15年間、心の病と向き合い続けているライターがおくる「心が弱いなりにも強く生きていく方法」

15年間、心の病と向き合い続けているライターがおくる「心が弱いなりにも強く生きていく方法」

心が弱いから、気づけることがある。今はつらくても、心の弱さがいつか個性になるから大丈夫♡


心が人よりも弱くても、それはいつか個性になる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

心が人よりも軟弱。どれだけ鍛えようと努力をしても、今すぐに劇的に変われるわけではない……。

話しは少しそれますが、筆者は14歳で不登校を経験しました。そして同時に「適応障害」と診断されました。あれから15年以上が過ぎようとしていますが、心が弱いことも、いつかはひとつの個性になると実感しています。

メンタルが弱いからこそ、気づけることが、この世界にはたくさんあります。窓から吹いてくる風が春ではなく初夏の空気を含んでいること。空に向かってまっすぐに咲いている道端のたんぽぽ。心が弱かったり、人よりもどこか繊細だったりしなければ、すべて気づけないことだと筆者は考えています。

今回は「心が弱いなりにも強く生きていく方法」をご紹介します。

「がんばれ」ではなく「無理しないでね」と言ってくれる人を大切にする

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

心が弱ってしまったとき、一番つらい言葉は、もしかしたら「がんばれ」「もうちょっと、がんばりなよ」という言葉かもしれません。

うつ病の患者に対して「がんばりなさい」と言うのは無責任と、どこかで聞いた覚えがありますが、まさにその通りで、病気まで達していなくても、悩んでいる人に対して「がんばれ」と声をかけるのは、少し無責任だと感じてきました。

心が弱いなりにも強く生きていくためには、なにより支えてくれる人をみつけなくてはいけません。人数を多くする必要はなく、深く理解してくれる人と出会う方が最優先。

良き理解者がいれば、つらい時期も乗り越えられます。できれば「がんばれ」ではなく「無理しないでね」と優しく声をかけてくれる人とのご縁をひとつひとつ大切にした方が、心強い応援団を形づくることができるでしょう。

連続的に体調不良が起きる自分を責めすぎない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

適応障害も含め、ストレス過多になると精神的な症状だけにとどまらず、身体的な症状まであらわれるようになります。たとえば筆者の場合は、ある程度の段階まで達すると過呼吸になりやすいという特徴があります。

最初は「もう無理!」と思いながら泣いていたはずなのに、少しずつ呼吸が浅くなってしまうのです。おそらく医学的にみれば、適応障害だけではなくパニック障害も、いくつか症状とし出ているときがあるでしょう。

いつも突然、体調不良が起きるため完璧には防げません。人よりも体調管理を徹底していても心が悲鳴をあげれば、身体はすぐに緊急的なサインをだします。体調不良があらわれるたびに心の弱さ、あるいは体力のなさにがっかりしたくなりますが、そんな自分も自分なのです。責めたところで、すぐに心の筋力がつくわけではありません。

体調不良が起きてしまったら、的確に対処すること。「もっと強くならなきゃ」なんて思わずに、そのときに最大限の努力をしていれば、道は続いていきます。

心の弱さに甘えず、努力をし続ける

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

心が弱いとはいえ、それをまるで権利のように振りかざし「私はこうですから、好きなように仕事をさせてください」と主張するのは少し違う、と筆者は考えています。

心の病ではない人も、なにかを抱えながら真剣に働いている以上、持病があっても努力はし続けるのが大前提です。たとえば筆者の場合は、体調管理を人の何倍も気をつけています。

夏以外は(暑くない季節)基本的に外出時にはマスクをつけるとか。打ち合わせが立て続けに入っているときは外食をしないとか。心の病をひとつ抱えているからこそ、体調不良にならないように誰よりも努力をするのは仕事のうちだと考えています。

あくまでも、心が弱いことに甘えない。けれど、体調不良が起きてしまう自分を責めすぎない。やるべきことはきちんとやりつつ、どうしても苦しいときは周囲に助けを求める。

常に心と身体の健康については真剣に考え、対策をとっていく。そうやって、小さな努力を積み重ねているうちに、人よりも弱かった心にもムキっと筋肉がつくようになるのです。

