マイナス思考を振り払う「ストップ法」を身につける方法

マイナス思考を振り払う「ストップ法」を身につける方法

マイナス思考が膨れ上がって、振り払えずに落ち込んでしまうことがあります。マイナス思考は振り払おうとすればするほど頭から離れなくなってしまうという特徴も。そこで、今回はマイナス思考を小さくしてくれる「ストップ法」という心理療法をご紹介します。


マイナス思考が頭の中で膨れ上がって、振り払えないことがあります。そればかりでなく、マイナス思考を振り払おうとするほど頭から離れなくなってしまいます。そこで、マイナス思考を小さくする「ストップ法」というスキルを紹介します。

マイナス思考の例

マイナス思考には次のようなものがあります。

「自分は周囲から嫌われてしまったんじゃないか」
「会社をクビになるんじゃないか」
「自分はバカにされているんじゃないか」
「自分は何の役にも立たない人間だ」
「こんな仕事を任される資格などない」
「あの場面で、あんなことを言うんではなかった」
「恥ずかしいことをしてしまった」
                
このようなストレス場面に追い込まれたときに行うのは、ただ一言、心の中で「ストップ!」と言うだけです。

否定するほどマイナス思考に囚われてしまう理由

理由のないマイナス思考ですが、「そんなことはない」と否定すれば否定するほど、そのことが頭から離れなくなってしまいます。マイナス思考が頭から離れなくなってしまう現象について考えてみましょう。
この現象に関係するアメリカのウェグナーという心理学者が行った実験を紹介します。ウェグナーは実験への参加者(被験者)たちを3つのグループに分け、シロクマの映像を見せました。そして、それぞれのグループに次のように言い渡しました。

1 映像のことを覚えておいてください。
2 映像のことを考えても考えなくても良いです。
3 映像のことは絶対に考えないでください。

そして、1年後、この映像を覚えていたのは、どのグループだったでしょうか?
実は、絶対に考えてはいけないと言われたグループの人たちでした。このように、考えないようにしようとすればするほど強く思い出されてしまうのです。

私たちには、禁止されたことに反発する心理があります。これを「心理的リアクタンス」といいます。リアクタンスとは反抗を意味します。
洋の東西を問わず、心理的リアクタンスに関する逸話が残されており、この心理の強さを物語っています。
例えば、アダムとイヴは神が禁止したにも関わらず、禁断の実のリンゴを食べて楽園を追い出されてしまいます。「鶴の恩返し」では、若者の「よひょう」は鶴の化身の「つう」から隣の部屋を覗くことを禁止されたのにもかかわらず約束を守れませんでした。浦島太郎は禁止されたにも関わらず、玉手箱を開けて、年老いてしまいます。

ストップ法(思考停止法)

このようなマイナス思考を軽くさせる方法が“ストップ法”です。別名、思考停止法という心理療法です。
どんなに嫌な考えが頭の中を支配していても、「ストップ!」と心の中でつぶやくだけで、その考えが小さくなっていきます。記憶がなくなるわけではありませんので、嫌な考えがなくなるというより、一瞬にしてスーッと小さくなり軽くなっていきます。

ストップ法の仕組み

ネガティブなイメージより強いインパクトがあれば、マイナス思考からそちらに意識が移ります。例えば、通勤の時に自動車がぶつかりそうになった時は、マイナス思考は吹っ飛びます。このように、インパクトのあるイベントを作ることで、マイナス思考をやり過ごすことができるのです。
また、ストップ法の効果を実感することが重要です。効果がわかれば、自信をもってストップ法を使うことができます。何回も繰り返すと使い慣れてきますので、効果も大きくなってきます。

ストップ法を身につける方法

それでは、ストップ法を身につける方法について説明しましょう。
不安を感じた時に頭の中にあるネガティブなイメージに注意を向けます。そして「ストップ」と叫びます。そうすると、マイナス思考から意識が離れ、頭の中にあるマイナス思考が小さくなっていきますので、ストップ法の効果を実感することができます。これを何回か繰り返すと、ストップ法を使いこなすことができるというわけです。

具体的な方法は次の通りです。

1)マイナス思考のことを思い出す

マイナス思考について、「みんなで自分の悪口を言っている」「みんなが気分を害してしまった」「周りから相手にされない」など、そのイメージを思い出します。

2)アラームをセットする


「1」で思い出したマイナス・イメージに焦点を当てて、3分後にアラームが鳴るようにセットします。

3)具体的な状況に集中する


目を閉じ、「みんなで自分の悪口を言っている」というような具体的なイメージや考えに集中します。

4)「ストップ!」と叫ぶ


アラームが鳴ったら、「ストップ!」と口に出して言います。

5)ストップ法の効果を実感する

そして、頭の中にあるネガティブな考えが小さくなったと感じられたら、それが効果です。

これを2~3回繰り返せば、ストップ法のスキルを身につけることができます。その後は、心の中で「ストップ!」叫びますが、そのうち、「ストップ」と心の中でつぶやくだけで効果が得られるようになります。

まとめ

私たちは、マイナス思考で頭がいっぱいになって逃れられないことがしばしばあるものです。ストップ法は、一旦身につけてしまうと、いつでも使うことができますので、このスキルを身につけることをおすすめします。
心理療法で用いられる方法ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事のライター

メンタルナビ代表・認定心理士です。
心理学の素晴らしさをお伝えするため、書籍やweb記事の執筆とアドバイスをしています。

関連する投稿


ネガティブ思考ストップ!一瞬で心を明るくする「ポジティブ変換ゲーム」

ネガティブ思考ストップ!一瞬で心を明るくする「ポジティブ変換ゲーム」

ぐるぐるとネガティブ思考になりはじめたら、いったんストップ。このまま悪い流れへとならないように、断ち切りましょう♩


心がすっと軽くなる。豊かな人生へと導いてくれる「書く魔法」の魅力

心がすっと軽くなる。豊かな人生へと導いてくれる「書く魔法」の魅力

心がつらいときは「書く魔法」の力を借りませんか?書いて書いて書きまくっているうちに、いつもの自分に戻っているはずですから。


イライラを上手に回避!怒りをコントロールする「アンガーマネジメント」

イライラを上手に回避!怒りをコントロールする「アンガーマネジメント」

「怒り」はもっともコントロールが難しい感情です。それゆえに「怒りっぽい自分」をどうにかしたいと頭を悩ませている方もいいのではないでしょうか? 今回は、怒りという感情をコントロールするのに効果的なアンガーマネジメントをご紹介します。


15年間、心の病と向き合い続けているライターがおくる「心が弱いなりにも強く生きていく方法」

15年間、心の病と向き合い続けているライターがおくる「心が弱いなりにも強く生きていく方法」

心が弱いから、気づけることがある。今はつらくても、心の弱さがいつか個性になるから大丈夫♡


「検索」するとデメリット情報ばかり…?メリットが出てこない理由|MY WORK ヒント#92

「検索」するとデメリット情報ばかり…?メリットが出てこない理由|MY WORK ヒント#92

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第92回目は、ネットで検索する時の考え方についてです。


最新の投稿


【働く女子のお疲れ救助メシ】栄養満点! 夏に食べたい時短レシピ集

【働く女子のお疲れ救助メシ】栄養満点! 夏に食べたい時短レシピ集

蒸し暑い季節は、まるで太陽に元気が吸い取られているかのように、体力を使います。少し歩くだけもヘトヘトに……。そんなお疲れな働き女子を救済するため、簡単に作れて栄養満点のレシピをご紹介! しっかり食べて、夏を乗り切りましょう!


やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第98回目は、時間をかけて行動したり工夫したりしたけれど、効果がなかった営業についてご紹介します。


彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

セックス中、彼にもっと喜んでもらいたいと思っていても、どうすればいいのかわからない……と悩むことはありませんか? おすすめなのが男性が「感じやすい」パーツを狙うことです。実は男女で感じやすいパーツは異なっています。今回は、男性が「感じやすい」体のパーツについてご紹介します。


【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

ジルスチュアートビューティ 2019 Fall Collection が8月2日に発売。今回は、新コレクションを使って、大人に似合うピンクメイクのポイントを3つお届けします。無理をせず、肩の力を抜いた自然なかわいらしさで、オトナ女子にもピッタリ。


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


RANKING


>>総合人気ランキング