片思いが成就する平均的な期間って? 片思いの彼に見切りをつけるタイミング



片思いを進展させたいのに、なかなか上手くいかない。彼は一向に振り向いてくれない感じ…。そんな恋する気持ちを持て余している大人の女性も多いものです。白黒ハッキリつけられない恋って、いつまでも決着がつかなくて諦めどきが分からなくなりますよね。そこで今回は、片思いに見切りをつけるべき期間についてご紹介します。

片思いが成就する平均的な期間

片思いの恋が成就する可能性があるのは、実は出逢ってから1ヶ月、遅くても3ヶ月までです。出逢ってから3ヶ月以上、会う機会がほとんど無かったり、仲良くなるキッカケがないとただの知り合いになってしまいます。反対に出逢ってすぐ二人きりでデートを繰り返す仲になっても、3ヶ月以内に二人の関係に決着をつけないと、相手の中でアナタが恋人候補枠ではなく、友達枠に入ってしまいます。

自分は好きだけど、相手からアプローチがないと動けない…という方はとくに片思いが長引いてしまいがちなので『3ヶ月』という期間を目安に、勇気をだしてアプローチしていきましょう。そうでないとアナタ自身も彼への気持ちが純粋な恋心から執着に変化してしまうので要注意!

3ヶ月をすぎているけど諦められない場合

さっきの理屈で言うと、出逢って3ヶ月で恋人関係になれなかったら、諦めるしかないの?と思いがちですが、そういうワケではありません。既に3ヶ月すぎてしまっても進展がない場合、彼からアプローチが来ることはほとんど無いものと考え、アナタ自身が積極的に彼に近づいて、好意をストレートに伝えていかなくてはなりません。

相手に自分のことを好きにさせることが出来る期間が、最大3ヶ月間。それ以降は自分から積極的に彼にアプローチしていく必要があります。相手からのアプローチに気づいて、初めて彼がアナタを意識する可能性も充分にあるのです。

1年も成就しなかったら、次の恋も視野にいれて

どんなにアプローチをしても想いが届かないこともあります。自分が頑張ってアプローチしているのに彼が応えてくれないのは、悔しいし、ツライですよね。しかし、手に入らない恋は手に入らないからこそ神格化しやすいです。例えば、クレーンゲームでどんなに頑張っても、お目当ての景品が取れないと『次こそは…!』と何度も挑戦してしまいませんか?

恋心と比べることではないかもしれませんが、手に入らない片思いは正直、それに近いところがあります。先にもお伝えしたように絶対に手に入れたい!という気持ちはもはや恋心ではなく、執着です。そうなると諦めたくても諦められなくなります。1年以上も振り向いてくれない相手に入れこんでいる場合は、個人的には見切りをつけるか、次の恋を視野に入れる方が良いと考えています。

執着しすぎに要注意!

人は時間をかけたら、かけた分だけの成果を求めます。
恋愛も同じで、時間をかけるほどにその恋を特別に想い、どうしても手に入れたい!と躍起になります。しかし、アナタがそんなに時間をかけて努力しても振り向いてくれない彼に執着するのは、なんだか時間がもったいない気がしませんか?好きな気持ちを簡単に消すことはできませんが、考え方一つで、重苦しい雰囲気から開放されて、パッと次の恋愛へ行けることもあります。ぜひ辛い片思いをしている方は今一度、自分の気持ちと向き合ってみてくださいね。