自分に合うものを選ぶ。生理用品のセレクトショップ「illuminate」オープン

自分に合うものを選ぶ。生理用品のセレクトショップ「illuminate」オープン

これまでに想像ができただろうか? 生理用品が本屋に並ぶ時がくる時がくるなんて。生理用品に“オシャレ”を求めることができるなんて。東京・渋谷区の青山ブックセンター本店ではこれまでにはなかった、生理用品のセレクトショップ「illuminate」が期間限定でオープンした。


生理用品に「選択肢」が生まれる

これまでに、誰が想像しただろうか?
本屋に生理用品が並ぶ時がくるなんて。生理用品に“オシャレ”を求める日がくるなんて。

東京都・渋谷区にある青山ブックセンター本店に、これまでにはなかった生理用品のセレクトショップ「illuminate」が期間限定オープン(2019年6月20日〜7月29日まで)した。

illuminateは「より多くの選択肢を持ち、自由に選択できるため」に、とアパレル会社を経営するハヤカワ五味さんが立ち上げたプロジェクト。

従来販売されているナプキンやタンポンには、ピンクやパステルグリーンなど、“女性らしさ”を感じさせるデザインパッケージのものや、“癒し”を感じさせる柔らかいカラーが一般的になっており、その可愛らしさこそが「生理は女性独特のものだ」という目印にも思えるほどだった。
あまりにもわかりやすく女性性を感じさせるデザインに、買うのを「恥ずかしい」とためらった経験がある人も多いのではないだろうか。思春期の頃、女性店員の列をあえて選んで購入した経験だって。

そんな生理事情に切り込みを入れたのが、このilluminateだ。
illuminateは、これまでには見たことがなかったオシャレなパッケージの生理用品や、オーガニック素材にこだわったナプキン、日本ではまだあまり知られていない月経カップなどを取り扱っている。手に取ったところで、これが生理用品なのかとはパッとわからないほどだ。

写真左:sisiFILLE (シシフィーユ) サニタリーパッド
写真右:full MOON girl(フルムーンガール)サニタリーカップ

「生理を堂々と話したいなら話せばいいし、隠したい気持ちも尊重する。ささやかにしなやかに、かたわらに寄り添うようなデザインができたらと思っています」とデザイナーのMinaさん。illuminateのデザインはとてもシンプルで、無機質な余白がある。

また、ハヤカワさんは「キヨスクでは生理用品は陳列されてはいないけど、言えば出てくる“らしい”という……もはや都市伝説のような話がある」と、生理用品が欲しい時に手に入らない状況を変えたいと話している。

まずは、illuminateの活動を通して、鉄道会社や宿泊施設などと手を組み、生理用品を駅の売店やホテルなどで、手軽に購入することができるよう“生理用品のインフラ整備”を整えていく予定だそうだ。

写真中央:Minaさん/右:ハヤカワ五味さん

違いに認められる「価値観」を

この青山ブックセンターでのセレクトショップでは、生理用品のみではなくフェミニズムに関する書籍もズラリと並べられている。女性性に関するものだけではなく、中には男性優位のものも。

日本では、男女分けて行われる性教育。
これらが「生理は恥ずかしいモノ」「女性にだけあるもの」といった価値観を生み出している可能性もあるとし、性自認と身体的性が違っていても認められる社会へ向けたメッセージが込められている。

北欧に学ぶ小さなフェミニストの本
サッサ ブーレグレーン(著)、枇谷 玲子(翻訳)

「価値観は自分だけじゃなく教育や環境でいつの間にか作られていくもの。そこを自覚した上で選択肢が生まれる。選べることに意味がある」(ハヤカワ五味さん)

男だからこうしなければならない、女の子だからどう……といった生まれながらの「性」で区別できるほど、人間は簡単じゃない。これまでの価値観に生きづらさを感じたことは誰しもがあるのではないだろうか。まずは自分のからだのことを知り、選んで、考える。これがilluminateがポップアップストアを通じて伝えたいことだ。

今ある価値観を否定するのではなく、ポジティブに動けるように。ハヤカワさんは今後も、こういったプロジェクトを通してさまざまな議論を交わしていくのだそう。

illuminate pop-up store
東京・青山ブックセンター
6月20日(木)~7月29日(月)
大阪・大丸梅田店
7月31日(水)~8月6日(火)

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


生理 体調

関連する投稿


元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

女性のカラダは、とても繊細で敏感。体調を崩してしまう前にやれるだけのことはやっておきたいものです。そこで今回は、働く女性が体調不良になる前にやっておきたい対策についてご紹介します。


職場で悩みを抱える女性は多い。働く女子の「プチ不調」を回避するには?

職場で悩みを抱える女性は多い。働く女子の「プチ不調」を回避するには?

身体がダルく感じたり、頭痛が酷かったり。はたらく女子を度々襲う「プチ不調」はどう回避すれば良いのでしょうか? 今回はよくある悩みと、不調を乗り越えるためのお役立ち情報をご紹介。


体調が悪くなったら要注意。自分の体調を基準に、居る場所・いる人を選ぶ必要性

体調が悪くなったら要注意。自分の体調を基準に、居る場所・いる人を選ぶ必要性

自分が過ごしづらい環境で長時間過ごしたり、なんとなく合わない人と一緒に居る時間が増えると、不思議と体調が悪くなることがあります。そんな時は、居る場所、一緒に過ごす人を選んでいい。そんなお話です。


生理の日にも、可愛い下着を諦めない|#つくるを選ぶ 【『K+1%』ディレクター スド=キョ=コ】

生理の日にも、可愛い下着を諦めない|#つくるを選ぶ 【『K+1%』ディレクター スド=キョ=コ】

諦めしかなかった、月に1度の憂鬱とはこれでおさらば。 本当にサニタリー? って思わず聞きたくなるような、オシャレなランジェリーが生まれました。作ったのは、スタイリストとして活動する一人の女性。


生理中に求められても断らない、「軽くお手伝い」が上級テク…♡|真っ赤な濡れオンナ#47

生理中に求められても断らない、「軽くお手伝い」が上級テク…♡|真っ赤な濡れオンナ#47

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第47回目は、生理中に求められた時の対処方法を考えます。


最新の投稿


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

ついつい散らかりやすいデスク。 だけどデスクの上が汚いと仕事もはかどらないし、ミスが増えてしまう可能性も。何よりも、社内メンバーからのイメージダウンも気になるポイントです。片付けが苦手な人向けに、簡単にできるデスクの整理術をご紹介。これであなたも整理整頓のできる働き女子に。


元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

女性のカラダは、とても繊細で敏感。体調を崩してしまう前にやれるだけのことはやっておきたいものです。そこで今回は、働く女性が体調不良になる前にやっておきたい対策についてご紹介します。


楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

オフィスカジュアルで許される範囲は一体どこまで? 働く女子が悩みを持ちやすいのが、マナーにもあたるファッションについてのNGライン。今回は、オフィスカジュアルでも取り入れられるカジュアルアイテムの使い方、そして絶対に使っちゃダメ! なアイテムについて紹介。


RANKING


>>総合人気ランキング