仕事を効率的にするには適度な休憩を! 職場でできるプチリフレッシュ法

仕事を効率的にするには適度な休憩を! 職場でできるプチリフレッシュ法

お昼休憩をしたといえど、人間の集中力はそんなに続かないもの。仕事合間の息抜きには、集中力を高め、仕事や勉強の生産性を上げる効果があります。だからこそ適度におやすみを取ることが大切。体のためにも、生産性アップのためにも「疲れたな~」と思ったときに実践したい、プチリフレッシュ法を覚えておきましょう。


お昼休憩をしたと言えど、人間の集中力はそんなに続かないもの。仕事合間の息抜きには、集中力を高め、仕事や勉強の生産性を上げる効果がありますので、適度におやすみを取ることが大切です。あまり休んでいないと、日に日に疲れが蓄積されていき、片頭痛などの体の不調や痛みになって出てきてしまう、なんてことも……!

体のためにも、生産性アップのためにも、疲れを実感したときに実践したい、プチリフレッシュ法を覚えておきましょう。

コーヒーやお菓子を食べる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

3時のおやつは、子どもだけではなく大人にとっても必要だと言われており、女性管理職率がトップレベルのスウェーデンでは必ずおやつ休憩をする時間があるのだとか。

パソコン作業は脳をどれだけ働かせるかが重要なので、甘い物はそれを手助けしてくれる食べ物なのです。疲れた時に甘い物を食べたいなと思うのは、脳が栄養を求めている証拠。チョコレートやグミなどで脳を活性化させ、眠気冷ましのコーヒーをのんでリフレッシュしましょう。

体を動かす

散歩など、体を動かすことも効果的なリフレッシュです。
できれば外に出て散歩するのが一番ですが、それが難しい場合は椅子から立ち上がり、思いっきり伸びをしたり屈伸したりするだけでもずいぶん違います。ビルから見える景色を眺めながらであれば目も休めるのでオススメです。

座りっぱなしは健康にもよくないので、意識的に時間をみはからって体を動かすようにしましょう。

凝り固まった肩と二の腕をオフィスで解消! イスヨガ簡単リフレッシュ2

https://cinq.style/articles/1973

毎日のデスクワークで気づいたら身体がバキバキ……! 慢性的な肩こりに悩まされている働き女子も多いのではないでしょうか?そんなお疲れのあなたに、イスがひとつあれば簡単にできる「イスヨガ」をヨガ&ボディメイクインストラクターのReiが伝授! 肩こりに追加して二の腕の引き締めとPMSに効くストレッチです。

音楽を聴く

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

音楽を聴いて気持ちを切り替えるのも良いでしょう。リラックスしたいときにおすすめなのがスローテンポのゆったりとした曲です。

心地良い音楽は、脈拍数と心拍数を平常値に戻したり、血圧を下げたり、ストレスホルモンを減少させたりと、体を落ち着かせてくれる効果があります。疲れたときに聞くためのとっておきのプレイリストを作ってみてはいかがでしょうか? カフェで聴くような音楽をBGMにすることで、作業も捗るかもしれません。

お気に入りの写真・動画をみる

恋人やペット、好きなアイドルや芸能人の画像、動物の可愛い動画など何でも良いので自分のお切り入りのものを見ましょう。適度に目が覚めて前向きな気分になれます。

ただ注意したいのが長い時間見ないことです。「もっと見たい、ずっと見ていたい」という、細かい部分に集中する心理状態が生まれ、それがしばらく続いてしまうので別の課題や作業をするときに影響してしまうことがあるのだとか。

何も考えず、無心になる

考えがまとまらない、いいアイデアが出ないときは、いったん仕事の手をとめ、一時的に仕事の情報が入らないようにしてみましょう。

無理矢理に「何も考えないようにしよう」と努力しても、なかなか無心にはなりづらいもの。携帯を少し遠くに置いてみたり、肩の力を抜いて大きく深呼吸する…そんな「たった10秒」を、1日の中で数回持つだけでOK。隙間時間を見つけて、脱力上手になりましょう。

プチリフレッシュで残りのお仕事もがんばろう!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

職場によっては、仕事中になかなか休憩や息抜きがしにくいこともあるかもしれません。けれど、息抜きを適度にとって体と頭を休ませることは、次の仕事の原動力になります。こまめに取るように意識しましょう。その際は、周りの人の仕事の邪魔にならない方法で行うことが必要です。

時間を上手く利用して、疲れやストレスを溜め込まず上手に付き合っていくことで、仕事の効率やモチベーションを保つことにもつながります。今回ご紹介したリフレッシュ法を参考にしてくださいね。




この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


オフィス 疲れ

関連する投稿


無自覚・人に言えない人は要注意!自分の心の変化とストレスの関係って?

無自覚・人に言えない人は要注意!自分の心の変化とストレスの関係って?

自分のストレスに対して、気づけていない人が多い現代。 気づいていないからこそ、人に言うことでストレスを発散できずにいる場合もあります。そこで自分の心の変化に気づけるようになるための練習法をご紹介します。


情緒不安定になりたくない! 浮き沈みが激しい人が精神を安定させる秘訣

情緒不安定になりたくない! 浮き沈みが激しい人が精神を安定させる秘訣

仕事や恋愛、ホルモンバランスの崩れによって浮き沈みが激しくなる日ってありますよね。情緒不安定になればなるほど疲れるのは自分なのに、精神的に不安定な毎日が続いている。そんな人が精神を安定させるためにはどうすれば良いのでしょうか? メンタリストsatoshiが、精神を安定させる秘訣について紹介します。


上司や取引先の人と鉢合わせした時は? 意外と知らないエレベーターマナー

上司や取引先の人と鉢合わせした時は? 意外と知らないエレベーターマナー

会社の出入りで利用するエレベーター。みなさんきっと、毎日使っているかと思いますが、そこで気になるのがマナーです。上司や取引先の人と鉢合わせした時、皆さんならどのようにしていますか? 上司や取引相手に失礼な印象を与えないように、この機会にチェックしていきましょう。


その「疲れ」の原因は何? ストレスを感じる5つのパターンとその解消法

その「疲れ」の原因は何? ストレスを感じる5つのパターンとその解消法

毎日忙しく働く現代人。疲れを日常的に感じている方も多いことでしょう。単純に仕事量が多いことに疲れを感じているのか、それとも精神的なストレスが私たちの心を疲れさせているのか、それとも原因はもっと違うところにあるのか……。私たちがストレスを感じている原因はさまざま。ストレスのパターンと対処法について考えていきましょう。


その行為、「騒音」だと思われている!? 意外と知られていない音のマナー

その行為、「騒音」だと思われている!? 意外と知られていない音のマナー

怒っているワケでもないのに、やたらとオフィス内で音を立てて、周囲に不快な思いをさせていませんか? 自分が立てる音には気がつかなくても、他人はとても気になっています。そんな行為だからこそ、自分もやっていないか、今この機会に見直してみましょう。


最新の投稿


思い切ったジョブチェンジ!異業種への転職を成功させる正しい転職活動とは

思い切ったジョブチェンジ!異業種への転職を成功させる正しい転職活動とは

実は今とは違う仕事をしてみたい…。異業種・未経験の仕事への転職に、二の足を踏んでいる方にオススメする成功率UPする転職活動法をご紹介!


プレゼンの資料作りを頼まれた! 資料作りのコツとポイントは?

プレゼンの資料作りを頼まれた! 資料作りのコツとポイントは?

プレゼン用の資料を頼まれたとき……いきなりPCを開いて構想を練りながら資料作りに取り掛かっていませんか? 人に見せて説明するための資料は、デザインより文章の内容より、まずは「伝わる」ことが大切です。時間を無駄にすることのないよう、伝わる資料作りについて紹介します。


仕事がたまりすぎてパンク寸前! 忙しい人が実践すべき5つのステップ

仕事がたまりすぎてパンク寸前! 忙しい人が実践すべき5つのステップ

仕事がたくさん溜まっていると、アレもコレもとつい焦ってしまいますよね。焦ってパニック寸前になりそうな気持ちはわかるけれど、そこはグッとこらえて。忙しいからこそ、実践していきたいステップについて考えていきたいと思います。


【仕事と生活を変える小さなライフハック!】家事はルーティン化で手間を減らして

【仕事と生活を変える小さなライフハック!】家事はルーティン化で手間を減らして

仕事が忙しすぎて、部屋どんどん汚くなってしまう…。働く女性の悩みといえば、仕事と家事の両立。家事に手を抜いているとなんだか罪悪感すら湧いてしまう…。そんなあなたにちょっとしたライフハックを提案。


イチナナキログラム 野津彩花さんが複数ある仕事をこなすための5つのルールとは

イチナナキログラム 野津彩花さんが複数ある仕事をこなすための5つのルールとは

株式会社イチナナキログラムに入社してから2ヶ月というスピードで、ブランドオーナーになり、新規ブランドの立ち上げや全体の統括など幅広い業務をこなしている野津彩花さん。そんな彼女が、数ある仕事こなすために意識している5つのルールとは?


RANKING


>>総合人気ランキング