【仕事と妊活】妊活のため退職する女性も。働く女性にとっての「理想の職場環境」とは

【仕事と妊活】妊活のため退職する女性も。働く女性にとっての「理想の職場環境」とは

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは6組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、働く女性にとっての「理想の職場環境」について考えていきます。


女性の活躍が進んでいる今ですが、まだまだ数多くの社会課題があります。その背景にあるのがライフステージの変化。柔軟な働き方が選べず「仕事と妊活の両立の難しさ」を痛感している方も多くいます。

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは6組に1組いる(日本産科婦人科学会アートデータブックより)というデータもあるほどなのに、働きながらの妊活や不妊治療が難しく、会社を辞めるしかない……と追い詰められてしまう女性もいるのが実情なのです。

子どもをもつために、キャリアを諦めなければならない女性を減らそうと、この課題に立ち向かっているのが『ファミワンキャリア』です。西岡さんが代表看護師を務めている『ファミワンキャリア』では、「妊活・不妊治療と仕事の両立」をはじめとする妊娠・出産・子育て期に関わる働き方をサポートしています。


今回の【仕事と妊活】連載では、「働きながらの妊活が難しい理由」と、そこから見えてくる「理想の職場環境」について考えてみたいと思います。

西岡有可(にしおか ゆか)

株式会社ファミワン 代表看護師
不妊症看護認定看護師
看護学修士

大学院にて「不妊治療を受ける女性の思いとかかわり」の研究に取り組みつつ、国立成育医療研究センター生殖医療外来にて勤務。その後、生殖医療専門クリニックにて10年勤務。第16回生殖看護学会優秀賞受賞。某IT企業「妊活コンシェルジュ」として企業内妊活相談担当。ファミワンのアドバイザーとして、LINEサービス「famione」のアドバイスを担当。フジテレビドラマ「隣の家族は青く見える」医療監修、企業・ホテルにて社員様向け、ご夫婦様向けに妊活に関するセミナーを担当。

働く女子にとっての「理想の職場環境」とは?

妊活・不妊治療を理由に退職する女性が多い理由は?

不妊治療の受診は生理を基準としているので、受診日が急に決まる(2日前や前日)ことが多く、休みの申請をすることが難しかったり、人気のクリニックによっては待ち時間が長いため、仕事の調整が大変で悩む方が多いです。

また、不妊治療をしていることを職場に伝えたくないため、これ以上休みを取ることが難しい方もいれば、治療にとってベストな日に休むことができないジレンマがあるなど、会社の融通が利かずこれ以上会社に迷惑を掛けられないと判断して相談に来られます。

ファミワンキャリアでは、正社員・業務委託(フリーランス)・スポット案件・ボランティア(プロボノ)と、多様な働き方を提案していますが、それぞれのメリットを教えてください。

正社員:有給休暇、産後の育児休業、会社独自の福利厚生など、妊活、出産と両立できる制度がある(取得においては在籍期間の規定があるので注意)。収入が安定する。

フリーランス:場所や時間にとらわれず自由に働くことができ、妊活と両立するためのスケジュール調整がしやすい。会社をまたいで興味のある仕事にチャレンジしやすい。

スポット案件:短期就業なので、妊活の状況に合わせてタイミングよく仕事をセーブできる/副業や兼業としても参加しやすく、繁忙期以外の時間のある期間を有効に使ってスキルを上げたい場合にもおすすめ。

ボランティア:離職中であっても、妊活を優先しながら次のキャリアにつながる実績がつくれる。気兼ねなくさまざまな仕事内容にチャレンジしやすいので、これまで知らなかった自分の一面(得意分野など)を見つけやすい。


フレックス制度や在宅勤務制度を取り入れていたり、職場にワーキングマザーが多い、女性が代表を務めていたりする企業さまだと比較的理解が得やすいかもしれません。また、ベンチャー・スタートアップ界隈だと業務委託やスポット案件、ボランティアを募集している企業さまも多いです。
治療中は突然の休暇を取ったり、仕事の調整をしたりしなければいけないことも多いもの。ただし妊活中であっても、限られた時間の中で成果を出すことを意識しながら仕事に向き合いましょう。そうして、職場の仲間との信頼関係を築いていくことも大切です。

企業で妊活をサポートする制度にはどのようなものがあるのでしょうか?

◾️休暇補助/費用補助

これまでは通常の有給休暇を駆使して、なんとか不妊治療を受けてきたという人が多く、繰り返しになりますが突発的に休暇を取ることが多い妊活では通常の休暇制度では対応しにくい部分があります。そのため、不妊治療を目的とした休暇制度や、金銭面の負担の大きい不妊治療を補助してくれる制度を導入している会社もあります。ただ、上司の承認が必要な場合がほとんどであり、、不妊治療をしていることをカミングアウトしたくないと思う女性にとってはハードルが高いのが弱点とも言えます。


◾️妊活相談(対面、オンライン)

妊活・不妊治療中の女性以外にもそろそろ子どもを……と考えている女性も悩みは多いもの。ですが、相談したくてもどこに相談すればいいかわからないという声もよく耳にします。そのため妊活コンシェルジュによる訪問やオンラインでの窓口をファミワン(外部)に依頼するケースも増えている状況です。


◾️妊活セミナー

当事者以外にも理解を深める必要があります。妊活・不妊治療は以前と比べて一般的になってきたものの、個人の価値観が大きく関わる事柄です。周囲が軽くとらえていると、ハラスメントになる恐れも……。そのため、管理職向けにセミナーを開催する企業も増えています。

男性が多い会社では、どのように妊活を理解してもらうのが正解だと思いますか?

不妊の原因の半分は男性要因であることや、年齢が上がるにつれ精子が減って来ていること、妊活は女性だけの問題ではなく、2人の問題であり、当事者意識を持ってもらう必要があります。しかし男性は妊活の知識を持っている人が非常に少ないため、男性が多い職場だと理解を得ることは非常に難しいものです。

そこで「自分の部下が妊活に悩んでいて、休暇申請して来たらどうする?」などをテーマに管理職者セミナーとして導入することで、「妊活のする人の周りにいる人」としての当事者意識を持ってもらうこともできます。そういったセミナーなどについては、ファミワンのような外部の力に頼ることが有効的だと思います。

多様な働き方をつなぐ「ファミワンキャリア」

仕事と妊活の両立が難しく不妊退職をした場合、退職によるキャリアブランクが発生することに加え、治療のことを考える時間が増え、精神的な負担が増したという声もあります。妊娠、出産、育児と進んだ女性も同様の悩みを抱えており、自分の思い描くライフスタイルとキャリアの両立に苦労しています。

「ファミワンキャリア」は、”正社員・業務委託(フリーランス)・スポット案件・ボランティア(プロボノ)”という働き方の提案を行い「妊活・不妊治療と仕事の両立」をはじめとする妊娠・出産・子育て期に関わる働き方をサポートします。女性が自分らしく輝ける、多様性のあるキャリア形成の手助けをしてくれるサービスです。【https://bit.ly/3g3Znl5

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


仕事と妊活 妊娠 連載

関連する投稿


【仕事と妊活】「妊娠・子育ての話題に敏感」妊活女性が感じやすい悩みとは

【仕事と妊活】「妊娠・子育ての話題に敏感」妊活女性が感じやすい悩みとは

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、妊活中に陥りがちな悩みについて考えていきます。


「人生の大きな目的は、知識ではなく行動である」ウーマンダイアローグ #44

「人生の大きな目的は、知識ではなく行動である」ウーマンダイアローグ #44

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、歯科衛生士の和田京子さん。子ども向けの歯科クリニック『キッズデンタル』で主任を務めながら、プライベートも全力で楽しんでいる素敵な女性です♡


「何もしないまま  願望だけが叶う事はない」ウーマンダイアローグ #43

「何もしないまま 願望だけが叶う事はない」ウーマンダイアローグ #43

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストはモデルの井原陽子さん。10代から芸能活動をされていましたが、一度離れてOLを経験した後、2016年からモデル活動をリスタート。現在は事務所に所属し、芸能一本で行くことを決意されました!


「運を動かすと書いて“運動”」ウーマンダイアローグ #42

「運を動かすと書いて“運動”」ウーマンダイアローグ #42

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、美尻トレーナーのKamoyuriさん。“美尻”にフォーカスを当てたトレーニングを中心にレッスンをしながら『EXERGiRLS』としても活動されていらっしゃいます♡


「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、通訳家の李起林(イ・ギリム)さん。生まれ育った韓国を離れて、通訳家として日本で活動されている素敵な女性です!


最新の投稿


生理痛に悩まされている女性は7割以上。痛みと冷えを軽減する方法を解説!

生理痛に悩まされている女性は7割以上。痛みと冷えを軽減する方法を解説!

生理について悩む働く女性は多く、7割もの人が普段から「生理痛がある」と回答し、さらには「生理中の冷えが気になる」と回答した人は5割も。どうすれば痛みや冷えを解消できるのでしょうか? 専門家が解説します。


早寝早起きの習慣を身に着けたい!そう思ったら始めたい3つのアクション

早寝早起きの習慣を身に着けたい!そう思ったら始めたい3つのアクション

健康や美容のために早寝早起きの習慣を身に着けたい!と思っている反面、その習慣を身につけるのが難しい…というのが本音ではないでしょうか。 そこで今回は元夜型だった筆者が早起きにシフトした経験も踏まえながら早寝早起きの習慣を身につけるための3つのアクションをご紹介します。


冷えが気になる時期こそ温活! 体を温めることに特化したバスソルト3つ

冷えが気になる時期こそ温活! 体を温めることに特化したバスソルト3つ

なんだか急に肌寒い日がやってきた9月。 そろそろ温活をしておかなくては、体調不良を起こしかねません。予防のためにも体を温めておくことが得策。そこで今回は体を温めることに特化したバスソルトを3つご紹介します。


「コロナ対策」でプライベートにまで制限が… #これってハラスメントですか?!

「コロナ対策」でプライベートにまで制限が… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナを理由にプライベートにまで制限がかけられてしまった女性からの相談です。


誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

内閣府が、新婚世帯の家賃や敷金・礼金、引っ越し代など新生活にかかる費用について、来年度から60万円を上限に補助する方針を固めたことにより「結婚すれば60万円もらえる」という情報が大きく広がっていますが、その情報だけしか知らないと大きな落とし穴にハマる危険が…! どんな制度なのか、内容を確認していきましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング