【仕事と妊活】妊活はパートナーと「一緒」に。妊活の進め方と気をつけておきたいこと

【仕事と妊活】妊活はパートナーと「一緒」に。妊活の進め方と気をつけておきたいこと

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、パートナーと行う妊活の進め方について考えていきます。


女性の活躍が進んでいる今ですが、まだまだ数多くの社会課題があります。その背景にあるのがライフステージの変化。柔軟な働き方が選べず「仕事と妊活の両立の難しさ」を痛感している方も多くいます。
不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いる(日本産科婦人科学会アートデータブックより)というデータもあるほどなのに、働きながらの妊活や不妊治療が難しく、会社を辞めるしかない……と追い詰められてしまう女性もいるのが実情なのです。

子どもが欲しいのに、なかなかできない……。
そう悩み始めたら妊活のはじめどきかも。妊活中はお金がかかることや、会社勤めの場合は両立が難しいことなど、悩みもたくさんあります。そんなリアルな妊活実情を知るため、Cinqでは株式会社ファミワン協力の元「仕事と妊活」についての連載をスタート!

今回はパートナーと行う妊活の進め方について考えていきます。

年齢によって違う? 妊活の進め方とは

妊活をしようと思ったとき、気になるのが“年齢”についてです。実は年齢によって妊活に対する考え方、進め方は違います。

20代:妊活よりも生理不順やPMSなどで悩むかたがいらっしゃる時期。まずは自分の身体を知ることから始めましょう。生理周期を記録する、体調の変化を捉える、かかりつけの婦人科があると良いですね。葉酸サプリメントをとること、風疹や麻疹の抗体があるかのチェック、予防接種なども準備しておきましょう。


30代前半:いよいよ妊活をされる方が多くなってくる年代です。基本的に「自宅妊活して1年経っても妊娠しない場合には一度受診を」というのが目安になりますので、まずは1年間自宅でトライしてみましょう。またブライダルチェックとして前もって不妊検査を受けておくことも良いでしょう。


30代後半:女性の妊娠する力の低下は35歳を機に低下していきます。30代後半は妊活のスピードを早めていくと良いでしょう。「自宅妊活して半年経っても妊娠しない場合には一度受診を」という基準に変えていく時期です。妊娠できる身体かどうか、パートナーと2人で検査を受けることは妊活の大きな一歩となります。受診をし医師と相談の元、妊活の方針を決めていきましょう。

妊娠しやすい体質にしていくための生活習慣

妊娠しやすい体質には年齢問わず生活習慣を整えることが大切です。自身のライフスタイルを見直し、健康で妊娠しやすい体づくりを目指しましょう。

・栄養
ごくごく当たり前のことですが、バランスの良い食事を心がけましょう。妊活中に不足しがちな「葉酸」「ビタミンD」「カルシウム」「鉄」「亜鉛」などが重要です。サプリメントで補うことも良いですね。特に葉酸は日本人の食生活で十分な量を取ることは難しいので、サプリメントで補助的に摂取することがおすすめです。

また、BMIを適正範囲にしておくことも重要です。妊活中は太り過ぎも痩せすぎもよくありません。卵子を育てるにはコレステロールも必要ですので、過度な食事制限はしないようにしましょう。

・運動
妊活によいと言われている運動は、ウォーキングやストレッチ、ヨガなどの有酸素運動をメインとしたものです。じんわりと温かくなるものを取り入れてください。また、激しすぎる運動は活性酸素が産生されてしまい、妊活にあまり良くないとの報告もあります。新しい生活様式の中なかなか運動を取り入れることが難しいかもしれませんが、動画などを観ながら自宅でできるものを取り入れられるといいですね。

女性だけじゃない。パートナーも生活習慣の見直しを!

不妊の原因は男女半々というデータがあります。そもそも、妊娠は女性だけのものではなく、生まれてくる子どもは2人の子どもで「男性も一緒に取り組む」ものです。男性も一緒に生活習慣を整えるようにしましょう。

・睡眠時間を十分にとる・ストレス発散をする
・サウナや長風呂は控える
・ひざ上での長時間のPC操作は控える・ゆったりした下着や洋服を身につける
・長時間の座り仕事にならないように、定期的に立ち上がるなどする


精子は熱に弱く、精巣内の温度が1℃でも上昇すると精子の運動率は下がってしまいます。他にも、喫煙は論外ですので、もしパートナーが喫煙をしていたらこれを機に禁煙をお願いしましょう。飲酒に関しては飲みすぎず、休肝日をきちんと設けていれば問題ありません。適度に楽しんで飲むお酒はストレス発散にもなります。

男性にも妊活を理解してもらうために大切なこと

男性と女性ではどうしても妊活の知識や情報、考え方に違いがあることが多いです。
女性にとっては「男性は妊活に関して他人ごとのようだ」と感じている方も少なくないかもしれません。毎月生理がくるのも、妊娠してお腹が大きくなるのも女性なので、男性はどうしても自分ごととして捉えることが難しくなります。

また男性は問題解決思考が強い方が多いので、女性の感情的な話はなんだかわかりづらいなと思っているのかもしれません。男性に理解を促すためには、妊娠率のデータや情報を利用し「避妊のないカップルが1年以内に妊娠する確率は約80%と言われているらしいけど。私たちは〇カ月以上も頑張っているのに妊娠しないの。だから早い段階で協力して欲しいと思っているんだけどだめかな?」と問題解決思考に訴えかけてみるのも良いかもしれません。

パートナーとの意見が合わないなど同じ様に悩まれている方も多くいるもの。
カップルの仲でもセンシティブな話題なので話すきっかけが難しいとは思いますが、突然、妊活の話をするのではなく、前もって「今度の土曜日に妊活について話したいんだけど。少し時間をもらえるかな?」と前振りをしておくのも一つの秘訣です。

教えてくれたのはこの人!

西岡有可(にしおか ゆか)

株式会社ファミワン 代表看護師
不妊症看護認定看護師
看護学修士

大学院にて「不妊治療を受ける女性の思いとかかわり」の研究に取り組みつつ、国立成育医療研究センター生殖医療外来にて勤務。その後、生殖医療専門クリニックにて10年勤務。第16回生殖看護学会優秀賞受賞。某IT企業「妊活コンシェルジュ」として企業内妊活相談担当。ファミワンのアドバイザーとして、LINEサービス「famione」のアドバイスを担当。フジテレビドラマ「隣の家族は青く見える」医療監修、企業・ホテルにて社員様向け、ご夫婦様向けに妊活に関するセミナーを担当。

多様な働き方をつなぐ「ファミワンキャリア」

仕事と妊活の両立が難しく不妊退職をした場合、退職によるキャリアブランクが発生することに加え、治療のことを考える時間が増え、精神的な負担が増したという声もあります。妊娠、出産、育児と進んだ女性も同様の悩みを抱えており、自分の思い描くライフスタイルとキャリアの両立に苦労しています。

「ファミワンキャリア」は、”正社員・業務委託(フリーランス)・スポット案件・ボランティア(プロボノ)”という働き方の提案を行い「妊活・不妊治療と仕事の両立」をはじめとする妊娠・出産・子育て期に関わる働き方をサポートします。女性が自分らしく輝ける、多様性のあるキャリア形成の手助けをしてくれるサービスです。【https://bit.ly/3g3Znl5

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


仕事と妊活 妊娠 連載

関連する投稿


【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、「妊活」需要の変化について考えていきます。


【仕事と妊活】妊活のため退職する女性も。働く女性にとっての「理想の職場環境」とは

【仕事と妊活】妊活のため退職する女性も。働く女性にとっての「理想の職場環境」とは

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは6組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、働く女性にとっての「理想の職場環境」について考えていきます。


【仕事と妊活】働く女性って何かと難しい? 不妊・妊活の実情について

【仕事と妊活】働く女性って何かと難しい? 不妊・妊活の実情について

結婚をすれば子どもを持つのが当然で、子どもは簡単にできるもの……なんて思いこんでいませんか? 今は不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは6組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。そこで、Cinqでは株式会社ファミワンの協力のもと「仕事と妊活」連載をスタートします。


どんどん距離感が近くなるクライアント、思い切って切るべき?#これってハラスメントですか?!

どんどん距離感が近くなるクライアント、思い切って切るべき?#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回はクライアントとの打ち合わせで困っているフリーランスの女性からです。


「子供の将来は、その母の努力によって定まる」ウーマンダイアローグ #40

「子供の将来は、その母の努力によって定まる」ウーマンダイアローグ #40

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、ソフトバンク株式会社の宗岡由佳さん。前職で培った経験を活かし、デジタルマーケティング事業部にてマーケティングのプランニングをされています。


最新の投稿


用途に合わせて使い分け!まだ手に入れてない人に贈るエコバックの選び方

用途に合わせて使い分け!まだ手に入れてない人に贈るエコバックの選び方

レジ袋有料化に伴って、買い物の際に必要不可欠なアイテムとなった「エコバッグ」。手に入れようと探してみても、意外と機能性の幅が広く、どれを使えばいいのか悩んでいる人も多いのでは? そこで今回は、用途別にどんなエコバックを使えばいいのかご紹介します。


コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナの影響で半日休業になった社員さんから、こんな相談が届きました。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はフュービック 岩井 恵莉子さんです。


【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、「妊活」需要の変化について考えていきます。


仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

転職活動を始めたはいいものの、思うように進まない…なんて悩みに直面した方も多いのではないでしょうか? 自分が思ったように物事が進まないと、ついやる気も失せてしまいます。けれど、転職活動がうまくいかないときにも必ず理由があるもの。キャリアアドバイザーが転職活動が思うように進まない時の対処をお教えします。


RANKING


>>総合人気ランキング