「もう無理だ。辛すぎる」ストレスが限界に達してしまった時の対処法とは?



忙しい毎日を過ごしていると、心が折れてしまいそうなくらい辛い瞬間があるかもしれません。そんな時には、無理をせずに自分を取り戻す努力を始めてみましょう。

いつだって遅くはないし、どれだけかかっても悪くなんてない。ゆっくりと一つずつ、自分を取り戻すように歩んでみて。

ストレスが限界に達してしまった時の対処法

環境を変える

あなたにストレスを与えているものはなんですか?
それは対人関係かもしれないし、環境かもしれません。本当に無気力になってしまい、普段できることができなくなってしまっているような、限界を迎えた状態ならば、やっぱり今の環境を変えることが必要かもしれません。

ストレスの原因が会社なのであれば、思い切って会社を辞めて、自分を取り戻せるようになるまで旅に出てみたり、実家が地方であれば実家に1度帰って、自然の中に身を置いてみたりしてみては?
いつまでも我慢をしてそのストレス過多な環境にいても、自分が病気になってしまっては元も子もありません。
勇気を出して1歩踏み出してみて。

自分に言い聞かせる

SNSがスタンダードになっている現代において、人と比べない自分をつくるのは大変なことかもしれません。
しかし”人をうらやましい”と感じたり、”どうして私だけ……”と思ってしまった時には「あ!今の私は、人と比べてるな」と受け入れてあげましょう。そして、人と比べない自分をつくるために「他人は他人、自分は自分」と、言い聞かせるように心がけて。

海外のように個を認めてくれるような環境が、日本ではまだまだ少ないかもしれないので、それに対して窮屈に感じるかもしれませんが、みんな違って、みんな良いのです。

だって、あなたは世界であなた1人しかいない。
そしてあなたの人生は誰でもない、あなたでなければ生きることはできないから。

ゆっくり過ごす

環境を変えたら、決して自分を責めることはしないで。それと同時に、人のせいにもしないで。ともかく誰のせいとか、そういうことはさておき、ゆっくりと過ごすのがベストです。

今、自分が生きていること、食事をきちんと食べられること、健康であること、自分が置かれている環境にまず感謝しましょう。そしてスマートフォンは見ずに、カラフルで美しい花々や、緑の木々、爽やかな風などを肌に感じながらボーッとする時間を大切にして。
さらに自宅に帰ったら、たくさん睡眠をとって体を休めてあげましょう!

また動物と触れ合うことも、愛情や安らぎを感じるホルモン「オキシトシン」が出るので、オススメです。

ポイントはあせらないこと

ゆっくりと過ごす日々を過ごしていると、途中で「これでいいのかな?」「このままではいけないんじゃないか?」という焦りが出てくるかもしれません。
しかし、ここで踏ん張って這い上がれる人もいれば、1度は這い上がってきても頑張りすぎてしまったのか、またすぐに同じような心の状態に戻ってしまう人もいます。
だから、あせりは禁物です。
自分の心と体の声にしっかりと耳を傾けて、ゆっくり自分を取り戻す作業をしてあげましょう。

自分の人生は1度きり。遠回りしたって、すべてのことに必ず意味があるから、やがてまわりにまわって、きっと役に立つ経験になるはずです。
ゆっくり、ゆっくりあせらずに!