【最終回】コツコツ続けるのが苦手…。 短期的な目標を味方につけて、習慣化する方法|MY WORK ヒント#100

【最終回】コツコツ続けるのが苦手…。 短期的な目標を味方につけて、習慣化する方法|MY WORK ヒント#100

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第100回目は、小さな習慣を味方につけて継続力を作るヒントを考えます。


あの時、辞めなければ……。

3週間では少ない!? 「習慣化」するためには3か月継続しよう|MY WORK ヒント#52

https://cinq.style/articles/1344

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第52回目は、新しいことを習慣化するまでの日数について考えます。

「継続は力なり」とはよく言ったもので、「それができるなら、苦労はしない!」とぼやきたくなるのが現実ではないでしょうか。

資料を取り寄せたけれど、実行せずに放置してしまったり、やろうやろうと思いながらも気づけば何年も経っていたりと、私も経験したことが幾度となくあります(笑)。

モチベーションを常に一定に保つことができたら、どれだけスキルを積み重ねることができるか。
自分の中にある「意欲」を引き出すことができれば、足が止まることなく進み続けられるでのはないか。

そんな悩みとぶつかりながら考えて答えを出したのが、以下の3つの記事です。

欲求段階を探ろう!他人と比較しないモチベーション作りの秘密
【対価と意欲のバランス】アンダーマイニング効果について考える
いつも絶好調!モチベーション維持できる人の特徴3つ

これらを総合して「継続力」を作る方法を今一度考えてみると、
「短期目標=習慣化」がポイントになると思います。

そこで今回は、この連載『MY WORK ヒント』を100つ(最終回)積み重ねることができた結果を踏まえて、なぜ継続できたのか自己分析します。

固定のルーティンを自分で作るのが◎

人は、「任意」と「義務」では大きな行動の差があると思います。

例えば、企業に就職していて、9時出勤のはずが寝坊して起きたら12時過ぎだった日には、ピンチですよね。この「やらなければならない」「できなかったら、やばい」などの義務感がなければ、誰しも行動が緩むのは当然です。

この連載に当てはめてみても同様で、はじめは記事の提出頻度に細かい取り決めはありませんでした。フリーランスとして働いているため、自分の仕事裁量は自分で決めることができるため「任意」です。

しかし、途中から「毎週〇〇に提出する」と編集部と決めてから、多少前後することはあったものの、無事に100回まで提出することができました。「今日じゃなくてもいいか……」と言う「任意」を捨てて、自ら「義務」に変える。

これが、毎週自分がやらなければならない「短期目標」となり、やがて気づけば「習慣化」していました。

自分の中で「義務」を作る勇気って?

さて、「義務」とは何か考えてみると、仕事の中で「義務」を作るのはなかなかありそうでないことです。

例えば、日本国民だから年金を支払う、独立しているなら確定申告を自分でする、などは「義務」だと思います。そのような最低限の「義務」以外を見てみると、ほとんどの選択が「任意」ではないでしょうか。

働く場所、付き合う人間関係、休日の過ごし方、今日食べたご飯……。
ライフスタイルから仕事まで、自分の「任意」で決定している。

そう思うと、自分が「義務」を作ってないから習慣化も生まれにくいと私は考えています。
確かに、「義務」を作ると「責任」が発生します。しかし、あえて自分に「義務」を作るから「行動しよう」と思える。それが自然と積み重なった時、やがて「継続力」につながるのです。

【最終回・あとがき】読者様へ

——と、「継続力」は「義務」を作ることだとまとめてみましたが、それらの気持ちを奮い立たせていただいたのは、何よりこの連載を読んでくださった皆さまのおかげです。本当に、ありがとうございました。

連載名が『MY WORK ヒント』ですが、決して私のヒントだけではなく、働く女性の皆さんが小さなヒントをそれぞれ見つけてほしいと言う気持ちを込めて書いてきました。

働くことが辛くて生活のため……ではなく、自分の人生が向上するような楽しいヒントが見つかりますよう、心から願っております。そして、私も皆さんに刺激を受けながらさらに良い人生を作っていきたいです。

またどこかでお会いできる日まで。
harako

連載『MY WORK ヒント』をはじめから読む

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

仕事でも恋愛でも必要なのは「判断力」。的確に正解を選べるように、普段から鍛えておきましょう♩


「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、和装マナー講師の中村真帆さん。元国会議員秘書をされていたという経験を活かして、姿勢や所作など基礎的なことから日本文化について幅広くセミナーをされています。


香りを楽しみながら本格コーヒーに挑戦!自宅で淹れるコーヒーHOWTO

香りを楽しみながら本格コーヒーに挑戦!自宅で淹れるコーヒーHOWTO

心を落ち着かせながら、一杯ずつコーヒーを入れる楽しさをお届けします。今回は、自宅でドリップコーヒーを淹れる時に必要なキットについてです。


「もう無理!」から抜け出したい。限界突破するために今意識したいこと

「もう無理!」から抜け出したい。限界突破するために今意識したいこと

仕事に追われ、家事に追われヘトヘトの毎日。気分転換に習い事には行っているけれど、ときどき深いため息をついてしまう……。なかなかエンジンをかけ直せずにいるなら、立ち止まって総点検を♩


最新の投稿


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

仕事でも恋愛でも必要なのは「判断力」。的確に正解を選べるように、普段から鍛えておきましょう♩


「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、和装マナー講師の中村真帆さん。元国会議員秘書をされていたという経験を活かして、姿勢や所作など基礎的なことから日本文化について幅広くセミナーをされています。


絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

仕事をする上で、上司や先輩というのは、困った時に相談をすることもできるし、いざという時に頼りなるような頼もしい存在です。「格好良いな」「この人みたいになりたいな」と憧れることもあるでしょう。けれども中には幻滅してしまうような、先輩も居るのが現実。思わず幻滅してしまう先輩の言動をチェックしていきましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング