた!と後から驚く場合が多いと思います。「継続することが才能」とよく言いますが、努力して頑張って継続してもすぐに息切れするので無理は禁物。

自分が努力だと感じていないくらい、自然に作業することが成功の秘訣なのかもしれません。

自分の応援隊長は「自分」

自分を奮い立たせる方法は様々ですが、最終に「よくできました」と褒めてあげられるのは、たった一人。自分だと思います。

どれだけ周りの人が褒めてくれたとしても、自分が納得できなければ、それは不完全なまま。成果や結果の満足度は、他者が決めるのではなく、自分しか分からない物差しです。

ぜひ、常に絶好調な自分でいられるようなモチベーション作りを、意識してみてくださいね!

 

この記事のライター

★ブログにも遊びにきてね★
https://harako.jp

関連する投稿


「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、通訳家の李起林(イ・ギリム)さん。生まれ育った韓国を離れて、通訳家として日本で活動されている素敵な女性です!


女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


夫婦で過ごすリモートワーク。どちらもが快適に仕事をこなすコツは?

夫婦で過ごすリモートワーク。どちらもが快適に仕事をこなすコツは?

猛威をふるう新型コロナウイルス感染症に、これまでとは違う生活様式。夫婦のどちらもがリモートワークになり、家庭で仕事をしているという方も多いはずです。お互いにみることの少ない仕事中の相手を見ることができるのは新鮮である反面、トラブルも元になることも。そこで今回は、夫婦で過ごすリモートワークでも快適に過ごすコツを紹介。


OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

「自分らしく働きたい」先行き不安なご時世だからこそ、こう思う方も多いのではないでしょうか。しかしフリーランスになるためには何から始めたらいいの?と分からないことだらけ…という声も耳にします。そこで今回はフリーランス3年目、元OLの筆者が実際にフリーランスを志してから始めた3つのことをご紹介します。


最新の投稿


テレワークで光熱費が増えた…! 通信費・電気代などを節約するには?

テレワークで光熱費が増えた…! 通信費・電気代などを節約するには?

テレワークを導入する企業が増えている今、自宅で過ごす時間も長くなり通信費や光熱費が今までより増えた…と気になっている方も多いのでは? そこで今回は通信費・電気代の節約にオススメな方法をご紹介します。


Withコロナでは必須のスキル! マスク越しのコミュニケーションのコツって?

Withコロナでは必須のスキル! マスク越しのコミュニケーションのコツって?

私たちの生活に必要不可欠となったマスク。ずっとマスクを装着した状態で会話をしていると、聞き取りづらかったり、表情が見えずにぎこちないコミュニケーションになりがちです。そこで今回はマスク越しでも印象を良くするためのポイントについてご紹介します。


女性の一人暮らし、部屋選びの基準は? 住みやすいお部屋選びのコツ【単身編】

女性の一人暮らし、部屋選びの基準は? 住みやすいお部屋選びのコツ【単身編】

働く女子の一人暮らし。ワクワクした感情と共に、何かトラブルに巻き込まれるかも知れない不安も…。物件探しは、どんなことに気を付けて選べばいいのでしょうか? 女性の一人暮らしの賃貸物件の選び方についてお部屋探しのプロに伺いました!


コロナ疲れを解消したい!こもりっぱなしで憂鬱な気持ちをスッキリさせる方法

コロナ疲れを解消したい!こもりっぱなしで憂鬱な気持ちをスッキリさせる方法

ようやく外出自粛が解除されたと思いきや、再び感染者が増え、今までとはまた少し違う状況になってきています。再びおうち時間が長くなっても、楽しく過ごせるように暮らし方を整えましょう。


「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、通訳家の李起林(イ・ギリム)さん。生まれ育った韓国を離れて、通訳家として日本で活動されている素敵な女性です!


RANKING


>>総合人気ランキング