もしかしてあなたも? 女性が陥りやすいお仕事での悩み

もしかしてあなたも? 女性が陥りやすいお仕事での悩み

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


みんな悩んでる!

気にしすぎ? これって心配性?
たまにわからなくなりますよね。だけど、やっぱり女性が活躍する場が増えた分、悩みだって増えています。自分なりにはがんばっているつもりでも、周りからはどう見えているのかわからない。不安だって、だれにも言えない。がんばっている女性にほど、実は悩みってたくさん。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

がんばりすぎちゃう病

もともとある仕事に、さらに別の仕事を追加された…。あれ、これってもともと私の業務だっけ? そんなことを思うような出来事だってありますよね。もしかしたらあなたなら引き受けてくれると、まわりが甘えているのかも。

引き受けるべき仕事と、引き受けなくてもいい仕事、そんな線引きがわからなくなってしまって、結局雑用もたくさん。残業時間が伸びたり、いいように使われてしまうことも。

自分見直し病

毎日がんばって仕事をこなしているけど、あれ、私って何ができるんだっけ。特技ってなんだろう? そんな風に自分のスキルや強み、売りについて考えれば考えるほどわからなくなって、不安だけが募ってしまう。

不安が強すぎて、自分に向いている仕事がわからなくなったり、自分が今後なにに力をいれればいいのか悩みの迷宮にはいってしまうことも。

嫌われたくない病

周りからの目線が気になって、嫌われたくないという気持ちが強すぎるから、自分の意志を伝える勇気がなくなってしまう。人に合わせるばかりになって、結局自分のやりたい事や意見を伝えられなかったりすることも。

人にいい顔をするのは得意だけど、全部が全部本心かどうかわからない。結局わたしって周りからどう見えてるの? 結局また、人の目を気にしているかも。

甘やかされ病

今までは美人だ、かわいい、といろんな人からたくさん褒められてきた。そんなに叱られることもなく、文句を言われることもなく、そのまま大人になってしまった人もいるんです。結局自分のスキルがどこまで高められたかはわからない。

いつの間にか後輩はどんどん増えて、かわいがられるポジションも無くなってしまった…。大人になってしまったからこそ、扱いの変化に気づいて焦りはじめちゃう。

遠慮しすぎ病

上司や先輩から、がんばっていることを評価された。それってとっても嬉しいこと。その才能を認められて、出世するかもしれない一世一代の大チャンスがきたら、あなたはどうする?

でも、私なんて…。と遠慮しすぎて、ついついそんなチャンスを受け入れられない女性もいるんです。自分への自信の無さがついつい周りからの評価を避けてしまっているのかも。

逃避病

今までは細かい気配りまでしっかりと頑張ってきた。だけど急になにかが吹っ切れたように、もういいや! と逃避しちゃう人もいるみたい。途中までがんばってきたからこそ、最後に投げ出しちゃうのはもったいない話。体力もほどほどに、最初からがんばりすぎない方がよかったのかも?

待ちたい病

いつか誰かが私のことを見つけてくれる、評価してくれる、と自分から行動することをしないで待ち続けている人も。もちろん、道端に咲いた花に目をやる人はいるんだけど、待ち続けて結局…。なんてこともあるかもしれません。周りに過度な期待を持ちすぎるのはやめた方がいいのかも?

意識改革、したくない?

いろんな不安や悩みがあるのはみんな同じ。甘えている人や優柔不断な人も多いのが現実。だけど、仕事として、大事なのは自分の今の立場をちゃんと理解し、スキルを上げていくこと。誰かに甘えてばっかりいてもだめ!

自分の悩みの分類分けができたら、次はそれをどうやって対処していくのか考えてみて!

積極的に動く

待っていたってなにもはじまらない。だからこそ、嫌な雑用を押し付けられる前に自分から行動してみませんか? これを教えてほしい、これに興味がある、ということを見つけて積極的に動いてみましょう。今の自分の努力を認めてほしいなら、専門的な知識をつけてみるとか。

周りが忙しくって目が届かないこともあるから、自分から行動して、それを成果としてみせることが大切なんです。

開き直る

出世なんてしたくない、このままでいい。それもひとつの選択であることに間違いはないはず。スキルアップなんてしなくても、いまの仕事はこなせているんだもの。それはそれで悪くないはず。不平不満を口に出しちゃうなら問題かもしれないけど、今でも続けられている何かがあるなら、無理に先を考えて悩みすぎることもないかもしれません。

そうやって自分の位置がしっかり定まれば、悩みすぎることなく真っ直ぐ仕事に向き合えるようになるかも。

変化に対応する

今の仕事がどう、と考えるより先に時代が変わってくることだってありますよね。今では主流になったSNSだって前はなかったし。SNSを使ったお仕事ができたけど、それと逆になくなってしまった仕事もあるかもしれません。そんなときに大事なのは、変化に対応することができるという力。

今の基準で物事を考えすぎるんじゃなく、なににでも柔軟に対応する能力があればそれがいちばん強いかも。

発想次第でなんとかなる!

ついつい不安になって考えすぎたり悩みすぎることもあるけど、そんなことを繰り替えしていても仕方ない! というわけで、思考を反転させてみましょう。

「パクられた」じゃなくて「リスペクトされている」という捉え方を身につければ大丈夫。悩みすぎる心配性な部分も、特徴を生かせば専門的な仕事になるかもしれません。

悩みや不安があるのはみんな一緒。だって先のことが透けて見える人なんていないもの。あなたの考え方次第で、物事はもっとうまくいくはず。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


私は私の道を生きる。生涯独身を貫くために若いうちから考えておきたいこと

私は私の道を生きる。生涯独身を貫くために若いうちから考えておきたいこと

やりたいことがあったり、自由に過ごしていたかったり。結婚だけが、女性の生きるべき道ではないのかも…。今回は、生涯独身を貫くために若いうちから考えておきたいことをご紹介します。


リアル「プラダを着た悪魔」?アパレル業界の厳しい掟に学ぶ仕事力

リアル「プラダを着た悪魔」?アパレル業界の厳しい掟に学ぶ仕事力

華やかさと厳しさをあわせもつ、アパレル業界。撮影現場から学んだ、仕事をつくる意味とは。


無駄な会議・打ち合わせばかり重ねてない? ファシリテーション能力の鍛え方

無駄な会議・打ち合わせばかり重ねてない? ファシリテーション能力の鍛え方

人数を集めて大掛かりな会議や打ち合わせを重ねているけれど、結局なんの意見もまとまらずにダラダラと時間だけを使ってしまった…。なんてことはありませんか? それぞれのファシリテーション能力というものは違っています。では、どうすればその能力は身に付くのでしょうか?


モチベーションが落ちちゃう…。メンタルキープに必要な2つのこと|MY WORK ヒント#14

モチベーションが落ちちゃう…。メンタルキープに必要な2つのこと|MY WORK ヒント#14

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第14回目は、一人で勉強したり、仕事をしたりしていると、モチベーションが落ちてしまう!という問題について考えます。


恋よりも仕事を選んだ。でもデートがしたいときってどうすればいい?

恋よりも仕事を選んだ。でもデートがしたいときってどうすればいい?

彼よりも仕事を選んだとはいえ、ずっとデートしない状況は、さすがに我慢できないかも…。こんなとき、あなたならどうしますか?


最新の投稿


元テラハメンバー、ローレン・サイがアート空間を! 注目のスタバ新作もチェックして♡

元テラハメンバー、ローレン・サイがアート空間を! 注目のスタバ新作もチェックして♡

表参道B-SIDEに、モデル兼アーティストとして活動するローラン・サイが登場。世界レベル美女と話題になった彼女がつくったアート空間と、スターバックスコーヒーからホリデーシーズン限定で発売される新作を一気にのぞき見しちゃいます!


私は私の道を生きる。生涯独身を貫くために若いうちから考えておきたいこと

私は私の道を生きる。生涯独身を貫くために若いうちから考えておきたいこと

やりたいことがあったり、自由に過ごしていたかったり。結婚だけが、女性の生きるべき道ではないのかも…。今回は、生涯独身を貫くために若いうちから考えておきたいことをご紹介します。


リアル「プラダを着た悪魔」?アパレル業界の厳しい掟に学ぶ仕事力

リアル「プラダを着た悪魔」?アパレル業界の厳しい掟に学ぶ仕事力

華やかさと厳しさをあわせもつ、アパレル業界。撮影現場から学んだ、仕事をつくる意味とは。


無駄な会議・打ち合わせばかり重ねてない? ファシリテーション能力の鍛え方

無駄な会議・打ち合わせばかり重ねてない? ファシリテーション能力の鍛え方

人数を集めて大掛かりな会議や打ち合わせを重ねているけれど、結局なんの意見もまとまらずにダラダラと時間だけを使ってしまった…。なんてことはありませんか? それぞれのファシリテーション能力というものは違っています。では、どうすればその能力は身に付くのでしょうか?


自信がないのは、過去のトラウマ。未来記憶をたくさん吸収しよう|MY WORK ヒント#15

自信がないのは、過去のトラウマ。未来記憶をたくさん吸収しよう|MY WORK ヒント#15

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第15回目は、新しいことを始めようとした時に、自信が出ない理由について考えます。


RANKING


>>総合人気ランキング