しつこい!子ども自慢をしてくる友人に対してやってはいけないNG対処法



もうちょっと考えてほしい!

SNSが広まってから、悩む時間が増えていませんか?

特に女性は、結婚・出産をするとSNS上でシェアする傾向があり、独身女子たちにとっては、一方的に報告されることが負担になっているでしょう。

特に結婚・出産適齢期といわれる年代になると多いのが、子ども自慢。
いちいちすべてを報告するのも、ちょっと大人げないような…。

今回は、子ども自慢をしてくる友人に対してやってはいけないNG対処法をご紹介いたします。

「やめてくれる?」とハッキリ伝える

子ども自慢は、本人にとっては幸せをシェアすることであっても、他人からしてみると、あまりにも一方的すぎてストレスを抱くことになります。しかも、時間を置かず、連日のように投稿されると、なかには我慢できずに、本人に伝えてしまう人もいるでしょう。

しかし、どんなに頭に来ても、本人に伝えるのは、さすがにNG。人間関係のトラブルへと発展しかねない出来事にもなってしまいます。

あくまでも基本的なスタンスは、言わせておけばいい、という姿勢。

きっといつかは、自分がクレームをつけなくても、本人が気づくか、もしくは誰かからやんわりと指摘され、ハッとするときが来るはず。自分から火の海に飛び込む必要はないのです。

予告もなく、いきなり友達解除する

SNSの難しいところは、自分の情報発信する内容がある人にとっては励みになっても、ある人にはストレスでしかなくなる、という点です。きっと今まで過ごしてきた中で、信頼していた友人から突然、友達解除された経験もあるでしょう。

そもそも、どんなに相手に対してイラっとしたり、嫉妬めいた感情をもったりしても、いきなり予告もなく、友達解除(フォローを解除)するのは失礼です。

だからといって、予告をすれば解除していいわけでもありませんが、せめてミュートにするなど、もっと大人な対応がとれたでしょう。子ども自慢をされるたびにつらい思いをしても、冷静に大人な対応を心がけて♡

当てつけのように一緒になって投稿しない

子ども自慢に反抗しようと、一緒になって自分も投稿する人がいます。そもそも、子ども自慢をする人と張り合う時間がもったいないと、思いませんか?

おそらく、連日子どもについて投稿していて、心苦しく思っているのは、一人、二人ではありません。わざわざ張り合ったところで、おそらく彼女も火がついて、さらに合戦が加速するだけ…。そんなことをしているほうがよっぽど疲れます。

彼女は、もう一人の母親。こちらは、独身。まったく違う世界にいる人に標準を合わせても、それぞれ疲れるだけ!

理想の対処法は、気にしない・動じない

では、理想の対処法は一体何でしょう?

それは、一方的に子ども自慢をされても、気にしない、さらには動じないのが一番です。20代30代で、いきなりその境地に行くのは難しいかもしれませんが、少しずつ訓練していくことで、何も思わなくなります。

子ども自慢の投稿をみて、嫉妬するということは、おそらく、まだ自分自身の中でも葛藤があったり、課題があったりするから。どうしても、つらければ、一切SNSを見ない選択肢も考えましょう。

もし自分が母親になったら

今は独身で将来のことなんて考えられないかもしれません。

しかし、いずれ子どもを産みたいと思っているなら、子ども自慢を連発する彼女たちをよく研究し、自分が妊娠をしたら、出産をしたらどう振る舞えばいいのかを学んでおくことで、最終的には自分自身の糧になるのです。

多少イラッとしても、その勢いで行動はせず、将来のために、今のうちから冷静沈着に分析をしておきましょう。