「積立」と「掛け捨て」どちらが良いの? 加入前に知っておきたい保険の仕組み

「積立」と「掛け捨て」どちらが良いの? 加入前に知っておきたい保険の仕組み

保険には「積立」と「掛け捨て」二つのタイプがあります。どちらのタイプもメリット・デメリットがあるため、これを理解しておくことで、保険選びが少しスムーズになります。それぞれの特徴について解説していきます。


保険には「掛け捨て」と「積立」の2種類がある

医療保険、生命保険など保険には様々な種類がありますが、さらに分解していくと保障とお金を貯める機能を備えた「積立」と、医療保障のみを重視した「掛け捨て」の2つのタイプがあります。初めて保険に入ろうとする人は特にどちらが良いのかが悩むポイントではないでしょうか。

どちらのタイプもメリット・デメリットがあり、必ずしもこっちにしておくべき! と断言することが出来ませんが、比較することで自分のニーズに合っているかどうかが分かりやすくなります。そこで今回は「積立」と「掛け捨て」の特徴についてご紹介します。

【積立】のメリットとデメリット

「積立」のメリット

「積立」タイプはそれぞれの保障にプラスして貯蓄機能がついたもので、商品によっては解約払戻金があるものや医療保険だと数年ごとに生存ボーナスや健康お祝い金などの一時金が支払われるものもあります。

保険を途中で解約したときは掛け捨て型は何も戻ってきませんが、積立だと満期保険金や解約払戻金を受け取ることができる仕組みとなっています。金額は、それまでに払い込んだ保険料の総額や保険の期間、加入年数などによって決まります。保険に加入することで万が一何かあったときの保障と貯蓄機能の両方を得ることができるので、将来の貯蓄のためにも保険を活用したいなら、積立型がおすすめです。

「積立」のデメリット

注意しておきたいのが、毎月の保険料は掛け捨てよりも負担が大きくなることです。また、負担が大きいからといって、早期解約すると払い込んだ保険料よりも解約返戻金の方が少なく、元本割れすることもあります。契約する前に保険料で生活を圧迫しないかよく確認をしましょう。

また医療保険に関して言えば掛け捨てのものがほとんどなので、積立の医療保険は少数なので、保障内容のバリエーションは多いとは言いがたいのが現状です。

【掛け捨て】のメリットとデメリット

「掛け捨て」のメリット

掛け捨ては保証はされますが、支払った保険料が返って来ないタイプで積立とは違い、契約が満期を迎えたとしても解約返戻金や満期保険金が用意されていません。

その代わり、メリットとして積み立て型にくらべて保険料が安いことと、加入後により条件の良い医療保険が見つかったときに見直しやすいところもメリットです。たとえ途中で解約したとしても元本割れというものがそもそもないので、自分にとってより好ましい条件の保険を見つけたら迷うことなく見直しに踏み切る決断ができます。

「掛け捨て」のデメリット

掛け捨て型の保険である以上は繰り返しになりますが、満期や更新、あるいは解約などをしてもお金を受け取ることができないので、万が一なこともなく、健康な状態でいた場合はずっとお金を払っているだけの状態になります。これは考え方次第ですが、無駄に払っていたという見方もできないことはありません。

また、掛け捨ては5年や10年のように期間を設定して契約します。契約期間が満了した際は新たな契約時の年齢から保険料を算出しますので、保険料が上がってしまうのが一般的です。

プラスα知っておきたい「死亡保障型」

先ほど紹介した2つのタイプともう1つ知っておいた方が良いタイプがあります。

それが「死亡保障型」です。積立・掛け捨てのように独立したタイプではなく、「積立」×「死亡保障」や「掛け捨て型」×「死亡保障」のようにどちらかのタイプと掛け合わせて加入をします。

内容としては、自分が死亡した場合に遺された家族に対して保険金が支払われるものです。家庭を持っている人には死亡保障はあると良いですし、独身だったとしても葬儀やお墓の費用を家族に負担させたくないと思う人は万が一のときのためにつけておくと安心です。

正解は一つじゃない。組み合わせて加入してみよう

積立も掛け捨てもどちらもメリットとデメリットがあるので、どちらに入るのが正解というわけではありません。実際に保険を選ぶときには、年齢、職業、家族構成、ライフプランといった要素も深くかかわってきます。

保険の内容も様々なので、全ての保険を掛け捨てにするなどではなく2つとも上手く活用するのも一つの手です。「絶対にこっちにすべき」という偏った思考はせず、自分の状況と照らし合わせた上で保険を選んでいきましょう。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


保険 マネー

関連する投稿


女性はどの保険に入っておくべき? ライフステージに沿った保険の選び方

女性はどの保険に入っておくべき? ライフステージに沿った保険の選び方

女性の保険の選びかたは非常に難しいものです。そこで今回は、独身期、夫婦2人の時期、ファミリー期という家族構成の変化やライフステージに分けて、必要な保険の種類について紹介します。


「ついポチってしまう!」 ネットショッピングで買いすぎを防ぐ3つのルール

「ついポチってしまう!」 ネットショッピングで買いすぎを防ぐ3つのルール

おうち時間が増えた今、お店での買い物を控え、ネットショッピングをする人が急増! 気軽に利用ができるのでついつい買いすぎてしまう人…なんて人もいるかもしれません。買いすぎを防ぐ3つのルールをおさえて無駄遣いをなくしましょう!


お金のプロに聞いた! 特別定額給付金の10万円を使ったかしこい使い方

お金のプロに聞いた! 特別定額給付金の10万円を使ったかしこい使い方

ひとりにつき10万円が、特別定額給付金として支給されることになりました。皆さんはこの10万円を、どう利用しようと考えていますか? もし、生活費にまわすことなく余裕資金として利用するのなら。これを機に、お金の運用……投資をはじめてみてはいかがでしょうか?


4月から義務化されている?! 自転車保険の加入義務化って一体なに…?

4月から義務化されている?! 自転車保険の加入義務化って一体なに…?

2020年4月から東京都では自転車の保険加入が義務化されましたのを知っていますか? 今回は自転車保険とはなにか、義務化とはどんなことか、について解説いたします。


あなたはどっち派?「お得」で選びがちな失敗からモノ選びの基準を見直し

あなたはどっち派?「お得」で選びがちな失敗からモノ選びの基準を見直し

つい手にとってしまうのは「お得感」を感じるもの。もちろん高いよりは安い方がいいけれど、何もかもをお得だけで選んでしまうと後悔することになってしまうかも……? 今回は、もの選びの基準をハッキリさせるため、2択の質問をいくつか用意しました。あなたはどちらを選ぶ? ぜひチェックしてみてくださいね。


最新の投稿


過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去の恋をずっと引きずったまま……。新しい恋の気配がしても「自分なんて」と否定的な態度をとってしまったり。今度こそ運命の人と巡り合えるように、今のうちに心の中をよく整理しておきましょう。


【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ 企画。今回は和スイーツの材料を使ったレシピです。和スイーツの優しい甘味は夏にもぴったりの味です。


自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

情報やモノにまみれて、頭も自分の部屋の中もパンク。それを解決するには、あれこれするのではなく「やめてみる」ことにフォーカスを。当たり前に行っていた事を見直して、人間関係の構築も美肌も手に入れて。


女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング