明日からの仕事を楽しむ ブルーマンデーの乗り越えかた #月曜日のたしなみ 5



明日からまた仕事かぁ…。

ブルーマンデー…休日明けのゆううつな月曜日という意味。月曜病。https://dictionary.goo.ne.jp/jn/196004/meaning/m0u/

5日間働いて、2日間の休日がある。 これが私たちの “日常”。せっかくのお休みなのに、明日からの仕事を考えて、憂鬱になってちゃもったいないと思いませんか?

どちらにせよ行かなきゃいけないなら、ブルーマンデーなんて言わずに、月曜日の朝をたのしみにする、工夫をしよう。


心踊る朝食の準備を

幼い頃は、毎朝家族に起こされて朝食を食べていた私たち。大人になって実家を離れると、起こしてくれる誰かはもちろんいなくて、朝食を食べるくらいなら少しでも寝ていたい。
そんな風に毎朝を過ごして、ボーっとしたまま会社へ向かう準備をする。それで、あなたの毎日は充実していると言えるの?

海外映画のように、ベッドサイドまで朝食を持って来てくれる彼氏なんていない。だけど自分で毎朝の食事を楽しむだけでも一日の始まりとしてはなんだかいいもの。

小さいころに食べていた菓子パンだって、久しぶりに食べることで”懐かしさ”を感じ、暖かい気持ちになる。色とりどりのフルーツや、野菜たちを目にすることで、心にもエネルギーが宿る。

今日の夜はなにを食べようか、そう考えるのと同じように、明日の朝はなにを食べようか。を考えるようにすると、あなたの朝は劇的に変わる。頑張らなきゃいけない仕事に向けて、前もってエネルギーを補給しておかなきゃ。

あなたの心を元気にする、そんな心踊る朝食を準備しよう。大切な試験や受験の前には、カツ丼を食べる! と言っていたあの学生時代のように。私たちに力を与えてくれる、”食事”を気持ちよく楽しもうじゃないか。

心に余裕がないと、人に優しくはできない。だけど、美味しいものを食べてお腹が満たされていれば気分だって良くなるし、心だって満たされる。贅沢に朝食を楽しんだ後は、ちょっとした満員電車にだって負けない。小さなことでイラついたりしない。気持ちよく挨拶だってできる。

プレミアムフライデーなんていらない。だって毎日をプレミアムに楽しみたいから。嬉しい、おいしい、楽しい。心が喜ぶ朝食を作って、自分のご機嫌をとってあげよう。頑張り屋さんなあなたのために、ご褒美である朝食を。