結婚できる・できない? 「戦略的婚活」を成功させる人・失敗する人の違い

結婚できる・できない? 「戦略的婚活」を成功させる人・失敗する人の違い

街コンイベントやアプリなど、今は出会いを探そうと思えばいくらでも出会いが見つかる時代。「結婚したい」と思っている女性が、そういったサービスを利用することも頻繁になってきました。では、戦略的に婚活を成功させられる人と、失敗してしまう人の違いはどういったところにあるのでしょう? ポイントを3つに絞って解説していきます。


街コンや地域のイベントなどでも活性になっている「婚活」。とあるアンケートで婚活がうまくいった人、失敗した人の割合はだいたい半々だったそうです。では、婚活がうまくいく人といかない人の違いは一体どこにあるのでしょうか?

出会いがあっても、恋愛に発展しないという悩みをお持ちの方のために、婚活が成功する・失敗する人の違いを3つのポイントに要約し、わかりやすく解説していきます。これを読めば婚活がうまくいく可能性もグンとアップ。是非意識してみてください。

①焦りのあまり“次に付き合う人と結婚する”という気持ちが強すぎる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ある程度の年齢になると、皆さん「結婚」を意識しますよね? しかし結婚を意識しすぎるがあまり「次に付き合う男性と結婚するんだ」と思いすぎると失敗する傾向があります。

“次に付き合う人と結婚する”となると当然、
「年収はどのくらいなのか」
「プライベートではどんな生活をしているのか」
「結婚願望はどのくらいあるのか」
などと、詮索しすぎてしまうことがあるはずです。その結果、慎重になりすぎて結婚相手にふさわしい男性を決められず、結婚どころか交際にすら発展しない……なんてことになりがち。

その空気感を男性が察知して「この子、なんだか面倒な子だな」と感じてしまう可能性も大いにあります。以前にも紹介しましたが、男性は結婚という責任を取りたがらない傾向にあるのです。

婚活女子必見! 男性が恋人に求めるもの、結婚相手に求めるものの違い

https://cinq.style/articles/2045

恋愛と結婚が結びつくのが女性であれば、恋愛と結婚は別物だと分けて考えるのが男性。恋人に求めるものと結婚相手に求めるものは、それぞれ何が違う? 恋愛メンタリストsatoshiが解説します。

「結婚前提の真剣なお付き合い」は立派なことですが、結婚を意識しすぎて時間をかけたり、相手を見定めていると男性から煙たがられるのがオチ。せっかく時間を使って婚活をしているなら「良い人だな」と感じた時点でデートに行きましょう。その方が、よほど良い人と結婚できる確率が上がります。

そして“焦らない”ことです。感情で物事を判断しがちなのが女性です。焦ると人間のマイナスなところ(多少時間にルーズなど)がとてつもなくだらしなく感じてしまい、「この人は無いな」と判断してしまうことが多くなります。

普段なら許せる範囲内でも焦っているがあまり、イライラしてしまう。その空気感がせっかくの婚活を失敗に導いている可能性は高いでしょう。

逆に婚活がうまくいっている人は結婚という結果に焦らず、「とりあえず良さそうな相手とは積極的にデートや交際する」というフットワークの軽さを持っています。
そもそも運命の人と出会えるのは確率です。積極的な人と、相手を詮索しすぎてチャンスを逃す人。どちらの方が確率が高いかはいうまでもないでしょう。

②そもそも理想条件が高い

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

これもあるあるなのですが、「年収500万以上」「安定した仕事に就いている」「旦那、夫の役割をしっかりとこなせる人」など、女性が“結婚相手に求める条件”があると思います。
しかし、いったんこの条件は捨てましょう。

今の時代は「共働き」が主流です。もちろんあなたが専業主婦になりたい、という希望があるのならば応援はしますが、結婚後も共働きを希望する女性も増えているのがリアルです。専業主婦になるという目標がある場合は、なかなかのスペックを持ち合わせた男性と出会わないと厳しいかもしれません。

子供が1人いて、家族がお金に不自由なく生活できる総年収(夫婦の年収)が800万以上だと仮定します。一方30代サラリーマンの平均年収は、450万ほど。これだけの差があるのです。

安定した仕事とはそもそも何でしょうか?
今の時代、国家公務員くらいしか本当に安定したといえる仕事は無いと思います。

働き方改革で社員の勤務時間が減るのは良いことですが、今までの仕事の流れを変えずに社員の勤務時間だけ減らせば企業の利益は減る可能性が上がります。そして、経営が厳しくなる→倒産
ということもありえます。

「えー? とはいえ、そんなことないでしょ?」と思う方もいるでしょう。けれど、今現在日本トップクラスである某電気メーカーは経営困難でなんと約7,000人のリストラを打ち出しています。

理想を掲げて婚活するのは否定しませんが、もしかしたら今は、そういう時代ではないのかもしれません。相手に求める条件を考える前に自分自身の人生設計を考え、それに沿ってアクションを起こす必要があります。

③これは厳禁! 意外な原因は「趣味」にあり?!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

最後のポイントはこれ!
「趣味が意識高い系」。これ、結構禁物だったりします。

例えば、「エステ通い」。
「週に1回はエステに行って全身をキレイにしてるの」というようなもの。もちろんいつまでも美しくいるための努力は素晴らしいですが、それを男性に言ってしまうと「結婚したら金がかかりそうだな」と思われてしまうかもしれません。

さらに海外旅行など。知らなかった文化に触れ、ご自身の価値観を広げる……なんて素晴らしいでしょう! がしかし、それなりに収入があってアクティブな人なら問題ありませんが、一般の男性に対してならアピールしない方が吉。
何度も繰り返しますが、男性は結婚においてはとことん責任を取りたがらないもの。奥さんを養うお金と、趣味を満たしてあげられる出費が増えるということを考えただけで、荷が重いと判断されるでしょう。本気で結婚を考えているのであれば「意識高い系趣味」を辞めるとまでは言いませんが、レベルを落とす必要はあると思います。

結婚という儀式は一通り、結婚生活は十人十色

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

さぁ、いかがでしたか。一昔前よりも確かに結婚のハードルは男女共に上がっています。お互いがリスクばかりに目が行き、その先にあるであろう幸せに気付かない。
晩婚化が進み、さらには子供を産むリスクまで増える……。確かにその通りなのですが、幸せなんて価値観は人それぞれ。「結婚」という“儀式”は一通りですが、「結婚生活」は十人十色です。相手を条件なんてもので計らず、1度きりの人生なのだから自分の人生設計に沿ったパートナーを探してみてください。

この記事のライター

恋愛メンタリストsatoshiです。
一般の恋愛の心理テクニックやディープな恋愛テクニックなどを紹介。

関連するキーワード


婚活 出会い 結婚

関連する投稿


こんな男は絶対NG! 結婚相手にする前に見極めたい、ダメな男の特徴

こんな男は絶対NG! 結婚相手にする前に見極めたい、ダメな男の特徴

この人、なんだかいいひとかも…? なんて判断するにはまだ早いかも。その彼と付き合う前に、結婚を考える前に、まずはチェックするところがあるはずです。ダメンズに引っかかる前に、注意すべき点をお教えします。


つらい試練も必要なプロセス。運命の人と出会う前に起きる予兆って?

つらい試練も必要なプロセス。運命の人と出会う前に起きる予兆って?

つらい出来事には必ず意味がある。すべては幸せな未来へと繋がることを信じて、今はただ、ただ一歩ずつ前へ。


恋愛が恨みに変わって裁判沙汰?! 働く女子の恋愛失敗&報復エピソード

恋愛が恨みに変わって裁判沙汰?! 働く女子の恋愛失敗&報復エピソード

大人の恋愛は、純粋な感情があれば上手くいくわけではありません。中には大きなトラブルに発展して、裁判沙汰になってしまうことも…?! 婚活女子を狙った巧妙な手口もあるようです。今回は、弁護士 齋藤健博さんの元にきた相談の中から、印象に残っている恋愛にまつわる恐ろしいエピソードを教えてもらいました…!


もしかして遊ばれてた…?! 都合のいい女で終わってしまう女性の特徴

もしかして遊ばれてた…?! 都合のいい女で終わってしまう女性の特徴

好きな人に都合よく扱われて、落ち込む女性も多いのでは? 今回は、都合のいい女で終わってしまう女性の特徴と、遊ばれないようにするための効果的な方法をご紹介。辛くて切ない、苦しむだけの恋愛とはさよなら。真剣交際に発展するための恋愛術を学んでいきましょう。


婚活したいのに相手が見つからない…! 恋愛迷子になりがちな女性の特徴

婚活したいのに相手が見つからない…! 恋愛迷子になりがちな女性の特徴

素敵な出会いが欲しいと思っていても、なかなか良い相手と巡り会えないと悩むことってありますよね。恋愛していない期間が続いてしまうと、どうやったら「良さげな男性」を見つければ良いのか、わからなくなってしまうことも。問題があるのは、相手ではなくてもしかしたら自分かも…!? 今回は恋愛迷子になりがちな女性の特徴を紹介。


最新の投稿


用途に合わせて使い分け!まだ手に入れてない人に贈るエコバックの選び方

用途に合わせて使い分け!まだ手に入れてない人に贈るエコバックの選び方

レジ袋有料化に伴って、買い物の際に必要不可欠なアイテムとなった「エコバッグ」。手に入れようと探してみても、意外と機能性の幅が広く、どれを使えばいいのか悩んでいる人も多いのでは? そこで今回は、用途別にどんなエコバックを使えばいいのかご紹介します。


コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナの影響で半日休業になった社員さんから、こんな相談が届きました。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はフュービック 岩井 恵莉子さんです。


【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、「妊活」需要の変化について考えていきます。


仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

転職活動を始めたはいいものの、思うように進まない…なんて悩みに直面した方も多いのではないでしょうか? 自分が思ったように物事が進まないと、ついやる気も失せてしまいます。けれど、転職活動がうまくいかないときにも必ず理由があるもの。キャリアアドバイザーが転職活動が思うように進まない時の対処をお教えします。


RANKING


>>総合人気ランキング