学生時代の「スクールカースト」は社会人になっても影響する?不登校経験者が考える、コンプレックスから抜け出す方法

学生時代の「スクールカースト」は社会人になっても影響する?不登校経験者が考える、コンプレックスから抜け出す方法

学生時代のスクールカースト。どこかのグループに所属しないと、一人ではいられない環境にストレスを感じたことはありませんか?大人になってもカーストは続きます。今回は、不登校経験者が考える【コンプレックスから抜け出す方法】をご紹介します。


スクールカーストに疑問を抱いた10代

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「明日から学校に来るな、お前なんて死ね」

夜、眠る前に同級生から来た一通のメール。受け取った瞬間は心にガラスが刺さった状態。
母には学校に行きたくないとお願いしましたが、様子をみて翌日だけは行ってみることに。

たった一日通っただけで、学校に行かない人生を選びました。誰も信用できなかったからです。14歳での出来事でした。



学校という組織の中には、いまだにスクールカーストが存在しているといいます。私が通っていた学校にも、初等部から通っているグループがクラスを率いていましたし、外部から入ってきた生徒は彼女たちのご機嫌を伺いながら過ごしていました。

問題はスクールカーストから抜け出し、再び新しい環境で過ごしていかなければいけなくなったとき、さらにどう乗り越えるかです。
今回は、不登校経験者が考えるコンプレックスから抜け出す方法をご紹介します。

スクールカーストの感覚を引きずった大人たちは、たくさんいる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

スクールカーストは、大人になっても永遠に続きます。
なぜなら私に対し「死ねよ」と言い放った同級生たちも同じように大人になり、どこかで働いているからです。

スクールカーストが当たり前と思っている人が会社にいれば、学校と同じく会社という大きな組織の中でも同じようにカーストが生まれます。自分がトップに立ち、人気者だけを取り入れ、グループを大きくするでしょう。スクールカーストは学生時代が終われば終わるというわけではない、と私は考えています。

では、どうすればコンプレックスを乗り越えられるのか。それは、会社から離れた働き方をすればいい、と勝手ながら考えています。居場所がないなら、居場所を自分でつくればいいと。

そこで、私が選んだのは「フリーランス」でした。いわゆる新卒フリーランスとして、社会人経験をしないままキャリアをスタートさせたのです。

会社という組織に入り、カーストの中で生きていく道は考えられませんでした。実際に3か月だけ、とある職場で働いていましたが、小さな環境でもカースト(というより先輩とそりが合わない)があることを感じ、早々に会社員を諦めてしまったのです。

コンプレックスから抜け出したいなら、自分スタイルを確立させる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

フリーランスという道を選んだことで、山口恵理香という名前と職業がほぼ一致した状態に。私が何を選び、どう生きるかで依頼していただく仕事内容も変わります。何を大切にしながら生きたいか。相手には何を重視してほしいかで、一緒に仕事をする人たちも変わります。

フリーランスを自由業と呼ぶときもありますが、自由ということは逆に言えば自分で色をださなければ、仕事として成り立たなくなってしまう難しさがあります。

たとえば、私の場合は「適応障害」という病を抱えていますが、フリーランスの道を選んだことで「感受性が敏感すぎる」というコンプレックスが長所になりました。

適応障害になった原因は数年前に経験した不登校。現在も「完治」ではなく「寛解(全治ではなく病気が治まっている状態をあらわす言葉)」を意識しながら、毎日を過ごしています。当時はメンタルが弱い自分のことを受け止めきれずにいました。豆腐という表現以上の崩れ方だったと思います。

今も決してメンタルが強いとは思っていませんが、フリーランスを選び続けてきたことで「バイタリティのある人」「個性のある人」と、コンプレックスだった心の病がいつしか個性となり、フリーランスとして激しい競争を生き抜くための武器となっていたのです。

コンプレックスを抜け出すためには、自分スタイルを確立させること。何が私らしいのかを毎日問い続けていれば、自分スタイルを確立できます。今すぐに完成するものでもありません。長い年月をかけ、苦しみながらも自分の道を生き抜くことで、コンプレックスでさえも「〇〇さんらしいですね」と評価してくれる人たちが増えていきます。

自分の道を切り拓き、自分の道を貫き通す覚悟。

スクールカーストが完全に消滅することは、おそらくないと考えています。
どの国にもどの世界にも「カースト」は存在します。しがらみのある世界で、どうすれば自分らしい生き方をできるのか。正解はそれぞれ違います。いずれにしても必要なのは自分の道を切り拓き、自分の道を貫き通す覚悟です。

たとえメンタルが豆腐以下だったとしても、自分の道を見つければ強くなれるのです。しかも、普通の人以上に。他者からの格付けに囚われず、自分という個性を尊重していくこと。何が自分らしいのか、その答えを見つけるのもあなた自身。

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連する投稿


赤裸々告白!雇われ社員からフリーランスにシフトする方法

赤裸々告白!雇われ社員からフリーランスにシフトする方法

できることなら雇われのサラリーマンを脱して自分で仕事を始めてみたい!でも、それってどうやって始めれば良いものなの?フリーランス6年目のライター・角の実体験を元にフリーランスにシフトする方法をご紹介いたします。


香港在住の元銀行員カメラマン、三橋さんがフリーランスになった理由 #フリーランスに生きる

香港在住の元銀行員カメラマン、三橋さんがフリーランスになった理由 #フリーランスに生きる

駐在妻として移住した香港でフリーカメラマンに転向された、三橋さんへインタビュー。元銀行員という異色の職歴持ち主。やりたいことはあるけど1歩が踏み出せない方へ、一歩踏み出すきっかけになるような話をたくさんきいてきました!


気分転換には香りで楽しむ!香り豊かなヘアケアアイテム3つ

気分転換には香りで楽しむ!香り豊かなヘアケアアイテム3つ

夏ももう終わり、秋になろうというのに、まだまだ暑いこの頃。 そんな暑さのストレスを香りで解決してみてはいかがですか? 香りは気分転換をしてくれる効果が期待できます。 お気に入りの香りを見つけて、楽しんでみて。 香り豊かなヘアケアアイテムをご紹介します。


学生時代とは違う!会ってみたいと思われる「大人の履歴書」作り|MY WORK ヒント#49

学生時代とは違う!会ってみたいと思われる「大人の履歴書」作り|MY WORK ヒント#49

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第49回目は、好印象を与える「履歴書」の作り方を考えます。


日本初!「疲労回復」に特化したZERO GYMで仕事のパフォーマンスを最大化しよう。

日本初!「疲労回復」に特化したZERO GYMで仕事のパフォーマンスを最大化しよう。

自分のケア、ちゃんとできていますか? 休みはとっているのに、疲れがとれなかったり、ずっとダルさが残っているのなら、もしかしたらその疲労は「脳」から来ているのかも。マインドフルネスで疲労回復するメソッドを取り入れて、心も身体もしっかりとケアしてあげる時間を作りましょう。


最新の投稿


メイクアップアーティスト 益子克彦流!「光を武器にした女優メイク術」とは

メイクアップアーティスト 益子克彦流!「光を武器にした女優メイク術」とは

日本でも大人気の台湾発フェイスマスク「My Beauty Diary 我的美麗日記(私のきれい日記)」がリニューアル。肌に合わせたパックの選び方と、女優さんも取り入れている「光を武器にした」メイク術を教えてくれました。


出勤前から仕事終わりまで、1日満喫できる『日本橋髙島屋S.C.新館』オープン

出勤前から仕事終わりまで、1日満喫できる『日本橋髙島屋S.C.新館』オープン

日本橋髙島屋S.C.新館が、いよいよ2018年9月25日にオープン! 従来の百貨店には珍しい早朝オープンのショップや、習い事もできるスポットなど、働き女子にオススメのお店がたくさん。一足先に紹介します♪


リーダーにこそ大事なスキル、「決断力」を高めて部下を引っ張る存在に!

リーダーにこそ大事なスキル、「決断力」を高めて部下を引っ張る存在に!

優柔不断で決断に時間がかかっていると、下の立場の人にも迷惑をかけているかも。できない上司認定をされる前に、「決断力」を高めて、決めるべきところはきちんと決めて。


「依存」から抜け出して自立した女性になる、たった一つの方法

「依存」から抜け出して自立した女性になる、たった一つの方法

彼氏が居ないと不安になったり、誰かと常に連絡がとれていないと不安になったり……。何かに依存してしまう人は多く見られます。では、依存から抜け出して自立した女性になるためにはどうすれば良いのでしょうか?


有名デザイナーとのコラボが話題!「Le Sportsac(レスポートサック)」の秋の新作♡

有名デザイナーとのコラボが話題!「Le Sportsac(レスポートサック)」の秋の新作♡

秋とはいえ、まだまだ暑い日が続く秋ファッションの始まりは、色味や小物から取り入れるのがマスト。 そこで話題のコラボレーションアイテムが登場するレスポートサックから、秋を感じさせるアイテムをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング