意味のわからないメールでイラッ! 相手に伝わるメールの作り方

意味のわからないメールでイラッ! 相手に伝わるメールの作り方

「このメールは何を伝えたいのかわからない……」他人から送られてきたメールの意味が理解出来ず、イラっとした経験はありませんか? しかし、そんなわかづらいメールを自分でも送っている可能性があります。相手に伝わるメールのポイントを作り方を知っておきましょう。


伝わらないメールを送っていない?

「このメール、結局何が言いたいんだろう」

みなさんは、送られてきたメールにそう感じたことはないでしょうか? 人から送られてくるものだと、わかりやすい文章とわかりにくい文章の判断はつきます。しかし、自分から送るとなると、「なんとなく伝わるだろう」と勘違いしてしまいがち。もしかしたらあなたも相手に伝わらないメールを送ってしまっているかもしれません。

そこで今回は、相手に伝わりやすいメールの作り方をご紹介します。

1つの文章には1つのことだけを書く

伝えたいことがありすぎて「~になり」「~もまた」といった頭に浮かんだものをそのまま書いてしまい「結局どういうことだろう?」と読み手に思われてしまいます。

「~になり」「~もまた」のような文と文をつなぐ接着剤の役割を担う接続詞は、論理的な文章を書くときに欠かせないものですが使いすぎるのはNG。1つの文に複数の内容が盛り込まれるのでまとまりのない文章になってしまいます。1つの文には1つのことだけを書くことを徹底し端的にまとめましょう。

結論を先に書く

ただの状況の説明だと思っていたら、最後の数行で緊急のメールだと気が付き大慌て......!さらには 事情を説明したい気持ちが強いのか文章も長くなるケースがあります。説明が長い文章は結論がなかなか出てこない読む側はイライラして、読むのをやめてしまうときもあります。

一般的的な文章の構成は「起承転結」がいいとされていますが、メールに置いては結論→説明→まとめという風に、まず結論から書くのが親切です。相手の時間を大切にするためにも、ビジネスメールを作る際は、結論を先に書くということを意識するようにしましょう。

敬語を多用しすぎない

ビジネスメールは基本敬語でやり取りをしますが、相手に失礼のないように言葉遣いを丁寧にすることばかりに気をとられると二重敬語を使ってしまうことがあります。

例えば、「うかがわせていただきます」の場合、「うかがう」と「いただく」どちらも謙譲語になり、1つの文で謙譲語が2度使われており、正しくは「うかがいます」です。このように意外と間違った敬語を使っているものです。

二重敬語は相手に違和感を与えてしまいマイナス印象の要因になってしまうこともあります。くだけ過ぎず、正しい言葉遣いで相手に合わせた適切な伝え方を選ぶことが大切だと言えるでしょう。

自分のメールはちゃんと相手に伝わるのか事前チェックを!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自分が書いたメールに対して「これは〇〇という意味でしょうか?」と質問される機会が多い人は、いちど自分のメールの書き方を見直しましょう。もしかすると、相手に大きな負担や迷惑をかけているかもしれません。

本来、メールの活用はビジネスを円滑に進めるための便利なツールですが、直接話していないが故に誤解を与えてしまうこともあります。
逆に効率が悪いとならないように、メールを送る前に客観的な目線を持ち伝わるのか?チェックしてみましょう。

催促メールはどう書けばいい? 角が立たないメールの送り方

https://cinq.style/articles/1087

ビジネスシーンでは言いにくいお願いや催促を伝えなければならないこともあります。相手に失礼がない催促メールの送りかたを知っておきましょう。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


ビジネスマナー メール

関連する投稿


「こんなのが欲しかった!」 仕事が捗る『Gmail』の便利機能

「こんなのが欲しかった!」 仕事が捗る『Gmail』の便利機能

仕事、プライベート共に『Gmail』を利用している人も多いのではないでしょうか? 実は、毎日利用していたとしても知られていないような便利機能がGmailにはたくさんあります。今回は、知っていると便利なGmailの機能についてご紹介! パソコンスキルを磨いて、スキルアップしちゃいましょう♪


知らないと恥ずかしい? 働く女性が身に着けたいマナーまとめ

知らないと恥ずかしい? 働く女性が身に着けたいマナーまとめ

マナーは相手への気遣いでもあるため、きちんと身につけておきたいものです。しかし、一般的なマナーや常識を知らずにいると恥ずかしい思いをしてしまうことも。今回は、働く女性が身に着けたいマナーについてまとめました。


【働く女性の基本に】身だしなみとコミュニケーションのマナーについて

【働く女性の基本に】身だしなみとコミュニケーションのマナーについて

社会人になると「ビジネスマナー」は欠かせないもの。けれど気を付けなければいけないポイントが多すぎて混乱してしまうこともあります。この記事では、早めに押さえておきたいマナーのポイントを、身だしなみとコミュニケーションにわけてご紹介。


即レス、固定時間、長文……etc. 仕事がうまくいくメッセージの使い方3つ |MY WORK ヒント#93

即レス、固定時間、長文……etc. 仕事がうまくいくメッセージの使い方3つ |MY WORK ヒント#93

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第93回目は、仕事で使うメッセージについてです。


「ビジネスマナー」ってなに? どうして必要なの?

「ビジネスマナー」ってなに? どうして必要なの?

話し方や身だしなみ、仕草……社会人になると「ビジネスマナー」が必要だと言われますが、どうしてこういったマナーが必要になるのでしょうか? 今回は、新社会人のみなさんに知っておいてほしい「ビジネスマナー」についての基本をお伝えします。


最新の投稿


「一度の失言で、ずっと嫌な態度をとられるようになりました」#これってハラスメントですか?!

「一度の失言で、ずっと嫌な態度をとられるようになりました」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は一度の失言で、ずっと嫌な態度をとられている場合です。


礼儀・礼節を重んじるコミュニケーションマナーと「ABCD」の法則

礼儀・礼節を重んじるコミュニケーションマナーと「ABCD」の法則

仕事でもプライベートでも充実している女性に共通するもの、皆さんはそれがなにかわかりますか? 実はそれはコミュニケーション力の高さ。礼儀正しく、美しい言葉づかいをすることです。今回はコミュニケーションマナーと、仕事で必要な「ABCD」について伝えていきます。


結婚したら仕事はどうする? 「価値観の違い」で後悔しないパートナー選び

結婚したら仕事はどうする? 「価値観の違い」で後悔しないパートナー選び

結婚したら、仕事はどうする? 結婚はふたりにとって、とても大切なライフイベント。結婚した後に、価値観のズレを感じることは多々あります。「パートナー選びを間違ったな」なんて後悔しないよう、あらかじめ注意しておきたいことを紹介します。


行動に移して結果を待つ♡出会いがない日々から一歩抜け出す方法

行動に移して結果を待つ♡出会いがない日々から一歩抜け出す方法

社会人になって出会いがなくなった……。既婚者が年々増える現状に焦りを感じていませんか?ガツガツと行動する必要はないけれど、そろそろほんの少しがんばってみるのもありかもしれません♩


「会議で発言するのが苦手…」を克服!自分の意見を発信できるようになるには

「会議で発言するのが苦手…」を克服!自分の意見を発信できるようになるには

会議に参加したものの、発言するのが苦手で何も意見が言えなかったという人も多いのではないでしょうか? けれど会議では積極的に発言した人が目立ち、次々に責任感のあるプロジェクトを任されていきます。せっかく考えがあるなら言葉にしないと損。今回は苦手な要因別に、自己発言が出来るようになるコツをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング