学生時代の「スクールカースト」は社会人になっても影響する?不登校経験者が考える、コンプレックスから抜け出す方法

学生時代の「スクールカースト」は社会人になっても影響する?不登校経験者が考える、コンプレックスから抜け出す方法

学生時代のスクールカースト。どこかのグループに所属しないと、一人ではいられない環境にストレスを感じたことはありませんか?大人になってもカーストは続きます。今回は、不登校経験者が考える【コンプレックスから抜け出す方法】をご紹介します。


スクールカーストに疑問を抱いた10代

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「明日から学校に来るな、お前なんて死ね」

夜、眠る前に同級生から来た一通のメール。受け取った瞬間は心にガラスが刺さった状態。
母には学校に行きたくないとお願いしましたが、様子をみて翌日だけは行ってみることに。

たった一日通っただけで、学校に行かない人生を選びました。誰も信用できなかったからです。14歳での出来事でした。



学校という組織の中には、いまだにスクールカーストが存在しているといいます。私が通っていた学校にも、初等部から通っているグループがクラスを率いていましたし、外部から入ってきた生徒は彼女たちのご機嫌を伺いながら過ごしていました。

問題はスクールカーストから抜け出し、再び新しい環境で過ごしていかなければいけなくなったとき、さらにどう乗り越えるかです。
今回は、不登校経験者が考えるコンプレックスから抜け出す方法をご紹介します。

スクールカーストの感覚を引きずった大人たちは、たくさんいる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

スクールカーストは、大人になっても永遠に続きます。
なぜなら私に対し「死ねよ」と言い放った同級生たちも同じように大人になり、どこかで働いているからです。

スクールカーストが当たり前と思っている人が会社にいれば、学校と同じく会社という大きな組織の中でも同じようにカーストが生まれます。自分がトップに立ち、人気者だけを取り入れ、グループを大きくするでしょう。スクールカーストは学生時代が終われば終わるというわけではない、と私は考えています。

では、どうすればコンプレックスを乗り越えられるのか。それは、会社から離れた働き方をすればいい、と勝手ながら考えています。居場所がないなら、居場所を自分でつくればいいと。

そこで、私が選んだのは「フリーランス」でした。いわゆる新卒フリーランスとして、社会人経験をしないままキャリアをスタートさせたのです。

会社という組織に入り、カーストの中で生きていく道は考えられませんでした。実際に3か月だけ、とある職場で働いていましたが、小さな環境でもカースト(というより先輩とそりが合わない)があることを感じ、早々に会社員を諦めてしまったのです。

コンプレックスから抜け出したいなら、自分スタイルを確立させる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

フリーランスという道を選んだことで、山口恵理香という名前と職業がほぼ一致した状態に。私が何を選び、どう生きるかで依頼していただく仕事内容も変わります。何を大切にしながら生きたいか。相手には何を重視してほしいかで、一緒に仕事をする人たちも変わります。

フリーランスを自由業と呼ぶときもありますが、自由ということは逆に言えば自分で色をださなければ、仕事として成り立たなくなってしまう難しさがあります。

たとえば、私の場合は「適応障害」という病を抱えていますが、フリーランスの道を選んだことで「感受性が敏感すぎる」というコンプレックスが長所になりました。

適応障害になった原因は数年前に経験した不登校。現在も「完治」ではなく「寛解(全治ではなく病気が治まっている状態をあらわす言葉)」を意識しながら、毎日を過ごしています。当時はメンタルが弱い自分のことを受け止めきれずにいました。豆腐という表現以上の崩れ方だったと思います。

今も決してメンタルが強いとは思っていませんが、フリーランスを選び続けてきたことで「バイタリティのある人」「個性のある人」と、コンプレックスだった心の病がいつしか個性となり、フリーランスとして激しい競争を生き抜くための武器となっていたのです。

コンプレックスを抜け出すためには、自分スタイルを確立させること。何が私らしいのかを毎日問い続けていれば、自分スタイルを確立できます。今すぐに完成するものでもありません。長い年月をかけ、苦しみながらも自分の道を生き抜くことで、コンプレックスでさえも「〇〇さんらしいですね」と評価してくれる人たちが増えていきます。

自分の道を切り拓き、自分の道を貫き通す覚悟。

スクールカーストが完全に消滅することは、おそらくないと考えています。
どの国にもどの世界にも「カースト」は存在します。しがらみのある世界で、どうすれば自分らしい生き方をできるのか。正解はそれぞれ違います。いずれにしても必要なのは自分の道を切り拓き、自分の道を貫き通す覚悟です。

たとえメンタルが豆腐以下だったとしても、自分の道を見つければ強くなれるのです。しかも、普通の人以上に。他者からの格付けに囚われず、自分という個性を尊重していくこと。何が自分らしいのか、その答えを見つけるのもあなた自身。

自分を好きになる。自己肯定感をアップさせるために必要なこと

https://cinq.style/articles/1097

自信がないと物事も停滞しがちに…。今回は、自己肯定感をアップさせるために必要なことをご紹介します。

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連する投稿


セルフコントロール力を高めたい♡おひとり様のストレス解消法

セルフコントロール力を高めたい♡おひとり様のストレス解消法

ひとりでいると、イライラする瞬間がやたらと増える。来年こそは彼氏ができたらいいけど…その前におひとり様でもストレス発散できるように、セルフコントロール力を高めましょう!


仕事は“椅子取りゲーム”ではない。居場所を自分で見つける工夫をしよう!|MY WORK ヒント#69

仕事は“椅子取りゲーム”ではない。居場所を自分で見つける工夫をしよう!|MY WORK ヒント#69

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第69回目は、自分の居場所を見つける方法です。


打ち合わせには〇〇が必須! スムーズに終わるためのたった一つのこと|MY WORK ヒント#67

打ち合わせには〇〇が必須! スムーズに終わるためのたった一つのこと|MY WORK ヒント#67

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第67回目は、打ち合わせがスムーズに終わるための工夫です。


疲れをリセット! 今すぐ実践できる質の良い睡眠をとる方法

疲れをリセット! 今すぐ実践できる質の良い睡眠をとる方法

「しっかり睡眠時間を確保しているのに……なんだか目覚めがスッキリしない!」という方は、時間と合わせて睡眠の質にも意識を向けてみましょう。 ちょっとした習慣をプラスするだけで毎朝快適に起きることができるかも♪ 今回は、今すぐに実践できる質のいい睡眠をとる方法について考えてみました。


デメリットも多い? 「多様な働き方」を選ぶ前に考えておくべきこと

デメリットも多い? 「多様な働き方」を選ぶ前に考えておくべきこと

“多様な働き方”が広がり支持される今「自分もそんな働き方をしてみたい」と考えている人も多いことでしょう。ですが、多様な働き方ができる分、落とし穴にもハマりやすい。フリーランスや在宅勤務ならではのデメリットを知り、対策をとっておきましょう。


最新の投稿


ポイントはチークとリップ。パープルコスメで透明感増しの大人メイク

ポイントはチークとリップ。パープルコスメで透明感増しの大人メイク

流行の兆しを見せつつあるパープル系コスメを使った透明感アップメイクを紹介。大人女子特有の肌のくすみをさりげなくカバーしてくれるカラー、ぜひチェックして。


みんなはどうしてる? ミニ財布を持つ女子のリアルカード事情

みんなはどうしてる? ミニ財布を持つ女子のリアルカード事情

持ち物をコンパクトにまとめようと、ミニマルサイズのアイテムが流行する今。中でも注目したいのはどんどん小さく、薄く、進化をし続けている「お財布」について。実際ミニ財布を持ち歩いている人たちは、たくさんあるカードをどのように収納しているのでしょうか? 財布の中身を抜き打ちチェックしてみました。


収入・支出をしっかりとチェック! 働く女子のおすすめ家計簿アプリ

収入・支出をしっかりとチェック! 働く女子のおすすめ家計簿アプリ

皆さんはお金の管理がキチンとできていますか? 最近は、スマホひとつあれば、お金の管理ができちゃう、便利アプリが続々と登場しています。手書きの家計簿ではできない優秀機能もたくさん。便利なサービスを使って、お金が「貯まる」仕組みに取り掛かっていきましょう!


物を溜めない、散らかさない! 「汚部屋」を作らないルール

物を溜めない、散らかさない! 「汚部屋」を作らないルール

毎日少しずつ物が溜まり、気づいた時にはごちゃごちゃした“汚部屋”になってしまっていた……なんて経験はありませんか? 今回は、毎日のちょっとした工夫で綺麗な部屋を保つことのできる、ルールにすべき点をご紹介します。


プレゼンの資料作りを頼まれた! 資料作りのコツとポイントは?

プレゼンの資料作りを頼まれた! 資料作りのコツとポイントは?

プレゼン用の資料を頼まれたとき……いきなりPCを開いて構想を練りながら資料作りに取り掛かっていませんか? 人に見せて説明するための資料は、デザインより文章の内容より、まずは「伝わる」ことが大切です。時間を無駄にすることのないよう、伝わる資料作りについて紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング