覚えておいて損はナシ!人間関係をスムーズにさせる断り方

覚えておいて損はナシ!人間関係をスムーズにさせる断り方

友達や知人からやってきた乗り気でないお誘い、仕事の急な依頼、興味のない人からのアプローチ。私たちには時にこうした、即イエス!とは言い難い場面に遭遇します。うまく乗り切れれば良いのですが不器用な方だと、ちょっとした言い回しや断り方で余計に相手との関係に亀裂が生じることも……。


♯ 前置き+理由を簡潔に

仕事やプライベートで何かを提案をされて断る場合。中途半端に良い顔をして、決定的な決断を先延ばしにしたり、明確な答えがわかりにくい表現を使わないように気をつけましょう。仕事を断る場合は、しっかり「お受けできません」、誘いを断る場合は「行けない」としっかり明示することで相手に余計なストレスを与えません。

とはいえ、ぶっきらぼうに「無理」や「できない」と表現してしまうとカドが立ってしまうので、必ず前置きに一言「そのお誘いは、すごく有り難いのだけど」という感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。そしてもう一つ、なぜアナタの答えがNOなのかを言える範囲で誠意を持って伝えると相手にも理解してもらいやすいです。

♯ 興味のない異性の好意には相手のタイプによって変える

興味の持てない異性からの積極的なアプローチは、どんなに有難くても正直、目の上のたんこぶ。誘いの断り方次第では、まだチャンスがあるかも!と思わせてしまうので対応に気をつけたいところですよね。ここで意識したいのはアプローチをされている相手のタイプを見極めることです。

ハッキリものを言わなくても理解してくれる察しの良い男性なら「 予定がちょっとあって 」を、3回くらい続ければ大体は察してくれます。なのでハッキリ言わずとも上手く幕引きができるでしょう。しかし、最初からこちらの反応を顧みずに積極的に自分の気持ちを押し付ける男性にはハッキリ言わないと理解してもらえにくいので「 今、好きな人がいるから二人きりは難しい 」など付け入る隙を与えないNG理由を加えてお断りすると良いです。

♯ 良好にしたい関係には「次」を作る


誘ってくれた相手のことは好きだけど、何らかの事情で誘いそのもの(もしくは仕事の業務)を受けられない場合は、必ず声をかけてくれた人への感謝と次の約束を明示することで相手にこちら側の好意が伝わります。

「このお仕事は受けられないけれど、頼ってくれてありがとう。次の機会は任せて!」や、「パーティに誘ってくれてありがとう!次のイベントには必ず参加するよ!」と前向きな展開で終わらせることで、結果に限らず相手との良い関係を築くことができます。相手にとって必ずしも良い返事ができなくても良いので、しっかりアフターケアと好意の示しは忘れないように!






この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か…中途半端な状態にならないようにと今、必死に悩んでいるのでは?どちらも選ぶ方向ももちろんまだ考えられるでしょう。後悔しない道のりを選ぶことが、きっと明るい未来に繋がります。


デキる人が実践している上手な時間の使い方

デキる人が実践している上手な時間の使い方

何かを始めたい。時間を有効活用して自分の時間を作りたい。そう思う方は多いでしょう。そこで今回はデキる人が実践&心掛けていることをご紹介。時間はお金で買えません。つまりお金よりも重要なのが時間。その貴重な財産を有効に使ってみましょう。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

上司や取引先などで、年上の男性とのやり取りをしていると「女性だから」「若いから」という理由だけでなめてかかってくる人がいます。どう対処したら良いのでしょうか?


最新の投稿


メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

心が繊細だと、自分のことながら「面倒くさい」と感じる瞬間が多々あるはず。でも運命のパートナーがすべてを受け止めてくれる人なら何も問題はないんです!


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

結婚しているはずなのに、定期的に連絡してくる彼。あきらかに好意を寄せているのはすぐに分かること。ついついイラっとしちゃいませんか?


仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か…中途半端な状態にならないようにと今、必死に悩んでいるのでは?どちらも選ぶ方向ももちろんまだ考えられるでしょう。後悔しない道のりを選ぶことが、きっと明るい未来に繋がります。


【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

冬になると気持ちが滅入ってしまってご自身を責める方も多いのでは?でも、それは自然なこと。なぜなら、薬膳の世界では冬は落ち込みやすい時期だと決まっているからです。


RANKING


>>総合人気ランキング