野原産業株式会社 清水千恵美さんの仲間と一緒に仕事をするための5つのルール

野原産業株式会社 清水千恵美さんの仲間と一緒に仕事をするための5つのルール

野原産業株式会社の東京カスタマーセンター副センター長として、通常の業務からメンバーのサポートまで行っている清水 千恵美さん。組織変更などにより見守るメンバーが増えることもありますが、マイルールを確立したことで、上手く回り出したのだそう。そんな彼女の仲間と仕事をする上で意識している5つのルールとは?


得意先からの内装建材の受発注業務などの通常の業務から、東京カスタマーセンターの副センター長としてメンバーのサポートまで行っている野原産業株式会社の清水 千恵美さん。組織変更などにより一緒に仕事をするメンバーが入れ替わることもあり、今までやってきたことが上手くいかないこともあったのだそう。

でも新しい人との出会いは新しいことの始まり。例え失敗してもそこから見えてくる改善点を次に活かすことで、どんなメンバーでも上手く回るようになったといいます。そんな彼女が、仲間と仕事をする上で意識している5つのルールとは一体?

小さなコミュニケーションを意識する

同じ部署の人だけでなく顔見知りの人にも同じように、ふと隣に立った時、エレベーターや給湯室で一緒になった時の数秒でも「コミュニケーションを取るチャンス!」と、話しかけている清水さん。入社時から他部署の方とも交流する機会があれば、自分から出向き横の繋がりを広げるように努めているのだそう。

現在はTeamsなどを活用し在宅メンバーとも積極的に連絡を取っていて、WEB会議のときは話す内容を箇条書きにまとめた台本を作っているといいます。原稿を読みながらだと目線が下がってしまうので、画面の上の方に貼って目線が合うように話すようにするという工夫も。



「他愛ない言葉でも、会話をすることで相手から自分の存在を認識してもらえるようになります。そうすることで、今後の仕事の関わり方がスムーズになります。また、普段から多くの仲間とコミュニケーションをとることで、困った時や忙しさに追われて、視野が狭くなったり周囲との関係性が希薄になりがちなときでも、自部署の中だけでなく、広いコミュニティの中から手助けしてくれる人を見つけることができます。

選択肢が増えれば結果も変わってきます。もちろん、相手が困っている時は自分が手助けすることで、持ちつ持たれつの、Win-Winの関係を構築できます。立場が上がる程、他部署の人や関連会社を超えて取り組むプロジェクトも増えてきました。そういう場に参加しても、このルールを実践することで知り合いが多くなり、多くの人との出会いが新たな発見と自分の成長につながっています」

常にスマイル、負の感情は表に出さない

コミュニケーションを積極的に取る清水さんですが、プラスαとして、話を聞いている時は、口角をあげるように気を付けること、不満やネガティプな言葉は発しないように心掛けているのだそう。


「私だったら険しい顔の人より、微笑んでいるような柔らかい印象の人の方が相談しやすいなと思うので、これを実践しています。メンバーのフォローは業務に限らず、精神面のフォローも大切だと考えているので、常にアンテナを張って困っている人がいれば話しかける。相談しやすい環境作りも私の仕事だと思っています。

ですが、人間関係などナイーブな内容に関してはとくに、本心を話してもらえないもの。『この人なら話しても聞いてくれるかも。安心して話せる』と心を開いてもらうことが大切です。そう信用してもらえる環境を作るには、日々の積み重ねが大切ですよね。
意外と周囲は人の話を聞いています。負の感情は移りやすいですし、聞いていてもあまり心地良いものではありません。どうせならお互い気持ちよく働けるようにと思って、このルールを実践しています」

仕事は探す!自分で作っていく

こんな資料があれば便利だな、こうすれば時短になるかも? そう思ったら即行動に移す清水さん。
新しいことをどんどん知りたいし、働く仲間の役にも立ちたい。
周囲の人の動きを待つのではなく、自分ができる余裕があれば自分がやればいいと考えを持っています。できる人が案を作って、仲間から意見をもらいながらブラッシュアップしていくと多くのアイデアが集まり、より良いものができるそうです。


「自分がしてもらって嬉しいことは、自分から率先してやるように動いています。例えば、お客さまからの問合せにスムーズに対応できるように、仕入先メーカーの締め時間一覧表や都内近郊の主要仕入れ先メーカーの倉庫所在地図の作成など。今までまとまったものがなかったのですが、私自身も他のメンバーも便利だろうと思い、作成しました」

「NO !」 は言わない

与えられるミッションはやる前から断らない。
“変わらない”ことは、とても安心感があって負担も少ないですが、それ以上の事が起こることがありません。今より状況を良い方へ変えたいのであれば、とにかくやって、試行錯誤した失敗の先にゴールがあると信じて、今までもこれからも取り組んでいくしかないと語る清水さん。


「声がかかるのは期待の証とポジティプに捉えています。最初からうまくいくことは正直少ないですし、どんなに努力しても失敗するかもしれません。ですが、失敗から得られることもたくさんあります。

細かい資料を作ってと頼まれたとき、大変だなと思うこともありますが、それを取り組んだことで、褒めてもらえたり実績になることで次の仕事に繋げられます。他にも社員がいる中、私に指名が入るのはやりがいを感じます。そのおかげで、弊社で業務改革プロジェクトというものがあり、そのメンバーになることが決まりました。何もしていなかったら声をかけてもらえなかったと思うので、とても嬉しかったです」

オン・オフの切り替え・リフレッシュも仕事

リフレッシュの時間は煮詰まる前に自身で計画的に。どんなに仕事が忙しくても趣味の旅行やライブ、観劇等を定期的に取り入れている清水さん。好きなことを思う存分楽しむことで、またがんばるぞ! とモチベーションアップ、ポジティブな思考になるそうで、仕事の見方が変わるきっかけにもなります。


「自分がリフレッシュすることで、心に余裕が生まれ、仕事においても相手の話を聞く余裕ができ、視野が広がります。今はコロナの影響で旅行などには行けないので、パンフレットを読みながら次に行けるときのことを考えています(笑)
また、社内SNSを通してホームベーカリーを譲ってもらったので毎週作っておうち時間を楽しんでいます」

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


「あなたのキレイは心が決める」ウーマンダイアローグ #45

「あなたのキレイは心が決める」ウーマンダイアローグ #45

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、恵比寿にあるヘアサロン、AGEE GARDENの佐藤糸桜さん。子どもの頃から“ヘアサロン”という場所が大好きで、大学在籍中にダブルスクールで美容師の道を志した努力家です!


「人生の大きな目的は、知識ではなく行動である」ウーマンダイアローグ #44

「人生の大きな目的は、知識ではなく行動である」ウーマンダイアローグ #44

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、歯科衛生士の和田京子さん。子ども向けの歯科クリニック『キッズデンタル』で主任を務めながら、プライベートも全力で楽しんでいる素敵な女性です♡


Withコロナで、在宅勤務になった私たちはこれまでの生活をどう変えた?

Withコロナで、在宅勤務になった私たちはこれまでの生活をどう変えた?

新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務を実施した企業も増えました。けれど、在宅勤務は想像以上に自己管理能力が問われる働い方だと実感している人も多いはずです。今回は、在宅勤務になってどう変わったか? をヒアリングしてきました。


「ママの可能性を広げるために」#つくるを選ぶ【Himemama代表理事 坂上愛佳】

「ママの可能性を広げるために」#つくるを選ぶ【Himemama代表理事 坂上愛佳】

結婚・出産を機に働きかたを見直した経験から、ママのための活動を本格化させたHimemamaの坂上愛佳さん。ママが集まるコミュニティを通じて、企画プロデュースや、マイクロラーニングサービスの提供を行なっています。ママの可能性を広げる取り組みについてインタビュー。


「運を動かすと書いて“運動”」ウーマンダイアローグ #42

「運を動かすと書いて“運動”」ウーマンダイアローグ #42

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、美尻トレーナーのKamoyuriさん。“美尻”にフォーカスを当てたトレーニングを中心にレッスンをしながら『EXERGiRLS』としても活動されていらっしゃいます♡


最新の投稿


【美容ライター厳選】2020年下半期注目すべきオーガニックメイクアップコスメ

【美容ライター厳選】2020年下半期注目すべきオーガニックメイクアップコスメ

下半期もあっという間に過ぎていく中でも、マスク生活がスタンダードに。目元や唇のケアが大切になってきます。肌に少しでも負担がかかりにくいオーガニックコスメは、いま注目すべきアイテムです。そこで筆者がオーガニックメイクアップコスメを厳選。まだチェックしていないという人は、ぜひこの機会にチェックしてみて。


体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

「さむっ!!」と思わず声が漏れちゃうほど、気温がグッと下がり朝晩寒くなりましたね。衣服での寒さ対策はしていると思いますが、食事はどうでしょうか。カラダを温める食材を意識して食べていますか?ギクッとされた方はまずはこの5つの食材を味方につけましょう。


20代から始めるべき美容法。サテンのような肌になるボディセラムは必携|お守りコスメ

20代から始めるべき美容法。サテンのような肌になるボディセラムは必携|お守りコスメ

美容は一朝一夕で手に入るものではなく、毎日のお手入れの積み重ねから美容貯金となり、未来に表れるものです。とはいえ全てのパーツのケアを毎日入念に行うのは大変なこと。そこで「20代のうちにやっておくべき美容法」に優先度の高いものをご紹介します。


仕事の受け方で好印象を掴め! 信頼される【指示の受け方】マニュアル

仕事の受け方で好印象を掴め! 信頼される【指示の受け方】マニュアル

上司や取引先から仕事を頼まれたとき、あなたはどのようにして話を聞いていますか? 今回は、指示を受ける場合の正しい方法についてご紹介。


職場の人とうまくいかない…人間関係で悩む人がやりがちなコミュニケーション

職場の人とうまくいかない…人間関係で悩む人がやりがちなコミュニケーション

職場での人間関係に悩む人はとても多いものです。「上司が気に食わない」「部下から全く慕われない…」年齢差や役職でこのような悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。ここでは、人間関係で悩む人がついやってしまうコミュニケーションについて紹介していきます。


RANKING


>>総合人気ランキング