【頭と体を動かす】スキルアップや成長をのぞむときに意識したい3つの視点

【頭と体を動かす】スキルアップや成長をのぞむときに意識したい3つの視点

自己実現を叶えるためには、努力は欠かせません。けれど、目標がないままにがむしゃらな努力を重ねても意味がないのです。大切なのは、適切な方向に努力を重ねていくこと。今回は自己成長を求めた時に、考えたい3つの視点について紹介していきます。


自己実現の力を身に着けるためには

以前、「自立」とは一体なんなのか? という記事を書きました。

一人前ってどういうこと?大人の「自立」を意識した時に知っておきたいこと

https://cinq.style/articles/2310

皆さんは「自立」とは一体どういうことなのか、考えたことがありますか? しっかりと仕事ができれば一人前? それとも一人暮らしができたらもう十分? 今回は大人と呼ばれる年齢になったからこそ知っておきたい「自立」について、ディズニープリンセスたちの話も交えて、考えていきたいと思います。

答えは、“自己実現の力を身に着けること”。そしてそのためには、経済的、身体的、そして技能的な自立が備わっていなくてはならないということを書いたのですが、そのためには「スキルアップ」や「自分磨き」などの意欲が欠かせない、とも伝えています。

では実際に「スキルアップしたい」、「自分磨きをしたい」と思ったとき。
どういった行動をとればいいのかと悩む方も多いのではないかと思います。具体的な夢や目標がないと、計画を立てることはもちろん行動を起こすこともできません。今回は、自己成長を望んだときに、意識したい3つの視点について紹介していきたいと思います。

ベースができている人はさらに自分を「高める」努力を

photo by @___akiko._____

まずは今の自分をさらにアップデートしたいと考えたときについてです。ある程度の仕事スキルが身についてきたものの、そこに満足してあぐらをかくようなことをしていれば、いつかはウサギとカメのように後ろからくる人に追い抜かれていってしまいます。

そこで意識したいのはこんな点です。

改良や改善を加える

今の仕事をさらに効率良くしていくためにはどうすればいいのか?
今以上の成果をだすためにはどんなことを試せばいいのか。今の自分の仕事に、一工夫加える努力をしてみましょう。

「自分がもし経営者だったら?」と言う目線を持つ

会社は、利益を生まずに続けていけません。
どんな仕事であっても、「自分がもし責任者だったら?」、「経営者だったらどうするか?」という目線で物事を考えてみましょう。会社員という意識から飛び出し、経営者と同じ目線で物事をシビアに捉えられること。これはビジネスにおいてとても大事なことです。

一歩先の仕事をこなしてみる

今の自分には難しい仕事だと思ったことでも、積極的に「YES」で行動を起こしていきましょう。一度やると決めたからには、自分には難しいと思った仕事でも挑戦しなければなりません。追い込みに近い方法ではありますが、そういった状況に追い込まれたら、いやでも人は成長をせざるを得ません。これまで以上に責任感のある仕事に、積極的にチャレンジしてみましょう。

傍観者から発言者に変わる

これまでは、上から降りてきた仕事をしていなかった。そんな人は積極的に仕事を生み出す努力をしましょう。会議や人前で話すのが苦手だったと言う人はプロジェクトを積極的に動かす運営チームに入るのもおすすめです。自己成長をのぞむ時は、今の自分に満足してはいない時です。これまでとは違う環境に積極的に飛び込んでみましょう。

専門知識や強みが欲しい人は自分を「深ぼる」努力を

photo by @kumistyle_0430

次は、自分が持つ「強み」や「専門知識」をさらに伸ばしたいと思っている人の場合です。いくら努力をしていても、その努力の方向性が全く違っていたら、その努力は実る可能性が低いかもしれません。適切な方向で、必要な努力をこなしていくことが成功への第一歩。自分自身を深ぼり、スキルアップをはかりましょう。

専門知識を深く勉強する

興味があった分野や、自分がしている仕事をさらに深めるような「勉強」をしてみましょう。知識は、どれだけあっても尽きることがありません。自分がその仕事の一番のプロフェッショナルになる気持ちで、どんどん吸収していきましょう。

人に教える

自分が吸収した知識を、積極的に他者にアウトプットしていきましょう。理解したと思っていたことも、人に話すことでさらに深く理解ができるようになります。インプットをひたすら重ねているより、アウトプットを重ねたほうが学びが深く、記憶に残ります。

習慣やマイルールを作って実行する

習慣やこだわりを作ってみましょう。それにより自分の“スタイル”が確立されるようになります。どういった方法がより効率的で、ストレスが小さいのか。自分自身の仕事をしやすくする、マイルールを作っていくことです。

限界を超えるまで徹底的にやってみる

自分にしかできない仕事だと思って、限界を超えるまで徹底的に追求してみましょう。「好きを仕事にする」と言うワードが使われることの多い昨今ですが、好きだけでは仕事が成り立たない場合もあるのが現実です。仕事だと割り切って、好きを通り抜けた先まで経験をつくりましょう。

自分を探している人はまず「広げる」努力を

photo by @dongjingkuri

目標や夢がなく、自分の将来を不安に感じているからこそ何かスキルアップをしたい。そういった考えの方はまず、世界を知り視野を広げてみることです。人は「知る」からこそ「興味」を持ちます。それが学びの方向性の指標。自分は一体どんなことに興味があって、どんなことに意欲をそそられるのか。
色んなものに触れて、まずは自分を知ることから始めましょう。

単発的モチベーションで終わらせない。 目的・メリットで選ぶ「学び」の収集法

https://cinq.style/articles/1638

休みの日やちょっとした空き時間に、自分のスキルアップを! とはいえ、目的やメリットを知らずに行動に起こすのは、成果を感じづらく、あまり賢いとは言えません。今回は自分が得られるメリットに合わせて行うべき「学び」の収集法についてです。

本を読む

これまで本を読んでいなかった人は、まず読書をすることからはじめてみましょう。成功者と呼ばれる人がこれまでにどんな経験をしてきて、どんな考え方をしてきたのかを知ることができるもっとも簡単な方法です。出かける必要もなく、身近に知識を吸収することができます。

セミナーや勉強会に参加してみる

興味がある分野のセミナーやイベントに足を運んでみましょう。単発的に行きたいと思った内容でも、そこでも出会いがよりあなたの意欲を活性化してくれるかもしれません。知識を増やしながら、同志とも出会える。モチベーション作りにも効果的です。

留学や旅行をして世界を知る

自分が普段いる世界から一歩外に出て冒険をしてみましょう。海外をきっかけに自分の価値観が変わったと話す人はとてもたくさんいます。今のライフスタイルや日本の生活スタイルが自分にとってのベストとは限りません。吸収したいと、心の受け皿が整っている状況で海外にいくことで、たくさんの発見や気づきがあるはずです。語学力が上がることもメリット。グローバル化が進んでいく社会、語学力がは強みにもなるに違いありません。

たくさんの人に出会う

積極的に活動して、色んな人に出会いましょう。人脈が多くて損をすることはありません。やりたいことがあるのであれば、積極的に自分のことを発言していきましょう。応援してくれる人が現れたり、良い繋がりが生まれることもあります。多くの仕事が今後AIに置き換えられる、とも言われていますが、結局仕事で大切なのは人と人。

成長するには「あたま」と「からだ」を動かすしかない

いかがでしたか?
成長したいと感じた時に、大切にしたいのは考えることと行動を起こすことのバランス。努力の方向が間違わないように、自分が適切に成長できるようなアクションを起こしていくことです。

頭をしっかりと使って考え抜くこと、そしてしっかりと行動に移していくこと。自分がなりたい自分に合わせて、次の行動を決めていきましょう。ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


スキルアップ 成長

関連する投稿


社会人の基礎を見直し! 間違いやすい「名刺交換マナー」について

社会人の基礎を見直し! 間違いやすい「名刺交換マナー」について

仕事関係の人に、自分を知ってもらうためのツールとして使われるのが“名刺”。常に持ち歩いているという人も多いのではないでしょうか? 新人研修などで、教わった人も多いとは思いますが、実は見よう見まねで覚えている人も多い名刺交換のマナー。本題に入る前に印象を台無しにしてしまわないよう、しっかりと学んでおきましょう!


頑張りたいあなたへ贈る 20代のうちに仕事力を上げるコツ

頑張りたいあなたへ贈る 20代のうちに仕事力を上げるコツ

入社して数年経ち、仕事に慣れが生まれてきたら「ここからスキルアップするにはどうすればいいのか?」と悩む時期に差し掛かります。仕事が出来る人は2~3年の間で大きく飛躍し輝いているもの。自分の仕事力に満足せず、スキルアップができる人はどんな工夫をしているのでしょうか?


【スキルアップ】自己分析より適性診断!自分の能力を可視化する診断ツール

【スキルアップ】自己分析より適性診断!自分の能力を可視化する診断ツール

職業選択をする時に、「自分の適正を知りたい」と思う人は多いはずです。自分の性格を可視化して、向いている・向いていない仕事を割り振るのに参考になるからです。今回は、人気のある診断ツールを紹介。自分をもっと深く知りたいと思う人は、ぜひチェックしてみてください。


頭の良さは関係ない!「仕事ができない人」と圧倒的に差をつける5つの能力

頭の良さは関係ない!「仕事ができない人」と圧倒的に差をつける5つの能力

仕事がデキる人の評価が高くなるのは「学歴(頭)が良いから」ではありません。スタート地点が同じだったのであれば、それらの生まれ持った性質に、たいして差はないからです。では、仕事がデキる! と認められる人は、どういった能力を兼ね備えているのでしょうか?


テレアポのプロに聞く! 電話営業で成功するためのコツ

テレアポのプロに聞く! 電話営業で成功するためのコツ

新規の仕事を取ってくるときにまず最初に行う業務といえばテレアポ。会ったことがない人に電話をかけ、その場でアポや申込を取るのは簡単ではありません。そこで、今回は株式会社カスタマーリレーションテレマーケティングのマネージャー小松 茜さんにテレアポの極意についてお伺いしました。


最新の投稿


ベッドの上で楽々ストレッチ! 寝起きとおやすみ前の寝転びヨガ

ベッドの上で楽々ストレッチ! 寝起きとおやすみ前の寝転びヨガ

朝は眠いし、夜は寝つきが悪い……。コンディションがイマイチな働き女子にオススメなのが、ベッドの上で寝転びながらストレッチができる簡単ヨガ。寝る前と寝起きに5分ずつ使うことで心も身体もリフレッシュが叶います♡ 読者プレゼントもあるので最後まで見てくださいね♪


“二重あご”を防止&撃退! すっきり小顔になるメイク法&エクササイズ

“二重あご”を防止&撃退! すっきり小顔になるメイク法&エクササイズ

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディや、ついケアが怠りがちな細かなパーツにまで手をかけている女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、「二重あご防止法」について紹介します。


「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

親切でやっていたことが実はおせっかいだと相手が感じとってしまうこともあります。自分は良かれと思っていたのが、迷惑だと思われるのは少し悲しいですが、そもそもおせっかいと親切の差とはの何なのでしょうか?


だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

家に帰ってもやることがないから、ついつい仕事をしちゃう……というだらだら残業をしてしまう人はいませんか? せっかくある自分の時間を無駄にしてしまうのはもったいないから、メリハリをつけた習慣を作りましょう。


仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

オフィスでも美味しい紅茶を飲みたい! というよくばり女子のためにカンタンに美味しい紅茶をいれる3STEPをお教えします! とっても簡単なのですぐに実行できちゃいますよ♪


RANKING


>>総合人気ランキング