“老化”を恐れずに楽しむ。変わりゆく私にどう対応すべき?

“老化”を恐れずに楽しむ。変わりゆく私にどう対応すべき?

ある朝、鏡を見たら「老けている」と感じた...。日に日に訪れる、老化に対して不安や恐れが拭いきれないときに考えたいこと。


30代に入ると途端に気になるのが、見た目の老化。はたから見たら、そう気になることでもないかもしれない。だけど、自分自身は毎日自分の顔と付き合っているのだからよく分かるのものです。そんな“老け”を実感した時、あなたはどんな風に自分と向き合いますか?

“若さが永遠ではない”ことを理解できていなかった

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「もうアラサーだよ~、ヤバい。」
「あぁ、なんか老けたな…」

そんな愚痴を友達の前で漏らしたことはありますか?私はあります。とくに20代後半、27歳や28歳は、年齢の変化に敏感になる年頃ではないでしょうか。確かに前の自分と比べて顔つきや体つきが変わり始める頃とはいえ、まだ20代。本当の意味で「老け」を実感することなど、20代のうちでは出来ないのです。

30代は、自分よりも10歳以上年下の子たちから「おばちゃん」と言われる頻度も増えていきます。また、時として飲みの席などで近くにいる見知らぬ男性が「35歳を過ぎた女性なんてババァだよなぁ」などと勝手のたまう現状を、どこかで目の当たりにします。その光景を今までどこか、「自分ではない年上のお姉さんに投げかけられた一言」として捉えていたのに、今度は自分が“その対象”になるのです。老いることは仕方ないと分かっていても、世間は老けていく女性になんと冷たいことか…。それを初めて自分ごととして実感するのが30代40代の女性なのではないでしょうか。

老いるということを楽しんでみる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

若さにしがみついているワケではないけれど、心のどこかでまだ「若い自分」と思っていた。中身は20代の頃となんら変わっていないし、これからも変わることはない。だけど、見た目の変化、周りの対応の変化に自分自身が追いついていかないので、どうしても戸惑うことが増えてしまいます。

そんな自分と今後、どうやって向き合っていけば、自信を持って楽しく生きられるのでしょうか。そう考えた時に私はあえて、老ける過程を楽しむ姿勢を忘れないようにしようと決意しました。老ける過程を楽しむ…というのは、目尻のシワを愛するように観察する、垂れているお尻に可愛さを感じるようにする、スッピンの自分が常に疲れ顔でもOK!人間らしくてそれも良いよね。と今の自分そのものを在るがままに認める気持ちを忘れないということです。

もちろん、在るがままを認める=何もしなくて良い。ということではありません。人前にでる以上は、自分の最大限の美しさを維持する努力は必要です。ただ、必要以上に美意識を高く持ちすぎたりすると、ほんの少しのシミやシワも許せなくなってしまいます。

それは、40代、50代、60代とこれから続く自分の全てを否定することになってしまいます。どんなに努力しても、人間である以上、老化は止められません。その老化を受け入れる気持ちを少しずつ持ち始めていくことで、変化する自分の顔立ち・体を少しずつ認められるようになるのではないでしょうか。

シワの数だけ手に入るモノがある

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

老けるということは、何も悪いことばかりではありません。見た目のフレッシュさはもちろん失われてしまいますが、その代わり他の人には語れないアナタだけのかけがえのない、人生観が培われていくのです。どんな経験から、何を学び、そしてどう在りたいのかを自分の言葉で語れるようになるし、小さなことに驚いたり、戸惑ったり、社会の変なしがらみにストレスを抱えることもない。

自分は自分、周りは周り。
中立的な立場で、自然体な自分で、年下とも年上とも対等に話ができるようになる。人生経験が増えれば増えるだけ、自分の中に処世術が増えて精神的にゆとりある生活を過ごすことができるようになります。もちろん、人によって個人差はありますが、失われる魅力だけでなく、これから得られる人間的な魅力にも注目していくと、歳を重ねる楽しみが増えるというものです。

大切なのは、充実して日々を暮らすこと

つい、これまでの自分とは違った変化に、それも悪い方の変化ばかりに注目してしまいがち。だけど、失うものばかりに目を向けて、そこに不安や恐れを感じるのは、今この瞬間を楽しめていない気がしてなんだか、もったいないですよね。今日が自分にとって一番、若くて美しい一日なのですから、悩んだり不安になるよりも、今日をどれだけ楽しめたかを大切にする方にもっと注目してみても良いのかもしれません。そうして一日一日を充実させながら生き続けた結果が、表情にも現れて、若さだけでは語れない魅力を醸し出すようになるのではないでしょうか。

ぜひ、ふとした瞬間に訪れる“老化”に不安を感じたら、このことを思い出して、ご自身を見つめ直してみてくださいね。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


春新色、スキンケア、ボディケアまで! 指名買いしたい2020年初買いコスメ

春新色、スキンケア、ボディケアまで! 指名買いしたい2020年初買いコスメ

ついに2020年に突入! 新しい年にあわせて新しいコスメをゲットして、美人度をさらにアップデートしたいところ。 春新色、スキンケア、ボディケアまで、指名買いしたい新作コスメを紹介します!


職場での信頼度も男性ウケもアップ!清潔感のある女性が力を入れていること

職場での信頼度も男性ウケもアップ!清潔感のある女性が力を入れていること

清潔感のある女性は職場の人からの信頼もあるし、男性ウケもバッチリ。そんな女性たちは普段どんな所に気を付けているのでしょうか?今回はその特徴をまとめてみました。


《理想を叶える》まずは想像することから!イメージリストの作り方

《理想を叶える》まずは想像することから!イメージリストの作り方

新しい年を向かえたことをきっかけに「抱負」や「目標」を宣言するといった人をたくさん見かけます。理想のライフスタイルに近づくために、つくっておきたいイメージリストをつくっておきましょう♡


冬場のパサパサ髪を防ぐ!やってはいけないNG習慣とヘアケアのポイント

冬場のパサパサ髪を防ぐ!やってはいけないNG習慣とヘアケアのポイント

冬場もキレイな髪をキープしたいですよね。毎日の何気ないヘアケア習慣が大きな差を生むこともあります。そこで、ついやってしまいがちだけど、実は冬にしてはいけないNG習慣を紹介。また乾燥対策に必要なアイテムとは一体何なのでしょうか?


【ツヤ肌がトレンド】プチプラ〜デパコスまで! 話題をさらった優秀ハイライト

【ツヤ肌がトレンド】プチプラ〜デパコスまで! 話題をさらった優秀ハイライト

ヘアもスキンも共通して、今年は「ツヤ」がトレンドでした。美容好きの中で、話題に挙がることがもっとも多かったアイテムが、ハイライト。肌トラブルを光で飛ばして、健康的な立体感をプラスすることができる優秀なアイテムがいくつも登場しました。今回はそんな、話題をさらった優秀ハイライトを紹介。


最新の投稿


仕事と家庭どちらも譲れない。両立を目指すなら"28歳"がターニングポイント

仕事と家庭どちらも譲れない。両立を目指すなら"28歳"がターニングポイント

28歳はキャリアを伸ばしていくタイミングでもありますが、結婚・出産の適齢期でもあります。仕事も家庭もどちらも譲れない人は、28歳で一度立ち止まり、どう両立していけば良いのか、これからのことをプラニングしてみましょう。


人生をかけてやりたいこと。ライフワークの見つけ方・つくり方

人生をかけてやりたいこと。ライフワークの見つけ方・つくり方

天職に出会えたら毎日が劇的に変わる。でもどうすればいいのか分からず、やりたいことを追いかけて転職する日々…。今回は、ライフワークの見つけ方・つくり方をご紹介します。


【ワンフレーズ英会話 vol.2】カフェで注文をするときのフレーズは?

【ワンフレーズ英会話 vol.2】カフェで注文をするときのフレーズは?

すぐに使える英語フレーズを日本ワーキング・ホリデー協会のKOTAROがお届け。今回は、カフェで注文をするときに使える英語フレーズです。


最近の新入社員は結婚願望が強い!? 若手から得る恋愛のヒント

最近の新入社員は結婚願望が強い!? 若手から得る恋愛のヒント

若者の「恋愛離れ」がすすんでいると話題になることもありますが、実際にはそんなことありません。ここ最近の新卒者はどうやら「結婚願望が強い」というデータあるのです。では、実際に恋愛から離れつつあるのはどんな世代? 若手から得る恋愛のヒントをご紹介。


【読者の疑問を解決!】投資をはじめるタイミングはいつ?お金に関するQ&A

【読者の疑問を解決!】投資をはじめるタイミングはいつ?お金に関するQ&A

お金に関してわからないことが多く、不安になる働き女子。将来必要なお金を今から準備していくためには、ただ「ためる」だけではなく、少しずつでも「ふやす」ことが重要になってきます。とはいえイマイチその方法がわからず、頭を悩ませている方もいるでしょう。そこで、お金に関する疑問をお金のプロにぶつけてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング