【仕事と妊活】妊活はパートナーと「一緒」に。妊活の進め方と気をつけておきたいこと

【仕事と妊活】妊活はパートナーと「一緒」に。妊活の進め方と気をつけておきたいこと

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、パートナーと行う妊活の進め方について考えていきます。


女性の活躍が進んでいる今ですが、まだまだ数多くの社会課題があります。その背景にあるのがライフステージの変化。柔軟な働き方が選べず「仕事と妊活の両立の難しさ」を痛感している方も多くいます。
不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いる(日本産科婦人科学会アートデータブックより)というデータもあるほどなのに、働きながらの妊活や不妊治療が難しく、会社を辞めるしかない……と追い詰められてしまう女性もいるのが実情なのです。

子どもが欲しいのに、なかなかできない……。
そう悩み始めたら妊活のはじめどきかも。妊活中はお金がかかることや、会社勤めの場合は両立が難しいことなど、悩みもたくさんあります。そんなリアルな妊活実情を知るため、Cinqでは株式会社ファミワン協力の元「仕事と妊活」についての連載をスタート!

今回はパートナーと行う妊活の進め方について考えていきます。

年齢によって違う? 妊活の進め方とは

妊活をしようと思ったとき、気になるのが“年齢”についてです。実は年齢によって妊活に対する考え方、進め方は違います。

20代:妊活よりも生理不順やPMSなどで悩むかたがいらっしゃる時期。まずは自分の身体を知ることから始めましょう。生理周期を記録する、体調の変化を捉える、かかりつけの婦人科があると良いですね。葉酸サプリメントをとること、風疹や麻疹の抗体があるかのチェック、予防接種なども準備しておきましょう。


30代前半:いよいよ妊活をされる方が多くなってくる年代です。基本的に「自宅妊活して1年経っても妊娠しない場合には一度受診を」というのが目安になりますので、まずは1年間自宅でトライしてみましょう。またブライダルチェックとして前もって不妊検査を受けておくことも良いでしょう。


30代後半:女性の妊娠する力の低下は35歳を機に低下していきます。30代後半は妊活のスピードを早めていくと良いでしょう。「自宅妊活して半年経っても妊娠しない場合には一度受診を」という基準に変えていく時期です。妊娠できる身体かどうか、パートナーと2人で検査を受けることは妊活の大きな一歩となります。受診をし医師と相談の元、妊活の方針を決めていきましょう。

妊娠しやすい体質にしていくための生活習慣

妊娠しやすい体質には年齢問わず生活習慣を整えることが大切です。自身のライフスタイルを見直し、健康で妊娠しやすい体づくりを目指しましょう。

・栄養
ごくごく当たり前のことですが、バランスの良い食事を心がけましょう。妊活中に不足しがちな「葉酸」「ビタミンD」「カルシウム」「鉄」「亜鉛」などが重要です。サプリメントで補うことも良いですね。特に葉酸は日本人の食生活で十分な量を取ることは難しいので、サプリメントで補助的に摂取することがおすすめです。

また、BMIを適正範囲にしておくことも重要です。妊活中は太り過ぎも痩せすぎもよくありません。卵子を育てるにはコレステロールも必要ですので、過度な食事制限はしないようにしましょう。

・運動
妊活によいと言われている運動は、ウォーキングやストレッチ、ヨガなどの有酸素運動をメインとしたものです。じんわりと温かくなるものを取り入れてください。また、激しすぎる運動は活性酸素が産生されてしまい、妊活にあまり良くないとの報告もあります。新しい生活様式の中なかなか運動を取り入れることが難しいかもしれませんが、動画などを観ながら自宅でできるものを取り入れられるといいですね。

女性だけじゃない。パートナーも生活習慣の見直しを!

不妊の原因は男女半々というデータがあります。そもそも、妊娠は女性だけのものではなく、生まれてくる子どもは2人の子どもで「男性も一緒に取り組む」ものです。男性も一緒に生活習慣を整えるようにしましょう。

・睡眠時間を十分にとる・ストレス発散をする
・サウナや長風呂は控える
・ひざ上での長時間のPC操作は控える・ゆったりした下着や洋服を身につける
・長時間の座り仕事にならないように、定期的に立ち上がるなどする


精子は熱に弱く、精巣内の温度が1℃でも上昇すると精子の運動率は下がってしまいます。他にも、喫煙は論外ですので、もしパートナーが喫煙をしていたらこれを機に禁煙をお願いしましょう。飲酒に関しては飲みすぎず、休肝日をきちんと設けていれば問題ありません。適度に楽しんで飲むお酒はストレス発散にもなります。

男性にも妊活を理解してもらうために大切なこと

男性と女性ではどうしても妊活の知識や情報、考え方に違いがあることが多いです。
女性にとっては「男性は妊活に関して他人ごとのようだ」と感じている方も少なくないかもしれません。毎月生理がくるのも、妊娠してお腹が大きくなるのも女性なので、男性はどうしても自分ごととして捉えることが難しくなります。

また男性は問題解決思考が強い方が多いので、女性の感情的な話はなんだかわかりづらいなと思っているのかもしれません。男性に理解を促すためには、妊娠率のデータや情報を利用し「避妊のないカップルが1年以内に妊娠する確率は約80%と言われているらしいけど。私たちは〇カ月以上も頑張っているのに妊娠しないの。だから早い段階で協力して欲しいと思っているんだけどだめかな?」と問題解決思考に訴えかけてみるのも良いかもしれません。

パートナーとの意見が合わないなど同じ様に悩まれている方も多くいるもの。
カップルの仲でもセンシティブな話題なので話すきっかけが難しいとは思いますが、突然、妊活の話をするのではなく、前もって「今度の土曜日に妊活について話したいんだけど。少し時間をもらえるかな?」と前振りをしておくのも一つの秘訣です。

教えてくれたのはこの人!

西岡有可(にしおか ゆか)

株式会社ファミワン 代表看護師
不妊症看護認定看護師
看護学修士

大学院にて「不妊治療を受ける女性の思いとかかわり」の研究に取り組みつつ、国立成育医療研究センター生殖医療外来にて勤務。その後、生殖医療専門クリニックにて10年勤務。第16回生殖看護学会優秀賞受賞。某IT企業「妊活コンシェルジュ」として企業内妊活相談担当。ファミワンのアドバイザーとして、LINEサービス「famione」のアドバイスを担当。フジテレビドラマ「隣の家族は青く見える」医療監修、企業・ホテルにて社員様向け、ご夫婦様向けに妊活に関するセミナーを担当。

多様な働き方をつなぐ「ファミワンキャリア」

仕事と妊活の両立が難しく不妊退職をした場合、退職によるキャリアブランクが発生することに加え、治療のことを考える時間が増え、精神的な負担が増したという声もあります。妊娠、出産、育児と進んだ女性も同様の悩みを抱えており、自分の思い描くライフスタイルとキャリアの両立に苦労しています。

「ファミワンキャリア」は、”正社員・業務委託(フリーランス)・スポット案件・ボランティア(プロボノ)”という働き方の提案を行い「妊活・不妊治療と仕事の両立」をはじめとする妊娠・出産・子育て期に関わる働き方をサポートします。女性が自分らしく輝ける、多様性のあるキャリア形成の手助けをしてくれるサービスです。【https://bit.ly/3g3Znl5

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


仕事と妊活 妊娠 連載

関連する投稿


「チャンスは鳥のようなものだ 飛び去らないうちに捕らえよ」ウーマンダイアローグ #46

「チャンスは鳥のようなものだ 飛び去らないうちに捕らえよ」ウーマンダイアローグ #46

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストはプレスラボの池田園子さん。2020年に代表取締役に就任されたばかりですが、どのような背景があったのでしょうか?ライター駆け出し時代からコロナ禍の現状まで、たくさんのお話しを伺いました。


「あなたのキレイは心が決める」ウーマンダイアローグ #45

「あなたのキレイは心が決める」ウーマンダイアローグ #45

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、恵比寿にあるヘアサロン、AGEE GARDENの佐藤糸桜さん。子どもの頃から“ヘアサロン”という場所が大好きで、大学在籍中にダブルスクールで美容師の道を志した努力家です!


【仕事と妊活】「妊活に疲れてしまった」妊活女性が感じやすい悩みとは

【仕事と妊活】「妊活に疲れてしまった」妊活女性が感じやすい悩みとは

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは5組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、妊活中に陥りがちな悩みについて考えていきます。


【仕事と妊活】「妊娠・子育ての話題に敏感」妊活女性が感じやすい悩みとは

【仕事と妊活】「妊娠・子育ての話題に敏感」妊活女性が感じやすい悩みとは

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、妊活中に陥りがちな悩みについて考えていきます。


「人生の大きな目的は、知識ではなく行動である」ウーマンダイアローグ #44

「人生の大きな目的は、知識ではなく行動である」ウーマンダイアローグ #44

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、歯科衛生士の和田京子さん。子ども向けの歯科クリニック『キッズデンタル』で主任を務めながら、プライベートも全力で楽しんでいる素敵な女性です♡


最新の投稿


旅行で相性が分かる⁈ 旅を楽しめる女友達と楽しめない女友達の違いって

旅行で相性が分かる⁈ 旅を楽しめる女友達と楽しめない女友達の違いって

旅行は友達との本当の相性が分かるイベントでもあります。親友だと思っていた友人と旅行に行ったのに、なかなか意見が合わず結果的に喧嘩別れ……。一緒に旅行を楽しめる女友達と、楽しめない女友達は何が違うのでしょう?


「チャンスは鳥のようなものだ 飛び去らないうちに捕らえよ」ウーマンダイアローグ #46

「チャンスは鳥のようなものだ 飛び去らないうちに捕らえよ」ウーマンダイアローグ #46

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストはプレスラボの池田園子さん。2020年に代表取締役に就任されたばかりですが、どのような背景があったのでしょうか?ライター駆け出し時代からコロナ禍の現状まで、たくさんのお話しを伺いました。


【美容ライター厳選】2020年下半期注目すべきオーガニックメイクアップコスメ

【美容ライター厳選】2020年下半期注目すべきオーガニックメイクアップコスメ

下半期もあっという間に過ぎていく中でも、マスク生活がスタンダードに。目元や唇のケアが大切になってきます。肌に少しでも負担がかかりにくいオーガニックコスメは、いま注目すべきアイテムです。そこで筆者がオーガニックメイクアップコスメを厳選。まだチェックしていないという人は、ぜひこの機会にチェックしてみて。


体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

「さむっ!!」と思わず声が漏れちゃうほど、気温がグッと下がり朝晩寒くなりましたね。衣服での寒さ対策はしていると思いますが、食事はどうでしょうか。カラダを温める食材を意識して食べていますか?ギクッとされた方はまずはこの5つの食材を味方につけましょう。


20代から始めるべき美容法。サテンのような肌になるボディセラムは必携|お守りコスメ

20代から始めるべき美容法。サテンのような肌になるボディセラムは必携|お守りコスメ

美容は一朝一夕で手に入るものではなく、毎日のお手入れの積み重ねから美容貯金となり、未来に表れるものです。とはいえ全てのパーツのケアを毎日入念に行うのは大変なこと。そこで「20代のうちにやっておくべき美容法」に優先度の高いものをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング