会うたびキラキラ輝いている。年齢を重ねるほど美しくなる人の特徴



会うたび、キラキラ輝く彼女の瞳

年齢を重ねるたびに美しくなるのが理想。
時間を言い訳に美容をサボりたくないし、常に上を目指していたい。

気持ちとは裏腹に、毎日、仕事や家事に追われる日々。どうすれば「キラキラ」が色あせずに済む?

今回は、年齢を重ねるほど美しくなる人の特徴をご紹介します。

自分軸がしっかりしている

年齢を美しく重ねられるのは、きっと自分らしさが分かっているから。毎日、選ぶ服もコスメも食材もなにもかも、自分らしさを選び続けている結果、誰よりも輝けるのです。

何歳になっても、自分らしさが何なのか分からない人もいます。トレンドを追いかけているだけで、自分の個性をだせなくなるのです。

これは私らしくない。これは私らしい。いつもアンテナを張りながら生活している人と流行に埋もれる人とでは美しさが違います。

洋服や化粧品にお金をかけても、自分に合っていなければ何の意味もありません。年齢を重ねると、どうしても「これは無理」と感じるものもでてきます。そこは、よくばらずにいらないものをそぎ落とす。

そうやっているうちに、自分らしさの輪郭があらわれはじめるでしょう。

人生の方向性が定まっている

年齢を重ねるほど美しくなるのは、人生の方向性が定まっているから。女性は男性とは違い、結婚をするのかしないのか、子どもを産むのか産まないのかまで決めて、毎日を過ごさなければいけません。

仕事もやりたいし、趣味も追いかけたいとなると、どう考えても時間が足りなくなります。そこで初めて、やりたいことに優先順位をつけなければいけないと多くの人が気づきます。これからの自分にとって何が必要で、何がなくてもいいのかを考えます。

一番つらいのは、仕事か恋愛かを選ばなければいけなくなったとき。仮に彼との結婚を選ばなくても、ひとりの人生を楽しむというのも一つの生き方、ライフスタイルです。

人生の方向性を定め「これが私のスタイルです」とはっきり言えるようになると、暮らしの質も変わりはじめます。

積極的にチャレンジし、視野を広げている

大人になればなるほど、現状維持を選びたくなるもの。それが一番楽だからです。わざわざ危険な道を通らなくても、安定を選びたい。20代から専業主婦を希望する人も、最近は増えてきているとか。

しかし20代30代は先輩方に比べれば、まだまだ若手。たとえキャリアが長くなってきても、上には上がいます。学ばなければいけないことも、たくさんある。

限界をつくらず、新しいチャレンジし続けている人の目の輝きは誰よりもキラキラしています。プラスのエネルギーに包まれれば、夢だって叶いやすくなるのです♡

年齢を重ねるたびに、キレイになりたい。

年齢や忙しさを言い訳に、限界を決めたくない。
何歳になっても自分らしくいたいなら、いつまでも上を見続けること。

現状維持を選ばず、可能性をどんどん広げて、内面から輝きましょう!