職場で悩みを抱える女性は多い。働く女子の「プチ不調」を回避するには?



疲れやストレス、睡眠不足や冷えなど……。
何かと「プチ不調」を起こしやすい働き女子。オフィスで、小さな悩みを抱えている人もたくさんいらっしゃることでしょう。今回は、働く女性が感じやすい「悩み」と、その解決方法を紹介。

肩こり

長時間のデスクワークは、冷えやむくみの原因に。中でも、筋肉の緊張や肩こりを感じている方が多いではないでしょうか? マッサージ屋さんに駆け込んでも、一向に肩こりが治らない! なんてバキバキ状態になってしまっているかもしれません。肩こりをずっと放置していると、頭痛や吐き気を感じることも。

身体を温めて、適度なストレッチを!

肩こりがひどい場合には、とにかく血流をよくすることが大切です。仕事の合間に、首や肩を伸ばすストレッチを取り入れましょう。また、冷えが原因で体が固くなってしまっている可能性もあるので、カイロや膝掛けなどを利用して、しっかりと体を温めて。漢方薬などを飲むのもおすすめです。

腰が痛くなる

こちらもデスクワークが多い女性が感じやすい悩みです。単純に運動をしたから腰が痛いということもあれば、婦人科系の病気が腰痛を引き起こしている可能性もあります。座っているのがとにかく辛いという方は、整体や婦人科の受診を。

こまめなストレッチを! 痛みがあまりにもひどいのであれば病院へ

腰痛がひどい場合も、定期的に席を立ちストレッチをする習慣をつけるようにしましょう。イスが体にあっていない場合もあります。その場合は市販の骨盤チェアやクッションを利用してみるのもいいでしょう。
あまりにも腰の痛みがひどい場合や、不正出血などの悩みを持っている場合は婦人科の受診へ。

MTG
骨盤サポートチェア Body Make Seat Style(ボディメイクシート スタイル)

チェックする

目の疲れ

PC作業や細かい作業が多い時に、目の疲れを感じることがあります。目の疲れがピークに達すると、頭痛などを引き起こすことも、
また、ドライアイの人は涙の分泌量が減っているので、こまめに目薬を。

目の周りを温めて、目薬をこまめに

目の周りの緊張をほぐすために、手のひらやホットタオルなどで目を温めてあげましょう。リラックスタイムにホットマスクを取り入れるのもオススメです。目の周りを指の腹を使って優しくマッサージしてあげて。
もちろん、仕事中は目薬をこまめにさすことを忘れずに。ブルーライトが気になるかたは、ブルーライトをカットするメガネの購入も検討してみて。

胃痛や腹痛

ストレスや、外出の多い食事などで、腹痛を感じることも多い働き女子。便秘や下痢を繰り返してしまうという「過敏性腸症候群」などの病気も話題になりました。またお手洗いをガマンする習慣が、「膀胱炎」などを引き起こしてしまうこともあります。無理なガマンは禁物。しっかりと自分の体をいたわってあげましょう。

トイレにはこまめに、腸内環境を整えて!

過度な飲酒など、理由がはっきりをわかっている場合には、付き合いは控えて自分の体を優先にすることです。またトイレにいくのをガマンするのもやめましょう。食べ物には特に気をつけて。お腹を優しくマッサージしてあげたり、乳酸菌食品をとって腸内環境を整えてあげましょう。

頭痛

目の疲れや肩こりなどが頭痛を引き起こすこともあれば、低気圧などの気象の変化が頭痛を引き起こすこともあります。どちらにせよ、頭痛が激しい時に無理な仕事はやめておきましょう。
自分が頭痛を感じやすいのはどんな時なのかを知っておくと良いでしょう。

休憩とマッサージをこまめに。体調管理にアプリを入れるのもおすすめ

頭痛がひどい時は、とにかく休むのが一番です。肩こりや目の疲れから頭痛が起きている場合には、とにかく上で記載したような温めやマッサージなどを取り入れて。頭を休ませてあげましょう。頭痛にも種類があるので、あまりにもひどいようであれば医師に相談を。
また気象病や天気痛と呼ばれる不調もあります。スマホアプリ「頭痛ーる」などを使い、自分の体調を事前に予測しておきましょう。マッサージや漢方薬を適切なタイミングで取り入れる、などのケアができるようになります。

App StoreGoogle Play

冷え

冷房が強いオフィスや真夏の電車内など、何かと冷えを感じることも多い女性。また、血流が悪くなることによって冷えが起こりやすくなってしまいます。手や足などの末端が冷えるという女性も多いでしょう。生理痛や腰痛などの原因にもなるので、とにかく体をしっかりと温めて。

冷たい飲み物は避けて、体を温めることに集中して

冷たい飲み物や食べ物は避けるようにしましょう。また白砂糖などの使ったケーキなども体を冷やすと言われているのでNG。夏でもホットドリンクや温かい食べ物を選んで。膝掛けなどをオフィスに常備しておきましょう。漢方薬もオススメです。

乾燥

電子機器が多いオフィスでは、肌のカサつきや喉の乾燥が気になることも。とにかく保湿は重視しておきたいものです。かゆみやかぶれなどの肌トラブルも起こしやすい乾燥は女性にとってまさに大敵! 快適に過ごせるよう、デスクをカスタマイズしていきましょう。

保湿ケアアイテムを取り入れて

卓上加湿器やハンドクリーム、メイクの上からも使える化粧水やクリームなどをデスクコスメとして備えておきましょう。喉が弱い方は、のど飴を置いておく、マスクを持ち歩くのもオススメです。

働く女子に多い「プチ不調」を乗り越えられるように

いかがでしたか?
ただえさえ時間に追われてストレスやプレッシャーに心を追い込まれやすい働き女子。さらにこういった不調が続くとモチベーションも下がってしまいますよね。しっかりと体をケアして、健康的に過ごせるよう、頑張っていきましょう!