20代30代の女性は毎年、母の日をどのように過ごしているの?

20代30代の女性は毎年、母の日をどのように過ごしているの?

もうすぐ母の日。働き女子が多い20代~30代の女性は毎年どのようにして過ごしていて、どんな親子関係を築いているのでしょうか?


もうすぐ母の日。働き女子が多い20代~30代の女性は毎年どのようにして過ごしていて、どんな親子関係を築いているのでしょうか?

ミュゼマーケティングが全国の20〜34歳の女性を対象に「母」に対する意識調査を実施。貴重な母と娘の時間をどう過ごしているのか、チェックしていきましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

毎年感謝を伝えているのは半分近く

「母の日に感謝の気持ちを伝えている?」と質問したところ、最も多い回答は「毎年伝えている(48%)」で、「毎年ではないが伝えている(39%)」を含めると全体の87%が気持ちを伝えていることがわかりました。

一方で、「いつも忘れてしまう(13%)」と回答した女性のうち、60%は実家住まいで、48%が20代前半であることが判明。毎日母親と一緒にいる実家住まいの人のほうが「母の日」を忘れてしまうという結果になりました。また、今年の母の日について聞くと、「感謝を伝える予定」(71%)が大多数を占める結果になりました。

2,000円~3,000円のお花を贈る人が多数

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

母の日のプレゼント予算は、1位「2,000円~3,000円(23%)」、2位「5,000円以上(20%)」、3位「4,000円~5,000円(19%)」となりました。また、贈り物ランキング1位は「プレゼントやお花(67%)」、2位「一緒に食事に行く(20%)」と大差をつけて、モノを贈る人が多い結果となりました。
また一緒に旅行などに出かける、と経験をプレゼントする人も。母と娘で過ごす時間は特別なものになりますね。

約半数の女性が、母親との関係を「友達親子」と認識

母親との関係に対して「とても仲が良い」と回答した人は全体の54%で、「仲が良くない」という回答はわずか3%にとどまりました。洋服をシェアするなど、まるで同世代の友達のように仲良しな母娘を「友達親子」とも言いますが、今回のアンケート回答者のうちの約半分である46%の人が、自分と母親との関係は「友達親子」だと認識していることが明らかとなりました。

そこで、「友達親子」と回答した人に絞って調査すると、連絡の頻度に大きな差がありました。「毎日連絡を取る」と回答したのは全体の1.5倍も多く、友達親子のほうがそうでない親子より密にコミュニケーションを取っていることがわかりました。

「母親と服の貸し借りをしますか?」の質問には、「よくする、たまにする」が61%を占め、背格好だけでなく、服の趣味も似ている親子が多くいました。母親の呼び方については、「お母さん(55%)」が一番多く、「ちゃん呼び、ニックネーム」(11%)は少数派という結果に。

母親と旅行に行ってみたい?

「母親と2人で旅行に行くことがあるか」聞いたところ、「ある」が35%、「ない」と答えた人が20%、また、「いつか行ってみたい」という人が45%という結果になりました。母の日や親孝行など日頃の感謝を込めた母娘旅行の需要は、今後さらに増えるかもしれません。

まとめ

同じ女性だからこそ共感できる人生の先輩であり、長い間ずっと一緒にいた家族だからこそ親友のような関係にもなれるお母さん。大切な存在だからこそ、母の日にはお花や食事や旅行といった、心をこめた贈りものと、感謝の気持ちを伝えたいですよね。

普段はなかなか顔を合わせる機会がないという人も、できるだけ時間を作ってお母さんを喜ばせてあげてくださいね♪

母の日にみんなは何するの? よくばり女子が選ぶおすすめギフト

https://cinq.style/articles/109

いつもお世話になっている母親に感謝の気持ちを伝えられる「母の日」。なんだか照れくさくもありますが、何かをしなきゃと思う日でもあります。みなさんなら何を贈りますか?

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


調査 シーズン

関連する投稿


女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


仕事選びの価値観が変わる? コロナをきっかけに仕事を辞めたいと思った理由

仕事選びの価値観が変わる? コロナをきっかけに仕事を辞めたいと思った理由

新型コロナウイルスがすさまじい勢いで拡大したことにより、テレワークの推進が強化され、私たちの働き方にも大きな影響を与えています。この自体で私たちの価値観にも少しずつ変化が。今回は読者の皆さんに「コロナをきっかけに今の仕事を辞めたいと思ったかどうか」について聞いてみました。


想像と違う、相談相手がいない…。転職者が入社後に陥りがちな悩みって

想像と違う、相談相手がいない…。転職者が入社後に陥りがちな悩みって

年度の始まりであるタイミングで転職した人も多いのではないでしょうか? しかし、前職とのギャップなど悩んでいる転職者も多いのだそう。実際どんなことで悩んでいるのか、全国の転職後1年未満のビジネスパーソン500⼈に聞いてみました。


長続きの秘訣は思いやり、それともときめき? 女子100名の「恋愛に欠かせない要素」

長続きの秘訣は思いやり、それともときめき? 女子100名の「恋愛に欠かせない要素」

皆さんは大切なパートナーと仲良く過ごしていくためにどんなことを意識していますか? 優しさ、尊重、ときめき…恋愛においてはお互いに色々な要素が必要になりますが、その中で「一番欠かせない」要素とは一体なんなのでしょうか? 今回は読者100名に【恋愛で欠かせない要素】についてアンケートしました。


みんなの恋愛観を調査!友情が恋愛になる、元彼と友達になる…これってアリ?

みんなの恋愛観を調査!友情が恋愛になる、元彼と友達になる…これってアリ?

Cinqの読者125名に恋愛観に関するアンケートを実施。「友情が恋愛に発展した経験はある?」「別れた恋人と友達に戻る…アリ、ナシ?」みんなの価値観とあなたの価値観をぜひ照らし合わせてみて♡


最新の投稿


テレワークで光熱費が増えた…! 通信費・電気代などを節約するには?

テレワークで光熱費が増えた…! 通信費・電気代などを節約するには?

テレワークを導入する企業が増えている今、自宅で過ごす時間も長くなり通信費や光熱費が今までより増えた…と気になっている方も多いのでは? そこで今回は通信費・電気代の節約にオススメな方法をご紹介します。


Withコロナでは必須のスキル! マスク越しのコミュニケーションのコツって?

Withコロナでは必須のスキル! マスク越しのコミュニケーションのコツって?

私たちの生活に必要不可欠となったマスク。ずっとマスクを装着した状態で会話をしていると、聞き取りづらかったり、表情が見えずにぎこちないコミュニケーションになりがちです。そこで今回はマスク越しでも印象を良くするためのポイントについてご紹介します。


女性の一人暮らし、部屋選びの基準は? 住みやすいお部屋選びのコツ【単身編】

女性の一人暮らし、部屋選びの基準は? 住みやすいお部屋選びのコツ【単身編】

働く女子の一人暮らし。ワクワクした感情と共に、何かトラブルに巻き込まれるかも知れない不安も…。物件探しは、どんなことに気を付けて選べばいいのでしょうか? 女性の一人暮らしの賃貸物件の選び方についてお部屋探しのプロに伺いました!


コロナ疲れを解消したい!こもりっぱなしで憂鬱な気持ちをスッキリさせる方法

コロナ疲れを解消したい!こもりっぱなしで憂鬱な気持ちをスッキリさせる方法

ようやく外出自粛が解除されたと思いきや、再び感染者が増え、今までとはまた少し違う状況になってきています。再びおうち時間が長くなっても、楽しく過ごせるように暮らし方を整えましょう。


「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、通訳家の李起林(イ・ギリム)さん。生まれ育った韓国を離れて、通訳家として日本で活動されている素敵な女性です!


RANKING


>>総合人気ランキング