社会人の基礎を見直し! 間違いやすい「名刺交換マナー」について

社会人の基礎を見直し! 間違いやすい「名刺交換マナー」について

仕事関係の人に、自分を知ってもらうためのツールとして使われるのが“名刺”。常に持ち歩いているという人も多いのではないでしょうか? 新人研修などで、教わった人も多いとは思いますが、実は見よう見まねで覚えている人も多い名刺交換のマナー。本題に入る前に印象を台無しにしてしまわないよう、しっかりと学んでおきましょう!


仕事では欠かせないツール、“名刺”。

社会人になると、自分を知ってもらうために欠かせないツールとして使われるのが“名刺”です。ビジネスでは、初対面の人と会う時には必ず、名刺交換という行為が必要になります。常に持ち歩いている人も多いと思いますが、名刺交換マナーはスマートにできていますか?

間違ったマナーでせっかくの初対面を台無しにしてしまうと、本題でもある仕事の話も印象が悪くなってしまいます。新人研修などで教わった人も、見よう見まねで覚えた人も、改めて名刺交換マナーをおさらいして、第一印象をアップしていきましょう。

名刺は相手が読める向きにして両手で渡す

名刺を差し出す時は、名刺入れの上に名刺を乗せて、相手が名前の読める向きにして渡します。その際は、両手を添えて渡しましょう。片手で名刺を渡すのはマナー違反。通常、営業などで会社を訪問したさいはお金や仕事をいただく、訪問者側から「社名」と「名前」をハッキリと伝えます。

例外なのは同時交換の際のみ。同時に交換する場合は“右手で渡して、左手で受け取る”のがマナーです。名刺ケースの上に名刺を受け取って、右手が空いたらすぐに両手で名刺を持つようにしましょう。この場合、相手が目上の人だったら先に受け取らないように気をつけて。

机の上で名刺を交換するのはNG

名刺の正しい渡し方としては、相手の正面に立ち、胸の高さくらいの位置で両手を添えて差し出すことです。机などの上で渡すのはNG。必ず相手側に移動して行いましょう。

また、相手が差し出した名刺よりも低い位置で自分の名刺を差し出すのが謙虚さを表すとされています。もちろん限度はありますが、相手より高くならないようにご注意を。

渡す順番は、格上の方から

相手が複数いる場合は、役職が上の人から順に名刺を渡します。何人いても、渡すたびにしっかりと名乗り、お辞儀をしましょう。

複数の人と名刺を交換する際は、一度に人数分の名刺を取り出し、重ねて持ちましょう。先方から受け取った名刺は、名刺ケースの下に順に重ねていきます。

もらったあとの置き方にも注意

受け取った名刺の置き方にも注意が必要です。
いただいた名刺が1枚の場合は、すぐにしまわずに名刺入れの上に置いておきます。挨拶の時に名前を聞き取りづらかった場合や、名刺の名前が読めなかった場合は「◯◯さまとお読みしてよろしいでしょうか」とたずねましょう。

複数枚の名刺を受け取った場合は、着席順に横にならべていきます。格上の人の名刺は名刺入れの上に乗せましょう。縦置きにする場合は、格上の人を上にして置いていくのがマナーです。

こんな時はどうする?

名刺がなくなってしまったときや忘れてしまったとき

訪問が重なっていると、途中で名刺がなくなってしまう場合があります。その場合は「申し訳ございません、名刺を切らしておりまして」とお詫びをして、社名と名前を名乗って挨拶をしましょう。
相手の名刺を受け取り、その日のうちに署名入りのお礼メールを送るか、名刺を郵送します。

誰が目上かわからないとき

だれが目上の人かわからない場合は、上座に座っている人から順に名刺を渡していきます。

名刺交換をスマートに

いかがでしたか?
最近では凝ったデザインの名刺を見かけることが多くなりました。名刺を受け取る際に「素敵なデザインですね」とひとこと添えられると印象がさらに良くなります。また名刺に事業内容などを記載している場合もあるので「こんな事業も展開されているんですね」と、アイスブレイクになるように会話を繋げても良いでしょう。

スマートな名刺交換を覚えて、仕事がうまくいくように、印象をアップしていきましょう。




この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


名刺 マナー スキルアップ

関連する投稿


思い切ったジョブチェンジ!異業種への転職を成功させる正しい転職活動とは

思い切ったジョブチェンジ!異業種への転職を成功させる正しい転職活動とは

実は今とは違う仕事をしてみたい…。異業種・未経験の仕事への転職に、二の足を踏んでいる方にオススメする成功率UPする転職活動法をご紹介!


覚えてもらえないのは影が薄いから? 初めましてでも名前を覚えてもらえる人になる方法

覚えてもらえないのは影が薄いから? 初めましてでも名前を覚えてもらえる人になる方法

名前を簡単に覚えられる人と、覚えられない人の違いは一体ナニ? 今回は、挨拶や自己紹介の時に、しっかりと自分を「覚えてもらう」ための色々を紹介します。


せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第3回目は、資格を活かすためにどのような工夫をしたら良いのか、実体験を元にご紹介したいと思います。


今更聞けない…!仕事で使うビジネス用語の解説特集

今更聞けない…!仕事で使うビジネス用語の解説特集

さりげなく使われるカタカナのビジネス用語。なんとなく意味が伝わるものと、意味を理解しないと伝わらないものがある!改めて、よく使われるビジネス用語をご紹介♡


「細かいところに気がつく!」仕事でひと手間かけられる人がやっていること

「細かいところに気がつく!」仕事でひと手間かけられる人がやっていること

とくに指定の誰かがいるわけではなくても、近くにいる人にちょっとしたお願いをしたり相談をしたくなることって誰にでもありますよね。そんなちょっとしたことでも「おっ、この人は気がきく人だなあ」と気づく瞬間ってありませんか? そんな優秀認定される人は、一体どんなことに気をつけているのでしょう。


最新の投稿


思い切ったジョブチェンジ!異業種への転職を成功させる正しい転職活動とは

思い切ったジョブチェンジ!異業種への転職を成功させる正しい転職活動とは

実は今とは違う仕事をしてみたい…。異業種・未経験の仕事への転職に、二の足を踏んでいる方にオススメする成功率UPする転職活動法をご紹介!


プレゼンの資料作りを頼まれた! 資料作りのコツとポイントは?

プレゼンの資料作りを頼まれた! 資料作りのコツとポイントは?

プレゼン用の資料を頼まれたとき……いきなりPCを開いて構想を練りながら資料作りに取り掛かっていませんか? 人に見せて説明するための資料は、デザインより文章の内容より、まずは「伝わる」ことが大切です。時間を無駄にすることのないよう、伝わる資料作りについて紹介します。


仕事がたまりすぎてパンク寸前! 忙しい人が実践すべき5つのステップ

仕事がたまりすぎてパンク寸前! 忙しい人が実践すべき5つのステップ

仕事がたくさん溜まっていると、アレもコレもとつい焦ってしまいますよね。焦ってパニック寸前になりそうな気持ちはわかるけれど、そこはグッとこらえて。忙しいからこそ、実践していきたいステップについて考えていきたいと思います。


【仕事と生活を変える小さなライフハック!】家事はルーティン化で手間を減らして

【仕事と生活を変える小さなライフハック!】家事はルーティン化で手間を減らして

仕事が忙しすぎて、部屋どんどん汚くなってしまう…。働く女性の悩みといえば、仕事と家事の両立。家事に手を抜いているとなんだか罪悪感すら湧いてしまう…。そんなあなたにちょっとしたライフハックを提案。


イチナナキログラム 野津彩花さんが複数ある仕事をこなすための5つのルールとは

イチナナキログラム 野津彩花さんが複数ある仕事をこなすための5つのルールとは

株式会社イチナナキログラムに入社してから2ヶ月というスピードで、ブランドオーナーになり、新規ブランドの立ち上げや全体の統括など幅広い業務をこなしている野津彩花さん。そんな彼女が、数ある仕事こなすために意識している5つのルールとは?


RANKING


>>総合人気ランキング