セルフブランディングとパラレルキャリアの時代を生きる

セルフブランディングとパラレルキャリアの時代を生きる

「働き方」に対する意識が変わりつつある昨今。今後必要となるのは、自分自身で自分を演出する"セルフブランディング"という考え方です。そしてそれを活かして活動を行うことをパラレルキャリアとも呼びます。移り行く時代の変化についていくために、知っておきたい二つのことを簡単に紹介します。



あなたは、セルフブランディングとパレレルキャリアという言葉を聞いたことがありますか?

わかりやすくするために敢えて、シンプルに書きますね。
セルフブランディングとは、組織に依存せずに、あなた自身をブランド化する取り組みのことです。

あなたという人間は世界にたった1人しかいません。

あなたという1人の人間を自らプロデュースして、自己発信していきましょう、ということ。物凄くわかりやすい例だと、タレントをはじめとする芸能人、作家、起業家も含め、世の中で知名度がある人たちがその一例となります。みなさんそぞれに自分の個性や強みを、前に押し出してアピールしています。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

でも、別にテレビやネットで有名にならなくたっていいんです。あなた自身をブランド化すればいいだけの話。 そのためのきっかけ作りとして、まずは、あなたしかできない事を探してみましょう。

それを見つけるためには、あなたが好きだと思うこと、価値を感じることを、まずは思いつくだけたくさんピックアップしてみてください。そうすれば、何かが見えてくるはずです。

憧れられる女性になる「モデリング」の発想

https://cinq.style/articles/29

異性から好かれるよりは、同性から好かれたい。モテじゃなくて大人の魅力を手に入れたい。 そんな方は、女性が憧れる女性像を自分でつくる「モデリング」の発想を身に着けて。毎日生き生きと輝いていたい女性たちへ。

さて、もうひとつのパラレルキャリアについてお話をしたいと思います。

パラレルキャリアとは、世界的に有名な経済学者ピーター・ドラッガーの著書『明日を支配するもの』で提唱されている考え方です。


明日を支配するもの―21世紀のマネジメント革命

ひとつの組織に依存したまま同じ仕事だけをするのではなく、複数の顔を持ち、複数の自分を演じながら、本業とそれ以外の別のキャリアとを両立させることです。

例えば、OLをしながら、NPO法人を立ち上げる、ボランティア活動をする、小説を書く、知人とバーチャル・カンパニーを作る、あるプロジェクトに加わり、役割を担う、週末は農業、園芸、ライブ活動をする、ろくろを回す、そば打ちをする、など様々な活動の形があります。

その中には、必ずしも報酬を得ることだけを目的としていないケースもあり、「自分がやりたいことを楽しんでやる」「人脈つながりで、とりあえず手伝う」といったものもあります。

自分の得意分野を伸ばしたり、本格的な起業の下準備的な意味合いなどのケースもあります。ここでお伝えしたいことは、パラレルキャリアというキーワードが大事だという意味ではありません。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

呼び名はどうでもいいのです。要は、組織に依存するのではなく、セルフブランディングを志す過程において、自分の可能性を広げるための足がかりとして、多くのことにチャレンジすることが今後は大切になるということ。

もちろん、気をつけなければならないこともあります。

何でもかんでも興味本位で首を突っ込むといったことを目指そうと言っているわけではなく、日々の仕事をきちんとこなすことが大前提です。

パラレルにいろんなことにチャレンジするのはいいですが、どれも中途半端になってしまったり、容量オーバーになってしまうというというようなリスクも秘めていますので、時間や体調の管理も重要となります。ひたすらパラレルワールドに入り込んでしまうだけでは意味がありません。

一つのことを深掘りして、その道のプロになることを目指しつつも、さらなる可能性にチャレンジするとこと。これにトライすることで、どうでもいいことに時間を費やすことが減るといった効果があります。

筆者も、サラリーマンとして仕事をしている傍ら、休日はブロガーやライターとしての活動を行なっています。そうすると時間を管理する能力が必要になるので、どうでもいい付き合いレベルの飲み会には一切行かない、テレビも見ない、間食しないなど、自分にとって必要のないものはすべて断捨離することになりました。これにより、自分がやりたいこと、やるべきことが、かなり明確になりました。

人生は短いです。
80年生きるとしても、日数にしたらたった2万9,000日ほどしかありません。

であれば、本当にやりたいことができる人生にした方がよいと思いませんか?

何のために生きているのか、誰のために生きているのかを考えた時、おのずと答えは出てくるはず。お金のために、時間を切り売りするだけの人生って、つまらないと思いませんか?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

楽しそうだけど大変そう!パラレルキャリアのメリット・デメリット

https://cinq.style/articles/1221

第二のキャリアをもつことをパラレルキャリアと呼びます。本業以外に肩書きをもつと、人生の輝きがよりアップすることに。今回は、パラレルキャリアのメリット・デメリットをご紹介します。

この記事のライター

関連する投稿


「副業」って何から始めるの? 空いた時間でうまくお金を生み出すコツ

「副業」って何から始めるの? 空いた時間でうまくお金を生み出すコツ

複数の名刺を持ち、収入の手段を増やすという「副業」の動きが盛んになっている今、どうやって始めればいいのか、何をすればいいのか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 現在の副業事情や、空いた時間を使ってうまくお金を生み出すコツ、副業に関するアレコレを紹介します。


将来自分の役に立つ。セルフブランディングのはじめかた

将来自分の役に立つ。セルフブランディングのはじめかた

これからの時代生き残るためには、セルフブランディングが不可欠になります。自分がどんな風に見られたいのか? そのためには自分の強みをどのようにして表現していけば良いのかを考えなければなりません。今回は、セルフブランディングをするための方法についてご紹介します。


すぐに結果が出ないと辞めてしまう。「飽き性」を回避するためのコツ|MY WORK ヒント#76

すぐに結果が出ないと辞めてしまう。「飽き性」を回避するためのコツ|MY WORK ヒント#76

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第76回目は、何か始めてもすぐに飽きてしまう性格の人への提案です。


やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第58回目は、計画しても前に進まない自分を奮い立たせる方法です。


#MYWORKヒント 初心者ライティング講座レポート!

#MYWORKヒント 初心者ライティング講座レポート!

「女性の働き方」のヒントをお送りする『MYWORKヒント』を連載中のライターharakoによる、初心者向けのライティング講座を開催しました。今回はそのイベントの様子をお届けします。


最新の投稿


【働く女性の婚活事情】お金持ちと結婚したい。考えておきたい価値について

【働く女性の婚活事情】お金持ちと結婚したい。考えておきたい価値について

筆者が婚活中の働く女性からご相談を頂く中で、「お金持ちと結婚したい」というご要望をお持ちの方は非常に多いです。 同様のお考えをお持ちの方もいらっしゃるかと思われますので、一度コラムにまとめたいと思います。


SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第97回目は、SNSをやってよかったと思う時について考えます。


心がすっと軽くなる。豊かな人生へと導いてくれる「書く魔法」の魅力

心がすっと軽くなる。豊かな人生へと導いてくれる「書く魔法」の魅力

心がつらいときは「書く魔法」の力を借りませんか?書いて書いて書きまくっているうちに、いつもの自分に戻っているはずですから。


【#もちこのパンイチ 19】敏感な女子に大人気! 韓国風なパンイチ

【#もちこのパンイチ 19】敏感な女子に大人気! 韓国風なパンイチ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ企画。今回は流行に敏感な女性に人気の韓国風なパンイチのご紹介です♪ しっかりとした味付けでランチにもおすすめです!


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


RANKING


>>総合人気ランキング