あなたの信頼残高は、いくら残っていますか? #話題書籍に学ぶ

あなたの信頼残高は、いくら残っていますか? #話題書籍に学ぶ

自己啓発書の世界的ベストセラー『7つの習慣』から紐解く、あなたが人に信頼されるために心がけたい、いくつかの方法をお伝えします。


人生、山あり谷有り。仕事・プライベートともに、うまくいくこと、いかないことが多々やってきますよね。あなたの場合はどう乗り越えているのでしょうか?

筆者にとって、大事なのはその時々の考え方と、人との接し方だと思います。あなたが今までの自分の人生を振り返ってみた時、いつの間にか、目先のことばかりに意識が奪われ、周りが何も見えなくなっていた事は、ありませんでしたか?

特にうまくいっている時は、気持ちが大きくなり、自信過剰になりがち。気づかないうちに人を不快にする発言を繰り返したり、自分本位で物事を進めようとしてしまいませんか? その逆で、うまくいっていない時はどうでしょう。

他人に嫉妬したり、自分の頑張りを認めてくれない会社や上司、そして、その愚痴を友人や彼氏にぶちまけてしまうようなこともありますよね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

信頼残高という考え方

さて、『信頼残高』という言葉をあなたは知っていますか?

『信頼残高』とは、故スティーブン・R・コヴィーの名著『7つの習慣 成功には原則があった!』の中にある一部の章から、引用したものです。銀行の場合、口座にお金の預け入れが増えれば、残高はプラスになり、引き出しをすればマイナスになります。

人間関係を銀行口座に置き換える考え方が、『信頼残高』です。「相手との信頼関係」においても「預け入れ」や「引き出し」があるということです。

コヴィー氏の「7つの習慣」では、この「人間関係における信頼の度合い」を『信頼残高』と呼んでいます。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

信頼を引き出すことは簡単だが、その逆はとても難しい

「信頼を引き出す」ことは、とても簡単です。それは、あなたの信頼口座から目には見えない「信頼」の引き落としをするといった行為。

一方、「信頼の預け入れ」とは、口座に信頼を貯金するということです。

「信頼を預け入れる」ことは、「信頼を引き出す」ことよりもはるかに難しいのです。それは、お金に例えるとわかりやすいです。例えば、好きな服や靴を買う、雰囲気のいいレストランで食事をするなど日々の生活で、お金はどんどんなくなり、月末の給料日の前には、少し困ってしまう…といったことと似ています。

お金を貯めるのって、けっこう大変ですよね。日々の積み重ねがとても大切となります。信頼だって同じなのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

あなたの信頼残高を確認してみよう!

それでは、あなたの「信頼残高」は、果たしてどのくらい残ってますか?

繰り返しになりますが、銀行の残高と同じで、信頼残高は減らすことは簡単ですが、貯めることは難しいのです。プライベート・仕事に限らず、常に相手に対し、期待以上の振る舞いをし、結果を出すということは、そう簡単ではありません。

人は誰でもミスをするし、時には傲慢になり、相手に迷惑をかけることだってあります。だからこそ、信頼残高を増やすために、日々の地道な積み重ねが重要となるのです。少しずつ「預け入れ」をすることで、信頼は徐々に作られていくものなのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

信頼残高が不足した状態とは?

さて、信頼残高が不足しているとは、どのようなことを指すのでしょうか?

それは、日々の行いや物事に対する考え方や行動に問題がある状態を指します。一見、華やかに見えるその振る舞いの裏には、自分のプライド優先で、相手のことはあまり考えず、自分さえよければいいといった心理が潜んでいるのです。実は、これには本人の自覚すらない場合も。あなたも要注意かもしれません。

下記のような状態になると、信頼が不足していると考えられます。

「自己主張ばかりする」

・自分にメリットのあることにのみ反応する
・自分に都合の悪いことは棚に上げる

「もらうことばかりを考えている」

・自己顕示欲、承認欲求が強すぎる
・"もらった"の自慢をする

「自分しか信じない」

・自分だけが頑張っているといった意識
・他人を卑下する、馬鹿にする
・他人への協力はしない
・利己主義

「過労気味」

・常に忙しく、疲れている
・リフレッシュする時間がない
・常にイライラしている

さて、あなたはいくつ当てはまりましたか?
このような状態が続くと、信頼残高は減る一方。増やすことは非常に困難な状態になります。

これらは、筆者である私も若い時に、まさに経験したことでもあります。仕事漬で、リラックス、リフレッシュすることもない生活習慣。このように不安定な思考が続くと、いずれどこかで軌道修正が必要な時期が訪れます。

取り返しがつかなくなる前に何らかの対策は打っておきたいですよね? さて、このような悪習慣から脱する方法は果たしてあるのでしょうか?

信頼残高を増やす方法とは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

それは、思考の癖、習慣を改善することです。

■「目標を持つこと」
■「利他主義になること」
■「ギブ&ギブを心がけること」
■「謙虚になること」
■「プライドを捨てること」
■「すべてに感謝すること」
■「嫉妬しないこと」

これらをすぐに実践するのは、かなり難しいかもしれません。長年の生活習慣、ましてや考え方の癖を短期間で変えることなど、すぐにはできないでしょう。

しかし、毎日ほんの少しだけでも、何かを変えてみることに挑戦してみてはいかがでしょうか? 例えば、過度なプライドは捨てて、自分本位の思考から相手に何かを与えることに変えてみたり。また、相手を理解すること、気遣いや礼儀を大切にする、約束は守ることなど。

ごくわずかなことから、思考を変えること、そして行動を変えて習慣化することです。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

今回は、コヴィー博士の『7つの習慣』の中の、ほんの一部を紹介しました。この本は不朽の名著と呼ばれています。一生かけて、学び、実践すべき素晴らしいことがとてもたくさん書かれていて、気づきを得ることができます。

まさに、私たちの人生の羅針盤(コンパス)になりうるくらいのインパクトのある考え方を教えてくれます。

長い人生、人間関係は避けて通れませんよね。であれば、『信頼残高』は多いに越したことはありません。貯金と同じで、『信頼残高』はすぐには貯まりません。だからこそ、毎日のちょっとした行動の積み重ねが大切なのです。

さて、今のあなたの信頼残高はどれくらいでしょうか?

7つの習慣-成功には原則があった! 単行本 – 1996/12/25
スティーブン・R. コヴィー (著), Stephen R. Covey (原著), ジェームス スキナー (翻訳), 川西 茂 (翻訳)

この記事のライター

関連する投稿


キャリアも、ライフイベントも諦めない。「前倒しキャリア」のつくり方

キャリアも、ライフイベントも諦めない。「前倒しキャリア」のつくり方

人生100年時代、女性はどうキャリアを重ねていけばいいのでしょうか? キャリアとライフイベントを両立させ、なおかつキャリアアップするには「前倒しキャリア」が必要に。『自由に働くための仕事のルール』『自由に働くための出世のルール』では、キャリアを目指す女性に役立つ書籍です。


成功のメカニズムを作るために欠かせない「思い」について #話題書籍に学ぶ

成功のメカニズムを作るために欠かせない「思い」について #話題書籍に学ぶ

失敗ばかりで悩んでいる人は「原因」と「結果」の法則による成功するためのメカニズムを考えてみましょう。働く女性にオススメな一冊をご紹介します。


メモを取って終わりにしない。時間が経っても理解ができるメモにする方法 #話題書籍に学ぶ

メモを取って終わりにしない。時間が経っても理解ができるメモにする方法 #話題書籍に学ぶ

自分で書いたメモは後から見ても理解できますか? 理解できず、捨ててしまってはもったいない。せっかく書いたのですから、見返したくなるような、意味のあるメモにしていきましょう。


新しい章のはじまり!人生のステージが上がるときに起こる現象

新しい章のはじまり!人生のステージが上がるときに起こる現象

人生のステージが今よりもっと上に上がったとき。もしかしたら、ほんの少しだけ不可思議な現象が起きるかもしれません。今回は、人生のステージが上がるときに起こる現象をご紹介します。


倒れる前に先手を打つ! 疲労になりやすい人の特徴とは? #話題書籍に学ぶ

倒れる前に先手を打つ! 疲労になりやすい人の特徴とは? #話題書籍に学ぶ

「疲労」をあまり重要視せず、どんどん蓄積することによって倒れてしまうケースは残念ながらよくあります。自分が倒れる前に、先手を打っていきましょう。


最新の投稿


「ごめん、ちょっと遅れる…!」をよく使う人は気をつけて。自分の中の"当たり前"こそ見直しを

「ごめん、ちょっと遅れる…!」をよく使う人は気をつけて。自分の中の"当たり前"こそ見直しを

待ち合わせの5分前には到着しているのが当たり前だと思っていた私が、先日電車の遅延で、待ち合わせに遅れて行くことになった時の話。


“透けるラメ色ティント”「OPERA(オペラ) リップティント」から、シリーズ初のグリッターラメ入りカラー発売

“透けるラメ色ティント”「OPERA(オペラ) リップティント」から、シリーズ初のグリッターラメ入りカラー発売

「OPERA(オペラ) リップティント」の限定カラーが2018年6月22日(金)に発売決定。シリーズ初のグリッターラメ入りカラー、見逃さずにチェックして!


大人だから出来る!しがらみをなくした人間関係を築く方法

大人だから出来る!しがらみをなくした人間関係を築く方法

ストレスのかからない友達づきあいってどうすればできる?大人だからこそ、構築できる精神的余裕のある人間関係構築の鍵とは?


ふるさと納税に挑戦したい!今更聞けない仕組みをおさらい

ふるさと納税に挑戦したい!今更聞けない仕組みをおさらい

テレビや雑誌で紹介されている「ふるさと納税」ですが、特産品が届くことはなんとなく知っていても、どんな仕組みになっているのかイマイチわかっていない人も多いのでは? 実はかなりお得な制度、知らない人はチェックしておきましょう!


両立、バランス。比べるなんてナンセンス。恋愛と仕事は似ているもの

両立、バランス。比べるなんてナンセンス。恋愛と仕事は似ているもの

「仕事と恋愛、どっちが大事?!」なんて質問があったのはもう随分前の話。今の時代、仕事と恋愛の両立に悩む必要なんてないのです。だってこの2つ、実は似ているものなんだって知ってました?


RANKING


>>総合人気ランキング