明日からの仕事を楽しむ ブルーマンデーの乗り越えかた #月曜日のたしなみ 6



明日からまた仕事かぁ…。

ブルーマンデー…休日明けのゆううつな月曜日という意味。月曜病。https://dictionary.goo.ne.jp/jn/196004/meaning/m0u/

5日間働いて、2日間の休日がある。 これが私たちの “日常”。せっかくのお休みなのに、明日からの仕事を考えて、憂鬱になってちゃもったいないと思いませんか?

どちらにせよ行かなきゃいけないなら、ブルーマンデーなんて言わずに、月曜日の朝をたのしみにする、工夫をしよう。


お気に入りのファッションで出社

お気に入りのワンピース、サンダル、バッグ。身に着けるだけであなたの心を刺激してくれるものってありますよね。月曜日はそのアイテムたちを使ってコーディネートを組んでみましょう。

メイクは女の戦闘服! なんて言葉もありますが、ファッションもそれと同じ。お気に入りのお洋服はあなたを1日ポジティブにしてくれるでしょう。同性の友達や会社の同僚に洋服を褒めてもらうことが出来れば、もっと嬉しい気持ちになりますね。

今日の自分に自信が生まれ、自分らしさや持ち味を生かすことができるようになります。そして、そんな自信が、余裕のある振る舞いに繋がるのです。

かわいい服着ているのだから、仕草や発言、振る舞いにも気を付けなきゃ。って。そんな影響を与えてくれるのがファッションの力。身だしなみを整えると、仕草や姿勢も自然と変わってきます。洋服を整えることで、自分自身に魔法をかけるのです。

いつもと違うファッションで職場に行くと、何か言われるんじゃないか、怒られるんじゃないか、と思う人もいるかもしれません。そんな場合は、アクセサリーなど小物を身につけることからはじめてみましょう。ちょっとずつ自分の好きなテイストを取り入れていくことで、違和感なくオシャレを楽しむことができます。

仕事が行き詰まりやすい人は、他の人の目を気にするという傾向にあります。もちろん常識的なTPOは大事ですが、ある程度自分らしさを身に着け、のびのびと過ごした方が肩の力が抜けていいかもしれません。アクセサリーや小物など、厳しく制限される職場に居るのなら、下着などの見えないオシャレに力を入れてみるのもいいですね。

女性ならではの、テンションの上げ方かもしれません。だけどファッションが好きで悪いことなんて何もない。むしろ、こんなに簡単なことで1日を楽しめるようになるなら、早く起きてクローゼットを漁らなくっちゃ。

好きな人に突然会うことに予定ができても大丈夫。もしかしたら今日運命の人に出会うかも、なんてちょっとした期待もしてみたり。”女性らしい”を作るのはいつだってあなたの気持ち次第なのです。

せっかくだから、明日着る服をがんばってコーディネートしてみてください。雑誌を読んだり、ウィンドウショッピングをしたりして、素敵な洋服を身につけた自分を想像してみて。なんだかそれだけで楽しい気分になってきませんか?