いつかは必ず夜が明ける。無性に泣きたくなった夜の乗り越え方

いつかは必ず夜が明ける。無性に泣きたくなった夜の乗り越え方

昼間は友だちと楽しくおしゃべりしていたはずなのに……。急に自分だけが、ひとりぼっちのような気がしてきて、涙がポロリ。今回は、無性に泣きたくなった夜の乗り越え方をご紹介します。


泣いたらまた、前に進めるから

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

日中は友人とお洒落なカフェで笑っていたはずなのに。お風呂に入った瞬間に、妙に孤独に思えてきて、涙が止まらなくなる……。

大人になればなるほど、予期せぬタイミングで不安が襲ってきます。不安の原因が分かっているときもあれば、よく分からないけど勝手に涙が流れはじめるときも。

きっと不安な夜もひとりで乗り越えれば、明るい未来が待っていますよ。

×ではなく〇を探す

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

無性に泣きたくなるのは、おそらく本当は疲れていたのを必死に隠していただけ。

ヘトヘトだけど、疲れを理由に仕事を休むわけにはいかない。恋人と別れて、本当は精神的にボロボロだけど、友だちの前では気丈に振る舞う……。

お風呂に入りながら「この世界に、私の居場所があるのかなぁ」なんて思っているうちに、涙が一粒、流れはじめたり。

そんなときは、自分自身に×をつけるのではなく「〇」をつけてあげましょう。できないことではなく、すでにできていること・がんばれていることを褒めてあげてください。

たとえば、失恋をしても仕事を休まずに行っている。それは本来、とても立派なことなのです。もちろん、上司や先輩が褒めてくれるわけではありません。ただ、だからといってみんながそうやって元気なフリをしながら働けるわけでもないのです。

疲れているときほど、自分自身に花丸を♡

涙は我慢せずに、気が済むまで泣く

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

泣きたいときは泣くのが一番です。「なんでこんなに泣いちゃうんだろう」なんて考えずに、気が済むまで涙を流す。これほど最高なデトックス方法はありません。

それだけ泣けるということは、本当はギリギリのラインを立っていたのです。そのまま深い谷底に落ちる前に泣いておけば、回復するまでのスピードも速くなるでしょう。

おうちなら布団を被って、大声で泣きましょう。「これを聞いたら自然と涙がでる」という涙活専用の音楽もリスト化しておくと便利です。

泣いている間は、心が張り裂けそうなくらい、一時的につらくなります。でも、涙がでてしまえば、その後は意外と感情の波が引いていくものです。

「今はそういう時期」と言い聞かせる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

涙が止まらなくても、焦る必要はありません。

女子の場合は、生理周期と涙を流したくなる時期がリンクしているときも。生理前になると、無性にイライラし、ひとり空回りして悲しくなる……。

でも「今はそういう時期」と自分自身に言い聞かせれば、心も落ち着いてくるでしょう。生理になれば少しは楽になれるし、きっと自分の感情が、というよりも女性ホルモンも影響して、気分が落ちてしまっていることに、誰よりも本人が一番気づいているはずです。

深い夜も、いつかは明ける

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

無性に泣きたくなったら、我慢せずに泣くのが一番!目が腫れちゃったらどうしよう、なんて気にせずに、今は感情を外へと押し出しましょう。

涙を流した分だけ、人は成長します。そして、深い夜のように感じても、いつかは必ず朝が来るのです。靄が晴れるまでは、じっくり自分の感情と向き合っていましょう。

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連する投稿


丁寧な暮らしは難しい…!忙しい働き女子が大切にしたいマイペースな暮らし

丁寧な暮らしは難しい…!忙しい働き女子が大切にしたいマイペースな暮らし

丁寧な暮らしが憧れ。だけど、いちいち丁寧に過ごしているほど時間がない!今回は、忙しい働き女子が大切にしたいマイペースな暮らしをご紹介します。


深い眠りに誘導するカギは「バスタイム」。眠活エディターオススメアイテム

深い眠りに誘導するカギは「バスタイム」。眠活エディターオススメアイテム

疲れすぎて眠れなかったり、緊張状態が続いて眠りが浅かったり……。私たち現代人を取り巻くストレスは去ることを知らず、生活習慣までを脅かします。睡眠不足は、疲れをより悪化させ、しまいには体調不良までを招くように。今回は、良質な睡眠をとるべく「眠活」実践中のエディターがオススメのアイテムを紹介。


いつまで独身なんだろう?ザワザワしている心の落ち着かせ方

いつまで独身なんだろう?ザワザワしている心の落ち着かせ方

積極的に独身を選んでいるわけではない。ただ、今はひとりというのは紛れもない事実で、いつまで独身なのかも分からない。夜になるたびに動悸がしてきて、落ち着くまでじっと耐えている人も多いのでは?


恋愛をするから男は学ぶ。彼女に言われて改善するセックスエチケットって?|真っ赤な濡れオンナ#78

恋愛をするから男は学ぶ。彼女に言われて改善するセックスエチケットって?|真っ赤な濡れオンナ#78

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第78回目は、彼女が注意することで育つ、男性のエチケットについてです。


仕事のリフレッシュに!ストレスを超簡単に軽減させる柑橘系の香りの効果

仕事のリフレッシュに!ストレスを超簡単に軽減させる柑橘系の香りの効果

誰もが、何かしらにストレスを抱えて毎日を過ごしています。だからこそ、そんなストレスと私たちはどう付き合っていくのかが大切。その中で、芳香心理学では柑橘系の香りがストレスの発散に効果的だと言われています。今回はストレスが溜まった時にお手軽に気分転換ができる、柑橘系の香りの効果について紹介します。


最新の投稿


転職活動をはじめてから退職するまでに知っておきたい知識まとめ

転職活動をはじめてから退職するまでに知っておきたい知識まとめ

アラサーになると「転職をしようかな?」と自分のキャリアについて考える時間が増えていきます。今の仕事をこのままするべきか、挑戦してみたいことを思い切ってやるべきか。もし、転職活動をするのであれば、失敗はしたくないものです。では、転職に興味がでて来たときには、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?


一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

軽やかな足元で出かけたくなる季節が到来。オールシーズン使えるパンプスも、そろそろ新調しておきたいものです。今回は、パンプスで足元印象を変える、ヒールの種類をご紹介。一つずつ持っておきたくなる?! 働く女性の強い味方です。


直すではなく「戻す」が正解。メイクしたての肌を取り戻す化粧直しの新習慣

直すではなく「戻す」が正解。メイクしたての肌を取り戻す化粧直しの新習慣

夕方になると気になる化粧崩れ。仕事帰りに友達と会う予定やデートの約束をしてたら大変! 予定に間に合うようにと慌てて化粧直しをしても、ヨレていれば厚化粧になったりムラができたり。朝のメイクしたてのようなメイクに戻すためにはどうすればいいの? そんな日々忙しく働く女性の強い味方になってくれる、優秀コスメをご紹介。


専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

働く女性が増えた一方で、専業主婦を「悪」と決めつけてしまう風潮が問題になっています。専業主婦になるのはいけないことなのでしょうか?


パリジェンヌ実践!保湿と洗浄力をアップさせるクレンジングレシピ

パリジェンヌ実践!保湿と洗浄力をアップさせるクレンジングレシピ

いつも使っているミルククレンジング。なんとなく洗浄力に物足りなさを感じることはありませんか? そんなあなたにパリジェンヌが実践しているといわれている、とっても簡単な保湿と洗浄力アップさせるレシピをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング