子どもから大人へ。25歳が「少し成長した」「大人になった」と自覚した瞬間

子どもから大人へ。25歳が「少し成長した」「大人になった」と自覚した瞬間

毎日楽しいことをしていたい。 美味しいものを食べて、好きな洋服を着て、たまにはブランドもので奮発して、自分へのご褒美にマッサージもする。 そんな贅沢、前は出来なかった。 25歳を迎えて、大人を意識する瞬間が増えたと思う。そんなの、「大人」を意識した瞬間まとめました。


「大人」を意識する25歳。

前は早く大人になりたかった。 仕事も恋愛も器用にできる大人に。 というか、大人になれば、自然と人生が上手くいくもんなんだって、なんとなくそう思ってた。
でも実際にはそんなに「大人」は甘くない。 そんなことに気づいた25歳。 なぜか「大人」を意識し始める25歳。 もしかしたら、この年をターニングポイントにしている女性って多いのかもしれない。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

周りの変化が目に入る

女性にとって、25歳はなんとなく、一つの節目のような気がする。 なぜそう思ったのかはわからないけれど、なぜか周りの変化がよく目に着くのだ。 では実際にはどんな変化が目についたのだろう?

就職しなきゃ

25歳の誕生日を迎える少し前に、よく耳にした言葉が「そろそろ就職しなきゃ」 だった。 というのも、私の周りには、夢に憧れた可愛い女の子たちが多くて、彼女たちはよく人気女性誌の読者モデルをしていた。 一般の女の子が読者の代表として、ファッションスナップや流行のコスメなどの情報を発信する。 そんなキラキラした彼女たちは、時々入る撮影にスケジュールを優先していることが多く、アルバイトを掛け持ちしながら自分たちで予定を管理していた。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

スケジュールを自分自身で管理するからこそ、時間には敏感だったのかもしれない。 そして自分が人からどう見られているのかも。 自分の職業や、社会的立場を気にする子が多かった。 そろそろ就職しなきゃ、ちゃんと働かなきゃ、というセリフをよく耳にした。
それだけじゃない。「アラサー」は何歳から? と携帯で検索する子も居た。 「4」と「5」では四捨五入した時の結果が全く別のものになる。 だからこそ、「5」という数字は、より人を敏感にさせるのかもしれない。

奇跡に近い!人生のステージを上へと引っ張ってくれる人と出会う方法

https://cinq.style/articles/1169

努力を積み重ねていると、その先には奇跡的な出会いが待っている。今回は、人生のステージを上へと引っ張ってくれる人と出会う方法をご紹介します。

結婚ラッシュ

第一次結婚ラッシュ、と呼ばれるのもちょうどこの頃だった。 本当に、今まで想像もしていなかったお知らせがたくさん届くのだ。 友達が急に婚約したり、命を授かったり。 今まで遠い未来のように思っていた出来事が、目の前で起こる。 石がついたリングが光る薬指を見つめながら、幸せそうに笑う友達の風景をマンガの世界じゃなく、リアルで見にするのだ。 もちろんそれは、とても喜ばしいことなのだけど、今まで一緒にバカなことを繰り返していた友達が家庭を持つ、という衝撃ったらない。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

周りに結婚や出産を経験する人がいると、今までは一切想像もしていなかった、「結婚」という文字がよりリアルになるし、なぜか急に、人と自分とを置き換えて思考をめぐらせたりしてしまう。 友達とのギャップも生まれる。 そんな出来事がさらに「アラサー」を意識する私たちを焦らせる。 焦ったって何もないのだけど。

後輩ができる

今まで後輩としての立場で生きてきた私に、急に後輩ができた。 そんなときも結構な衝撃がある。 もちろん後輩ができることは嬉しいし、後輩自体はとても可愛い。 けれど今後は新しい先輩に出会うよりも、後輩が増えることの方が多くなるのだ。 自分が良い先輩になれるかなれないか、という心配の他に、もうちょっと後輩で居たかった。 と、少し年下が羨ましくなる瞬間があったりする。 若さは無条件に「かわいい」のだ。 あんなに嫌いだったダサいセーラー服でさえ、なんだかちょっと恋しくなる。

持ち物も変わる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

今まではとにかく「量」と「安さ」でショッピングをしてきた。
友達と遊ぶ機会も多かったから、洋服もたくさん必要だったし、メイクもとにかく盛ることを優先してきた。 それが25歳になると、多少のブランドも知って、持っておいた方が良いという発想になる。 物をたくさん持つよりは、「断捨離する」とか「物を無くす」といったシンプルライフへの思考も強くなってきた。
今までは全然気にせず着ていたミニスカートやニーハイブーツも、出かける場所によってはやめておいた方がいいな。なんて思ったりした。

大人になる

こうやって、少しずつ今までの自分とは違う自分の感覚を感じ始めると、あんなに楽しみだった「大人になる」ということが急にとても不安な要素にもなって来た。 仕事もこなして、恋愛もこなして、家族ができて、と理想のような日々だけじゃなかった。 だけど、小さい頃にはなかった「余裕」がでてくることもある。 例えば金銭面的な余裕とか。 前はイライラしてばかりだった親に対しての配慮とか。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

トピックスのように、今までとは違う瞬間が多く訪れる年齢だからこそ「25歳」は私たちをより考えさせる。 だけど遅いとか、早いとかでは決してない。 どちらが良い、どちらが悪い、なんてことも誰だってわからないのだ。 私は25歳になって、とにかく「経験」を増やしたいと思った。
時間も今までよりは少なくなったとはいえ、学生の頃よりは自由度がある。 それこそ金銭的な余裕はなかなか大きいものだ。 ちょっとした旅行や、思いつきでの贅沢もすることもある。 家族に食事をご馳走したときだって、なんだか得意げな気持ちになる。
大人になるって、悩みもあるけど、十分楽しいことではないか。
子どもの感覚から大人を意識しはじめる時期だからこそ、今はたくさんの経験を積んでおきたい。だって、それが「アラサー」になったときの自分の魅力になるのだから。

見えない努力と見せない積み重ね。人生のステージを一つ上に上げる方法

https://cinq.style/articles/1082

見えない努力と見せない積み重ね…。何もかも見せればいいってものでもありません。今回は、人生のステージを一つ上に上げる方法をご紹介します。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


非常事態が日常化?! アフターコロナで私たちの生活はどう変化するのか

非常事態が日常化?! アフターコロナで私たちの生活はどう変化するのか

緊急事態宣言が発令されてから1ヶ月以上経過した今、非日常が日常化しつつあります。全ての地域で緊急事態宣言が解除されたとして、どこまでがいつも通りの日常に戻るのでしょうか? アフターコロナの世界で私たちの生活はどのように変化するのか……筆者の予想を交えながら考えていきます。


「あっ…」その死語は笑えないかも?アラフォーが気をつけたい口癖

「あっ…」その死語は笑えないかも?アラフォーが気をつけたい口癖

死語を意識したこともなかったけれど、20歳以上下の子が新社会人になりつつある今。改めて無意識に使っている中に死語がないかチェックしたい!アナタの口癖は、大丈夫?


大人だから出来る!しがらみをなくした人間関係を築く方法

大人だから出来る!しがらみをなくした人間関係を築く方法

ストレスのかからない友達づきあいってどうすればできる?大人だからこそ、構築できる精神的余裕のある人間関係構築の鍵とは?


覚えておいて損はナシ!人間関係をスムーズにさせる断り方

覚えておいて損はナシ!人間関係をスムーズにさせる断り方

友達や知人からやってきた乗り気でないお誘い、仕事の急な依頼、興味のない人からのアプローチ。私たちには時にこうした、即イエス!とは言い難い場面に遭遇します。うまく乗り切れれば良いのですが不器用な方だと、ちょっとした言い回しや断り方で余計に相手との関係に亀裂が生じることも……。


ふと虚しさに襲われるのはどうして? 時々やってくる虚無感を撃退するには

ふと虚しさに襲われるのはどうして? 時々やってくる虚無感を撃退するには

不安や焦燥感とは違った感覚、虚無感。ふと襲い込まれる、負の感情をどう払拭していけば良い?


最新の投稿


マネジメントで悩むあなたが知っておきたい『目標のすり替え』について

マネジメントで悩むあなたが知っておきたい『目標のすり替え』について

「後輩にやる気がないのが、すごく気になる」。人に指導する立場になると、この悩みに直面する機会が必ずといっていいほどやってきます。自分自身のモチベーションを高める以上に、人の気持ちを高めるのは難しいもの。人の気持ちを動かしたい、モチベーションを高めたい、そんなときはどういった伝え方が良いのでしょうか?


帰って即効10分で!これ一品で栄養バッチリ♡鯖缶と梅干しの薬膳うどん

帰って即効10分で!これ一品で栄養バッチリ♡鯖缶と梅干しの薬膳うどん

忙しくてもカラダにいいものが食べたい。そんな時、簡単で健康にいいメニューがあれば…。そんなお悩みにお答えして、以前5分でできる薬膳ごはんをご紹介したところ「もっと簡単なレシピを知りたい!」というお声を頂きました。そこで今回は1品で栄養ばっちりなカンタン薬膳レシピをご紹介いたします。


離職者増加、副業解禁…。アフターコロナで知っておきたい「計画的偶発性理論」

離職者増加、副業解禁…。アフターコロナで知っておきたい「計画的偶発性理論」

「AIに仕事を奪われる人が出てくるのでは」「東京オリンピック後、不景気が来るのでは」…。これらの予想を覆した新型コロナウイルスの影響は大きいもの。そこで今回は、今でこそ知っておきたいキャリア論「プランドハプンスタンスセオリー(Planned Happenstance Theory)計画的偶発性理論」を紹介。


気になる彼に告白させたい!「好き」って言わせる方法

気になる彼に告白させたい!「好き」って言わせる方法

気になる彼とデートを繰り返すものの、なかなか告白してくれない......。そんな時は、こちらか上手に仕掛けてみるのもアリ!?今回は、気になる彼から好意をもらう方法についてご紹介します。


その節約大丈夫!?カラダのために意識したい食費との向き合い方、ポイント3つ

その節約大丈夫!?カラダのために意識したい食費との向き合い方、ポイント3つ

欲しいものは沢山あるし、貯金もしたいし、行きたいところも沢山ある…そうなると真っ先に食費を節約しようと考える方も多いのでは?でもちょっと待って!むやみやたら食費を削ってしまうのは考えもの。3つのポイントを押さえて賢くお買い物をしましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング