女性管理職率がトップレベル! スウェーデンに学ぶ労働環境って一体?

女性管理職率がトップレベル! スウェーデンに学ぶ労働環境って一体?

「世界幸福度ランキング」の上位に、北欧がこぞってランクイン。その中でも、スウェーデンは女性管理職率がトップレベルとなっています。一体、どんな所が日本と違っているのでしょうか? スウェーデンの労働環境について見ていきましょう。


幸福度ランキング上位の北欧

フィンランド、ノルウェー、デンマーク、アイスランド、スウェーデン……。北欧諸国が、こぞって「世界幸福度ランキング」で上位にランクインしているのはご存知でしょうか?

なぜ、北欧はこんなにも幸福度が高いのか。その理由は、国からの補助・暮らし方・教育・医療などに日本と大きな違いがあり、どれも画期的な制度があるからなのです。今回は、女性の就職率が高いと言われているスウェーデンの働き方に着目して、幸福度が高い秘密に迫っていきましょう。

女性の管理職率は世界トップレベル

@pgi_japan

スウェーデンでは、専業主婦はたったの2%だと言われています。
なんと、88%の女性が就業しているのです。そのうち企業に務める女性管理職は27%という高割合で、ほとんどが女性が出産を経験した後にも、キャリアを形成しています。

スウェーデンでは育児休暇中の手当も充実していて、夫婦で合わせると、480日もの有給育児休暇を取得することができ、休暇中の390日間は休暇前の80%の給与が支払われるという仕組みになっています。

一般的に、男女平等に「家事・育児をシェアすることが当たり前」という考えも普及しているため、有給を上手に活用することができるのです。また、新しく子どもが生まれれば、育児休暇が増えるという仕組みもあるので、出生率も高くなっています。

長く働くなら好きな仕事でなければ続かない。
だからこそ「好きな仕事」をすることにこだわりが強く、転職を繰り返すことが多い反面、「好きな仕事」にめぐり会えたときには、キャリアを積み重ねて管理職になる方が多いのです。

偏見からの脱却!本当に大切な【好きを仕事にする】ための考え方

https://cinq.style/articles/1310

好きを仕事にって...本当にできるもの?好きを仕事にするために必要な3つの考え方をご紹介!

基本はフレックスで、6時間勤務

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

日本でもフレックスを導入している企業はありますが、スウェーデンでは企業の約半数が、8割以上の従業員にフレックスタイム制を導入しているそう。むしろ一般的になりすぎて、フレックスを活用している間隔はないのだと言います。

また、日本での労働時間は8時間と定められているのに対し、スウェーデンでは6時間勤務が増えているのだそう。
こう聞くと「ちょっと短くない?」と思ってしまいますが、6時間勤務の方が社員の集中力アップや意欲の向上、ストレス軽減による社内の雰囲気が良くなったという企業の施策データが公開されたからなんだそう。

勤務時間が短くなってからは、会議の時間を短縮したり、SNSで気分転換する時間を減らすなどとして、工夫をしています。日本でも育休明けに職場復帰をするタイミングに時短勤務が認められていますが、原則は6時間と決められています。この6時間という数字が、私たちに変化をもたらすのかもしれません。

有給は週単位

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

日本では、有給は〇日と表現しますが、スウェーデンでは有給は○週間と週単位で捉えてられています。5週間~6週間の有給が平均的です。有給を単発で取るのではなく、必ず5日間連続で取得し、1週間で1セットという考え方があるからです。

単発で取れない分、風邪を引いたときに有給を活用することはできませんが、それぞれ好きなタイミングで長期休みをとることができるので、ゴールデンウィークやお盆といった帰省ラッシュに巻き込まれる心配もないのだそう。とはいえ、寒い国なので夏の時期にバカンスに行く人は多く、夏はお店が閉まっていることもよくあるようです。

意外なことに、祝日がほとんどないスウェーデン。日本と比べても、休んでいる日数はあまり変わらないのだとか。休みすぎというわけではないので、休みが原因で経営が傾くこともありません。

働き方改革だけじゃない! ワークライフバランスを整える、休み方改革

https://cinq.style/articles/793

『働き方改革』は耳にしたことがあると思いますが、『休み方改革』についても政府が動いていることをご存じですか? 改革を実現するためには、政府だけではなく、私たちもその制度を知っておく必要があります。改革と課題について考えていきましょう。

コーヒーを飲む「フィーカ」という文化

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

スウェーデンは世界で最もコーヒーを消費する国。その理由は、「フィーカ」と呼ばれるお茶をする文化があるからです。仕事の同僚と一緒にコーヒーとおやつを、朝の10時と午後の3時に楽しむなど、ちょっとした休憩があるのが一般的です。

大人になってもおやつの時間があるのは嬉しいですよね。ほとんどの人がフィーカをしているため、その時間は、電話をしても相手が応じてくれないこともあるんだとか。
6時間勤務でSNSを見る時間は減ったとしても、フィーカは変わらずにあるので、メリハリもって業務に取り組むことができます。

幸福度の高さは「当たり前」にできたものではない

スウェーデンの働き方をみると、日本とかなり違っていることがわかります。
「こういう働き方には憧れるけど、日本では難しそう……」なんてつい思ってしまいますが、スウェーデンにいる人々の幸福度が高いのは、昔からだったわけではありません。
むしろ90年代までは、今の日本と抱えているような問題も多く、借金大国でもありました。しかし、働き方改革などを進めることにより、幸福度の高い今があるのです。

さらに、スウェーデン人の性格は、日本人と同じでシャイで真面目。
性格的に似ているところもあるので、決して実現不可能ではないと考えられるのです。国・企業・個人での意識の改革が進み、スウェーデンのような幸福度の高い国になっていくことを願いたいですね。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


「高い自己裁量で自分の働き方をデザインする」株式会社イトーキ #オフィス改革

「高い自己裁量で自分の働き方をデザインする」株式会社イトーキ #オフィス改革

「自己裁量を最大化し、生産性を高めること」を軸とし、業務に合わせて最適な場所を選ぶことができるという株式会社イトーキのワークスタイル。一般的なオフィスと比べて、自由度の高いオフィスにいることは一体どのようなメリットがあるのでしょうか? 実際に働いている社員さんに直接話を伺いました。


ヨーロッパから学ぶ。ワークライフバランスの整える働き方って?

ヨーロッパから学ぶ。ワークライフバランスの整える働き方って?

ヨーロッパは日本と違い、有給取得率も高い上に長期間のバカンスを取る“文化”があります。ライフワークバランスの先進国ともいえるヨーロッパの働き方は一体どのようなものなのでしょうか。また、有給取得率が低い日本で、仕事とプライベートのバランスを保つためにはどんな働き方をすれば良いのでしょうか?


デメリットも多い? 「多様な働き方」を選ぶ前に考えておくべきこと

デメリットも多い? 「多様な働き方」を選ぶ前に考えておくべきこと

“多様な働き方”が広がり支持される今「自分もそんな働き方をしてみたい」と考えている人も多いことでしょう。ですが、多様な働き方ができる分、落とし穴にもハマりやすい。フリーランスや在宅勤務ならではのデメリットを知り、対策をとっておきましょう。


『同一労働同一賃金』って一体なに? 正社員も非正規社員も知っておくべきメリット・デメリット

『同一労働同一賃金』って一体なに? 正社員も非正規社員も知っておくべきメリット・デメリット

よくニュースで耳にする『同一労働同一賃金』ですが、よく理解していない人も多いはず。2020年にはスタートし、正社員・パート・派遣関係なく影響してくる制度です。メリット・デメリットを理解し、自分の今後の働き方について見直していきましょう。


ふと虚しさに襲われる。時々やってくる虚無感を撃退するには?

ふと虚しさに襲われる。時々やってくる虚無感を撃退するには?

不安や焦燥感とは違った感覚、虚無感。ふと襲い込まれる、負の感情をどう払拭していけば良い?


最新の投稿


男はコスプレ好き!? 彼女には言えない本当は着てほしい服装3つ|真っ赤な濡れオンナ#81

男はコスプレ好き!? 彼女には言えない本当は着てほしい服装3つ|真っ赤な濡れオンナ#81

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第81回目は、男性が好きなコスプレのバリエーションについてです。


お風呂でデトックス!誰でもできる簡単&バスソルトの作り方

お風呂でデトックス!誰でもできる簡単&バスソルトの作り方

季節の変わり目は、体調管理が大変。 だからこそ、自宅でのホームケアを大切にするのが大人の女性。 花粉の季節でもあるので、体をしっかりと温めつつデトックス効果も期待できる、バスソルトのレシピをご紹介します。


マットがトレンド! 『ロレアル パリ ルージュシグネチャー』の透け感リップ

マットがトレンド! 『ロレアル パリ ルージュシグネチャー』の透け感リップ

マットリップがオシャレさんを中心に大流行! ロレアル パリからも、透け感マットが唇が一本で叶っちゃう「ルージュシグネチャー」が発売されることに。新作発表会の様子と、気になる新作を一足お早めにお届け♡


“ハレ”の機会を作ろう! 手軽にオペラ鑑賞を楽しむMETライブビューイング

“ハレ”の機会を作ろう! 手軽にオペラ鑑賞を楽しむMETライブビューイング

「オペラ」と聞くと、敷居が高いイメージがありませんか? そんなイメージをグッと引き下げる、オペラの新しい楽しみ方ができたと話題になっています。オシャレして出かける“ハレ”の機会は自分で作ってみるのも楽しいかも。オトナ女子が気軽に楽しめる、METライブビューイングの様子をレポートします。


転職活動をはじめてから退職するまでに知っておきたい知識まとめ

転職活動をはじめてから退職するまでに知っておきたい知識まとめ

アラサーになると「転職をしようかな?」と自分のキャリアについて考える時間が増えていきます。今の仕事をこのままするべきか、挑戦してみたいことを思い切ってやるべきか。もし、転職活動をするのであれば、失敗はしたくないものです。では、転職に興味がでて来たときには、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?


RANKING


>>総合人気ランキング