上司も納得! 「報告して」と言われた場合の正しい報告4ステップ

上司も納得! 「報告して」と言われた場合の正しい報告4ステップ

社会人になると「ほう(報告)れん(連絡)そう(相談)」が欠かせないと言われますが、実際に「報告して」と言われた場合は一体何をどう報告すればいいのでしょうか? 当たり前にこなしているように見えて、実は意外と難しいもの。今回は上司も納得する報告の仕方について教えます。


「報告して」って言われたけど……

社会人の基礎スキルに「ほう(報告)れん(連絡)そう(相談)」という言葉が挙げられますが、実際に上司に「あとで報告して」と言われた時に、報告って一体どうすればいいの? と悩んだことはありませんか。

実際に順を追って事実を話していると「何が言いたいのかよくわからない」「長い」と言われることもあるし、現状起きている事実を述べれば「それで?」と返されたり……。できることが“当たり前”と思われている報告は、実はとても難しいものだったりします。どういった内容をどのような伝え方をするのが正しいのか、今回は上司も唸るような、デキる人認定される報告法について紹介します。

素直すぎる返答はNG?! 相手が本当に知りたい“意図”を読み取る方法

https://cinq.style/articles/1637

質問されたことについて、素直に答えるのは時として損をしてしまう場合もあります。相手が本当に知りたい“意図”を読み取って、円滑なコミュニケーションを進めていきましょう。

知りたいのは「現状報告」ではなくネクストステップ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「報告して」と言われた場合に、これまで起きた事実をただただ並べているだけでは「聞きたいのはそれではない」と指摘されることがあります。報告を求められた場合に、上司が知りたいのは次のステップについてなのです。

PDCAサイクルという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
PDCAとはそもそも

①Plan:計画・具体的な目標
②Do:実行・また実行するまでの道すじ
③Check:評価・振り返り
④Action:改善・ネクストステップ のことを指します。

どんな仕事でも、このように①目標を立てて②行動・実行する→③改善点を見つける→④さらにそれを次のステップにという繰り返しをすることが大切です。このように、常にプロセスを明確にして行くことをPDCAサイクルを回すと言います。上司が報告を求める場合の正しい答えは、この仕事が今どこにあるか、そして次は一体何をすればいいのか? といった情報。これを頭に入れておくと、報告が一体どのようなものかがわかるはずです。

①現状報告

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まずは、これまであった事柄と、現状を完結にまとめておきましょう。今行なっているプロジェクトはここまで進行しています、というような内容についてです。仕事の進行具合についてまず伝えることが大切です。

②課題

次に必要なのは、課題についてです。プロジェクトの大まかな内容は把握していても、実際に進行・実行させているのは部下であったりします。実際に現場を理解している人に対して報告は求められるものなのです。当然、課題についても、現場の人間が一番理解しているもの。これを上司は理解しておきたい、それが「報告して」という言葉の意味でもあります。

③原因

課題がわかれば、当然改善策を見つけようとします。改善策を見つけるにはまず、問題の原因を知ることが大切です。この原因をまとめておくことで、上司もより現場の状況を把握しやすくなります。

④解決案

それができたら、解決策も準備しておきましょう。これがもっとも大切なネクストステップ、PDCAサイクルのA(Action)の部分です。実際に問題を解決するまでに、どれくらいの時間がかかるのか、どれくらいの費用が必要なのか、これがうまくまとめられていると、上司も納得せざるを得ません。スケジュール・コストを押さえておくことがポイントです。

改善案が自分で出せる、これがデキるビジネスパーソン

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

起きたことを知らせるだけではなく、自分で改善案まで出来ると一人前。このような案をたくさん出す場が会議やミーティングのような場です。自立型の人間がそれぞれに案を持ち出していくことで、より生産性の高い仕事が行えるようになります。

上司が知りたいことを理解して、しっかりと正しい「報告」を行なっていきましょう。デキるビジネスパーソンになるためには、先読みする力も必要なのです。

無駄な会議・打ち合わせばかり重ねてない? ファシリテーション能力の鍛え方

https://cinq.style/articles/688

人数を集めて大掛かりな会議や打ち合わせを重ねているけれど、結局なんの意見もまとまらずにダラダラと時間だけを使ってしまった…。なんてことはありませんか? それぞれのファシリテーション能力というものは違っています。では、どうすればその能力は身に付くのでしょうか?

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


関係性を壊さずに断る! 相手に要望を伝えるための「DESC法」って

関係性を壊さずに断る! 相手に要望を伝えるための「DESC法」って

イヤな仕事を頼まれた時や、仕事に関してのモヤモヤが募っている時。面倒ではありますが、その状況や環境を改善するためには、自分の意見を伝えなければなりません。今回は、関係性を壊さずに、自分の要望を相手に伝えるためのコミュニケーション術をご紹介。


私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

恋愛や仕事はもちろん、友情においても、相手を尊敬し敬う気持ちがないと長くは付き合えないもの。今回は私が出会った人達の、尊敬できる共通点についてお話します。


恋も仕事も友情も結局はここ。結びつきを強くする「信頼」の築き方

恋も仕事も友情も結局はここ。結びつきを強くする「信頼」の築き方

好きな人を大事にしたい気持ちが強くなると、関係性が窮屈になりがち。でも、実は本当にすべきなのは期待や心配をかけるより相手を「信頼する」ことです。今回は、人を信頼する大切さについてご紹介。


その悪口、乗る?乗らない? 悪口を言う人をうまくかわす方法

その悪口、乗る?乗らない? 悪口を言う人をうまくかわす方法

揉め事をつくったり、人の悪口なんて言いたくないのに、まわりから「ねえねえ…」と声をかけられることってありませんか? その悪口に「わかります、そうですよね」なんてノってあげる必要ないんです。今回は人の悪口をうまくかわす方法を教えます。


疲れたら心のバリアを!女友達との付き合いに疲れない、距離感の作り方

疲れたら心のバリアを!女友達との付き合いに疲れない、距離感の作り方

大切な友達に対してこんなこと思っちゃいけない!という気持ちの反面、なんか友達づきあいが疲れる…と感じたときは距離が近すぎているのかも。


最新の投稿


参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、就業時間後の勉強会に悩まされているSEさんのお話。


ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

好意を寄せられていると思っていたら、実は彼には彼女がいた……。自分の気持ちを利用されると、さすがに腹が立ちますよね。思わせぶりな態度をとる男性には注意しましょう。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はアイティオール 井上真樹さんです。


OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

「自分らしく働きたい」先行き不安なご時世だからこそ、こう思う方も多いのではないでしょうか。しかしフリーランスになるためには何から始めたらいいの?と分からないことだらけ…という声も耳にします。そこで今回はフリーランス3年目、元OLの筆者が実際にフリーランスを志してから始めた3つのことをご紹介します。


転職に反対の家族…嫁ブロックや内定辞退を避けるために事前に話すべきこと

転職に反対の家族…嫁ブロックや内定辞退を避けるために事前に話すべきこと

転職活動の手伝いをするキャリアアドバイザーという仕事をしていると、ようやく獲得した内定を辞退せざるを得ない…という残念な状況に陥ることが何度かありました。それが「嫁ブロック」とも呼ばれる家族からの反対です。そこで今回は、転職を家族に反対されないために、事前に話しておくべきことについてお教えします。


RANKING


>>総合人気ランキング