「オフィスが寒い!」 夏ならではのお悩み、冷房に関するエピソード

「オフィスが寒い!」 夏ならではのお悩み、冷房に関するエピソード

オフィスの冷房問題ってどこの会社でもありますよね。人それぞれ寒いと思う感覚が違うので難しいもの。今回は冷房のあるあるについて考えていきます。


集中力が欠けてしまうくらいの暑い夏には冷房は欠かせない…。とはいえ最初は涼しくて快適に感じても、次第に寒く感じることもありますよね。でもオフィスには暑がりさんもいて、みんながそれぞれに「適温」と感じる温度は違っています。冷房からくる冷えは夏ならではのお悩みです。みなさんのオフィスでも冷房の上げ下げに関する小さな戦争が繰り広げられているかも・・・!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

男性と女性では温度差がある

男性が暑がりで、女性は冷え性の人が多いイメージってありませんか?
実際に男性と女性では筋肉量の違いがあることから、体感温度に3〜5度も差が出てきてしまうこともあるよう。これほどの体温差があると、暑いと寒いの感覚が違うのも納得がいきます。

席の位置の問題

座っている場所によっても、温度差はあります。吹き出し口の位置の近くは、風がよく当たってキンキンに冷えいるのに、遠くの席の人は暑くて汗ダラダラ・・・なんてことがあったりします。少し場所が違うだけでこんなにも差が出るものなのかと驚きますよね。

窓側に座っている人は強い日差しが差し掛かっていることもあり、ここでも温度差も気になります。冷房をスイング設定にしていたら、まんべんなく当たるものだと思いきや、オフィスに置いてある障害物や冷房機器の設置位置によって結構な差があるみたい・・・。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

外回りの人と内勤の人で

冷えた空間にずっと座っていると寒くなってきますが、外勤の人は暑い中、仕事をして帰って来ます。その時には「思ったより冷えていない」と感じてしまうケースも多いです。流石に温度を下げることはしませんが、「涼しい!」という感動を期待していただけにガッカリした、なんて経験がある人も多いのでは?

寒いと暑いはどちらに合わせるべきなのか

寒すぎると風邪をひいてしまう原因にもなるし、暑いと熱中症の恐れもある。どちらも合わせたい、と思いつつ全員が適温だと思う温度に合わせることは難しいですよね。

ただ、寒いときに対してはブランケットをかけたり、上着を一枚増やす、といったような対策はできますが、暑い時に洋服を脱ぐわけにもいかないことを考えると、ちょっとだけ暑い人が有利なのかもしれません。

まずは冷房の設定温度をオフィスにいるみんなで一度話合うのも良いですね。この温度が基準、というものがあればお互いにそれに合わせた対応が考えられるようになります。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

対策をして体調管理に気をつけて

女性は特に寒いと感じる人が多いためか、よく工夫をしている人が多いですよね。
ストールやカーディガンを羽織ったり、オフィスにホットドリンクを常備したり、七分のブラウスを着てきたりと。またトイレに行くときに軽くストレッチをして血行を良くするようにすることは、女性だからこその対応力ともいえます。スーツでビシッと暑さを耐えている男性のことを考えると、ある程度対策をするのは仕方ないのかもしれません。

ただあまりにも寒い時は、隣の人に「ちょっと寒いですね」と会話をして、さりげなく上司にアピールして温度を上げれるようにするのもいい手段だと思います。

自分にとって快適ではない温度の中で長時間過ごすのは大変なこと。体調を崩さないよう対策を打っていき、快適なオフィスにしたいものです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

オフィスワークを快適に過ごしたいから。 エディターが選ぶデスクでの必需品

https://cinq.style/articles/484

編集者というと、華やかそうな印象を持たれることが多い私たちですが、実際には地味なデスクワークの積み重ね。長時間デスクに張り付いているからこそ、快適に過ごしたい、と見つけたオススメのアイテムをご紹介。

【オフィスワークを見直し】1日を気持ちよく過ごすためのマナーブック

https://cinq.style/articles/1

毎朝同じ時間に起きて、決められた時間に出社して、オフィスワークをこなして帰宅、なんてつまらない! よくばり女子のみなさん、流れが決まっているからこそ、毎日気持ちよく過ごすために一工夫してみませんか?

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


オフィス

関連する投稿


【テイクアウトコーヒーをそのままイン!】冷たいままで飲める万能タンブラー

【テイクアウトコーヒーをそのままイン!】冷たいままで飲める万能タンブラー

出勤前にコンビニやカフェでアイスコーヒーをテイクアウトして出社する女性も多いのではないでしょうか? しかし、気温が上がれば上がるほど冷たかったドリンクはあっという間にぬるくなってしまいますよね。けれど「ツバメ ステンレスサーモタンブラー」を使えば、テイクアウトコーヒーを長時間美味しく飲むことができるんです♡


仕事を効率的にするには適度な休憩を! 職場でできるプチリフレッシュ法

仕事を効率的にするには適度な休憩を! 職場でできるプチリフレッシュ法

お昼休憩をしたといえど、人間の集中力はそんなに続かないもの。仕事合間の息抜きには、集中力を高め、仕事や勉強の生産性を上げる効果があります。だからこそ適度におやすみを取ることが大切。体のためにも、生産性アップのためにも「疲れたな~」と思ったときに実践したい、プチリフレッシュ法を覚えておきましょう。


オフィスに置いておきたい!花粉症対策アイテム

オフィスに置いておきたい!花粉症対策アイテム

本格的な花粉症シーズンが到来! オフィスでずっと鼻をかみ続けているのはなんだか恥ずかしいし、大事な打ち合わせがある時にマスクや目薬を差すのが難しい状況になることも。今回はオフィスでできる花粉症対策方法をご紹介します。


【アロマ講師直伝!】商談の前にも強い味方に。オフィスで簡単アロマ活用術

【アロマ講師直伝!】商談の前にも強い味方に。オフィスで簡単アロマ活用術

初めてのプレゼンやいつもよりも大きな商談は、どんな人でも緊張します。メンタルを整えるために香りを味方につけてみるのはいかがでしょう? おすすめの香りとオフィスで簡単にできるアロマ活用術をアロマテラピーインストラクターとして活躍する、齋藤 れいこさんに教えていただきました。


「高い自己裁量で自分の働き方をデザインする」株式会社イトーキ #オフィス改革

「高い自己裁量で自分の働き方をデザインする」株式会社イトーキ #オフィス改革

「自己裁量を最大化し、生産性を高めること」を軸とし、業務に合わせて最適な場所を選ぶことができるという株式会社イトーキのワークスタイル。一般的なオフィスと比べて、自由度の高いオフィスにいることは一体どのようなメリットがあるのでしょうか? 実際に働いている社員さんに直接話を伺いました。


最新の投稿


【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

ジルスチュアートビューティ 2019 Fall Collection が8月2日に発売。今回は、新コレクションを使って、大人に似合うピンクメイクのポイントを3つお届けします。無理をせず、肩の力を抜いた自然なかわいらしさで、オトナ女子にもピッタリ。


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

転職活動で大切なのは「自分を知ること」と「相手(企業)を知ること」の2つ。今回は、転職先で後悔することのないように、事前に行っておきたい企業研究のキホンについて、キャリアアドバイザーがお教えします。


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング