20代30代の女性は毎年、母の日をどのように過ごしているの?

20代30代の女性は毎年、母の日をどのように過ごしているの?

もうすぐ母の日。働き女子が多い20代~30代の女性は毎年どのようにして過ごしていて、どんな親子関係を築いているのでしょうか?


もうすぐ母の日。働き女子が多い20代~30代の女性は毎年どのようにして過ごしていて、どんな親子関係を築いているのでしょうか?

ミュゼマーケティングが全国の20〜34歳の女性を対象に「母」に対する意識調査を実施。貴重な母と娘の時間をどう過ごしているのか、チェックしていきましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

毎年感謝を伝えているのは半分近く

「母の日に感謝の気持ちを伝えている?」と質問したところ、最も多い回答は「毎年伝えている(48%)」で、「毎年ではないが伝えている(39%)」を含めると全体の87%が気持ちを伝えていることがわかりました。

一方で、「いつも忘れてしまう(13%)」と回答した女性のうち、60%は実家住まいで、48%が20代前半であることが判明。毎日母親と一緒にいる実家住まいの人のほうが「母の日」を忘れてしまうという結果になりました。また、今年の母の日について聞くと、「感謝を伝える予定」(71%)が大多数を占める結果になりました。

2,000円~3,000円のお花を贈る人が多数

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

母の日のプレゼント予算は、1位「2,000円~3,000円(23%)」、2位「5,000円以上(20%)」、3位「4,000円~5,000円(19%)」となりました。また、贈り物ランキング1位は「プレゼントやお花(67%)」、2位「一緒に食事に行く(20%)」と大差をつけて、モノを贈る人が多い結果となりました。
また一緒に旅行などに出かける、と経験をプレゼントする人も。母と娘で過ごす時間は特別なものになりますね。

約半数の女性が、母親との関係を「友達親子」と認識

母親との関係に対して「とても仲が良い」と回答した人は全体の54%で、「仲が良くない」という回答はわずか3%にとどまりました。洋服をシェアするなど、まるで同世代の友達のように仲良しな母娘を「友達親子」とも言いますが、今回のアンケート回答者のうちの約半分である46%の人が、自分と母親との関係は「友達親子」だと認識していることが明らかとなりました。

そこで、「友達親子」と回答した人に絞って調査すると、連絡の頻度に大きな差がありました。「毎日連絡を取る」と回答したのは全体の1.5倍も多く、友達親子のほうがそうでない親子より密にコミュニケーションを取っていることがわかりました。

「母親と服の貸し借りをしますか?」の質問には、「よくする、たまにする」が61%を占め、背格好だけでなく、服の趣味も似ている親子が多くいました。母親の呼び方については、「お母さん(55%)」が一番多く、「ちゃん呼び、ニックネーム」(11%)は少数派という結果に。

母親と旅行に行ってみたい?

「母親と2人で旅行に行くことがあるか」聞いたところ、「ある」が35%、「ない」と答えた人が20%、また、「いつか行ってみたい」という人が45%という結果になりました。母の日や親孝行など日頃の感謝を込めた母娘旅行の需要は、今後さらに増えるかもしれません。

まとめ

同じ女性だからこそ共感できる人生の先輩であり、長い間ずっと一緒にいた家族だからこそ親友のような関係にもなれるお母さん。大切な存在だからこそ、母の日にはお花や食事や旅行といった、心をこめた贈りものと、感謝の気持ちを伝えたいですよね。

普段はなかなか顔を合わせる機会がないという人も、できるだけ時間を作ってお母さんを喜ばせてあげてくださいね♪

母の日にみんなは何するの? よくばり女子が選ぶおすすめギフト

https://cinq.style/articles/109

いつもお世話になっている母親に感謝の気持ちを伝えられる「母の日」。なんだか照れくさくもありますが、何かをしなきゃと思う日でもあります。みなさんなら何を贈りますか?

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


調査 シーズン

関連する投稿


バレンタインに買うべきブランドはどこ? オススメチョコを目的別に紹介

バレンタインに買うべきブランドはどこ? オススメチョコを目的別に紹介

もうすぐバレンタイン♡ 大切な彼にチョコを渡すのはもちろんのこと、職場で配る分や自分へのちょっとしたプレゼントとしてもチェックしたいところ。今回はチョコ好きのエディターが百貨店のフェアなどで販売されている人気のチョコレートの中から、これを渡せば外さない! というオススメブランドをご紹介します。


上司からの感謝がカギ!若手のパフォーマンスを上げるマネジメント法

上司からの感謝がカギ!若手のパフォーマンスを上げるマネジメント法

皆さんは若手に対してどんなマネジメントをしていますか? 実は褒める習慣が若手のパフォーマンスが上がるようです。調査データと合わせて詳しくみていきましょう。


手土産にもおすすめ!味も食感にもこだわるヒカリエの最新フードをチェック♡

手土産にもおすすめ!味も食感にもこだわるヒカリエの最新フードをチェック♡

渋谷ヒカリエで、今しか味わえない最新フードが販売!今回のテーマは「多食感フード」。見た目の可愛さだけではなく、食べて楽しい、新しい食体験ができちゃいます。さらに今年のクリスマスケーキもお目見♡フォトジェニックなケーキも要チェックです!


ミレニアル世代の「働き方」に対する意識とは?

ミレニアル世代の「働き方」に対する意識とは?

社会や消費のあり方に大きな影響を与えるミレ二アル世代。彼女たちの仕事観は親世代とかなり違いが出てきているよう。「働き方」に対する意識について調査データをみていきましょう。


18年新卒は、初の“フルゆとり世代”。マネジメントはどうすれば?

18年新卒は、初の“フルゆとり世代”。マネジメントはどうすれば?

2018年の新卒が入社して早いもので、3ヵ月。職場にも慣れてきた頃ですよね。今年の新卒はどうやらフルゆとり世代。今までとまた違う考え方を持っているよう。先輩たちはどのようにして、育てれば良いのでしょうか?


最新の投稿


【働く女性の婚活事情】お金持ちと結婚したい。考えておきたい価値について

【働く女性の婚活事情】お金持ちと結婚したい。考えておきたい価値について

筆者が婚活中の働く女性からご相談を頂く中で、「お金持ちと結婚したい」というご要望をお持ちの方は非常に多いです。 同様のお考えをお持ちの方もいらっしゃるかと思われますので、一度コラムにまとめたいと思います。


SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第97回目は、SNSをやってよかったと思う時について考えます。


心がすっと軽くなる。豊かな人生へと導いてくれる「書く魔法」の魅力

心がすっと軽くなる。豊かな人生へと導いてくれる「書く魔法」の魅力

心がつらいときは「書く魔法」の力を借りませんか?書いて書いて書きまくっているうちに、いつもの自分に戻っているはずですから。


【#もちこのパンイチ 19】敏感な女子に大人気! 韓国風なパンイチ

【#もちこのパンイチ 19】敏感な女子に大人気! 韓国風なパンイチ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ企画。今回は流行に敏感な女性に人気の韓国風なパンイチのご紹介です♪ しっかりとした味付けでランチにもおすすめです!


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


RANKING


>>総合人気ランキング