「話し上手」や「人に好かれる人」が絶対にやらない、NG会話術3つ

「話し上手」や「人に好かれる人」が絶対にやらない、NG会話術3つ

人から「話し上手」と言われる人や、あの人の周りにはいつも人が集まる……というような「人に好かれる人」には、共通点があります。今回は、心理学をベースに、会話中にやってはいけないことを3つご紹介。


普通にしているだけなのになぜか避けられる……そんな人がやりがちなNG会話

「気さくに話しているだけなのになぜか嫌われる……」
「自分は優しく言っているつもりなのに、なぜか距離を置かれてしまう」

自分の話し方は客観視することが難しく、優しく伝えている“つもり”なのに周囲の人にはそれが理解してもらえなかったり、丁寧に教えた“はず”が理解されず避けられてしまったりすることがあります。
普通に会話をしているだけなのに、なぜか嫌われたりさけられたりする……。こういう人は多いものです。今回は、話し上手は絶対にしない、NGな会話術についてお話していきます。

話す内容より「ノンバーバルコミュニケーション」を意識して

会話術というと、「面白いことを話す」や「会話の内容に気を付ける」というようなイメージが湧くのではないでしょうか?

会話=コミュニケーション。他人がいて始めて成り立つものですから この考えはあながち間違いではありません。しかし、面白い話や内容を気にする前に、押さえておくべきポイントがあります。

それは「人間はノンバーバルコミュニケーションで会話をしている」ということです。
人が会話から相手の気持ちを汲み取ったり、自分の意見を伝えるなどの場面では、バーバルコミュニケーションノンバーバルコミュニケーションというものを使っています。

バーバルコミュニケーションとは、文字や言葉を指します。「おはよう」や「お疲れ様」などの言葉が含まれます。
そして、ノンバーバルコミュニケーションには、顔の表情や仕草、声のトーン、身振り手振りなどが含まれます。

人間がコミュニケーションをする上では、このノンバーバルコミュニケーションが欠かせません。 例えばあなたの部下が、顔に精気がなく、態度も上の空の状態で「おはようございます」と言ってくるのと、明るく笑顔で「おはようございます」と言うのでは、あなたの受け取り方が違うはずです。
上の空状態での挨拶は、ただの社交辞令であるのに対して、明るい笑顔での挨拶はとても好印象に映るはず。同じ言葉を使っていても、このノンバーバルコミュニケーションがあることによって印象がおおきく変わるということなのです。

つまり「人はノンバーバルコミュニケーションで会話をしている」ということ。これを心理学では、メラビアンの法則といいます。
コミュニケーションで伝わることを100とすると、バーバルコミュニケーションは7〜10、ノンバーバルコミュニケーションは90〜93の割合で重要だと言われているのです。

つまり、話す内容や面白い話などを考える前に「自分のノンバーバルコミュニケーションは相手に悪い印象を与えていないか?」を考えるべきだということです。
ちなみに「普通に話しているなのに、なぜか嫌われる人」の大部分は、ノンバーバルコミュニケーションにより、相手に悪い印象を与えています。試しに、あなたが嫌いな人をイメージしてみてください。きっと、話をしているときの印象が悪いことがわかると思います。

「相手の話を要約する」はビジネス以外ご法度

さてお次はいよいよ話の内容です。
著者は、心理カウンセラーとしても働いているため、言葉選びについてはとても慎重で、それなりに勉強もしてきました。これを初めて知ったときは「本当に!?」と驚いたものです。
意外とやってしまう、NG会話術のひとつが「相手の話を要約してしまう」ことです。

「要するに、○○でしょ?」
「つまり○○ってことだね」
一般的には、このような会話は、まとめ上手・頭の回転が早いという印象があるかとは思います。ですが、これはカウンセラーの世界ではご法度。

基本的に人は、人に話を聞いてもらうことによって安心します。ビジネスの場面では、要約が役に立つこともありますが、プライベートの場面においては、ただただ聞いて欲しい愚痴や悩みを、客観的な目線でまとめられてしまうと、「ただ話を聞いてほしいだけなのに」「この話しを早く終わらせたいのかな?」「私の気持ちを理解しているわけではないのに」というように、悪い印象を与えることになってしまうのです。

しかも、相手の話を全て聞いたあとに「要するに…」と話をまとめる人はなかなかいません。ほとんどの場合が、人が話している途中でまとめに入ります。

それによって人の言葉を遮ってしまい、「私が話している途中だったのに……」とさらに印象が悪くなってしまいます。 基本的に、人の会話はまず聞いてあげることが大事だと覚えておきましょう。理解度をあげていくことより、「大変だったね」「そうなんだ」と相手の感情に寄り添った返事をする方がよほど良い印象になります。

「私なんて……」下手な謙遜は嫌われる

男性「可愛いね」
女性「いえいえ! 私なんて全然可愛くないですよ…」

男性「仕事がんばったね」
女性「いえいえ……いつも迷惑かけてばっかりですから」

このように、自分を卑下する発言が癖になっている人いませんか?
このやりとりだけを見ていると、ただ自分のことを謙遜しているだけで、人から嫌われることからは無縁のような感じがしますが、実はこれが人から嫌われることもあるのです。

理由は、変な謙遜ばかりしていると 「そんなことないって」と、相手がフォローしなければいけない空気になってしまうからです。例えば、先ほどの会話を例に続けるとすると、

男性「可愛いね」
女性「いえいえ! 私なんて可愛くないですよ」
男性「そんなことないよ」
ここまでが、よくある流れになるでしょう。この会話の広がりもなく、定型的になったしまったやりとりが相手に面倒な印象を与えることになります。

そのため、相手が言ってくれたことに対して、ポジティブに返す練習を行っていきましょう。可愛いねと言われたら、素直にありがとうございますと言い、自分も相手に返してあげる。「〇〇さんこそ、今日もおしゃれですね」、「スタイルが良いですよね、鍛えてるんですか?」というように。このように返してあげると、相手も気持ちが良いものです。変な謙遜で、広がりのない会話はすぐにやめて、ポジティブに受けとるようにしていきましょう。

「話し上手」や「人に好かれる人」には共通点がある

いかがでしたか?
話し方一つ、伝え方一つであなたの評価は変わります。
意識することは、
・ノンバーバルコミュニケーション(顔の表情、仕草、声のトーン、身振り手振り)
・人の話を理解した気になって勝手に要約しないこと
・下手な謙遜はやめること
です。会話の内容や、連絡の頻度、やりとりの中身について気にするより先にこれらのことを頭に置いて、会話を楽しんでいきましょう。






この記事のライター

恋愛メンタリストsatoshiです。
一般の恋愛の心理テクニックやディープな恋愛テクニックなどを紹介。

関連するキーワード


コミュニケーション 初対面

関連する投稿


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


あなたが嫌われやすいポイントがわかる! 大人の心理テスト

あなたが嫌われやすいポイントがわかる! 大人の心理テスト

「あれ、なんか避けられてる?」自分に思い当たる節はなくても、なぜか人から嫌われたり、避けられてしまうことがあります。でもそれってなぜなのでしょうか? そんなモヤモヤを、深層心理がわかるテストで解説していきます。


相手の発言から見極める! 誰とでもうまく会話ができるようになるテクニック

相手の発言から見極める! 誰とでもうまく会話ができるようになるテクニック

人は、自分と似ている感性を持っている人と仲良くなりやすいもの。今回は、話し相手の発言から、相手の感性を読み取り、スムーズな会話を進められるテクニックをご紹介します。


ピリ辛だけど本当は優しい! マツコ・デラックスから学ぶ"嫌われない会話術"

ピリ辛だけど本当は優しい! マツコ・デラックスから学ぶ"嫌われない会話術"

数々のレギュラー番組をもつ、人気者のマツコさん。マツコさんがお茶の間から支持を集めるのは理由があると思いませんか?今回は、マツコデラックスさんの会話術を研究してみました。


友人との付き合いが面倒に感じる時。どう対処したらいい?

友人との付き合いが面倒に感じる時。どう対処したらいい?

何か特別な理由があったわけじゃないけれど、なぜか友達と連絡を取るのが急に億劫になったり、付き合うのが面倒に感じたりする時ってありませんか? この原因、そして対処法について考えます。


最新の投稿


メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

心が繊細だと、自分のことながら「面倒くさい」と感じる瞬間が多々あるはず。でも運命のパートナーがすべてを受け止めてくれる人なら何も問題はないんです!


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

結婚しているはずなのに、定期的に連絡してくる彼。あきらかに好意を寄せているのはすぐに分かること。ついついイラっとしちゃいませんか?


仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か…中途半端な状態にならないようにと今、必死に悩んでいるのでは?どちらも選ぶ方向ももちろんまだ考えられるでしょう。後悔しない道のりを選ぶことが、きっと明るい未来に繋がります。


【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

冬になると気持ちが滅入ってしまってご自身を責める方も多いのでは?でも、それは自然なこと。なぜなら、薬膳の世界では冬は落ち込みやすい時期だと決まっているからです。


RANKING


>>総合人気ランキング