「完治」を意識しすぎない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

心の病というのは、もしかしたら病気というよりも「個性」と表現した方が、今の時代背景を考えると正しいのかもしれません。筆者は医者ではないため、医学的な見解ではありませんが、実際に生きてきた中でそう感じる瞬間が、たくさんあります。

不登校になってから15年。完治を目指しているわけではなく、あくまでも現状維持が長く続くように対策をとっています。

何事も完璧を目指しすぎるというのは、心の疲弊に繋がります。心が弱いなりにも強く生きていくなら、今の自分をいじめずに、むしろそんなことを思う時間があるなら、目の前のやるべきことをひとつでも多く進めてまいりましょう!

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連する投稿


働く女性におすすめ! モチベーションが下がったときの対処法

働く女性におすすめ! モチベーションが下がったときの対処法

働く女性は感情によって、モチベーションの上がり下がりは激しいもの。仕事や目標、ダイエットすらもモチベーションがなければ続けられません。そんな時にやっておきたい対処法についてご紹介していきます。


モチベーションが上向きに! 嬉しいこと記録するハッピーログとは?

モチベーションが上向きに! 嬉しいこと記録するハッピーログとは?

“アンガーマネジメント”は今注目を集めている自己マネジメント法の一つですが、その中でも怒りを抑えるための方法の一つに「ハッピーログ」というものがあるのはご存知ですか? 見逃しがちな小さな幸せを見つけ、モチベーションを上向きに変える嬉しい効果があります。今回はハッピーログのやり方についてご紹介します。


一人前ってどういうこと?大人の「自立」を意識した時に知っておきたいこと

一人前ってどういうこと?大人の「自立」を意識した時に知っておきたいこと

皆さんは「自立」とは一体どういうことなのか、考えたことがありますか? しっかりと仕事ができれば一人前? それとも一人暮らしができたらもう十分? 今回は大人と呼ばれる年齢になったからこそ知っておきたい「自立」について、ディズニープリンセスたちの話も交えて、考えていきたいと思います。


このまま一生ひとり? おひとり様の孤独な夜の乗り越え方

このまま一生ひとり? おひとり様の孤独な夜の乗り越え方

おひとり様にとって、夜はほんの少し孤独を感じる時間帯。日中には気にならないことを気にしたり、必要以上に不安がったりと大忙し。心が擦り減らないように、自分に優しくしてあげてくださいね。今回は、おひとり様の孤独な夜の乗り越え方をご紹介します。


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


最新の投稿


できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

何をやっても続かない。そんな自分に泣きたくなる夜もあるのでは?そろそろ、長く働ける居場所を見つけられるように準備をはじめてまいりましょう。


どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

出会いと別れを繰り返すことは分かっているけれど、できれば、ひとつひとつのご縁を大切にしながら生きていたいですよね。今回は、温かいご縁を紡いでいく3つの習慣をご紹介します。


意味のわからないメールでイラッ! 相手に伝わるメールの作り方

意味のわからないメールでイラッ! 相手に伝わるメールの作り方

「このメールは何を伝えたいのかわからない……」他人から送られてきたメールの意味が理解出来ず、イラっとした経験はありませんか? しかし、そんなわかづらいメールを自分でも送っている可能性があります。相手に伝わるメールのポイントを作り方を知っておきましょう。


なめらかツヤ感、メリハリフォルム。誰もが見惚れる美脚の作り方

なめらかツヤ感、メリハリフォルム。誰もが見惚れる美脚の作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「脚」について紹介します。


便利すぎてビックリ!働く女性にぴったりの最新・文具アイテム

便利すぎてビックリ!働く女性にぴったりの最新・文具アイテム

「使い勝手が悪い…」「こんな機能のあるアイテムが欲しい」。暮らしの中で「もっと」を求めてしまうことってよくありますよね。今回はCinq取材陣が、文具の最先端をいく『第30回 国際 文具・紙製品展 ISOT(イソット)』で発見した、最新の高機能アイテムをご紹介! これがあればあなたの生活が少し楽になるかも?!


RANKING


>>総合人気ランキング