第一印象は一瞬で決まる! 好印象な「見た目」の作り方

第一印象は一瞬で決まる! 好印象な「見た目」の作り方

人の第一印象は一瞬で決まるといわれています。この第一印象は時に厄介なもので、「この人は頼りにならなさそう」や「この人はやる気がなさそう」などネガティブな印象を与えてしまうと、それを覆すのは至難の技。そうならないためにも、好印象な「見た目」とはどんなものなのか? 知っておきましょう。


「見た目」の印象が悪いと、リカバリーが難しい

初めて会う人の第一印象は一瞬で決まるといわれています。
心理学で有名な「メラビアンの法則」では、表情が6割、話し方が3割、話す内容が1割という割合で、人を判断されるということが分かっています。つまり、初対面で好印象を与えるためには、見た目や仕草がとても大事な要素となるということなのです。

この第一印象は時に厄介なもので「この人は頼りにならなさそう」や「この人はやる気がなさそう」などネガティブな印象を与えてしまうと、それを覆すのは簡単ではありません。例え、次に会った時に挽回しようと思ってトーク力に力を入れたとしても、第一印象のせいで失敗してしまう可能性が高くなってしまうのです。もちろん仕事にもコミュニケーションは必須であるため、仕事でのミスも多くなってしまいます。

そうならないためにも、好印象な「見た目」とはどんなものなのかを知っておきましょう。

歩き方は感情を表す

下を向いて猫背で歩いている人がいたとしたら、ちょっと落ち込んでいるのかな? という印象を受けませんか。姿勢良く胸を張って歩いていたら明るい印象にみえるように、歩き方はその人の感情を表しているといえます。第一印象を良くするには、歩き方も気を付けなくてはいけません。

15mぐらい離れた距離でも、人の歩き方はわかります。まだ会話が始まっていないからと油断は禁物。ポイントは胸を張るより肩甲骨を寄せるイメージを作ること。肩に力は入れず、アゴは正面をまっすぐ見つめ、天井に向かって高く吊り上げられているように背筋を伸ばしましょう。

また歩き方も図のようにいくつかのポイントがあります。最初は難しいかも知れませんが、意識して歩くことが大切です。窓や鏡があったら、自分がどんな歩き方をしているのか、チェックするようにしましょう。

ミス・ユニバース直伝、美しい歩き方をつくるウォーキングレッスン

https://cinq.style/articles/13

普段歩くときにあなたは姿勢を気にしていますか? 前かがみになっていませんか? よくばり女子のみなさまにミス・ユニバース直伝、美しく歩くためのウォーキングレッスンを紹介します。

パーソナルスペースを意識して

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

挨拶や名刺交換の際に気を付けたいのが相手との距離感の取り方です。人には「パーソナルスペース」という“他人に近かれると不快に感じる空間”があります。あまり親しくない間柄の人が、自分のスペースにズカズカと遠慮なく入ってくることに抵抗感を抱きます。

距離感は国によって異なり、初対面の人の場合は男性は108cm、女性は118cmが適切だといわれています。この数値はあくまで平均なので、作家など一人で行う職業の人のパーソナルスペースはこの目安よりも広いと言われていています。距離感が近いと相手は身体を引いたり、距離を取ろうとする動作をとるでしょう。その時は自分が一歩引いて、距離を調整してください。

話の内容に合わせて表情の変化を

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

笑顔で挨拶するのはもちろんのことですが、会話が始まってからも大切なのは「表情」です。

基本は笑顔でいることですが、相手が悲しい話をしているのであれば、同じように悲しい表情をするなど、相手の表情や感情に合わせるようにしましょう。その時に心掛けたいのが、相手の発言に合わせながら驚いたり、笑ったりと表情を豊かに変えることです。そうすることで相手は「この人は私の話をちゃんときいている」と好感度が上がり、もっと話してくれるようになります。

信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

https://cinq.style/articles/2097

仕事でもプライベートでも、人との繋がりは必要不可欠。「人間関係」というものは、自然と形成されていくものです。とはいえ、コミュニケーションは十人十色。中でも「この人は合わないな」と思う人との出会いは誰しもが経験したことがはずです。今回は心理学で用いられる信頼関係(ラポール)を作るための要素を学びましょう。

簡単なことの積み重ねを忘れずに

コミュニケーション力ももちろん大切ですが、初対面の人とはまず「見た目」を優先して好印象を作りましょう。「歩き方」や「表情」など、その一つ一つは、簡単なことの積み重ねです。そしてどれも、短期間で効果が出ることばかり。

第一印象を良くするテクニックは、ビジネスの場においても、プライベートににおいても身につけておきたいものです。印象が悪く損をしないためにも、これらのテクニックをうまく活用していきましょう!

この記事のライター

関連するキーワード


印象 コミュニケーション

関連する投稿


SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第97回目は、SNSをやってよかったと思う時について考えます。


ココが違う…! 信用できる人がやっている3つの人間関係ポイント|MY WORK ヒント#95

ココが違う…! 信用できる人がやっている3つの人間関係ポイント|MY WORK ヒント#95

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第95回目は、信用度が上がる人間関係の作り方について考えます。


【上司のトリセツ】仕事での性格を4つに分けて円滑なコミュニケーションを

【上司のトリセツ】仕事での性格を4つに分けて円滑なコミュニケーションを

人は自分と似たタイプの人を「話しやすい」と認識し、自分と違う思考や行動をするタイプの人を「苦手」だと判断しがちです。けれど、仕事では「どんな人にでも対応できること」が求められます。相手の思考パターンを知って、それぞれにあった対処法を準備しておきましょう。


どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第94回目は、コミュニケーションのポイントを考えます。


即レス、固定時間、長文……etc. 仕事がうまくいくメッセージの使い方3つ |MY WORK ヒント#93

即レス、固定時間、長文……etc. 仕事がうまくいくメッセージの使い方3つ |MY WORK ヒント#93

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第93回目は、仕事で使うメッセージについてです。


最新の投稿


【働く女子のお疲れ救助メシ】栄養満点! 夏に食べたい時短レシピ集

【働く女子のお疲れ救助メシ】栄養満点! 夏に食べたい時短レシピ集

蒸し暑い季節は、まるで太陽に元気が吸い取られているかのように、体力を使います。少し歩くだけもヘトヘトに……。そんなお疲れな働き女子を救済するため、簡単に作れて栄養満点のレシピをご紹介! しっかり食べて、夏を乗り切りましょう!


やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第98回目は、時間をかけて行動したり工夫したりしたけれど、効果がなかった営業についてご紹介します。


彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

セックス中、彼にもっと喜んでもらいたいと思っていても、どうすればいいのかわからない……と悩むことはありませんか? おすすめなのが男性が「感じやすい」パーツを狙うことです。実は男女で感じやすいパーツは異なっています。今回は、男性が「感じやすい」体のパーツについてご紹介します。


【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

ジルスチュアートビューティ 2019 Fall Collection が8月2日に発売。今回は、新コレクションを使って、大人に似合うピンクメイクのポイントを3つお届けします。無理をせず、肩の力を抜いた自然なかわいらしさで、オトナ女子にもピッタリ。


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


RANKING


>>総合人気ランキング