仕事と勉強の両立は体が資本!疲れにくい体をはぐくむ“中医学的”1日の過ごし方

仕事と勉強の両立は体が資本!疲れにくい体をはぐくむ“中医学的”1日の過ごし方

「やりたいことは色々あるのに体がついていかない…」そう思う時ってきっとありますよね。何事も体が資本。そんな時は薬膳のベースの考えになっている中医学(中国伝統医学)の考えを生活に取り入れて1日を過ごしてみませんか?


中医学リズムで1日を過ごすと疲れにくい身体になる!?

中医学の世界には「子午流注(しごりゅうちゅう)」というものがあります。これは、時間の流れとその時間にあっている養生法が示されているものです。
昼夜逆転の生活をしていると心身ともに不安定になったという経験があると思いますが、これはこの子午流注の流れに逆らった過ごし方をしてしまったことが原因の1つとして考えられます。
夜は陰の時間といって休むことに適している時間帯ですのでしっかり休む、日中は活動に向いている陽の時間帯ですので仕事や家事などをして体を動かすなど、自然のリズムに沿った生活をすることで体内のリズムと調和して不調を感じにくくなります。

何事も体が資本。多忙な方こそ、子午流注の考えを取り入れて過ごしてみましょう。

【朝】7時〜11時:消化吸収の時間&1日のなかで1番集中力が高まる

7時〜9時は消化吸収の活動が活発になる時間帯。この時間に食事をすることでスムーズに消化ができて、栄養をしっかり吸収できるといわれています。この消化の時間帯に朝ごはんを抜くと集中力が低下したり、やる気がおきない原因にも。効率よく仕事や勉強をこなすためにも朝食はしっかり摂りましょう。もし、食欲がわかない場合は夕飯を食べ過ぎているか、食べる時間が遅いことが考えられますので夕飯の量を見直してみて。

9時〜11時はエネルギーを作り出す脾(ひ)という臓腑の活動が高まる時間帯で1日のなかでの一番気力や集中力がアップするといわれていますので、この時間に集中したい仕事を持ってくると良いでしょう。休日はこの時間に勉強の時間を持ってくると◎。

【昼】11時〜15時:ランチタイム後は目と頭を休めて午後のエネルギーをチャージ

この時間帯は血の巡りを司る心(しん)という臓腑の時間帯です。この時間は陽から陰の時間に切り替わるタイミングですので、激しい運動は避けて15分程度のお昼寝をして休息をとることで午後からのエネルギーを蓄えることができます。また、目と頭の使い過ぎは血(けつ)という体や心の栄養である物質が減ってしまう原因にもなりますので、ランチタイム後はスマートフォンを見る時間をお昼寝する時間に充てましょう。

昼食はお腹いっぱいまで食べるとだるさを感じやすくなりますので腹八分目で食事は終えることを心がけて。メニューはお米中心にして、お腹を温める汁物をプラスしましょう。

【夜】19時~23時:寝る時間は削らないのが仕事と勉強の両立のカギ!23時までには就寝して

深夜の方が集中できるという方も多いかもしれませんが、長い目で見た時に0時を越えてまで起きているのはおすすめできません。

と、いうのも23時〜1時にエネルギーの源である気、脳の栄養である血(けつ)を充電するからです。この間にしっかり休んでおかないと疲れがとれなくてイライラしてしまったり、集中力がとぎれやすくなったりしやすくなります。


やりたいことの実現のためにはその場しのぎの勉強の仕方では体力が持ちません。中国のことわざに「午の刻(23時〜1時)の睡眠を放棄するくらいなら一度の食事を放棄するほうがずっといい」ということわざがあるほどです。

頑張りたい気持ちは分かりますが、資格勉強と仕事を両立させるためにも寝る時間を削らないスケジューリングにしましょう。

自然と体のリズムを調和させて疲れにくいカラダとココロを育む

頑張りたい気持ちはあっても体が元気でないとやりたいことにも前向きに挑戦できないものです。

忙しい毎日ではこれらを全部意識することは難しいかもしれませんが、まずはできることから少しずつ。できれば寝る時間だけは削らずに23時までには就寝することから始めてみてください。

中医学の知恵をとりいれて今よりもっとすこやかな毎日を過ごせる方が増えますように。

この記事のライター

ずぼらだけど薬膳のプロ(国際薬膳調理師)
“簡単、おいしい、からだにいい”をモットーとした薬膳ずぼら飯が得意です。

関連するキーワード


健康 資格 疲れ

関連する投稿


体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

「さむっ!!」と思わず声が漏れちゃうほど、気温がグッと下がり朝晩寒くなりましたね。衣服での寒さ対策はしていると思いますが、食事はどうでしょうか。カラダを温める食材を意識して食べていますか?ギクッとされた方はまずはこの5つの食材を味方につけましょう。


自分の体質や肌質がわかる!自宅で簡単にできる「検査キット」3選

自分の体質や肌質がわかる!自宅で簡単にできる「検査キット」3選

自分の体質や肌質がわかる検査キットがあるのをご存知ですか? 自分で簡単に摂取して郵送することで、WEBサイトや書類などで検査結果を確認することができます。今回はその中でもおすすめな検査キット3つをご紹介します。


寝ても取れない体のだるさ、不調を改善!お疲れをリセットする夜の過ごし方

寝ても取れない体のだるさ、不調を改善!お疲れをリセットする夜の過ごし方

「疲れがとれない…」「なんだか最近気持ちも体調も良くないな」そんなゆらぎや疲れを感じている時は、夜の過ごし方を見直してみませんか?


便秘やお腹のハリが気になったら!普段の食事に加えられる「ながら腸活レシピ」

便秘やお腹のハリが気になったら!普段の食事に加えられる「ながら腸活レシピ」

便秘やお腹にガスがたまるなどのプチ不調は、毎日がんばる働く女性によくある症状。それを改善するべく「腸活」がブームとなっていますが、継続するのは中々難しいものです。そこで今回は、普段の食事に簡単に加えられる「ながら腸活レシピ」をご紹介!


秋こそお豆腐を食べるべし♡焼くまで5分!お豆腐ツナのオーブン焼き

秋こそお豆腐を食べるべし♡焼くまで5分!お豆腐ツナのオーブン焼き

安価なうえにたんぱく質も摂れてカロリーも低いお豆腐。きっと毎日の食事で食べる機会も多いのではないでしょうか? 実は薬膳の世界では秋こそお豆腐がいいといわれています。今回は薬膳のプロが秋の不調をケアするお豆腐を使った超カンタンレシピをご紹介します。


最新の投稿


【美容ライター厳選】2020年下半期注目すべきオーガニックメイクアップコスメ

【美容ライター厳選】2020年下半期注目すべきオーガニックメイクアップコスメ

下半期もあっという間に過ぎていく中でも、マスク生活がスタンダードに。目元や唇のケアが大切になってきます。肌に少しでも負担がかかりにくいオーガニックコスメは、いま注目すべきアイテムです。そこで筆者がオーガニックメイクアップコスメを厳選。まだチェックしていないという人は、ぜひこの機会にチェックしてみて。


体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

「さむっ!!」と思わず声が漏れちゃうほど、気温がグッと下がり朝晩寒くなりましたね。衣服での寒さ対策はしていると思いますが、食事はどうでしょうか。カラダを温める食材を意識して食べていますか?ギクッとされた方はまずはこの5つの食材を味方につけましょう。


20代から始めるべき美容法。サテンのような肌になるボディセラムは必携|お守りコスメ

20代から始めるべき美容法。サテンのような肌になるボディセラムは必携|お守りコスメ

美容は一朝一夕で手に入るものではなく、毎日のお手入れの積み重ねから美容貯金となり、未来に表れるものです。とはいえ全てのパーツのケアを毎日入念に行うのは大変なこと。そこで「20代のうちにやっておくべき美容法」に優先度の高いものをご紹介します。


仕事の受け方で好印象を掴め! 信頼される【指示の受け方】マニュアル

仕事の受け方で好印象を掴め! 信頼される【指示の受け方】マニュアル

上司や取引先から仕事を頼まれたとき、あなたはどのようにして話を聞いていますか? 今回は、指示を受ける場合の正しい方法についてご紹介。


職場の人とうまくいかない…人間関係で悩む人がやりがちなコミュニケーション

職場の人とうまくいかない…人間関係で悩む人がやりがちなコミュニケーション

職場での人間関係に悩む人はとても多いものです。「上司が気に食わない」「部下から全く慕われない…」年齢差や役職でこのような悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。ここでは、人間関係で悩む人がついやってしまうコミュニケーションについて紹介していきます。


RANKING


>>総合人気ランキング