早寝早起きの習慣を身に着けたい!そう思ったら始めたい3つのアクション

早寝早起きの習慣を身に着けたい!そう思ったら始めたい3つのアクション

健康や美容のために早寝早起きの習慣を身に着けたい!と思っている反面、その習慣を身につけるのが難しい…というのが本音ではないでしょうか。 そこで今回は元夜型だった筆者が早起きにシフトした経験も踏まえながら早寝早起きの習慣を身につけるための3つのアクションをご紹介します。


1. 漠然と早起きしようと思わない。早起きする目的をつくる

「よし!明日から早く起きるぞ」そう意気込んだものの眠気に勝てず結局いつもの時間に起床してしまう…という経験はありませんか?そんな方にお聞きしたいのは、早起きする目的は何か?ということです。目的がないまま、早起きをしようと思っても「別に早く起きる理由がないから起きなくてもいいや」と挫折しやすくなります。きっと、早起きが成功した時というのは約束があったり、仕事に早く行かなきゃいけないからというようにきちんと目的があったのではないでしょうか。

漠然と早起きをしよう!と意気込むのではなく、そもそもなぜ早寝早起きの習慣を身に着けようと思ったのか?まずは、ここを明確にしてみてください。
筆者の場合ですと、資格取得のために出勤前に勉強をしようと思ったことが早起きができるようになったきっかけでした。それまでは0時越えは当たり前で2時就寝と夜型でしたが、きちんと起きる目的を作ったことで夜型生活から朝型生活にシフトすることができました。

せっかく早起きするのですから、今までやりたかったことやこれからの時間のために1日のスタートを有意義に使いましょう。

2. 早起きと早寝はセット!寝る時間を固定する

早起きの習慣を身に着けようとすると陥ちやすいのが「明日は〇時に起きるぞ!」と起きる時間だけを決めてしまうことです。早起きをしたいと思うならば、就寝時間もセットで考えなければなりません。寝る時間を今まで通り0時すぎにしたまま起きる時間のみを早くすると睡眠時間が足りず心身ともに負担になってしまいます。睡眠時間が足りないと体がエネルギー不足になるため疲れがとれない、冷え、気持ちの落ち込みなど様々な不調を引き起こしやすくなり、健康のために早起きをしているのに本末転倒になってしまいます。

薬膳のベースの考えになっている中医学(中国伝統医学)の考えでは睡眠時間は8時間は必要と考えています(疲れやすい方は9時間)ので起きる時間から逆算して寝る時間と起きる時間を設定しましょう。

筆者も起床時間のみを早くし、寝る時間は従来通りにしたところ体調を崩してしまった経験があります。睡眠時間を削るという考えではなく、早く寝るために無駄な時間はないか?など今の生活を見直して必要な睡眠時間はしっかり確保するようなスケジューリングをしましょう。

3. 夕飯をお腹いっぱいまで食べない

朝すっきり起きられる時と、起きた時から体がだるく感じる時ってありますよね。これは、様々な原因が考えられますが前日の夜に消化の悪いものを食べていたり、量を食べ過ぎているということがすっきり起きられない原因の1つにあげられます。

中医学ので世界では、寝ている間は食べたものを消化できないといわれています。また、消化にはエネルギーが必要になると考えるため、食べれば食べた分だけ体のエネルギーを必要としますので消化の負担になるものや暴飲暴食はエネルギーを奪い、疲れを感じる原因になるのです。ですから、寝る前に揚げ物や辛い物、お腹が苦しくなるまで飲食することは控えたいところです。


朝目覚めた瞬間に体がだるいと起きる気力が湧かなくなってしまうもの。気持ちよく起きるために、まずが前日の食事を見直してみてください。見直してみると翌日のだるさにつながる食習慣がきっと見つかるはずです。

早起きができないのは意思が弱いわけではない

早起きができないと自分の意志が弱いからでは?と思うかもしれませんがそうとは限りません。

食事や暮らしの習慣を見直せば今よりもっとラクに早起きができることだって大いにあります。早起きができない自分を責めるのではなくまずはご自身の習慣を見直すこと、そして早起きをする目的や、早起きをしてやってみたいことなどを考えてみることから始めてみてはいかがでしょうか?

早寝早起きの習慣が身について、あなたの毎日の暮らしが今よりもっとすこやかで穏やかな毎日となりますように。習慣化できるように応援しています!

この記事のライター

ずぼらだけど薬膳のプロ(国際薬膳調理師)
“簡単、おいしい、からだにいい”をモットーとした薬膳ずぼら飯が得意です。

関連するキーワード


習慣 朝活 健康

関連する投稿


体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

「さむっ!!」と思わず声が漏れちゃうほど、気温がグッと下がり朝晩寒くなりましたね。衣服での寒さ対策はしていると思いますが、食事はどうでしょうか。カラダを温める食材を意識して食べていますか?ギクッとされた方はまずはこの5つの食材を味方につけましょう。


自分の体質や肌質がわかる!自宅で簡単にできる「検査キット」3選

自分の体質や肌質がわかる!自宅で簡単にできる「検査キット」3選

自分の体質や肌質がわかる検査キットがあるのをご存知ですか? 自分で簡単に摂取して郵送することで、WEBサイトや書類などで検査結果を確認することができます。今回はその中でもおすすめな検査キット3つをご紹介します。


寝ても取れない体のだるさ、不調を改善!お疲れをリセットする夜の過ごし方

寝ても取れない体のだるさ、不調を改善!お疲れをリセットする夜の過ごし方

「疲れがとれない…」「なんだか最近気持ちも体調も良くないな」そんなゆらぎや疲れを感じている時は、夜の過ごし方を見直してみませんか?


便秘やお腹のハリが気になったら!普段の食事に加えられる「ながら腸活レシピ」

便秘やお腹のハリが気になったら!普段の食事に加えられる「ながら腸活レシピ」

便秘やお腹にガスがたまるなどのプチ不調は、毎日がんばる働く女性によくある症状。それを改善するべく「腸活」がブームとなっていますが、継続するのは中々難しいものです。そこで今回は、普段の食事に簡単に加えられる「ながら腸活レシピ」をご紹介!


仕事と勉強の両立は体が資本!疲れにくい体をはぐくむ“中医学的”1日の過ごし方

仕事と勉強の両立は体が資本!疲れにくい体をはぐくむ“中医学的”1日の過ごし方

「やりたいことは色々あるのに体がついていかない…」そう思う時ってきっとありますよね。何事も体が資本。そんな時は薬膳のベースの考えになっている中医学(中国伝統医学)の考えを生活に取り入れて1日を過ごしてみませんか?


最新の投稿


【美容ライター厳選】2020年下半期注目すべきオーガニックメイクアップコスメ

【美容ライター厳選】2020年下半期注目すべきオーガニックメイクアップコスメ

下半期もあっという間に過ぎていく中でも、マスク生活がスタンダードに。目元や唇のケアが大切になってきます。肌に少しでも負担がかかりにくいオーガニックコスメは、いま注目すべきアイテムです。そこで筆者がオーガニックメイクアップコスメを厳選。まだチェックしていないという人は、ぜひこの機会にチェックしてみて。


体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

「さむっ!!」と思わず声が漏れちゃうほど、気温がグッと下がり朝晩寒くなりましたね。衣服での寒さ対策はしていると思いますが、食事はどうでしょうか。カラダを温める食材を意識して食べていますか?ギクッとされた方はまずはこの5つの食材を味方につけましょう。


20代から始めるべき美容法。サテンのような肌になるボディセラムは必携|お守りコスメ

20代から始めるべき美容法。サテンのような肌になるボディセラムは必携|お守りコスメ

美容は一朝一夕で手に入るものではなく、毎日のお手入れの積み重ねから美容貯金となり、未来に表れるものです。とはいえ全てのパーツのケアを毎日入念に行うのは大変なこと。そこで「20代のうちにやっておくべき美容法」に優先度の高いものをご紹介します。


仕事の受け方で好印象を掴め! 信頼される【指示の受け方】マニュアル

仕事の受け方で好印象を掴め! 信頼される【指示の受け方】マニュアル

上司や取引先から仕事を頼まれたとき、あなたはどのようにして話を聞いていますか? 今回は、指示を受ける場合の正しい方法についてご紹介。


職場の人とうまくいかない…人間関係で悩む人がやりがちなコミュニケーション

職場の人とうまくいかない…人間関係で悩む人がやりがちなコミュニケーション

職場での人間関係に悩む人はとても多いものです。「上司が気に食わない」「部下から全く慕われない…」年齢差や役職でこのような悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。ここでは、人間関係で悩む人がついやってしまうコミュニケーションについて紹介していきます。


RANKING


>>総合人気ランキング