男性からのお誘いがあると安心する…。自己肯定感を得たい女性が指標とするものとは

男性からのお誘いがあると安心する…。自己肯定感を得たい女性が指標とするものとは

異性から好意を寄せられることに対して、嬉しいと思わない人は居ませんよね。それが自分でも「ちょっといいな」と思える相手からなら尚更。けれど、それで浮かれるのはちょっと待って。その好意って本当に下心じゃない…?


男性からのお誘いがあると、安心するの……。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

異性からの好意を感じとったとき、大抵の人は嬉しいと感じることでしょう。よっぽどの相手ではない限り、嫌悪感を持つことはありませんよね。けれど、好意を寄せられることをゴール(目的)にしている人も居ます。例えば、「彼氏は居るけど、他の異性からもお誘いがないと不安」という人だったり、「女子力が下がっているときに、街を歩いてナンパされたら安心する」というような女性です。あなたの周りには、居ませんか?

これは決して自分のパートナーとなる人を探しているのではなく、自分が異性から好意を寄せられてる(=モテる)実感を得ることで、自己肯定感を高めようとする心理が働いています。けれど、異性からのそのお誘いが、本当に全て純粋なものであるとは限りません。純粋な好意か、はたまたただの下心か……。あなたはそれがわかりますか?

「下心」を実感するのは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女性という“性”を授かって生まれてきた以上、男性からのわかりやすい「下心」を感知したことは、必ずあることでしょう。例えば、飲みに行った相手の視線がチラチラと胸元に寄せられていたり、2件目3件目とお酒の席に長く付き合わさせられたり、たくさんの量のお酒を勧められたり。もっとわかりやすくなると、激しいボディタッチやホテルのお誘いなど……付き合いの多い大人になると、そんな「下心」は日常茶飯事。

「好意」を寄せられることで安心感を得ようとする、自己肯定感の低い女性は、まずこの“純粋な好意”と“下心”を見極める必要があります。自分がモテている、と実感することの指標を見直してみましょう。

自己肯定感を得たい女性が、好意(モテ)の指標としやすいもの

食事を奢ってもらえる=好意(モテ)だと思っている

男性からの、定期的な食事のお誘いが安心するという女性は多いもの。例え、なんとも思っていない相手であったとしても、美味しい食事に連れていってもらったり、エスコートや送り迎えなどの女性扱いをされることで気晴らしになることもあります。けれどこれを好意の証だとは思わないことです。食事のあとの、ホテルが目的なんて男性も少なくはないからです。

ナンパされた人数が多いことで自信を持つ

街中を歩いていて、声をかけられること。
少し前までは「ウザい」と感じていたはずなのに、完全なるスルーとなるとそれはそれで寂しい……。自分の外見レベルを測るためにナンパ件数をカウントしてはいませんか?
けれどナンパは、あくまで雰囲気で選ぶことが多く、「数打ちゃ当たる」と考えている男性も多いもの。ナンパで自分の外見レベルを判断するのはアテになりません。

いいね!の数が人気の証だと思っている

SNSでのいいね!数やコメントの数が多くなると、つい人気者になったかのような気分で、嬉しくなります。SNS上でのやり取りも増えて、まるで友人の輪が広がったかのような感覚にもなりますよね。けれど、これはフィルター越しの世界であるということを理解しておきましょう。素直に自分のことをなんでも話せるわけでもなければ、文字、写真の印象でしか相手には残っていないのです。自己肯定感を、画面の中だけで得ることは非常に難しく、逆にSNS上とリアルでのギャップに悩んでしまうこともあります。

ハイスペックな男性から、夜のお誘いを受けた回数をモテの指標にしている

立派な地位、そして幅広い人脈を持っていて、見た目的にも魅力的な男性(=ハイスペ男子)と食事に行った際に「もっと綺麗な知り合いがたくさんいるはずなのに自分を選んでもらえた」と自信を持つのは悪いことではありません。女性の扱いにも慣れていて、非日常を感じられるような演出づくりも上手。つい心も弾んでしまいます。まるで相手のレベルに引き上げられるように、自分の経験値が上がったように感じられるでしょう。けれど、夜のお誘いはあくまで夜のお誘い。それを忘れてはいけません。

他人から「自己肯定感」を得ることは、ときに自分にとってリスクになる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

他人からの好意を自己肯定の材料にしている女性にはリスクが伴います。それが、「自分が本当に恋に落ちてしまったとき」です。
自己肯定感を他人軸で測るため、自分が失恋してしまったとき、落ち込むことがあったときに、苦しみをより強く実感してしまうのです。本来であれば、自己肯定感は、自分自身で生み出すもの。

ですが、もしそれが出来ずにいるのなら、上記に書いたようなことを好意(モテ)の指標と捉えないように気を付けて。身体だけの関係に悩んだり、他人の評価で落ち込むなんて、もったいないことだから。

「ブレない生き方をしたい」他人に振り回されない"自分軸"を持つということ。

https://cinq.style/articles/876

浮くのが怖いから他人の意見が気になる。不安からか、いつも周囲に振りまわされてばかり。やりたいことを全力で頑張っている女性は憧れる。そんな人っていったい、私と何が違うのだろう?

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


恋愛 男心

関連する投稿


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第99回目は、セックスの最中に意識したい「目線」でエロを作る方法です。 


身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第98回目は、彼氏に身体を許すタイミングについてご紹介します。


彼を責めたい…! 彼氏の隠れM心を揺さぶる問いかけとは|真っ赤な濡れオンナ#96

彼を責めたい…! 彼氏の隠れM心を揺さぶる問いかけとは|真っ赤な濡れオンナ#96

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第96回目は、ペンネームBOOさんのリクエスト、「男性の責め方を知りたい」というというご質問の回答です。


社内恋愛のはじまり? 男性が職場にいる女性を「異性として意識した瞬間」

社内恋愛のはじまり? 男性が職場にいる女性を「異性として意識した瞬間」

社内恋愛はNGだと決めつけていませんか? 「出会いがない」と嘆いている人は社内に目を向けてみるのもアリかも(もちろん社内規則は事前に確認を!)。今回は男性が、リアルにときめいた職場での出来事について直撃しました。男性心理を理解して、気になる彼からの“ドキッ”を手に入れましょう。


最新の投稿


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

転職活動で大切なのは「自分を知ること」と「相手(企業)を知ること」の2つ。今回は、転職先で後悔することのないように、事前に行っておきたい企業研究のキホンについて、キャリアアドバイザーがお教えします。


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

ついつい散らかりやすいデスク。 だけどデスクの上が汚いと仕事もはかどらないし、ミスが増えてしまう可能性も。何よりも、社内メンバーからのイメージダウンも気になるポイントです。片付けが苦手な人向けに、簡単にできるデスクの整理術をご紹介。これであなたも整理整頓のできる働き女子に。


RANKING


>>総合人気ランキング