「色」に関わる資格【色彩検定】で、センスを仕事に



色彩検定とは?

色彩検定とは、文部科学省後援のもと、色彩検定協会が実施する、「色に関する知識や技能を社会的に評価する『尺度』」として行われている資格です。20年を超える実績を誇り、年々増加する志願者数は累計で120万人を超えるほど、人気の検定となっています。

試験内容について

色彩検定に受験資格はなく、誰でも自由に受験することが可能です。飛び級も認められているので、一番難しいと言われている、1級から受験することも。

試験は1級から3級までに分かれており、それぞれ
3級は「色のはたらき」「色の基本的な考え方」「インテリアと色彩」「色彩と生活」「ファッションと色彩」など、色彩に関する基本的な事柄を理解していることが求められます。

2級は「配色イメージ」「色名」「ファッションと配色」「売り場における商品陳列と色彩」「プロダクトデザインと色彩」「住宅のエクステリア環境色彩」などが出題内容に。3級の問題に加え、基本的な事柄を理解し、技能を持っている事が求められるようになります。

そして一番難しいといわれている1級の出題内容は「ヨーロッパの色彩」「文化日本の色彩文化」「色の心理的効果」「コーポレートアイデンティティ」「ファッションカラーの変遷」「インテリアカラーコーディネーションと色彩計画」等となっており、2級と3級の内容に加え、歴史や文化など、色についての歴史や事柄を十分に理解し、専門的知識と技能を持つことが求められてきます。

難易度と合格率

気になる合格ラインは、級に関わらず「満点の70%前後」。その時出題される、問題の難易度により多少の変動があるようです。合格率は3級は75.53%、2級は66.17%、1級は31.88%と、やはり徐々に難しくなってきていることがわかります。色に対して、興味がある人はやはり基礎の3級からが良いのではないでしょうか。

テストに合格すると色彩検定協会により「色彩コーディネーター」の称号が与えられます。

合格者は、アパレル、インテリア、フラワー、広告、コスメ、建築等幅広い業界で、デザイナーや販売職として幅広い業界で活躍しています。

試験日程・検定料・試験方式

試験日程は
3級は夏期(6月)・冬期(11月)の年2回
2級も夏期(6月)・冬期(11月)の年2回
1級は、冬期のみで、1次試験(11月)2次試験(12月)年1回行われます。
自分にあった日程で、計画的に試験にのぞみましょう。

試験の方式、試験時間は
3級は、マークシート方式で試験時間は、70分。
2級は、マークシート方式(一部記述式)で試験時間は、80分となります。
1級は、1次試験はマークシート方式(一部記述式)で90分、に加え、2次試験もあります。2次試験は記述式(一部実技)で、試験時間は90分となります。

色彩検定を取得するメリットは?

色彩検定は、医師や弁護士のように、その試験に合格しないと就けない職種があるわけではありません。取得のメリットは次の2つがあげられます。

就職に活かせる(履歴書に書ける)

クリエイティブに対する評価は証明する側も、見極める側も大変難しいものです。
「センス」や「知識」はそれを証明する手段は中々ありません、20年以上の実績がある色彩検定の資格は、社会的認知度もある資格です。取得する事で「知識」「技能」を証明し、就職先へのアピールする事ができます。また「色」は、色んな業界で役立つものなので、色彩検定ならではの強みがそれぞれに活かされていくことでしょう。

スキルアップ

現在、インテリア業界や、アパレル業界、ウェブ業界、様々な業界で、色に関するお仕事をされている方にもオススメです。もっとスキルを伸ばしたい、知識を伸ばしたい、仕事の幅を広げたい方にもオススメできる資格。資格取得を1つの目標にし、勉強する事で、今までの経験を体現的、客観的に学ぶ事ができます、また、他業種の知識も試験内容に入っているため、「色」という枠組みの中で、知識の幅を広げる事ができます。

勉強は可能性への投資で、資格取得は努力の証明のようなもの。一歩踏み出す事で自分が一度体験してみたかった仕事や、なりたい自分に一歩近付けるかもしれません。またカラーコーディネーターには、様々なワークスタイルで働けるというような特性もあるので、自分に合ったワークスタイルを選択することが出来るようになるでしょう。
好きな事、興味がある事から始めてみるといいかもしれません。