中途半端な群れ方はしない。自分の未来を広げるための活きる人脈のつくり方



中途半端な人は、必要ない

人脈。6年前フリーランスとして活動し始めた頃、この言葉が嫌いでした。どうすれば理想の人と出会えるか分からなかった私は、人脈の意味を間違えたまま人と群れようとしていました。

あれから6年経った今、自分の周りの環境は見違えるように変化したのです。人生のステージを上げてくれる人たちとの出会いもたくさんありました。

人脈は活きるものでなければ意味がありません。ただはしゃぐ、ただ騒ぐ。そんな大人のようで子どもの人たちと群れる時間は残されていません。

今回は、自分の未来を広げるための活きる人脈のつくり方をご紹介します。

自分の方向性とマインドを固める

人脈を広げる前に、自分の方向性を固めます。
仕事に生きたいのか、それともプライベートは重視していたいのか。自分の生き方の大枠を決めます。さらにマインドも固めて「私はこうなるから、必要な人と出会わせてほしい」と神様にお願いをします。

自分の方向性が定まらないまま、人脈を広げていても中途半端な人が増えるだけで正直疲れます。なにをするのもうまくいかず、八方塞がりの状態。きっと出会う人たちの質が向上しきれないのは、自分にもまだ迷いがあるから。

活きる人脈ができるときは、自分にも覚悟が芽生えている状態なのです。人よりもしんどい道を選ぶと覚悟が決まれば、応援してくれる人は必ずあらわれます。信じられない、奇跡のような出会いもあります。人と群れる前に、自分の方向性を確認しましょう。

どんな人たちに側にいてほしいのかをイメージする

どんな人脈がほしいですか?どんな人たちに側にいてほしいですか?私は活きる人脈がほしいと思ったとき、心の中で条件がいくつか浮かんでいました。

最大の条件は「品性」のある人たちに側にいてほしいと思いました。品のある人。言葉や所作が丁寧で、黙っていてもオーラがにじみでてくる人たちに側にいてほしいし、自分もそうなりたいと思ったのです。

品性だけはお金があっても買えないものです。生まれもったものもあれば、本人が努力して身についた場合もあるでしょう。そもそも「人脈」という言葉があまり好きではありませんが、自分の人生を上へと上げてくれる人たちと出会うためには、人脈も必要です。

横の広がりよりも師匠と弟子の関係を増やす

中途半端な人たちとの出会いを増やすくらいなら、心の底から信頼できる師匠と弟子の関係を増やしましょう。マンツーマンでともに動いてくれて、なおかつ支援してくれる人たちを探すのです。

仕事関係者だけとは限りません。私の場合は、ヨガの先生と出会ったことで精神状態が安定され、仕事のリズムもうまく回るようになりました。でもヨガを始めようと思ったときは決して「人脈を広げよう」とは考えていなかったのです。

ガツガツと動けば、理想の人と出会えるという保証はどこにもありません。何かを学ぶために師匠と弟子の関係になり、最終的にはその人と出会ったことで全体の運命が動くときもあります。横の広がりをもつというよりも、一緒に伴走してくれる人たちとの出会いを引き寄せましょう。

未来を広げてくれる人たちとの出会いを大切に

一緒に騒ぐだけの関係は基本的に必要ありません。
それは人脈ではなく、ただのお友達。自分の可能性を広げたいなら、未来に活きる人脈づくりが大切です。

出会いを引き寄せるためには、まず自分自身を安定させること。理想の未来がどんな状態なのかをはっきりさせることが大事。今すぐに出会いをつくるのではなく、時間をかけて周りの環境を変えましょう。