釣った魚に餌はやらない?! 付き合ったら冷たくなる男性の心理

釣った魚に餌はやらない?! 付き合ったら冷たくなる男性の心理

付き合う前は積極的に誘ってくれて、愛情表現も豊かにしてくれていたのに……。付き合ってから急に彼が素っ気ない態度をとるようになってしまったと悩む女性は意外と多いものです。では、付き合うと急に冷たくなってしまう男性の心理とは一体なんなのでしょうか?


釣った魚に餌はやらない?! 付き合ったら冷たくなる男性の心理

付き合う前は積極的に連絡やデートのお誘いをくれて、愛情表現もしてくれていたのに……。付き合ってから、彼の態度が急に素っ気なくなってしまったり、冷たくなってしまったと悩む女性は意外と多いものです。「釣った魚に餌はやらない」ではないけれど……今までの態度と今の態度が全く違う。そうなると自然と女性側にもストレスや不信感が溜まってしまいますよね。別れたいわけではないけれど、付き合う前の彼氏に戻って欲しいが本音。そんな時は一体どうしたらいいのでしょうか?

今回は、付き合うと急に冷たくなってしまう彼氏の心理と、その対処法について考えていきたいと思います。

追いかけるのが楽しかった

男性にはもともと「追いかけたい」という狩猟本能があります。たとえ、男っぽい容姿ではなくとも、これは元々本能として備わっているもの。

けれど、自分の遠くにいるアイドルのような高嶺の花的な存在を求めるか? というと、そうではなく、「もう少しで手が届きそうだけど届かない」人を求める場合も。その場合は、自分の感情に沿って積極的な行動や愛情表現を繰り返しているのではなく、捕まえる(付き合う)ことが目的になっていて、その手段として積極的な行動や愛情表現が使われていたということなのです。
つまり、彼女のことを本当に好きで付き合いたいというワケではなく、彼女に振り向いてもらうことがゴールになっているということ。この場合は、目的を達成し付き合いが始まった瞬間に「もういいか」「思ったより魅力的ではなかった」と急に冷めてしまうことがあります。

「こうであって欲しい」彼女像があった

付き合う前に、「自分の理想を重ねた相手」を見ていた場合は、付き合ってから少し経った頃に態度が変わりはじめることがあります。

たとえば、付き合う前はクールでそっけない態度をしていた彼女が、付き合ってからべったり甘えるようになったとき。彼氏の目線で見たときに「自立しているところが好きだった」「クールな彼女に憧れていたのに」というように、ギャップがマイナスに映ってしまうことがあるのです。彼にとってこうであって欲しいという理想の女性像があった場合こそ、このマイナスギャップは働きやすくなってしまいます。
女性が恋人へ求めるものと、男性が恋人へ求めているものが違った場合に、素っ気なくなったり冷たい態度をとるようになることが多いでしょう。

態度でわかると思っているから

「もう付き合ってるんだし」という安心感が、態度として現れた時に、連絡がおざなりになったり他のものを優先するようになるというケースもあります。男性は基本的に、女性に比べて「察する」ことが苦手です。つまり、女性は男性に比べて察する脳力が長けているということ。

これをお互いに認識してしまっている場合に、男性は女性側に「察してくれるだろう」「わかってもらえるだろう」と察してもらうことを前提に任せてしまうこともあります。この場合は、女性からきちんと言葉を持って話し合いの場を設けないと、なかなか理解をしてもらえないことも。

男性は女性に母性や包容力を求めることも多いので、付き合いが長くなるほど「〜〜だろう」といった思考に陥りがち。浮気や連絡無視などわかりやすいルール違反以外は「許してもらえるだろう」と安心しきってしまっていることもあります。

元々の性格に戻っただけ

付き合う前は自分のことを少しでも魅了的に見せよう、とお互いに努力するものです。女性がメイクやヘアスタイルをデート前に気にするのと同じように、男性にとっての努力が、連絡頻度や愛情表現だったのかもしれません。
正式に付き合うことが決定し、お互いの関係に信頼が生まれた結果、自然体の姿に彼が戻っただけということも考えられます。

彼氏が冷たい…そんな時の対処法

冷たい態度をとられる、素っ気なくなってしまった……。こう男性の心理について考えたところで、対処法がわからなければ「じゃあどうしたらいいの?」と振り回されてしまいます。処法についても考えていきましょう。

彼氏に依存せず、好きなことをする

まず一つ目は、彼に依存せずに好きなことをしてみることです。
付き合う前の彼女が魅力的に移っていたから、彼は一途に追いかけていたという過去があります。距離が近くなることによって、「前の方が魅力的に見えていた」というようにマイナスに働いているのなら、付き合う前とそう変わることのないように、自分の趣味や友人などとも付き合いを増やし、付き合う前と同じような「魅力的だった自分」をつくることが効果的なのです。

全てを彼氏主体の生活に変えてしまったがゆえに彼から魅力的な彼女と映らなくなってしまった……ということも多いです。彼氏依存の生活から抜け出し、好きなことを探して自分が「楽しい」と思えることに没頭することで、キラキラしたあなたに魅了を感じるようになるでしょう。

自分の行動を見直してみる

また、彼にしている自分の行動についても見直してみましょう。よく考えると「あれはやりすぎだったかな」というようなことをしてしまっているかの可能性もあります。彼があなたにとって、理想の女性であればあるほど、それと違った態度や行動をみて彼の気持ちが冷めてしまっているという場合も。
彼の態度は自分にも責任があるかも? と自分の行動を見直すことも大切です。

