私たちにはどう影響するの? ざっくり・簡単にわかるコロナの経済的影響

私たちにはどう影響するの? ざっくり・簡単にわかるコロナの経済的影響

新型コロナウイルスの流行により、経済に大きなダメージを与えているという今。実際に私たちの身に何が起こるの? と不安を抱えている方もいることでしょう。そこで今回は、「コロナの経済的影響」についてわかりやすく説明していきます。


コロナの影響による経済の変化って…?

新型コロナウイルスによって大きな経済的打撃を受けている日本。
その影響力は、「リーマンショック以上」「戦後最大の危機」とも言われていますが、実際に私たちの生活にどう影響してくるか? を考えたことはあるでしょうか。今回は、経済に詳しくない方でもわかりやすいように、新型コロナウイルスが私たちに与える影響について紹介していきたいと思います。

中小企業の倒産が増える

特に深刻なのが観光業や飲食業です。営業自粛や休業要請がでたことにより「出費は変わらず、収入がなくなった」状態が続いているからです。もちろん、中小企業には補償もありますが、実際にその保障内で全てが賄えるか? と考えると、そんなことはありません。海外からの旅客を伸ばしていた観光業、そして人の行き来があることを前提に組まれていた飲食業や小売業はとくに苦しい思いをしています。また、オリンピックを目指して予定を組んでいた企業も資金繰りに悩むことになるでしょう。
結果、外出自粛・営業自粛が長引けば長引くほど、体力のない中小企業から倒産していくことになってしまいます。「未払い賃金立替制度」などの制度を活用しながら、厳しい局面を乗り切るしかありません。

未払い賃金建替制度……会社が倒産した際、未払いになってしまった給与の一部を国が立て替えてくれる制度。

人材を雇用できない/就職先の選択肢が少なくなる

企業に利益が確保できない状況が続くとどうなるか? を考えると、想像がつくでしょう。企業が人を雇えない、つまり私たち雇用者は就職先の選択肢が少なくなるということです。

2021年の新卒採用を見送る会社も多く見受けられましたが、この状況が長期化すれば、働く場所がなくなった雇用者を受け入れられる企業も少なくなっていきます。

今は、資金繰りに多少余裕がある企業であっても、早期退職者を募る会社も(早期退職したら退職金が手に入ります)増えていくでしょう。このように、企業で働いている人も今後は安心できないような状況になってきます。

企業が 研修・教育にお金をかけなくなる

もし自分が無事に採用され、企業に入社することが決まっても安心はできません。企業は、人件費の他にも多額の「教育費」にお金を費やしてきました。新卒・中途入社用の講習セミナーや勉強会なども少なくなり、企業が研修や教育にお金をかけなくなってくるからです。
つまり、雇用された側はスキル不足になる可能性が高いということ。自分で自分を守るためには、自ら学びを重ねていく必要があります。今後はどれだけの結果を残してきたか? というような裁量を求められるようになるでしょう。

ボーナスが出ない・減給も視野に

当たり前に「あるもの」と思われていたボーナスがでなかったり、給与の減給も視野に入れておきましょう。

「ボーナスで払えばいいや」と思っていた、ツケ払いや不動産や車など、大きな買い物をしていた人には大打撃があるかもしれません。大きな買い物は先送りにする、または自分が持っていた物を手放す必要もあるかもしれません。

また非正規雇用者の場合、突然の解雇という可能性もないとは言い切れません。正社員に比べると比較的あおりを受けやすいでしょう。その場合は、失業給付金などの制度を利用し、早々に転職活動を。

失業給付金……雇用保険に加入していて、「会社都合」で退職した場合には、失業給付金を受け取ることができます。自己都合の場合は、また違った条件で支払われるので、詳しくはHPなどをチェックしておきましょう。

