「こだわり」だと思っていたら頑固扱い!?こだわりの境界線って一体どこ?

「こだわり」だと思っていたら頑固扱い!?こだわりの境界線って一体どこ?

自分にとってこだわりだと思っていたこと。実はそれが周りにとっては「細かい」や「頑固」といったネガティブな目線で見られることもときにはある。だからといって仕事に手を抜くことは正解なのか。今回は、こだわりが頑固に見られる境界線と対処法についてご紹介します。


♯ こだわりがあるのは素晴らしいこと

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まず第一に、仕事に対してこだわりを持つことは本当に素晴らしいことです。周りが「細かい」と感じてしまうくらいに緻密に、細部にわたって行き届いた仕事ができているご自身を褒めてあげましょう。決して周りのネガティブな言葉だけに左右されないでくださいね。

どんなに細かい、面倒、頑固と思われていてもご自身がその“こだわり”は必要だと自負しているならそれを突き進む勇気を持ちましょう。でも、もしそこまでする必要はないかもしれない。と思うことに関しては見つめ直して見ても良いかもしれません。ご自身の仕事の流儀を時々、見直してみることから始めてみてはいかがでしょうか。

♯ 迷ったら、周りに相談をする

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

絶対ではないけれど、ここを妥協しても良いものかわからない。だけど、こだわり持つべきではないのかもしれない。判断に迷ったときは、まず周りにそのこだわりについて相談してみましょう。

こだわりを強く持つタイプの方は職人気質なので、一つのことを一人で極めるには秀でた才能を発揮することができます。しかし、現代社会では人と人との関わりなくして仕事はできません。ときに、100%の完璧ではなくても80%の完成度で作業を手放す必要もあるものです。

こだわりを持つ方は、すべての事柄を100%で完遂しようとしてしまいがちなので、ご自身が絶対に必要なこだわりではないかもしれない、という揺らぎがある場合は周りの意見に従ってみると良い結果に繋がるかもしれません。

♯ 無理に人に押し付けない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

仕事は決められたルールや作業に則って行うことが多いですが、だからといって、皆が同じ結果を出すわけではありません。それは作業のどの部分に力を入れているのか、どれくらいの裁量で仕事をこなしているのか、働く人によって考え方、取り組み方が違うからです。

そのため時々、自分のやり方と隣の人のやり方が違うことに、違和感を覚えたり、ヤキモキしてしまうことがあります。でも、決してご自身のやり方を人に押し付けようとしないでください。もちろん、規則に則っていないやり方や、まだ会社に入りたての新人さんに対しては会社の同僚として意見する必要があると思います。

しかし同じようなキャリアで、相手なりに真面目に仕事をしているのであればご自身のこだわりである部分をむやみやたらに押し付けない方が、周りとの余計な衝突をなくすことができます。ご自身のこだわりはご自身のものだけと割り切って行うことも忘れずに。

♯個性の1つとしてこだわりを愛する

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

他人から見れば、どうでも良いと思うようなことにも、細かく目を凝らし仕事に取り組むのは誰にでもできることではありません。それもあなたの個性であり、魅力なのです。

しかし、その自分の当たり前を、周りにも押し付けたり、出来ていない人のことを否定すると、あなた自身も「面倒な人」、「細かい」といった否定的な見られ方をするようになるので、そこだけ気をつけて。自分と他者の違いを受け入れつつも、自分らしい働き方に自信を持って!

「ブレない生き方をしたい」他人に振り回されない"自分軸"を持つということ。

https://cinq.style/articles/876

浮くのが怖いから他人の意見が気になる。不安からか、いつも周囲に振りまわされてばかり。やりたいことを全力で頑張っている女性は憧れる。そんな人っていったい、私と何が違うのだろう?

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


ここまでやりきる!成果を出す人が必ず大切にしていること。

ここまでやりきる!成果を出す人が必ず大切にしていること。

与えられた仕事をやり抜く。周りからの期待に応える。簡単なようでいて、とても難しいことです。でも、これを必ず達成する人と達成できない人は如実に努力の差が分かれているのかもしれません。そこで今回は、成果を出す人が常に意識している大切なことをご紹介します。


無趣味な自分がつまらない。何かを変えたいと思った時にはじめると良いこと。

無趣味な自分がつまらない。何かを変えたいと思った時にはじめると良いこと。

周りの友人は、常に何かに対して興味を持っている。それ比べて私は、とくにこれといった趣味もないし、やりたいことがあるわけではない。低燃費に暮らそうと思えば暮らせるけれど、そんな人生に少しつまらなさを感じる。そんな無趣味・平凡さを感じているあなたに、人生をちょっと楽しくするために始めると良いことをご紹介します。


「Ole Ua, ‘Ole Anuenue(雨が無ければ、虹はない)」 ウーマンダイアローグ#6

「Ole Ua, ‘Ole Anuenue(雨が無ければ、虹はない)」 ウーマンダイアローグ#6

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストはハワイのヨガ企画会社Sanghawai(サンガワイ)のメイン講師、ヨーコ・フジワラさん。ハワイでのヨガライフを教えていただきました♡


【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯9

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯9

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第9回目は、「本当のパートナー」について。


やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第58回目は、計画しても前に進まない自分を奮い立たせる方法です。


最新の投稿


秋冬は配色コーデに挑戦!2018年オススメのカラーコーディネイト

秋冬は配色コーデに挑戦!2018年オススメのカラーコーディネイト

一年の中で最もオシャレが楽しくなる季節がやってきましたね。秋冬のコーディネイトといえば、アイテムもさることながら、カラーコーディネイトにも力を入れたいところです。そこで今回は2018年にオススメの秋冬カラーコーディネイトの組み合わせについてご紹介します。


ここまでやりきる!成果を出す人が必ず大切にしていること。

ここまでやりきる!成果を出す人が必ず大切にしていること。

与えられた仕事をやり抜く。周りからの期待に応える。簡単なようでいて、とても難しいことです。でも、これを必ず達成する人と達成できない人は如実に努力の差が分かれているのかもしれません。そこで今回は、成果を出す人が常に意識している大切なことをご紹介します。


悩んだことは「自分ノート」に書き出して!ストレスを抱え込まないための習慣

悩んだことは「自分ノート」に書き出して!ストレスを抱え込まないための習慣

ストレスフリーでいたいけど、完全にフリーにすることは難しい。だけど、ストレスと向き合って対策を考えることはできる。悩んだことは「自分ノート」に書き出す習慣をとって。ストレスを抱え込まない方法をご紹介します。


マンネリ解消裏技! ネクタイひとつで夜のバリエーション…♡|真っ赤な濡れオンナ#63

マンネリ解消裏技! ネクタイひとつで夜のバリエーション…♡|真っ赤な濡れオンナ#63

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第63回目は、ネクタイでできる刺激についてです。


働く女子の強い味方! 歩き疲れない「fitfit」の人気シューズ

働く女子の強い味方! 歩き疲れない「fitfit」の人気シューズ

ヒールは欲しいけれど、たくさん歩くから機能性も重視したい。働く女子の靴事情はとっても難しいものです。今回は、外反母趾にもやさしい『fitfit』からオススメシューズをご紹介。『DoCLASSE』のアイテムと組み合わせたコーデも合わせてチェックして。


RANKING


>>総合人気ランキング