働き女子必見!生理前でも仕事のパフォーマンスを下げない方法



私だって生理休暇がほしい!

生理前になると、何もかも絶不調。
体調だけではなく心の状態までいつもと違って、何をするのもだるくて、彼とも喧嘩しちゃうし、とにかく最悪!毎月、訪れる生理前…。

どうにかして、もうちょっとご機嫌よく過ごせたらいいですよね。何より仕事のパフォーマンスを下げたくないと思うはず。

今回は、生理前でも仕事のパフォーマンスを下げない方法をご紹介します。

生理周期は必ず把握しておく

私の周りだけかもしれませんが、前回の生理がいつ来たのか、それすら手帳に記入しない人がたくさんいます。

普通に働いていても、仕事や女子会の予定は書くのに、排卵日や生理周期をまったく把握していない人が多いのです。たしかに生理になった日にちは覚えていても、半年分まで覚えていられません。

万が一、不調があらわれ、婦人科を受診するとなっても、生理周期を把握していないと、びしっと指摘される場合も。生理前・生理中でも、安定的なパフォーマンスを維持するためには、きちんと生理周期を把握し、周期にそった過ごし方を意識した方がきっと心と身体のためになります。

私の場合は排卵日付近にお腹がゆるくなり、生理前になると、お肌が荒れ、足もふくみ始めるため、そういった症状が出た時点で、ゆったりとした服装を選んだり、白湯をとって温めたりと微調整をしながら、仕事をしています。

朝の儀式・夜の儀式を徹底する

生理前の何がつらいかというと、身体のだるさという人も多いのではないでしょうか?鉛のように身体が重くなり、何をするのも面倒くさい状態に…。

とはいえ、そんなときでも出勤しなければいけないし、生理を理由に貴重な休みを消化するわけにはいきません。そこでおすすめの方法が朝の儀式と夜の儀式を決めておくこと。儀式というより、アスリートのルーティン感覚で決めておくといいかもしれません。

たとえば朝起きたら、白湯を飲んで内臓を起こしてあげ、それから洗顔と歯磨きをし、スクワットをしてさらに目覚めさせる、といった内容や夜は、寝る前に必ずヒーリングミュージックをかけ瞑想してから寝る、など、この儀式を忠実に守れば、安定したパフォーマンスができると自分自身に言い聞かせられるように環境を整えておくのです。

ただメニューを考えるだけではなく、毎日、忠実に守ることで生理前になっても、パフォーマンスを維持できます♡

フリーランス女子におすすめ!体調に合わせて環境と服を変える

自宅でお仕事をされているフリーランス女子におすすめの方法が、体調に合わせて環境と服を変えるやり方です。自宅が仕事場の場合、生理前でも取り組めるように、自分自身をコントロールする力がかなり重要になります。

ちなみに私の場合は、生理前になると、すべてが絶不調になるため、仕事部屋へ出勤するのではなく、実家の一室で仕事をし、服装も普段着ではなく、パジャマに近いスウェットを着ています。

かなり足がむくむので、この時期はスキニーパンツのように脚を締め付けるものは着用しません。メイクも一日自宅にいるときはお休みをして、とにかくその時間(メイクをしている時間があるなら)、仕事にとりかかろうと、自分に言い聞かせています。

体調が悪いときに、完璧なファッションをしていると、通常以上に疲れてしまいます。体調に合わせて環境や服を変え、パフォーマンスが下がりすぎないように気をつけましょう。

生理と上手に向き合おう。

生理前の不調を完全に防ぐというよりも、体調が悪いなりに、どのように仕事に取り掛かるかが重要です。

ご褒美を用意しておくのもいいかもしれません。心と身体がいつもの状態ではないからこそ、無理のないように♡