30代は取捨選択の年代。「私らしい人生とは」の答えを導き出す方法

30代は取捨選択の年代。「私らしい人生とは」の答えを導き出す方法

他の人の生き方をうらやましがるのではなく「これが私の人生です」と言い切るためには、どうすればいいのでしょう?今回は、私らしい人生の答えを導き出す方法について考えていきます。


私らしい人生のバランスって?

女性は仕事・結婚・出産のどこまでを選ぶかによって、人生の色が変わってきます。
仕事を最優先に生きていたいという人もいれば、大切な人とともに穏やかな暮らしをしていたいと思う人もいて、決して正解は一つではないからです。

他の人の生き方をうらやましがるのではなく「これが私の人生です」と言い切るためには、どうすればいいのでしょう?

キラキラしていられる時間が長い選択肢をとる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

キャリア・結婚・出産。器用な人は、すべてをクリアしながら人生を進んでいけるかもしれません。しかし、なかには仕事に生きるように運命が定められている人もいます。プライベートを充実しようとすると、仕事がうまくいかなくなり、私らしい時間が減ってしまうのです。

人生の取捨選択をしていくときに、一番大切にしたいのは、どの選択肢が一番、キラキラしていられる時間が長いかを考えるべきでしょう。

たとえば、キャリア志向の強い人は、生活面も律しながら、常に仕事でベストパフォーマンスができるように調整しています。他の人からしてみたら、ストイックな生活にみえても、本人にとっては一番心地よく、多少、悩むときはあっても、キラキラしていられる人生です。

一方、仕事をするのは好きだけど好きな人と笑い合っている時間が一番私らしさを感じられる人もいます。これはどちらかが悪く、どちらかが正解という話ではなく、自分に定められている宿命や運命のようなものを見つけ出すことが大切です。

他の人の生き方を否定しない・自分の生き方も押し付けすぎない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

30代になった途端に、再び結婚ラッシュがはじまります。20代後半で落ち着いたはずなのに、再度、自分自身と向き合う時間が長くなります。そこでようやく、自分がどういう人生を歩みたいのか、結論を出し始められるようになります。

他の女子にとっては結婚や出産をすることが正解であっても、産まない覚悟やひとりでいる覚悟があるからこそ、仕事が成立する人もなかにはいます。そこで気をつけたいのは、他人の生き方をむやみやたらに否定しないことです。

自分は結婚をしない、あるいは子どもを産まない可能性が高くても、だからといって、奥さんになった友人たち、ママになった友人たちと疎遠になる必要はありません。

ただ、相手から「独身って自由でいいわよね」と言われたら、それはまた話が違いますが……。

30代になると、20代特有のもがきがなくなり、落ち着いてきます。後半に入ると、精神的に楽になれる部分は、さらにでてくるでしょう。

産まない覚悟、ひとりでいる覚悟が必要な場合も

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

世の中には、子どもを産むことよりも仕事に人生をかけていたい、あるいは結婚は選ばず、精神的な自由を選びたいと考え、実際に行動に移している女性たちがいます。

決して、出産や結婚を否定するわけではありませんが、本気で叶えたい夢や目標があると、どうしても諦めなければいけない部分が年々、増えてきてしまいます。

それでも前に向かって進んでいたいのか、あるいは、やはり家庭をもちたいのかは、人によって結論が違ってきます。大切なのは、自分がどう生きたいか。どんな未来にたどり着いていたいかです。

30代に入れば、経験値も上がってきて、さすがに自分の中心軸をどこに置けばいいのか分かってくるはず。

取捨選択をしながら、自分の意思で未来をつくりだす

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

全部を同時に進めようとすると、どうしても中途半端な状態になってしまいます。

今の最優先事項は何なのか、これから人生を進んでいくうえで、一番重要なものはどれなのかを常に考えながら、少しずつ取捨選択を進めてまいりましょう。

きっと30代後半に入る頃には、仕事とプライベートの比率が明確に見えてきますよ♡

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連するキーワード


個性 アラサー 選択

関連する投稿


今の仕事を続けていて将来は明るい?見極める、たったひとつの方法|MY WORK ヒント#73

今の仕事を続けていて将来は明るい?見極める、たったひとつの方法|MY WORK ヒント#73

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第73回目は、人生の方向転換をする時に注目したいことについてです。


独身女子にもおすすめ! シェアハウスに引っ越すメリットとは?

独身女子にもおすすめ! シェアハウスに引っ越すメリットとは?

最近、独身女性がシェアハウスに。一人暮らしが寂しくなったらシェアハウスに引っ越してみてはいかがでしょうか。実際にシェアハウスに住んだ経験がある私がシェアハウスについてご紹介します。


プチプラ服のままで大丈夫?アラサー流ファストファッションの着こなし方

プチプラ服のままで大丈夫?アラサー流ファストファッションの着こなし方

アラハタから、アラサーへ。体も顔立ちも少しずつ大人へと変化していくと同時に、見直したいのがファッション。このままで良い気もするけれど、オールプチプラアイテムってさすがにマズイ?そこで今回は、アラサー女性にオススメするファストファッションの着こなし方をご紹介します。


年齢を感じる肌の悩みはシミや毛穴だけじゃない。フェイスラインのたるみも見逃さないで!

年齢を感じる肌の悩みはシミや毛穴だけじゃない。フェイスラインのたるみも見逃さないで!

年齢を感じる肌の悩みといえば、シミや毛穴などあげられますが、フェイスラインのたるみは後回しにしていませんか? ですが、客観的に見て老けたと感じるのはシミや毛穴ではなく、フェイスラインのたるみなのです。後回しにするのは要注意!


若いようで、もう大人。30代になる前に確認しておきたいこと

若いようで、もう大人。30代になる前に確認しておきたいこと

10代のときに考えていた20代は、もっと大人だと思っていた。実際になってみると、まだまだ子ども。でも時間はあっという間に過ぎて、20代どころかもう30歳。一つの節目を迎える前に、総点検しましょう。


最新の投稿


転職活動をはじめてから退職するまでに知っておきたい知識まとめ

転職活動をはじめてから退職するまでに知っておきたい知識まとめ

アラサーになると「転職をしようかな?」と自分のキャリアについて考える時間が増えていきます。今の仕事をこのままするべきか、挑戦してみたいことを思い切ってやるべきか。もし、転職活動をするのであれば、失敗はしたくないものです。では、転職に興味がでて来たときには、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?


一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

軽やかな足元で出かけたくなる季節が到来。オールシーズン使えるパンプスも、そろそろ新調しておきたいものです。今回は、パンプスで足元印象を変える、ヒールの種類をご紹介。一つずつ持っておきたくなる?! 働く女性の強い味方です。


直すではなく「戻す」が正解。メイクしたての肌を取り戻す化粧直しの新習慣

直すではなく「戻す」が正解。メイクしたての肌を取り戻す化粧直しの新習慣

夕方になると気になる化粧崩れ。仕事帰りに友達と会う予定やデートの約束をしてたら大変! 予定に間に合うようにと慌てて化粧直しをしても、ヨレていれば厚化粧になったりムラができたり。朝のメイクしたてのようなメイクに戻すためにはどうすればいいの? そんな日々忙しく働く女性の強い味方になってくれる、優秀コスメをご紹介。


専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

働く女性が増えた一方で、専業主婦を「悪」と決めつけてしまう風潮が問題になっています。専業主婦になるのはいけないことなのでしょうか?


パリジェンヌ実践!保湿と洗浄力をアップさせるクレンジングレシピ

パリジェンヌ実践!保湿と洗浄力をアップさせるクレンジングレシピ

いつも使っているミルククレンジング。なんとなく洗浄力に物足りなさを感じることはありませんか? そんなあなたにパリジェンヌが実践しているといわれている、とっても簡単な保湿と洗浄力アップさせるレシピをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング