“老化”を恐れずに楽しむ。変わりゆく私にどう対応すべき?

“老化”を恐れずに楽しむ。変わりゆく私にどう対応すべき?

ある朝、鏡を見たら「老けている」と感じた...。日に日に訪れる、老化に対して不安や恐れが拭いきれないときに考えたいこと。


30代に入ると途端に気になるのが、見た目の老化。はたから見たら、そう気になることでもないかもしれない。だけど、自分自身は毎日自分の顔と付き合っているのだからよく分かるのものです。そんな“老け”を実感した時、あなたはどんな風に自分と向き合いますか?

“若さが永遠ではない”ことを理解できていなかった

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「もうアラサーだよ~、ヤバい。」
「あぁ、なんか老けたな…」

そんな愚痴を友達の前で漏らしたことはありますか?私はあります。とくに20代後半、27歳や28歳は、年齢の変化に敏感になる年頃ではないでしょうか。確かに前の自分と比べて顔つきや体つきが変わり始める頃とはいえ、まだ20代。本当の意味で「老け」を実感することなど、20代のうちでは出来ないのです。

30代は、自分よりも10歳以上年下の子たちから「おばちゃん」と言われる頻度も増えていきます。また、時として飲みの席などで近くにいる見知らぬ男性が「35歳を過ぎた女性なんてババァだよなぁ」などと勝手のたまう現状を、どこかで目の当たりにします。その光景を今までどこか、「自分ではない年上のお姉さんに投げかけられた一言」として捉えていたのに、今度は自分が“その対象”になるのです。老いることは仕方ないと分かっていても、世間は老けていく女性になんと冷たいことか…。それを初めて自分ごととして実感するのが30代40代の女性なのではないでしょうか。

老いるということを楽しんでみる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

若さにしがみついているワケではないけれど、心のどこかでまだ「若い自分」と思っていた。中身は20代の頃となんら変わっていないし、これからも変わることはない。だけど、見た目の変化、周りの対応の変化に自分自身が追いついていかないので、どうしても戸惑うことが増えてしまいます。

そんな自分と今後、どうやって向き合っていけば、自信を持って楽しく生きられるのでしょうか。そう考えた時に私はあえて、老ける過程を楽しむ姿勢を忘れないようにしようと決意しました。老ける過程を楽しむ…というのは、目尻のシワを愛するように観察する、垂れているお尻に可愛さを感じるようにする、スッピンの自分が常に疲れ顔でもOK!人間らしくてそれも良いよね。と今の自分そのものを在るがままに認める気持ちを忘れないということです。

もちろん、在るがままを認める=何もしなくて良い。ということではありません。人前にでる以上は、自分の最大限の美しさを維持する努力は必要です。ただ、必要以上に美意識を高く持ちすぎたりすると、ほんの少しのシミやシワも許せなくなってしまいます。

それは、40代、50代、60代とこれから続く自分の全てを否定することになってしまいます。どんなに努力しても、人間である以上、老化は止められません。その老化を受け入れる気持ちを少しずつ持ち始めていくことで、変化する自分の顔立ち・体を少しずつ認められるようになるのではないでしょうか。

シワの数だけ手に入るモノがある

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

老けるということは、何も悪いことばかりではありません。見た目のフレッシュさはもちろん失われてしまいますが、その代わり他の人には語れないアナタだけのかけがえのない、人生観が培われていくのです。どんな経験から、何を学び、そしてどう在りたいのかを自分の言葉で語れるようになるし、小さなことに驚いたり、戸惑ったり、社会の変なしがらみにストレスを抱えることもない。

自分は自分、周りは周り。
中立的な立場で、自然体な自分で、年下とも年上とも対等に話ができるようになる。人生経験が増えれば増えるだけ、自分の中に処世術が増えて精神的にゆとりある生活を過ごすことができるようになります。もちろん、人によって個人差はありますが、失われる魅力だけでなく、これから得られる人間的な魅力にも注目していくと、歳を重ねる楽しみが増えるというものです。

大切なのは、充実して日々を暮らすこと

つい、これまでの自分とは違った変化に、それも悪い方の変化ばかりに注目してしまいがち。だけど、失うものばかりに目を向けて、そこに不安や恐れを感じるのは、今この瞬間を楽しめていない気がしてなんだか、もったいないですよね。今日が自分にとって一番、若くて美しい一日なのですから、悩んだり不安になるよりも、今日をどれだけ楽しめたかを大切にする方にもっと注目してみても良いのかもしれません。そうして一日一日を充実させながら生き続けた結果が、表情にも現れて、若さだけでは語れない魅力を醸し出すようになるのではないでしょうか。

ぜひ、ふとした瞬間に訪れる“老化”に不安を感じたら、このことを思い出して、ご自身を見つめ直してみてくださいね。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


“美金”以外は何してる? 美容家 松下侑衣花の美肌づくりのルーティーン

“美金”以外は何してる? 美容家 松下侑衣花の美肌づくりのルーティーン

アラサーになり、肌がゆらいだり荒れたりしがちで肌悩みが一気に増えたここ数年。そんな中でもできる限り肌をキレイに保てるよう、毎日試行錯誤して辿り着いた美肌ルーティーンをご紹介します! 


今っぽ顔にアップデート! 3〜4月発売の最新春のカラーコスメ

今っぽ顔にアップデート! 3〜4月発売の最新春のカラーコスメ

3〜4月、春の新色コスメがどんどんデビュー。今年の春は全体的に大人な雰囲気で、引き続きブームのブラウンや、甘さ控えめのピンクに注目したいところ! 


【大木光さん考案】暗髪さんはピンクの透明感を味方につけて #ヘアとメイクの方程式

【大木光さん考案】暗髪さんはピンクの透明感を味方につけて #ヘアとメイクの方程式

大人流の“カワイイ”をつくるのはヘアとメイクの組み合わせ。どちらかが完璧でもどちらか一方が微妙だと、アンバランスが引き立ち野暮ったく見えてしまいます。そこで、人気スタイリスト大木 光さんがヘアとメイクで大人カワイイを作る方程式を紹介。今回は、「暗髪さんでも地味印象にならないピンクの透明感」をお教えします。


目の大きさが違う…疲れ、くすみ、たるみの目元悩みは「指プレス」で解消

目の大きさが違う…疲れ、くすみ、たるみの目元悩みは「指プレス」で解消

たった指2本で見た目が変わる…そんな魔法みたいな話があったら試してみたいと思いませんか? 今回は隠れ家サロンのゴッドハンド、田中由佳さんに目元の悩みを解消する「指プレス」メソッドを教えていただきました。疲れ目、くすみ、たるみ…目元の悩みを解消して!


【ご自身愛用のベースアイテムを一部公開!】大政絢さんの美素肌のヒミツ

【ご自身愛用のベースアイテムを一部公開!】大政絢さんの美素肌のヒミツ

美容に関心の高いモデルたちが、手放せない愛用コスメはいったいなに?今年、1月29日に発売したビューティブック「BE BEAUTIFL Aya Omasa Beauty Book」(SDP)より、大政絢さんのベースメイク事情についてご紹介します♡


最新の投稿


副業をはじめてみたのはいいけれど…。副業に向いてる人・向いてない人の性格

副業をはじめてみたのはいいけれど…。副業に向いてる人・向いてない人の性格

副業を解禁する企業が増えたこと、そしてリモートワークを導入する会社が増えたこと、さらには経済的ダメージも話題になる今だからこそ副業に興味を持っている人も多いのでは? 今回は、副業に向いている人と向いていない人の性格について考えていきたいと思います。


【ワンフレーズ英会話 vol.4】学校で習ったけど実はあまり使われていない英語表現

【ワンフレーズ英会話 vol.4】学校で習ったけど実はあまり使われていない英語表現

すぐに使える英語フレーズを日本ワーキング・ホリデー協会のKOTAROがお届け。今回は、学校で習ったけど実はあまり使われていない英語表現です。


あなたはどっち?年上彼・年下彼と相性の良い性格とは

あなたはどっち?年上彼・年下彼と相性の良い性格とは

相性の良い人は年上の彼!...そう決めつけていた私が結婚したのは、3歳下の年下彼だった。そこから考える自分に合う人の見つけ方についてご紹介!


「女性はすぐにセクハラ扱いする」と言ってくる上司がウザい #これってハラスメントですか?!

「女性はすぐにセクハラ扱いする」と言ってくる上司がウザい #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は「最近はすぐにセクハラ扱いされるから…」とアピールしてくるようになった上司の話です。


寝つきが悪いのは在宅勤務のせい?ずっとお家にいても質の良い睡眠をとるには

寝つきが悪いのは在宅勤務のせい?ずっとお家にいても質の良い睡眠をとるには

在宅勤務をしていると、寝つきが悪くなってしまったり、朝起きようとしてもスッキリ目覚められず勤務時間ギリギリまでベッドの中で過ごしてしまう…と悩んでいる人はいませんか? その原因として大きいのが「運動不足」と「日光浴不足」。お家にいながらこの悩みを解決するためにはどんなことをすれば良いのでしょうか?


RANKING


>>総合人気ランキング