上手に両立!人生でもっとも大切なことは「時間とお金のバランス」

上手に両立!人生でもっとも大切なことは「時間とお金のバランス」

あなたは考えてる?時間とお金のバランスの費用対効果について考えるほどに、余裕のある暮らしが生まれていく!


♯お金を稼ぐって……なに?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

どんな人間にも平等に与えられた24時間の中で何百、何千、何億と稼ぐ人もいれば、地味にコツコツ暮らしている人もいる。なぜこうも同じ人間なのに違いが出てくるのでしょうか。一概にココが違う!と言い切れるものではありませんが、大きな要因の1つになっているものがあるとすれば、お金を稼ぐ人は【時間とお金のバランス】にとても価値を置いているということではないでしょうか。そこで今回は、お金を稼いでいる人から学ぶ時間とお金のバランスについてご紹介します。

♯あなたは時間を無駄遣いしている?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お金を稼ぐ人が最も重要視しているのは、自分の24時間という時間をどう切り分けていくかということ。与えられた時間は限られている。その中で今日、どれだけの金額を生み出せるのかを絶えず考え続けているのがお金を稼ぐ人の思考です。

以前、年収数億円単位の経営者とお話をする機会があった時に言われたのは「角さん、タイムイズマネーだよ。お金よりも価値があって、お金で買えないもの。それは“時間”だ。僕は自分の時間を切り売りすることはしない。最初に自分がいなくても稼げる仕組みを作っておいて、僕が稼働しなくても売り上げが常に生まれていくシステムを構築することに時間をかけているんだよ。だから結果として24時間で自分が働く以上に大きな額を稼げているんだよ。」

経営者の考えとしては当然の在り方かもしれませんが、改めて自分事として考えているとどうでしょうか。私を含め、多くの人が自分の時間を切り売りして働いているように思えます。

♯どうすれば費用対効果は高められる?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「 自分の時間を切り売りせずにお金を稼ぐ仕組み 」これには様々な手法があるかと思いますが、その内の1つは家元制度のビジネスではないでしょうか。

家元制度とは自分独自のビジネスコンテンツを作り、そのロイヤリティでさらに稼ぎを生み出すシステムのこと。一言でいうとフランチャイズビジネスですね。コンビニやラーメン店などのチェーン店は、各店舗のオーナーが大元のブランドにブランド使用権を借りて経営しています。その代わり、店舗の売り上げの何パーセントかをブランド使用料として大元の経営者に支払うという仕組みになっているので、大元の経営者はフランチャイズが増えれば増えるほ売り上げも上がっていきます。

このほかにも、ネットを使ったオンラインビジネスや、情報商材を扱ったビジネスなどは、最初の仕組みづくりには大層時間がかかりますが一度作って売れてしまえば、あとは雪だるま方式に売り上げが上がっていきます。これらも費用対効果の高いビジネスと言えますね。

♯時間は、見えないお金

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


話がだいぶ大きくなってしまいましたが、このような費用対効果を考えてお金を稼ぐことや、仕事をこなすことは私たちにとって、とても重要なことではないでしょうか。例えば、副業をするにしても時間は限られていますよね。一日何時間もかけて仕事をしたのに売り上げが0円だったら、やる気がなくなります。できるだけ、短時間で見返りが大きい仕組みを作る必要がある。

また、副業・起業といった方面以外に通常の仕事をこなす上でも同じ考えが大切です。あなたが一日に働ける時間は8時間。無駄な時間を過ごしたり、誰かのサポートにばかり回っていて本来の業務がこなせずにいれば、仕事を間に合わせるためにプライベートの時間を犠牲にしなくてはいけません。誰かのために何かをする精神は大切ですが、自分の時間も見えないお金と捉えて大切に扱う姿勢でいるようにすると良いでしょう。

♯TIME IS MONEYの精神が意識を変える

起業するわけでもないし、意識が高いわけでもないから、自分には必要な考えではない。もちろんそうした意見もあると思います。というより、私自身がそうした考えでした。

でも、絶えず誰かのために動き、時間をかけて何かをしても、自分に何の利益も生まれなかったということを何度か経験して改めて「時間の使い方」「時間をお金と考える大切さ」に気づくことができたのです。もし、あなたが今、時間の使い方に特段意識をおいていなかったのであれば、ぜひこのことを参考に時間を有効活用する方法を編み出してみてはいかが?
ちょっとした意識の差でゆとりある暮らしへと繋がっていくはず。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


友人が教えてくれた、人生を好転させる『おかげさまで』の法則

友人が教えてくれた、人生を好転させる『おかげさまで』の法則

何もかもが上手くいかない…。スランプに陥ることは幾度となくやってくる。そんな時にこそ、口に出すべき魔法の言葉「おかげさまで」。人に感謝することで道が開けるエピソードをご紹介します。


入社1年目で副業開始! 本業に支障をきたさない「本業と副業の両立」

入社1年目で副業開始! 本業に支障をきたさない「本業と副業の両立」

副業に興味はあっても、実際に行動に移すとなると腰が重くなってしまう人や、本業との両立に不安を感じてなかなか始められないという人も多いハズ。そこで、入社1年目から副業を行っている株式会社アールナインの櫻井 瑛里さんに、本業と副業の両立で苦労をしたことや、続けていて良かったことなど、副業に関するアレコレを聞いてみました。


イイ人って言われるけど…それって都合のイイ人?自分の存在意義を見直す

イイ人って言われるけど…それって都合のイイ人?自分の存在意義を見直す

『あなたって本当にいい人!』一見、褒め言葉のようですがその実、言われたほうは何だか釈然としない。『ねぇ、それってアナタにとっての“都合のいい人”?』.......なんていう、はてなマークが浮かんだらアナタの変わりどき!


職場で「NO」と言えない? 大人ならでは仕事の断り方

職場で「NO」と言えない? 大人ならでは仕事の断り方

やならければいけないことがあっても、仕事をお願いされるとつい引き受けてしまう。断ると嫌な人って思われそう、なんて不安を抱いている人いませんか? 時にはきちんと拒否をすることも大切。相手に嫌な思いをさせない断り方を身につけましょう。


仕事がたまりすぎてパンク寸前! 忙しい人が実践すべき5つのステップ

仕事がたまりすぎてパンク寸前! 忙しい人が実践すべき5つのステップ

仕事がたくさん溜まっていると、アレもコレもとつい焦ってしまいますよね。焦ってパニック寸前になりそうな気持ちはわかるけれど、そこはグッとこらえて。忙しいからこそ、実践していきたいステップについて考えていきたいと思います。


最新の投稿


根気と勇気が大事!脈ナシ男を脈アリにするには?

根気と勇気が大事!脈ナシ男を脈アリにするには?

一度、脈がないと思ったら挽回するのは難しい?脈ナシ男子を脈アリにするために考えるべきことをご紹介!


水の流れが運気を変える? ストレスケアを有効にするルーティーン

水の流れが運気を変える? ストレスケアを有効にするルーティーン

日々、ストレスを感じながら生きている私たち。逆にストレスを全く感じずに生きている人は、いないハズです。 そんな、どこにでもあるストレスを緩和させるためには、ちょっとした決まりごとを決めて対策するのが有効。今日からできるので、トライしてみては?


環境を変えるだけでは変われない! あなたがイキイキ仕事をできる方法

環境を変えるだけでは変われない! あなたがイキイキ仕事をできる方法

毎日の仕事が退屈で仕方ないのは職場環境のせいだと思い込んでいませんか? 人間関係のトラブルなどは別として、人間は環境が変わったからといって内面が変わるわけではありません。大切なのは環境と共に、意識を変えること。毎日の仕事に前向きに取り組める、心理について知っていきましょう。


友人が教えてくれた、人生を好転させる『おかげさまで』の法則

友人が教えてくれた、人生を好転させる『おかげさまで』の法則

何もかもが上手くいかない…。スランプに陥ることは幾度となくやってくる。そんな時にこそ、口に出すべき魔法の言葉「おかげさまで」。人に感謝することで道が開けるエピソードをご紹介します。


「子どもがほしい人は正社員になっちゃいけないの?」#これってハラスメントですか?!

「子どもがほしい人は正社員になっちゃいけないの?」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、契約社員から正社員になる相談を受けた人のお話です。


RANKING


>>総合人気ランキング