素直に聞いてみる

理由もわからないままに彼の態度が急変した場合には、「なんで急に変わったの?」と当然不思議に思いますよね。自分に思い当たることがない場合は、素直に彼に聞いてみると良いでしょう。

上に書いたように「態度でわかると思っている」場合や、「元の正確に戻っただけ」の場合は、その質問をすることによって、彼の態度が変わっているんだよというメッセージとして伝えることができます。彼も「え? そんなに違ったかな、ゴメン」と素直に受け入れることができるでしょう。
また、単純に仕事が忙しかったり、他のものでストレスを抱えていたりと単純に彼の心に余裕がないことが、そっけない態度に繋がっている場合もあります。
そんなときも、理由を聞くことで安心することができるので、突然の彼の態度に戸惑った場合は素直に聞いてみると良いでしょう。

自分が求めすぎている場合も

最後に、自分が彼氏彼女という関係性に大きな憧れを持ちすぎていることもあります。
例えば「付き合う前はこうだったんだから、付き合ったらもっとこうなのだろう」というように、自分の物差しで相手に求めすぎてはいないか? と考えることも重要です。
人それぞれに、彼氏に求めること、彼女に求めることなどは違います。そのため、付き合うことが決まったからといって、自分の定義に相手を当てはめてはいけないのです。恋人には毎日会いたいという人もいれば、週に1度会えたらいいと考える人も、2週間に一度でちょうど良いと思う人もいます。相手に求めすぎていないか? を考えながら、お互いにとってちょうど良い中間を見つけられるように話ましょう。

終わりに

相手の態度が変わってしまった場合、つい自分にだけ原因があるのではないか? と考えてしまいますよね。けれど、実際は全くそうではないのです。本人が、相手に冷たくしているという自覚がある場合は、あなたに対するなにかしらのメッセージを遠回しに伝えているときですが、そして全くの無自覚でそういった態度をとっているときもあるのです。

とはいえ、不思議に思うことが増えたのならば2人の関係性に少しずつ変化がある証。お互いにお互いを思いやりながら、大切なことはきちんと言葉にして伝えていきましょう。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


恋愛 カップル

関連する投稿


『嫌われる勇気』から学ぶ!男性が手放したくない魅力的な女性になる方法

『嫌われる勇気』から学ぶ!男性が手放したくない魅力的な女性になる方法

135万部のベストセラーで、TVドラマ化した『嫌われる勇気』から、あなたが男に逃げられない魅力的な女性に変身する方法論を考えてみたいと思います。この本の考え方のベースになっているのは"アドラー心理学"。 このアドラー心理学を理解し、上手に活用すれば、悩めるあなたの幸せ度がぐんとアップする。


イラっ!ムカっ!彼と喧嘩をしても不安定にならないコツ

イラっ!ムカっ!彼と喧嘩をしても不安定にならないコツ

喧嘩するたびに仮病をつかって会社も友人との予定もキャンセル…。あまりにも振り回されていると、自分らしさがどんどんなくなるかも!?今回は、彼と喧嘩をしても不安定にならないコツについてご紹介いたします。


本当にその人で大丈夫?付き合っても幸せになれない男性の特徴

本当にその人で大丈夫?付き合っても幸せになれない男性の特徴

今の彼は本当にあなたを幸せにしてくれる人?今の時点で見極めておかないと、数年後になってから後悔しても遅いかも…。


別れるかどうか迷う…。見切りをつけるべき彼のチェックポイントは?

別れるかどうか迷う…。見切りをつけるべき彼のチェックポイントは?

愛情が感じられない彼の行動に、別れを考える女性は多いものです。けれど、なかなか別れを切り出せず、本当に別れていいのかなと悩むこともありますよね。そこで今回は、彼に見切りをつけるべき行動について紹介します。


何事も戦略が必要!ビジネスワード「KPI」と「KGI」を恋愛に置き換えて解説

何事も戦略が必要!ビジネスワード「KPI」と「KGI」を恋愛に置き換えて解説

難しい単語がわかりません! そんなあなたにビジネスだけじゃなく恋愛でも活かせる知識として「KPI」、「KGI」という言葉をお教えします。大事な選択を誤らない、目標から外れないためにも考えてみてくださいね。


最新の投稿


翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

朝起きて、体がダルかったり重かったり……寝起きの状態が悪くなってはいませんか? 健康的に過ごしてパフォーマンスの高い仕事をするためにも、睡眠はとっても大切なのです。朝活・夜活などとアクティブに動くことが始めることが難しい人ほど、まずは「眠活」に力を入れてみて。


肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

複数の仕事を抱えるワークスタイルが現在、注目を集めています。興味はあるけど、どうすれば良いのか分からない。そんな人はまず「スラッシュキャリア」を考える所からはじめるのがオススメです。


【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

女性に生まれたなら一度はピンクを思い切り着こなしてみたい!だけど、ピンクって相性の善し悪しが二極化します。そこで改めて、大人の女性に似合うピンクを分析!


【仕事と生活を変える小さなライフハック!】1日を3つの時間帯に分けて仕事の作業効率をアップして

【仕事と生活を変える小さなライフハック!】1日を3つの時間帯に分けて仕事の作業効率をアップして

メールチェック、書類の作成、数字の管理、構成や戦略に頭を悩ませる・・・。地味で単調な作業もあれば、頭の中から案をひねり出す必要もあるのが仕事というもの。業務内容によって時間の使い方を変えると、毎日の仕事がちょっとだけ楽になる。


大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

長く働き続けるためには、"学び"を得ることを必要とされています。そこで注目されつつある「リカレント教育」の必要性と課題について考えてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング