【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯13

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯13

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第13回目は「シャネルが作ったスタイル」について。


今回は、前回までのお話の続きを少しお休みしてシャネルが現代に残したファッションスタイルについてご紹介します。多くの人はシャネルがグッチやプラダと具体的に何が違うのかよく分からないと思っているのではないでしょうか。ファッション好きならその違いをよく理解していても、そもそもで興味がなければどうでも良い情報かもしれません。違いがどうであるとか知っていても特に何か使える情報ではありませんし。

ただ、シャネルが残した功績についてこれは皆さんに伝えておきたいと思うことがあります。それは、彼女は未来を生きる女性に新たなファッションスタイルを作ったということ。そして私たちは知らず知らずに彼女の恩恵を受けているのです。

♯シャネルの功績とは

通常、ファッションというのはその時代を表す流行であり、いつかは廃れるものです。10〜20年という単位でファッションの着こなしは、その時代に生きる人たちの価値観や現象に合わせて、少しずつ変化しています。むしろ変化しないファッションなどあり得ません。例えば70年前まで女性は、膝より上の足を露出することなどあり得ないという価値観を持っていましたが、今ではどうでしょう?「パンツ見えちゃうよ!」というくらい丈の短いスカートを履いている女子高生がいても別に驚くことはありませんよね。

このように服に対する価値観は数十年も経てば変化するのが当たり前。それに対して、シャネルが70年以上前に提案したファッションは、今の私たちが着ていてもおかしくない着こなしなんです。これがどんなにすごいことかというと、「2090年に生きている人たちの日常の服を2018年の段階でコレクションとして発表している」ということなんです。誰も想像できなかった価値観を、次世代に生きる人間が当たり前として取り入れている……という時代の礎を築いたのがシャネルの功績です。

♯新しい価値を生み出したファッション

前置きが長くなってすみません。では、ファッションにおいてシャネルが何を生み出したか代表的なものを簡単にご紹介していきましょう。

ブラックドレス

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

シャネルが発表したのは「 Little Black Dress 」リトルブラックドレスという、黒一色で仕上げられたイブニングドレスです。シャネルがこのドレスを発表するまで、黒い服というのは喪服でしか使われませんでした。「お葬式は黒い服と決まっている、それ以外の日常で使うなんてことはあり得ないよ!」が当時の人の価値観。

でも、シャネルは黒い服に完璧なまでのミニマルさを見出していました。黒い服=お葬式という価値観を一切捨てて、「黒い服は女を美しくさせる」という事実を世の中に提示したのです。私たちがブラックドレスを着ている、黒い服を堂々と着ているのは、シャネルがそうした価値観を最初に提示したからということをご存知でしたでしょうか?

ボーダーカットソー

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ボーダーカットソーまたの名をバスクシャツと言います。バスクシャツはもともと、水兵さんの制服でした。リゾート地にシャネルの2号店を出店していたというのもあって、海兵を見かけることも多かったのでしょう。前回ご紹介したジャージィ素材を使ってシャネルは自らバスクシャツを作りました。

当時のシャネル本人である、バスクシャツにワイドパンツを履いた現代的な出で立ちで写っている写真も残されています。驚くのがおそらく写真は1930年前後の写真だというのに、着こなしのスタイルは2018年の現代でも通ずるスタイリッシュさ。

イミテーションパール

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

イミテーション(模造品)と聞くと皆さんはどんな印象を受けますか?おそらく、多少はイミテーションというものにネガティブな感情や引け目を感じるのではないでしょうか。貧乏だから本物を持てないことへの引け目、本物を識る目を持たない安っぽさ。そうしたマイナスな感情を持たれるイミテーションを、シャネルは積極的に取り入れていました。

本物のパールと合わせて、イミテーションのパールをジャラジャラと重ねづけして、タバコをふかす写真を皆さんも一度は目にしたことがあるのでは?なぜ、本物を持っているのにも関わらず、イミテーションを使っていたのかその真偽は定かではありません。しかし彼女は、物そのものの価値よりも、どう使うか、どう取り入れるかを大切にしていたのではないでしょうか。その真珠が本物であることが重要ではなく、それを使った自分がどう見えているかが大事。だから、安価と言われていたジャージィ素材に注目もできたのでしょう。

♯未来へ繋ぐ働きを心がける

こうしてみると、私たちが今ワイドパンツを履けるのも、黒いドレスやボーダーカットソーを着られるのも、シャネルがそれは“アリだよ!”と声を大にして発信してくれたからだと思うのです。ファッション好きがシャネルを好きな理由はなんとなくお分かりいただけましたでしょうか?彼女がいてくれなければ、私たちはもっと制限のある中でしかオシャレを楽しむことができなかったでしょう。

シャネルに対する敬愛を持ちつつ、自分にできる未来へつなぐ働きがなんらかの形でできれば幸いです。ぜひ、皆さんも自分の仕事、価値観、人生のテーマというのを改めて見直して、ご自身らしい発信を試みてはいかがでしょうか。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第98回目は、時間をかけて行動したり工夫したりしたけれど、効果がなかった営業についてご紹介します。


【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

転職活動で大切なのは「自分を知ること」と「相手(企業)を知ること」の2つ。今回は、転職先で後悔することのないように、事前に行っておきたい企業研究のキホンについて、キャリアアドバイザーがお教えします。


楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

オフィスカジュアルで許される範囲は一体どこまで? 働く女子が悩みを持ちやすいのが、マナーにもあたるファッションについてのNGライン。今回は、オフィスカジュアルでも取り入れられるカジュアルアイテムの使い方、そして絶対に使っちゃダメ! なアイテムについて紹介。


SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第97回目は、SNSをやってよかったと思う時について考えます。


「確信したことを成し遂げる力は、誰にでも残っている」ウーマンダイアローグ #24

「確信したことを成し遂げる力は、誰にでも残っている」ウーマンダイアローグ #24

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、伊勢丹新宿店『ビューティアポセカリー』のアシスタントバイヤーを務める鳥谷悠見さん。はじめて伊勢丹新宿本店を訪れたときに感銘を受けて、入社を決意されたそうです♡


最新の投稿


「嫌味」な人にはなりたくない! 印象美人ならではの会話術

「嫌味」な人にはなりたくない! 印象美人ならではの会話術

気付かないうちに人を不快にさせる言葉をつかっていませんか? 人に失礼のないよう、明るく話しやすい印象をつけて、スムーズな人間関係を構築しましょう!


【働く女子のお疲れ救助メシ】栄養満点! 夏に食べたい時短レシピ集

【働く女子のお疲れ救助メシ】栄養満点! 夏に食べたい時短レシピ集

蒸し暑い季節は、まるで太陽に元気が吸い取られているかのように、体力を使います。少し歩くだけもヘトヘトに……。そんなお疲れな働き女子を救済するため、簡単に作れて栄養満点のレシピをご紹介! しっかり食べて、夏を乗り切りましょう!


やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第98回目は、時間をかけて行動したり工夫したりしたけれど、効果がなかった営業についてご紹介します。


彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

セックス中、彼にもっと喜んでもらいたいと思っていても、どうすればいいのかわからない……と悩むことはありませんか? おすすめなのが男性が「感じやすい」パーツを狙うことです。実は男女で感じやすいパーツは異なっています。今回は、男性が「感じやすい」体のパーツについてご紹介します。


【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

ジルスチュアートビューティ 2019 Fall Collection が8月2日に発売。今回は、新コレクションを使って、大人に似合うピンクメイクのポイントを3つお届けします。無理をせず、肩の力を抜いた自然なかわいらしさで、オトナ女子にもピッタリ。


RANKING


>>総合人気ランキング