第一印象は一瞬で決まる! 好印象な「見た目」の作り方

第一印象は一瞬で決まる! 好印象な「見た目」の作り方

人の第一印象は一瞬で決まるといわれています。この第一印象は時に厄介なもので、「この人は頼りにならなさそう」や「この人はやる気がなさそう」などネガティブな印象を与えてしまうと、それを覆すのは至難の技。そうならないためにも、好印象な「見た目」とはどんなものなのか? 知っておきましょう。


「見た目」の印象が悪いと、リカバリーが難しい

初めて会う人の第一印象は一瞬で決まるといわれています。
心理学で有名な「メラビアンの法則」では、表情が6割、話し方が3割、話す内容が1割という割合で、人を判断されるということが分かっています。つまり、初対面で好印象を与えるためには、見た目や仕草がとても大事な要素となるということなのです。

この第一印象は時に厄介なもので「この人は頼りにならなさそう」や「この人はやる気がなさそう」などネガティブな印象を与えてしまうと、それを覆すのは簡単ではありません。例え、次に会った時に挽回しようと思ってトーク力に力を入れたとしても、第一印象のせいで失敗してしまう可能性が高くなってしまうのです。もちろん仕事にもコミュニケーションは必須であるため、仕事でのミスも多くなってしまいます。

そうならないためにも、好印象な「見た目」とはどんなものなのかを知っておきましょう。

歩き方は感情を表す

下を向いて猫背で歩いている人がいたとしたら、ちょっと落ち込んでいるのかな? という印象を受けませんか。姿勢良く胸を張って歩いていたら明るい印象にみえるように、歩き方はその人の感情を表しているといえます。第一印象を良くするには、歩き方も気を付けなくてはいけません。

15mぐらい離れた距離でも、人の歩き方はわかります。まだ会話が始まっていないからと油断は禁物。ポイントは胸を張るより肩甲骨を寄せるイメージを作ること。肩に力は入れず、アゴは正面をまっすぐ見つめ、天井に向かって高く吊り上げられているように背筋を伸ばしましょう。

また歩き方も図のようにいくつかのポイントがあります。最初は難しいかも知れませんが、意識して歩くことが大切です。窓や鏡があったら、自分がどんな歩き方をしているのか、チェックするようにしましょう。

ミス・ユニバース直伝、美しい歩き方をつくるウォーキングレッスン

https://cinq.style/articles/13

普段歩くときにあなたは姿勢を気にしていますか? 前かがみになっていませんか? よくばり女子のみなさまにミス・ユニバース直伝、美しく歩くためのウォーキングレッスンを紹介します。

パーソナルスペースを意識して

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

挨拶や名刺交換の際に気を付けたいのが相手との距離感の取り方です。人には「パーソナルスペース」という“他人に近かれると不快に感じる空間”があります。あまり親しくない間柄の人が、自分のスペースにズカズカと遠慮なく入ってくることに抵抗感を抱きます。

距離感は国によって異なり、初対面の人の場合は男性は108cm、女性は118cmが適切だといわれています。この数値はあくまで平均なので、作家など一人で行う職業の人のパーソナルスペースはこの目安よりも広いと言われていています。距離感が近いと相手は身体を引いたり、距離を取ろうとする動作をとるでしょう。その時は自分が一歩引いて、距離を調整してください。

話の内容に合わせて表情の変化を

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

笑顔で挨拶するのはもちろんのことですが、会話が始まってからも大切なのは「表情」です。

基本は笑顔でいることですが、相手が悲しい話をしているのであれば、同じように悲しい表情をするなど、相手の表情や感情に合わせるようにしましょう。その時に心掛けたいのが、相手の発言に合わせながら驚いたり、笑ったりと表情を豊かに変えることです。そうすることで相手は「この人は私の話をちゃんときいている」と好感度が上がり、もっと話してくれるようになります。

信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

https://cinq.style/articles/2097

仕事でもプライベートでも、人との繋がりは必要不可欠。「人間関係」というものは、自然と形成されていくものです。とはいえ、コミュニケーションは十人十色。中でも「この人は合わないな」と思う人との出会いは誰しもが経験したことがはずです。今回は心理学で用いられる信頼関係(ラポール)を作るための要素を学びましょう。

簡単なことの積み重ねを忘れずに

コミュニケーション力ももちろん大切ですが、初対面の人とはまず「見た目」を優先して好印象を作りましょう。「歩き方」や「表情」など、その一つ一つは、簡単なことの積み重ねです。そしてどれも、短期間で効果が出ることばかり。

第一印象を良くするテクニックは、ビジネスの場においても、プライベートににおいても身につけておきたいものです。印象が悪く損をしないためにも、これらのテクニックをうまく活用していきましょう!

この記事のライター

関連するキーワード


印象 コミュニケーション

関連する投稿


こんな話し方は信用をなくす! ビジネスシーンでのNG表現

こんな話し方は信用をなくす! ビジネスシーンでのNG表現

ビジネスシーン欠かせない「信頼」。これを勝ち取るためにもっとも大切なものが説得力です。頼りない、胡散臭い、こんなマイナス印象がついてしまうと、なかなか物事をスムーズに進めることができません。では、どんな表現に気をつければいいのでしょうか? 今回はビジネスシーンでのNG表現についてお話します。


コミュニケーションを円滑に! 「共感力」を高める6つのテクニック

コミュニケーションを円滑に! 「共感力」を高める6つのテクニック

人とのやり取りにコミュニケーション能力はかかせないもの。「共感力」を高めれば、日常がもっと楽しくなる。


面接時にも使える! 初対面の相手に好印象を与える身だしなみチェックリスト

面接時にも使える! 初対面の相手に好印象を与える身だしなみチェックリスト

初めて顔を合わせる場では、相手から好印象を持たれたいと思うもの。面接でも、仕事での打ち合わせでも、友人の紹介で人と会うときでもそれは同じです。身だしなみは好印象を与えるための、基本の「キ」! チェックリストを作って、キチンと感を作っていきましょう。


春の香りをまとって!働く女性にぴったりの華やかフレグランス

春の香りをまとって!働く女性にぴったりの華やかフレグランス

草花が色めき外出がいっそう楽しく感じるこの季節。洋服を選ぶのにも、ドキドキとワクワクを感じる機会が増えてくるでしょう。そんな衣替えの季節には、洋服だけでなく香りも変えるのがオススメ。働く女性にもオススメな好感度アップの春フレグランスをチェックして。


信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

仕事でもプライベートでも、人との繋がりは必要不可欠。「人間関係」というものは、自然と形成されていくものです。とはいえ、コミュニケーションは十人十色。中でも「この人は合わないな」と思う人との出会いは誰しもが経験したことがはずです。今回は心理学で用いられる信頼関係(ラポール)を作るための要素を学びましょう。


最新の投稿


その手があったか!彼氏と喧嘩した時のうまい仲直り方法

その手があったか!彼氏と喧嘩した時のうまい仲直り方法

彼氏との喧嘩。とっても気まずいし、早く仲直りしたい。けどうまい対処が出来ず、また喧嘩……そんなことってありますよね? どうしたら彼氏と喧嘩したときにすっと仲直り出来るのか。恋愛メンタリストがうまい仲直り方法について解説します。これをマスターしておけばもう彼氏との喧嘩も怖くないし、繰り返さない!


上をみればみるほど息ができなくなる。今の自分をありのままに認めてあげる方法

上をみればみるほど息ができなくなる。今の自分をありのままに認めてあげる方法

どんなに働いても、仕事ができる人はたくさんいる。自分以上に夢を叶えられている人も、数えきれないほど。上を見上げすぎても、苦しさの原因に。ありのままの自分を、愛しませんか?


スカウトメールはどうして送られてくる? 準備不足で転職サイトに登録する危険性

スカウトメールはどうして送られてくる? 準備不足で転職サイトに登録する危険性

転職を考えた時に、もっとも魅力的に見えるのが「転職サイトへの登録」でしょう。一度登録しておけば、自分の条件にあった会社からスカウトのメールが自動的に送られてくる……こんな勘違いをしていませんか? キャリアアドバイザーAさんに、転職サイトにやみくもに登録する危険性について、お伺いしました。


【#もちこのパンイチ 15】ベーコンとフルーツを組み合わせた食パンアレンジ

【#もちこのパンイチ 15】ベーコンとフルーツを組み合わせた食パンアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ企画。今回はベーコン×フルーツのパンイチです。 少し意外な組み合わせかと思いますが、甘塩っぱい味は病みつきになること間違いなし!


「上に乗って?」に苦手意識。騎乗位が好きになる3つのコツ|真っ赤な濡れオンナ#93

「上に乗って?」に苦手意識。騎乗位が好きになる3つのコツ|真っ赤な濡れオンナ#93

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第93回目は、騎乗位がうまくできない女性に向けたノウハウです。


RANKING


>>総合人気ランキング