男性からのお誘いがあると安心する…。自己肯定感を得たい女性が指標とするものとは

男性からのお誘いがあると安心する…。自己肯定感を得たい女性が指標とするものとは

異性から好意を寄せられることに対して、嬉しいと思わない人は居ませんよね。それが自分でも「ちょっといいな」と思える相手からなら尚更。けれど、それで浮かれるのはちょっと待って。その好意って本当に下心じゃない…?


男性からのお誘いがあると、安心するの……。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

異性からの好意を感じとったとき、大抵の人は嬉しいと感じることでしょう。よっぽどの相手ではない限り、嫌悪感を持つことはありませんよね。けれど、好意を寄せられることをゴール(目的)にしている人も居ます。例えば、「彼氏は居るけど、他の異性からもお誘いがないと不安」という人だったり、「女子力が下がっているときに、街を歩いてナンパされたら安心する」というような女性です。あなたの周りには、居ませんか?

これは決して自分のパートナーとなる人を探しているのではなく、自分が異性から好意を寄せられてる(=モテる)実感を得ることで、自己肯定感を高めようとする心理が働いています。けれど、異性からのそのお誘いが、本当に全て純粋なものであるとは限りません。純粋な好意か、はたまたただの下心か……。あなたはそれがわかりますか?

「下心」を実感するのは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女性という“性”を授かって生まれてきた以上、男性からのわかりやすい「下心」を感知したことは、必ずあることでしょう。例えば、飲みに行った相手の視線がチラチラと胸元に寄せられていたり、2件目3件目とお酒の席に長く付き合わさせられたり、たくさんの量のお酒を勧められたり。もっとわかりやすくなると、激しいボディタッチやホテルのお誘いなど……付き合いの多い大人になると、そんな「下心」は日常茶飯事。

「好意」を寄せられることで安心感を得ようとする、自己肯定感の低い女性は、まずこの“純粋な好意”と“下心”を見極める必要があります。自分がモテている、と実感することの指標を見直してみましょう。

自己肯定感を得たい女性が、好意(モテ)の指標としやすいもの

食事を奢ってもらえる=好意(モテ)だと思っている

男性からの、定期的な食事のお誘いが安心するという女性は多いもの。例え、なんとも思っていない相手であったとしても、美味しい食事に連れていってもらったり、エスコートや送り迎えなどの女性扱いをされることで気晴らしになることもあります。けれどこれを好意の証だとは思わないことです。食事のあとの、ホテルが目的なんて男性も少なくはないからです。

ナンパされた人数が多いことで自信を持つ

街中を歩いていて、声をかけられること。
少し前までは「ウザい」と感じていたはずなのに、完全なるスルーとなるとそれはそれで寂しい……。自分の外見レベルを測るためにナンパ件数をカウントしてはいませんか?
けれどナンパは、あくまで雰囲気で選ぶことが多く、「数打ちゃ当たる」と考えている男性も多いもの。ナンパで自分の外見レベルを判断するのはアテになりません。

いいね!の数が人気の証だと思っている

SNSでのいいね!数やコメントの数が多くなると、つい人気者になったかのような気分で、嬉しくなります。SNS上でのやり取りも増えて、まるで友人の輪が広がったかのような感覚にもなりますよね。けれど、これはフィルター越しの世界であるということを理解しておきましょう。素直に自分のことをなんでも話せるわけでもなければ、文字、写真の印象でしか相手には残っていないのです。自己肯定感を、画面の中だけで得ることは非常に難しく、逆にSNS上とリアルでのギャップに悩んでしまうこともあります。

ハイスペックな男性から、夜のお誘いを受けた回数をモテの指標にしている

立派な地位、そして幅広い人脈を持っていて、見た目的にも魅力的な男性(=ハイスペ男子)と食事に行った際に「もっと綺麗な知り合いがたくさんいるはずなのに自分を選んでもらえた」と自信を持つのは悪いことではありません。女性の扱いにも慣れていて、非日常を感じられるような演出づくりも上手。つい心も弾んでしまいます。まるで相手のレベルに引き上げられるように、自分の経験値が上がったように感じられるでしょう。けれど、夜のお誘いはあくまで夜のお誘い。それを忘れてはいけません。

他人から「自己肯定感」を得ることは、ときに自分にとってリスクになる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

他人からの好意を自己肯定の材料にしている女性にはリスクが伴います。それが、「自分が本当に恋に落ちてしまったとき」です。
自己肯定感を他人軸で測るため、自分が失恋してしまったとき、落ち込むことがあったときに、苦しみをより強く実感してしまうのです。本来であれば、自己肯定感は、自分自身で生み出すもの。

ですが、もしそれが出来ずにいるのなら、上記に書いたようなことを好意(モテ)の指標と捉えないように気を付けて。身体だけの関係に悩んだり、他人の評価で落ち込むなんて、もったいないことだから。

「ブレない生き方をしたい」他人に振り回されない"自分軸"を持つということ。

https://cinq.style/articles/876

浮くのが怖いから他人の意見が気になる。不安からか、いつも周囲に振りまわされてばかり。やりたいことを全力で頑張っている女性は憧れる。そんな人っていったい、私と何が違うのだろう?

この記事のライター

UNI

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


恋愛 男心

関連する投稿


意外と知らない男の性感帯。〇〇を責めてワンランク上の前戯を!|真っ赤な濡れオンナ#83

意外と知らない男の性感帯。〇〇を責めてワンランク上の前戯を!|真っ赤な濡れオンナ#83

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第83回目は、意外と知られていない男性が好きな性感帯についてです。


男は弱音を吐くのが苦手。浮かない顔をした日にかけてあげる言葉とは|真っ赤な濡れオンナ#82

男は弱音を吐くのが苦手。浮かない顔をした日にかけてあげる言葉とは|真っ赤な濡れオンナ#82

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第82回目は、男性の性欲が復活する方法です。


飲みに行くと怒ってしまう彼氏。どうしても行きたいときの対処法は?

飲みに行くと怒ってしまう彼氏。どうしても行きたいときの対処法は?

飲み会に行こうとすると嫌がり怒ってしまう彼氏……。でもどうしても行きたい飲み会はある! そんなときに大切なのが、彼氏を不安にさせないことです。では、彼が嫌がる飲み会に参加する時には、どういった点に気をつけていれば良いのでしょうか?


男はコスプレ好き!? 彼女には言えない本当は着てほしい服装3つ|真っ赤な濡れオンナ#81

男はコスプレ好き!? 彼女には言えない本当は着てほしい服装3つ|真っ赤な濡れオンナ#81

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第81回目は、男性が好きなコスプレのバリエーションについてです。


伝え方次第で結果が変わるかも!? 社会人男性にグッとくる告白聞いてみた

伝え方次第で結果が変わるかも!? 社会人男性にグッとくる告白聞いてみた

人生を左右する、好きな人への告白! 「どうやったら、一番相手に想いが届くのか?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 今回は、社会人男性に“グッとくる告白”について聞いてみました。


最新の投稿


4月1日から働き方が変わる! 労働者が知っておきたい働き方改革関連法案

4月1日から働き方が変わる! 労働者が知っておきたい働き方改革関連法案

2019年4月1日より順次施行される労働法の改正を行う法律の1つである「働き方改革関連法案」をご存知でしょうか? 有給休暇5日間取得の義務化など、私たち労働者であれば誰しが知っておきたい内容です。この機会にどんな内容なのか、確認してみましょう。


寝る前のスマホ使用に注意! iPhoneの「Night Shift」機能を使用して

寝る前のスマホ使用に注意! iPhoneの「Night Shift」機能を使用して

パソコンやスマホの使いすぎで目が疲れていませんか? ついつい夜寝る前にも触ってしまうスマホですが、電子機器から発せられる強い光は、私たちの目を冴えさせ睡眠不足を引き起こします。今回は、寝る前スマホをやめるのが難しいアナタに「Night Shift」というiPhoneの便利機能を紹介!


ツヤとピンクがキーワード! 桜の下でも映える華やかお花見メイク

ツヤとピンクがキーワード! 桜の下でも映える華やかお花見メイク

そろそろ桜が咲く時期。お花見を計画している人も多いのでは? 桜が醸し出す柔らかくて明るい雰囲気にマッチするよう、メイクもお花見仕様にチェンジを! 美しい桜の下で映える顔をつくるには、ツヤとピンクがキーワードに。今回は、お花見メイクのポイントを紹介します。


その言い方は避けて! 人に嫌われやすい地雷フレーズ

その言い方は避けて! 人に嫌われやすい地雷フレーズ

自分は嫌味を言ったつもじゃないのに、なぜか相手を怒らせてしまったり気まずい雰囲気になってしまった……という経験はありませんか? 言葉一つで相手と親密度が上がることもあれば、瞬時に距離を空けられてしまうこともあります。今回は、つい言ってしまいがちな“地雷フレーズ”をご紹介。


天職は自分の意志で創りだす!Twitterで仕事を獲得する方法

天職は自分の意志で創りだす!Twitterで仕事を獲得する方法

天職は探すものじゃなくて、自分の手で創りだすもの。今回はTwitterで仕事を獲得する方法をご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング