内側からフェロモンアップ!?女っぷりがあがる薬膳食材



色気がある女性に共通しているもの

「なんだか色っぽいな」同性から見ても色気があって魅力的な女性っていますよね。色気をどこで感じるかは人それぞれかと思いますが、色気がある女性たちを研究していたところ、3つの共通点があることに気が付きました。

✔︎髪やお肌に潤いとツヤがあること
✔︎気持ちがゆらぎにくく安定している
✔︎年齢を感じさせない健やかさ

艶やかなキレイな黒髪、感情に振り回されずいつも安定した凛とした雰囲気、いくつなんだろう?と年齢不詳だけれど内側からにじみ出るすこやかな美しさ…例えば色っぽさを感じる壇蜜さんはこの3つのポイントをしっかり押さえているように思いますが、いかがでしょうか。

色っぽさは洋服や仕草など外側から作ることもできます。しかし、内側からにじみでる自然な色気は食事やライフスタイルが大いに影響してくるはず。筆者の専門分野の薬膳の世界でも、女っぽさを仕込む食材というものが実はあるんですよ。

薬膳的、内側から色っぽさを仕込む食材リスト

「じゃあ、何を食べたらいいの?」というのが気になるところですよね。薬膳の世界ではこの3つがキーワードになります。

1.ホルモン分泌を担当する臓腑「腎(じん)」の働きを高める

別名アンチエイジングの臓腑といわれている腎。この臓腑は成長ホルモンやホルモンの分泌と関わりのある臓腑。腎の働きを高めることで年齢を感じさせない健やかな美しさを育むことができるといわれています。

2.お肌、髪、心に潤いと栄養を与える血(けつ)を増やす

血色感のあるお肌や髪をつくるために欠かせないのが血。血はお肌に潤いだけでなく栄養を与えてくれる役割を担っています。そうですね、スキンケアアイテムに例えるならば“美容液”のような存在です。血が減ると、肌のくすみや乾燥、髪はパサパサ、気分は落ち込む…というお悩みが出やすくなるため、血の充実は美と健康のためにとても重要です。

3.巡りをスムーズに

イライラしたり不安になったり、女性の心は複雑です。気持ちが不安定になっている時は気(き)の巡りが悪くなっている時だと考えますので気の巡りをスムーズにして、ゆらぎにくいココロを育んでいきましょう。

まずはこの5つの食材を摂り入れて

⑴山芋
筆者が常にストックしている食材のひとつが山芋。なぜなら、山芋には疲れた身体を癒し、身体やお肌を潤す働きがあるから。いつも疲れた表情やかさついたお肌では女らしさが半減してしまいます。山芋を食べて内側から潤いをチャージし疲れにくい体を作りましょう。

⑵レバー
お肌の血色感をアップさせたいならばぜひ食べてほしいのがレバー類です。レバーにはお肌や髪に潤いと栄養を与える血を増やしてくれる働きが期待できます。

週に一度でもいいですのでレバーを食べる習慣をつけて内側から血色感アップを目指しましょう。レバーが苦手な方は牛肉や豚肉でも◎。

⑶カシューナッツ
ナッツ類の中でも特におすすめしたいのがカシューナッツです。カシューナッツには腎の働きを高める働きのほかに、血を増やしてくれる働きが期待できます。

小腹がすいたらスイーツではなく、カシューナッツをつまむのが女性らしさを育む第一歩。特に17時〜19時の間に食べるとより効果を発揮できますよ。

⑷黒ごま
年齢を感じさせない美しさを手に入れるには“黒い食材”がキーワード。黒い食材には腎の働きを高め、血の量も増やしてくれる働きがありますので気持ちもお肌も揺らぎにくくなります。黒ごまは美容、健康、そして、メンタルヘルスも期待できる効果が詰まっていますのでこれは食べない手はないですね。
筆者は納豆や炒め物、和え物などいろんなものにプラスして毎日食べていますよ。

⑸ジャスミン茶
色気のある女性はいつも気持ちに余裕があってちょっとしたことでは動じない強さがあるなと感じるのは私だけでしょうか。
そんなゆらぎにくいココロを作るのに一役買ってくれるのがジャスミン茶。
気の巡りをスムーズにしてくれるのでリラックス効果がとても高いといわれています。イライラしたり落ち込んだ時のあなたの味方になってくれるはずですよ。

色気は毎日の積み重ねでつくられる

色気というのは一朝一夕でつくられるものではなく、コツコツ育んでいくもの。
知性、所作、言葉遣い、そして毎日の食事や暮らし方など日々の積み重ねがその人の魅力をつくりだしているのではないでしょうか。
日々口にするものを見直して、内側からあふれる色気を育んでいきましょう。