フリーランスの方も、持続化給付金のほか各市町村によって手当がでる場合があるので、情報に意識を向けておくと良いでしょう。

持続化給付金……事業を継続できるようにするため、再起の糧となるお金(給付金)を支給する制度

物価上昇! 貧富の差が分かれる

国内生産が少なく、輸入に頼っている日本では物価に対する影響も受けやすいものです。
輸入に頼っている商品以外にも、企業の生産ラインの縮小し、生産数が減少している今、食料品や生活用品、電化製品などコロナ化あまり消費が減らない商品については、需要と供給のバランスの変化によって、商品が高騰。
消費費前と同じ値段で買えない…ということが起こるのです。インフレが起こって、円の価値が下がってしまう可能性も考えられます。
経済の影響で収入が減少、にも関わらず物価が上がりで支出は増える。この事により、
世界的に貧富の差が拡大することが見込まれます。

今が耐えどき! 経済は下がったら上がる

新型コロナウイルスが終結するまでは、このような不況が続くでしょう。今後が見えない状況に不安を覚えている方も多いはずです。今は耐えどきだと思い、固定費や保険をはじめとしたお金の使い方を見直しておきましょう!
経済は下がれば、必ず上がる時がやってきます。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


経済 キャリア 景気

関連する投稿


大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

長く働き続けるためには、"学び"を得ることを必要とされています。そこで注目されつつある「リカレント教育」の必要性と課題について考えてみました。


間違った敬語、使ってない? 気を付けたいビジネス敬語集

間違った敬語、使ってない? 気を付けたいビジネス敬語集

ビジネスシーンで敬語は欠かせません。相手を敬う気持ちがあっても、間違えた言葉を使用することで失礼に当たることもあります。正しい敬語を使って品のある女性に。


悩みや不満、同期の成長が気になる。入社2年目の孤独について

悩みや不満、同期の成長が気になる。入社2年目の孤独について

なんとか乗り越えた入社1年目。きっと2年目も順調に成長していくだろうと思っていたら急につまずきがやってきます。実はこれ「2年目の孤独」によるもの。なぜこのような言葉が生まれるほど、2年目は不安定になりやすいのでしょうか。


はたらく女子の意外な盲点がわかる! お仕事服での失敗エピソード

はたらく女子の意外な盲点がわかる! お仕事服での失敗エピソード

社会人1年目、働く女子のお悩みといえばお仕事服の許される・許されない境界線。ばっちり決まったと思っていたコーディネートが実は失敗だったときは、とても恥ずかしいものです。アイテム選びで失敗しないためにはどうすれば良い? 今回は先輩OLさんのお仕事服での失敗談をまとめてみました。


女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


最新の投稿


翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

朝起きて、体がダルかったり重かったり……寝起きの状態が悪くなってはいませんか? 健康的に過ごしてパフォーマンスの高い仕事をするためにも、睡眠はとっても大切なのです。朝活・夜活などとアクティブに動くことが始めることが難しい人ほど、まずは「眠活」に力を入れてみて。


肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

複数の仕事を抱えるワークスタイルが現在、注目を集めています。興味はあるけど、どうすれば良いのか分からない。そんな人はまず「スラッシュキャリア」を考える所からはじめるのがオススメです。


【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

女性に生まれたなら一度はピンクを思い切り着こなしてみたい!だけど、ピンクって相性の善し悪しが二極化します。そこで改めて、大人の女性に似合うピンクを分析!


【仕事と生活を変える小さなライフハック!】1日を3つの時間帯に分けて仕事の作業効率をアップして

【仕事と生活を変える小さなライフハック!】1日を3つの時間帯に分けて仕事の作業効率をアップして

メールチェック、書類の作成、数字の管理、構成や戦略に頭を悩ませる・・・。地味で単調な作業もあれば、頭の中から案をひねり出す必要もあるのが仕事というもの。業務内容によって時間の使い方を変えると、毎日の仕事がちょっとだけ楽になる。


大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

長く働き続けるためには、"学び"を得ることを必要とされています。そこで注目されつつある「リカレント教育」の必要性と課題について考えてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング