結婚できる・できない? 「戦略的婚活」を成功させる人・失敗する人の違い

結婚できる・できない? 「戦略的婚活」を成功させる人・失敗する人の違い

街コンイベントやアプリなど、今は出会いを探そうと思えばいくらでも出会いが見つかる時代。「結婚したい」と思っている女性が、そういったサービスを利用することも頻繁になってきました。では、戦略的に婚活を成功させられる人と、失敗してしまう人の違いはどういったところにあるのでしょう? ポイントを3つに絞って解説していきます。


街コンや地域のイベントなどでも活性になっている「婚活」。とあるアンケートで婚活がうまくいった人、失敗した人の割合はだいたい半々だったそうです。では、婚活がうまくいく人といかない人の違いは一体どこにあるのでしょうか?

出会いがあっても、恋愛に発展しないという悩みをお持ちの方のために、婚活が成功する・失敗する人の違いを3つのポイントに要約し、わかりやすく解説していきます。これを読めば婚活がうまくいく可能性もグンとアップ。是非意識してみてください。

①焦りのあまり“次に付き合う人と結婚する”という気持ちが強すぎる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ある程度の年齢になると、皆さん「結婚」を意識しますよね? しかし結婚を意識しすぎるがあまり「次に付き合う男性と結婚するんだ」と思いすぎると失敗する傾向があります。

“次に付き合う人と結婚する”となると当然、
「年収はどのくらいなのか」
「プライベートではどんな生活をしているのか」
「結婚願望はどのくらいあるのか」
などと、詮索しすぎてしまうことがあるはずです。その結果、慎重になりすぎて結婚相手にふさわしい男性を決められず、結婚どころか交際にすら発展しない……なんてことになりがち。

その空気感を男性が察知して「この子、なんだか面倒な子だな」と感じてしまう可能性も大いにあります。以前にも紹介しましたが、男性は結婚という責任を取りたがらない傾向にあるのです。

婚活女子必見! 男性が恋人に求めるもの、結婚相手に求めるものの違い

https://cinq.style/articles/2045

恋愛と結婚が結びつくのが女性であれば、恋愛と結婚は別物だと分けて考えるのが男性。恋人に求めるものと結婚相手に求めるものは、それぞれ何が違う? 恋愛メンタリストsatoshiが解説します。

「結婚前提の真剣なお付き合い」は立派なことですが、結婚を意識しすぎて時間をかけたり、相手を見定めていると男性から煙たがられるのがオチ。せっかく時間を使って婚活をしているなら「良い人だな」と感じた時点でデートに行きましょう。その方が、よほど良い人と結婚できる確率が上がります。

そして“焦らない”ことです。感情で物事を判断しがちなのが女性です。焦ると人間のマイナスなところ(多少時間にルーズなど)がとてつもなくだらしなく感じてしまい、「この人は無いな」と判断してしまうことが多くなります。

普段なら許せる範囲内でも焦っているがあまり、イライラしてしまう。その空気感がせっかくの婚活を失敗に導いている可能性は高いでしょう。

逆に婚活がうまくいっている人は結婚という結果に焦らず、「とりあえず良さそうな相手とは積極的にデートや交際する」というフットワークの軽さを持っています。
そもそも運命の人と出会えるのは確率です。積極的な人と、相手を詮索しすぎてチャンスを逃す人。どちらの方が確率が高いかはいうまでもないでしょう。

②そもそも理想条件が高い

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

これもあるあるなのですが、「年収500万以上」「安定した仕事に就いている」「旦那、夫の役割をしっかりとこなせる人」など、女性が“結婚相手に求める条件”があると思います。
しかし、いったんこの条件は捨てましょう。

今の時代は「共働き」が主流です。もちろんあなたが専業主婦になりたい、という希望があるのならば応援はしますが、結婚後も共働きを希望する女性も増えているのがリアルです。専業主婦になるという目標がある場合は、なかなかのスペックを持ち合わせた男性と出会わないと厳しいかもしれません。

子供が1人いて、家族がお金に不自由なく生活できる総年収(夫婦の年収)が800万以上だと仮定します。一方30代サラリーマンの平均年収は、450万ほど。これだけの差があるのです。

安定した仕事とはそもそも何でしょうか?
今の時代、国家公務員くらいしか本当に安定したといえる仕事は無いと思います。

働き方改革で社員の勤務時間が減るのは良いことですが、今までの仕事の流れを変えずに社員の勤務時間だけ減らせば企業の利益は減る可能性が上がります。そして、経営が厳しくなる→倒産
ということもありえます。

「えー? とはいえ、そんなことないでしょ?」と思う方もいるでしょう。けれど、今現在日本トップクラスである某電気メーカーは経営困難でなんと約7,000人のリストラを打ち出しています。

理想を掲げて婚活するのは否定しませんが、もしかしたら今は、そういう時代ではないのかもしれません。相手に求める条件を考える前に自分自身の人生設計を考え、それに沿ってアクションを起こす必要があります。

③これは厳禁! 意外な原因は「趣味」にあり?!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

最後のポイントはこれ!
「趣味が意識高い系」。これ、結構禁物だったりします。

例えば、「エステ通い」。
「週に1回はエステに行って全身をキレイにしてるの」というようなもの。もちろんいつまでも美しくいるための努力は素晴らしいですが、それを男性に言ってしまうと「結婚したら金がかかりそうだな」と思われてしまうかもしれません。

さらに海外旅行など。知らなかった文化に触れ、ご自身の価値観を広げる……なんて素晴らしいでしょう! がしかし、それなりに収入があってアクティブな人なら問題ありませんが、一般の男性に対してならアピールしない方が吉。
何度も繰り返しますが、男性は結婚においてはとことん責任を取りたがらないもの。奥さんを養うお金と、趣味を満たしてあげられる出費が増えるということを考えただけで、荷が重いと判断されるでしょう。本気で結婚を考えているのであれば「意識高い系趣味」を辞めるとまでは言いませんが、レベルを落とす必要はあると思います。

結婚という儀式は一通り、結婚生活は十人十色

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

さぁ、いかがでしたか。一昔前よりも確かに結婚のハードルは男女共に上がっています。お互いがリスクばかりに目が行き、その先にあるであろう幸せに気付かない。
晩婚化が進み、さらには子供を産むリスクまで増える……。確かにその通りなのですが、幸せなんて価値観は人それぞれ。「結婚」という“儀式”は一通りですが、「結婚生活」は十人十色です。相手を条件なんてもので計らず、1度きりの人生なのだから自分の人生設計に沿ったパートナーを探してみてください。

この記事のライター

恋愛メンタリストsatoshiです。
一般の恋愛の心理テクニックやディープな恋愛テクニックなどを紹介。

関連するキーワード


婚活 出会い 結婚

関連する投稿


結婚相手選びに活かしたい!「恋愛色彩理論」について

結婚相手選びに活かしたい!「恋愛色彩理論」について

今回も、実際に頂いたリクエストに基づきまして、「結婚相手の選び方」について考えてみたいと思います。様々な考え方がありますが、今回はジョン・アラン・リーの提唱する「恋愛色彩理論」をもとに、ご自身と相性の良い恋愛体質の方、そして、結婚に結び付きやすい恋愛体質のパートナーについて考えてみたいと思います。


婚活難民になる前に! 「理想」の見直しが必要な理由

婚活難民になる前に! 「理想」の見直しが必要な理由

パートナーへの“理想”が高過ぎるとお相手選びが難しくなるし、“理想”が明確でなければ交際が進んだ後に後悔することになることも……。 闇雲に就活しても満足にいく結果が出にくいように、婚活においても、まずは「結婚相手に求めるもの」を予め整理しておくことが大切です。


ハイスペック男子との結婚を望むなら! 知っておきたい婚活市場の真実

ハイスペック男子との結婚を望むなら! 知っておきたい婚活市場の真実

景気が低迷し男性の平均年収も下がった現代では、結婚相手に三平(平均的年収・平凡な外見・平穏な性格)を求める女性が増えたと言われています。  しかしながら、実際は婚活市場において未だに根強い人気があるハイスペック男子。   本コラムでは、婚活女子なら知っておくべき「ハイスペック男子をとりまく環境」について紐解きます。


「本当に彼と結婚していいのかな?」マリッジブルーになったなら……

「本当に彼と結婚していいのかな?」マリッジブルーになったなら……

彼との結婚が決まり、世界が薔薇色に見えるのも束の間。 しばらくすると、これまで気にならなかったことが気になりだしたり、急に気持ちが沈んだり……。結婚を目前にした女性の気持ちは、複雑に変化しがちです。 今回は、もしかしてマリッジブルー!? と思ったときに立ち止まることが出来るよう、コラムにまとめました。


彼との結婚が想像できないのに付き合っている。これって、おかしいこと?

彼との結婚が想像できないのに付き合っている。これって、おかしいこと?

彼との結婚が想像できないのに、付き合っている自分。自分に対してモヤモヤする毎日。彼のことが嫌いになったから?それとも原因は別にある!?


最新の投稿


絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

仕事をする上で、上司や先輩というのは、困った時に相談をすることもできるし、いざという時に頼りなるような頼もしい存在です。「格好良いな」「この人みたいになりたいな」と憧れることもあるでしょう。けれども中には幻滅してしまうような、先輩も居るのが現実。思わず幻滅してしまう先輩の言動をチェックしていきましょう。


男性からお誘いがあると安心する…。自己肯定感が低い女性が意識したいこと

男性からお誘いがあると安心する…。自己肯定感が低い女性が意識したいこと

異性から好意を寄せられることに対して、嬉しいと思わない人は居ませんよね。それが自分でも「ちょっといいな」と思える相手からなら尚更。けれど、それで浮かれるのはちょっと待って。その好意って本当に下心じゃない…?


自分らしさってなんだろう?いつもの私に戻るための3つの切り替えスイッチ

自分らしさってなんだろう?いつもの私に戻るための3つの切り替えスイッチ

自分らしさって? 必死に考えているつもりだけど、なかなか答えにたどり着かない……。いつもよりモヤモヤしても、不安がらなくて大丈夫。少しずつ、いつもの私へと調子を戻しておきましょう。


名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

「働く」ということに対しての意識が変わりつつある昨今。多種多様な働き方が認められ、生かされ、根付いている。名刺は1枚じゃなくていい、型に捉われなくてもいい。自分自身の可能性に気づいてほしい、働き方の考え。


知っておくと便利!コンビニにある意外なサービスたち

知っておくと便利!コンビニにある意外なサービスたち

私たちの日常にかかせないコンビニエンスストア。お買い物以外にも便利なサービスを展開していますが、まだまだ知られていないものもたくさんありそう。知っておくと便利なコンビニにある意外なサービスをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング